2021年7月27日 (火)

ベイトロッド×桧原湖

桧原湖へ行き慣れている人だと、最初からベイトロッドを持って行かないという人も多い。

でもそんな人達に限って、「ベイトで釣りたい…」と言う。

だったら持ってこなければ何も始まらないと思うのだが、そういう人は家に帰ったところでグラファイトのジグロッドぐらいしか持っていない人が大半だ。

スモールに関して当初は巻物は釣れないとか、音がしたらダメだとか、色々と意味不明なことが言われていた。

でも、結局自分で検証したところ、ビッグベイトもクランクベイトもスピナーベイトもバズもチャターも釣れる。

初めてスモールマウスの釣りしたのが、20数年前にマグナム長尾と桧原湖で釣りしたのが初めてであった。

長尾は当時から彼の名前の由来でもある溺愛していたマッドペッパーマグナムをメインに使って釣っていた。

自分がファーストチョイスしたのはスピナーベイトだったし、初スモールもそれで釣ったので、2人共ベイトタックルをメインで釣っていた。

Basslog20210727a 先日桧原湖へ行くのに、ベイトタックルも組んで、桧原湖らしいフィネスなスピニングタックルと比較してみた。

ベイトにはバズ、クランク、ノーシンカー、フットボールジグをセットした。

場所に応じてスピニングタックルとベイトタックルの両方で攻めてみたが、結果は五分五分といった感じであった。

ノーシンカーにはセンコー5インチをセットしたが、問題なく喰ってきた。

しっかりと狙っているところへ入れることが大事なので、ベイトタックルで正確に入れる方がむしろ良いのでは?と思うほどであった。

今まで桧原湖で釣りをしてきた感じからすると、スピニングタックルが有利な場面が多いと思う。

でもベイトタックルでも十分釣りになる。

| | コメント (0)

2021年7月26日 (月)

スカートレスバズ

以前に、三瀬谷ダムに行った際、バズベイトを使用していて、スカートを外してワンナップシャッドだけ装着したスカートレスのバズを使用した。

その事は確かに覚えていたのだが、ちょっと前に結構な長文でこのことに関するメールをいただいた。

Basslog20210726b その内容は、その当時バズベイトはスカートが付いたまま使うのが当たり前だと思っていて、かなりのカルチャーショックを受けたとのことであった。

それからバズベイトを色々なシチュエーションでキャストするようになり、バズを色々と弄るようになって、今ではかなりの信頼を置いているルアーとなったそうだ。

そのくらいのレベルになると、かなり深い話ができるようになる。

バズベイトによる違いによるバイト数の違いなんかも感じてくれていて、完璧な出し処も把握しているし、バズにしか釣れないバスをしっかりと仕留めている。

それでこそルアーを道具として活用できていると言えるだろう。

今の時期だと、オイカワをメインベイトにしているようなリザーバーなんかだと、バズがドンピシャでハマる状況がある。

そんな体験をした人だと、更に奥深い話ができる。

色々と解ってくると、持って行くバズの数もどんどん増える。

Basslog20210726a 自分は昨年からルーズのリールに替えてから、格段にスキッピングが容易にできるようになった。

そんなこともあり、今年はスキッピングのしやすいそんなスカートレスバズを使用することが多い。

多く使っているとまた新たなものが見えてくる。

これから真夏、秋と、バズが活躍するシーズンを前に既に今年もたくさんのバスを釣っている。

今年もまだまだ面白いバズゲームが出来そうだ。

| | コメント (0)

2021年7月25日 (日)

スローバズ

「春はイナバズで良く釣れていたのですが、GW開けぐらいからあまり釣れなくなったのですが、なぜですか?」

ちょっと前にこんな相談を受けた。

その人の通っている湖の場所から推測すると、おそらくバスがスポーニングに入ってから釣れなくなったのだろうと思った。

バズの引きスピードを遅くしてもバズ自体の最低限界スピードというものがあるので、そうなるとバズを替えるかバズを弄るしか手はない。

自分も行っている簡単にできるチューニング方法は、ブレードをデルタオフセットタイプに交換するという方法だ。

Basslog20210725-2 既存のブレードを外し、デルタブレードに入れ替えるだけなので、ペンチ1つでチューンできる。

デルタブレードは1/2oz.用のものを使用している。

替えブレードまで在庫しているショップはなかなかないので、ネットで探すとよい。

Basslog20210725-1 自分はここここで買っている。

これに替えて使用すると、かなりゆっくりと引くことができるようになる。

そして数投でかなり大きなスクイーズ音が出るようになる。

更にトレーラーを装着すればもっとゆっくりと引ける。

こんな話題を出しておきながら、今の時期はノーマルのブレードが効果を発揮することが多いので、2種類持って状況に応じて使い分けることをお勧めする。

| | コメント (0)

2021年7月24日 (土)

EASE BLUE

タレックスの限定販売されているイーズブルーというカラーのレンズがある。

昨年知ったのだが、知った時には既に在庫はなかった。

と思ったら、今年また再販していたので、すぐにいつもの和真メガネに行きオーダーしてきた。

Basslog20210724a かなり溺愛していて5回作っているイーズグリーン。

それに廃番となってしまったけど、今でも非常に気に入っているブルーOA。

ネーミングからしてこの2つのハイブリッドみたいなものなので、知った瞬間にこれは欲しいと思った。

やはり想像通りいい感じ。

| | コメント (0)

2021年7月23日 (金)

ガイド補修

壊れてしまった70Hのガイドを交換した。

Basslog20210723b標準装備のガイドは止め、強度を考慮してバッド部分のガイドはダブルフットに替えた。

チタンフレームのSiCと標準装備の物と同じ仕様のものでダブルフットのものにした。

それとトップガイドも壊れたので替えるのに何にするか悩んだ。

トップガイドは2番目以降のガイドよりもリング径が大きい。

これよりもトラブルを軽減させ感度をよくするために、ガイドの径が小さく軽いものにすることにした。

このロッドが完成した当初は、非常に径の小さいマイクロガイドが登場していたのだが、トップガイドにはまだ小さい仕様の物がなかった。

そんなこともあり、この時代のロッドは2番目以降のガイドが小さく、トップガイドがデカいという変な組み合わせになっている。

その後、富士工業から追加で小さな系のトップガイドも登場した。

Basslog20210723a 結局以前にガイドを総入れ替えして調子のよかったトルザイトのフランジタイプにすることにした。

径は4.5mmに落とした。

想定通りトップガイドが変わることでかなり感度も向上した。

| | コメント (0)

2021年7月22日 (木)

ジャッキーハンマー

チャターと言えば最近はEG社のジャックハンマー1択。

これ以外は今のところ不要というぐらい圧倒的に良い。

どんな状況下でも釣れる万能ルアーというのがあったら凄いと思うけど、そんなルアーがもし出来たら選択の楽しみがなくなるなぁ…なんて考えたことがある。

チャターは正しく現時点ではそんな感じになっている。

Basslog20210722a そんなジャックハンマーなので、バッタ物が出回ってもおかしくない…と思ったら、そんなものがあった。

パッケージも非常に似ている。

それに名前が‘ジャッキーハンマー’。。。

ヘッド形状、ブレード、フックサイズ、スカートの質感はほぼ同じ。

トレーラーキーパーがジャックハンマーは2つなのに対し、ジャッキーハンマーは1つ。

それ以外ではフックのクオリティがちょっと低いけど、フックポイントや強度は問題ない感じだ。

そういえばジャックハンマーと言えば、最近日本でもステルスブレードの販売が始まったようだ。

これに関してどうなの?と尋ねられるが、どうなのでしょう?

アメリカでは既にセール品になっていたりするので、自分で使って判断してみましょう。

| | コメント (0)

2021年7月21日 (水)

応急配線

先日釣りをしていると、魚探の電源が使用して数分後にはダウンしてしまった。

バッテリー切れなんてことはないので、バッテリーをクランキング用に交換して試してみても電源が入らない。

リチウムの残量はフルだったので配線がおかしいとしか考えられなかった。

タコ足どころか、タコの脚以上の分岐をしているので、間違えなくそれが原因だと思った。

Basslog20210721-2 配線を観てみると、タコ足以前に配線がゴチャゴチャ過ぎて嫌気が…

新たに太めのケーブルを通すしかないかなぁ…と思い、ホームセンターへ向かった。

しかし、2sqの線までしか置いてなかったので、諦めて応急処置で直結して使うことにした。

Basslog20210721-1 電源コードの長さを考慮すると、バッテリーの配置はロッドストレージの中しか選択肢はなかった。

とりあえず直結で対応したけど、最近のバッテリーって軽いんで、この位置でも問題なさそうだ。

でもリアに持って行こうと思っているけど、結局ボート弄る時間がなく、このまましばらくこの位置で使いそうだ。

| | コメント (0)

2021年7月20日 (火)

スインギングヘッド

Basslog20210720b スインギングヘッドの愛用者が増えているようで、これの依頼が多くなり、ここの所時間がある時に成型している。

当初はファスタッチ仕様の、フックを交換できるタイプばかり作っていた。

でも、フックは替えないという人も多く、最初から装備されているものの方がトラブルも少なくてよいということで、フックを標準装備した物も作ってみた。

ヘッドに色を全部塗りたいところだが、結構面倒なので、その辺が気になる人は自分で塗って…と極力断るようにしている。

ワイヤとフックをセットし、鉛を流すだけといえば流すだけなのだが、それ以外にも細かい作業が幾つかある。

鉛をポアしたところの余分な鉛をカットし、その部分をヘッドの形状に合わせて整形する。

色付けするとなるとそこから色を塗り、コーティングする。

Basslog20210720a ヘッドは小さいので単色で塗るにしても結構面倒だ。

コーティングも色止めを吹き付けてから数回ドブ漬けし、アイの部分に掛かったコーティングは除去する。

色塗った方が見栄えはよいんだけどね。

フックは耐久性や掛かりの良さを考慮し、しっかりとした物のみをチョイスした。

やはり厳選するとオーナー、がまかつ、デコイの3社が良い。

ワーム同様にこの3社がフックの3大メーカーといった感じで、圧倒的に品質がよい。

この3大メーカーのフックを装着したリセスドアイ、スタンダップ仕様のスインギングヘッドは最高に良い。

| | コメント (0)

2021年7月19日 (月)

桧原湖へ行くと、この時期は必ず車のフロント側は虫だらけになる。。。

Basslog20210719a これを放置しておくと除去するのが大変になるので、早目に対処するようにしている。

そんなこともあり桧原湖行った次の日の早朝は高圧洗浄から始まる。

裏磐梯の虫シーズンは他の地域よりも短いからか、この時期は虫が一気に出てくるようで、他の場所よりも明らかに多い。

それにしても今年は裏磐梯でも暑い。

避暑地のはずが、朝夕でも太陽が出ていない時間帯ぐらいしか避暑地に感じないぐらい暑い。

| | コメント (0)

2021年7月18日 (日)

Neko Weights

Basslog20210718a カンバーランド社のちょっと変わったネコ用シンカー‘ネコウエイト’。

マッシュルーム形状のヘッドにワイヤー式のワームキーパーが2本出ている。

トレーラーキーパーが2本あると、ズレにくいのはよいけど、トレーラのワームを替える時にワームがかなり裂けてしまう。

2本キーパーのズレにくさはピカ一なので、飛んでいきやすいネコシンカーには良いかも…と思った。

完全に埋め込むネイルシンカーよりも、半分露出しているハーフムーンタイプの方がボトム感知力も優れているので、これは意外と良いかも。

| | コメント (0)

«Largo Shad