2021年6月23日 (水)

大型ペンシルベイト

先日話題に出したアラシのトップウォーカー13。

スーパースプーク等の大型ペンシルベイトの違いというか使い分けが解らないという人がいるようだ。

詳しく聞くと、同じものとしか思えなくて、別物として使うシチュエーションが見えてこないようだ。

Basslog20210623-1 例えばヴィクセンと比較すると、一見同じぐらいに見えるが、かなり体積が違う事が判る。

これだけ違うので、インナーのウエイトはトップウォーカーの方が多く仕込める。

これだけでもかなり水の絡みが変わってくるし、ラトル音もかなり違いが出る。

それと、サイド面のフラットな部分があるので、ペンシルベイトとは思えないスプラッシュを出すことができる。

実際に使って、何本が釣ってみると徐々に違いを感じ、出し処も変わってくると思う。

とりあえずはジャイアントドッグXやスーパースプークJr.といった小型ペンシル、ヴィクセン、ローバー、スーパースプークといった中型ペンシル、そしてトップウォーカー13を大型ペンシルと位置付けて使い分けるとよい。

Basslog20210623-2 スーパースプークをよく使っている人は、トップウォーカー13に入り込みやすいようだ。

スーパースプークでは物足りないというか、スーパースプークよりもっと集魚効果を上げたいと思う場面に出くわすことがあるだろう。

そんなことからスーパースプークを多用している人は取り込みやすいというか、持ち望んでいたベイトとなる。

最近はもっと巨大なペンシルベイトも出ているけど、シーバスぐらいしか釣れないでしょ。

バスはただ大きいだけでなく、しっかりとしたものでないとなかなかバイトしてこない。

| | コメント (0)

2021年6月22日 (火)

Arashi Wake Crank

昨日のスピードウエイク、ちょっと前に話題に出したアラシ。

その2つで思い出したアラシウエイククランク。

ウエイククランクもアラシシリーズでは好きなルアーの1つ。

ノーマルのままでも結構な波動を出し、下方向へ拡販するような設定となっている。

Basslog20210622a フロントのフックハンガーにブレードを付け足すと更にその激しさを増す。

ブレードを装着すると若干エラティックな動きが消えてしまう。

でもファーストリトリーブでも安定した動きとなる。

以前にも記したが、このブレード装着をすることで、あのワンマイナスを上回る集魚効果を感じる。

それとこれくらいのサイズのウエイクは使い物にならないものが多いが、これはノーマルでもよいが、ブレードを装着することでワンマイナスやDTF-1クラスと同等の効果を得られる。

| | コメント (0)

2021年6月21日 (月)

スモールマウスローズ

6thセンスのスピードウエイクが気に入ったので、別のカラーも追加してみた。

Basslog20210621a あまり他ではラインナップされていないピンク系のスモールマウスローズをチョイスしてみた。

こんなカラーがあるという事は、やはりアメリカでもスモールマウスにはピンクは効くだろう。

バブルガムピンクも効くけど、クリア系のピンクも効く場面は多い。

同じピンクでも効果は別物。

クリアピンクでもモノによって別物。

このピンクはどちらかと言えば、視認性を重視してのチョイス。

スモールよりもラージに使うことが多いだろう。

| | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

ゴールド

ゴールドのルアーって最近少ないように感じるのは気のせいだろうか?

確実に鍍金カラーというのは少なくなったので、ゴールドも減っていると思う。

ゴールドはゴールドでも塗装でのゴールドなんかが主流になりつつある。

その方が自分はメッキよりも好きだ。

その方が好きなのは、あまりキラキラし過ぎないからだ。

スピナーベイトやバズ、チャター等はスカートなので、ゴールドとなると、ゴールドラメの入ったスカートか、粒子が混ぜ込まれたゴールドとなる。

スカートのゴールドはどちらも光り方が控えめで気に入っている。

Basslog20210620a ジャックハンマーにもそんなカラーがあり、スイングインパクトファットの同系統カラーと合わせるといい感じの一体感となる。

霞水系を始め、関東の水系だとこの系統のカラーが非常に合っている。

プラグで同様のゴールドを再現できているものというのはないような気がする。

ゴールドとかキンと一言で言って一括りにしてしまえばそれまでだが、同じゴールドでも、透ける透けない、光る光らない、黄色っぽい金、赤っぽい金、白っぽい金、濃淡等を加味すると種類はたくさんある。

そしてそれぞれ効果は違う。

| | コメント (0)

2021年6月19日 (土)

ヘビキャロ

ヘビーウエイトのサウスキャロライナリグ、通称ヘビキャロ。

最近はあまり使っていないけど、必要性を感じる時があるので、久し振りにしっかりとやってみることにした。

Basslog20210619a ここ数年はバレットシンカーでヘビキャロを組んでいたが、専用のバーレルシンカーを取り入れてみることにした。

スプリットショットで有名なウォーターグレムリン製のバーレルシンカーにしてみたけど、鉛ではなくスチールマテリアルを採用していた。

昔、霞ヶ浦水系の深いレンジでは絶対に不可欠な感じであったヘビキャロ。

今では使う人も少ないだろう。

でもⅠ字の様に真っ直ぐものに反応が良い時というのはある。

ポストの時期はシンカーが着底してワーム側がフリーになってスライドして落ちる瞬間は非常に有効だ。

この動きが異常に反応が良い時は、浅いレンジでもスプリットショットを用いて正確にキャストし、このノーシンカー状態のスライドを重視して使ったりもする。

ロッドのストローク分をズリズリとズル引きするのがオーソドックスな使い方だ。

ワームはキャタピラータイプが自分は好きだ。

| | コメント (0)

2021年6月18日 (金)

Cover Pop

ストームのアラシシリーズは結構優秀なルアーが多い。

昨日のクランクを始め昨日のトップウォーカー13、アラシバイブ、カバーポップ、ウエイクといったものは非常に気に入っている。

Basslog20210618b カバーポップはポッパーの中でも最近は一番気に入っている。

これを知ってからは絶対的に信頼していたワンズバグやスーパーポップR等も全く使わなくなってしまったほどだ。

自分の使い方に非常に合っているのあるが、多用する使い方以外でもこのカバーポップは優秀で、最近ポッパーを使う時は100%これをチョイスしている。

大きさは一般的なポッパーよりも若干大きく、ウエイトは1/2oz.ある。

フックも#2が標準装備されており、ポッパーとしては異例な大きさが備えられておりフッキングもしっかりと決まる。

シルエットは頭でっかちで、テールが非常に細く絞られたテーパーデザインとなったアイスのコーンのようなデザインで、さほど他のポッパーよりも大きいとは感じない。

この形状でテール側にメインウエイトがあるので、非常にキャストしやすく精度も上がるし、飛距離も他の物よりも圧倒的に出る。

それでこの形状ゆえに水面にテール側からスッと入り込むように着水するので、非常に着水音は小さい。

ペンシルベイト並みのドッグウォークも容易に熟せる。

Basslog20210618a それでいて移動距離は短い。

ポッパーの特徴でもあるマウスカップは非常に深堀されているけど、下側は浅めとなっていて、アイの位置は上気味。

慣れるとチャガーとして使用することも可能だ。

アラシシリーズの多くに採用されているテール側のキールみたいな溝みたいなものは、カバーポップにはバックに設けられている。

斜めに浮くのでテール側は水中に入るので、上方向へテール側は動くことから上側で水を掻くということだ。

カヴァーポップはNAZ-62MLとPEラインの組み合わせで使用すると、更に全ての機能が向上する。

| | コメント (0)

2021年6月17日 (木)

トップウォーカー

Basslog20210617a_20210616002801 ポストの時期ぐらいから活躍してくれるアラシのトップウォーカー。

ポストの時期は大型のペンシルベイトが効くこともあり、このトップウォーカーはこの時期は特に突出した威力を感じる。

この時期のバイトはトップウォーターであっても水面を割って出るようなバイトではなく、水面を割らないように水面ギリギリで反転してバイトしてくることが多い。

バスがしっかりとルアーを咥えて、顎に力が入った状態で反転してくれればフッキング率は高くなる。

でもそんなうまくいくことは少ないというのが現状だ。

大型のペンシルの代表的存在と言えば、これと近いものにヘドンのスーパースプークがある。

そんな同クラスのスーパースプークとの違いを聞けれることが多いが、スーパースプークとは色々と違う部分がある。

まずスーパースプークはアタリハズレがある。

なので、当たりルアーを探さないといけない。

この作業ががないようにするため、数社からアタリのスーパースプークを再現したものは発売されているので、それらを使うのが手っ取り早い。

それと、探すなら中古品でなく新品がよい。

察しの通りハズレは売り払うでしょ、なので中古店で買うとハズレばかり。

それよりも自分が違うと決定的に感じる部分は2つ。

1つは集魚力。

もう1つはフッキング率。

何度か記しているが、集魚力はビッグベイトに近いものがあり、ペンシルベイトの中では圧倒的に群を抜いていると思う。

トップウォーカーは断面が縦長な楕円形をしている。

この楕円形状により、ドッグウォーク時の側面からのスプラッシュも凄いが、この断面ゆえに、バスがバイトした時にボディが回りにくい。

スーパースプークだとクルンとロールしてしまいフックが逃げてしまいフッキングしないことは多い。

バドなんかにバイトしてきた時を想像すると解りやすいが、バドはバイトがあってもクルンとボディが回転して掛からないことがよくあるが、これと同じ現象がスーパースプークでも起こる。

それがこのトップウォーカーはないのが、スーパースプークとの大きな違いだと感じている。

使えばわかると思うけど、同サイズの同ジャンルではあるが別物。

| | コメント (0)

2021年6月16日 (水)

マジックチューン

プラグのカラーによくあるキラキラとしたメタリック調のカラー。

このカラーは人気があるようだが、自分にはあまり釣れないカラーとしか思えない。

メガバスのルアーにもこのカラーは多いのだが、リアルなビジュアルとは裏腹に不思議と釣れない。

Basslog20210616-2 ルアーを整理していたらそんなカラーのジャイアントドッグXが出てきた。

ジャイアントドッグXはかなりの率で使用しているペンシルベイトの1つ。

このルアーで圧倒的に釣れると思うのが、何度も話題に出している2000年頃にあったゴーストアユ。

しかし、このカラー以外は全くの別物と思ってしまうほど反応が悪い。

トップウォーターなので、視覚でしっかりと違いが確認できるから間違えない。

このキラキラとしたカラーをなくせばよいのでは?と思った。

Basslog20210616-1 ということで、マジックで真っ黒に塗り潰してみた。

マジックでちょっと色足したり、色に変化付けるだけで、バスの反応が劇的に変わることがある。

そんな体験をするとマジックだけにマジックのように感じてしまう。

この真っ黒が効くかはまだ判らないけど…

| | コメント (0)

2021年6月15日 (火)

H.A.F.F.Jig

Basslog20210615a カバー用のジグとしては一番気に入っているストライキングのハックアタックフロロフリッピングジグ。

カバー用のジグはこの時期一番多用する時期でもある。

ある程度ストックはあるので、久し振りに補充してみた。

すると、なんとなく違和感を感じた。

ストック分と比べてみると、フックサイズが大きくなっていた。

カバーに使うジグは若干小さめか、ナローベンドが好み。

ナローベンドだと、ストライキングのデニーブラウワーストラクチャージグが好きだ。

フックが大きくなると、ガードの長さが長くなるので、対カバーの強度が変わってくる。

それとラウンドベンドの場合、フックサイズが大きければ大きいほどバスがバイトした時にバスの口の中でジグが倒れやすくなる。

ジグが倒れた状態でフッキングすると、口からジグが抜けてしまい掛からない率が五分五分ぐらいになってしまう。

今回のフック変更はどうなのだろう…

| | コメント (0)

2021年6月14日 (月)

2021 Academy Sports + Outdoors Bassmaster Classic

Basslog20210614a クラシックはHank Cherryが制覇した。

ウイニングウエイトは50lb.強と、初日のウエイトからすると60lb.弱くらいになるかと思ったけど、最終的には予想通りのウエイトで収まった。

ハンクチェリーは昨年に引き続き2年連続の優勝。

これで2年連続優勝はリッククラン、ケヴィンバンダム、ジョーダンリー、ハンクチェリーの4人となった。

これは凄い快挙であるが、現在の状況を加味するとどうなのだろうか…と、思ってしまう。

現在のエリートシリーズを観てみると、出戻り組は上位に名前を連ねている。

このような状況であれば、昨年のBPの様にジェーソンクリスティやグレッグハック二ー達もがいつ勝っても普通な出来事と感じてしまう。

逆に居残り組で低迷しているビルローウェン、キースコムズ、クリフォードパーチ辺りを取り上げて、日本のマスコミ風に…

しっかりとしたフォーマットで開催を続けてきたからこそ価値のあるクラシック。

このままでは草野球の全国大会レベルの価値に下がったまま。。。

元に戻すには最低でも数年は掛かるだろう。

時代の背景等を考慮すると、ジョーダンリーの2連覇は物凄い快挙であったと今更ながら思う。

いつしかまた本当に出場することだけでも価値のあるクラシックに戻る日を望む。

| | コメント (0)

«GOAT