2019年5月25日 (土)

NED RIG

Basslog20190525a ネッドリグ始めます。

以前ネッドリグが出た当初に気になるからやってみようと思っていた。

しかし、最近はライトリグ自体あまり使わないのでそのまま忘れ去りつつあった。

最近になって友人達がZマンのネッドリグ用タックルを使い始めたので、自分も再び気になり、始めてみようと思いネッドリグ用品を揃えてみた。

以前から踏み出せなかった理由の1つに、このリグで使用するワームがエラストマー製であるという点があった。

エラストマーと言えば、今ではビッグベイトのソフトテールに使用されている程度で、ワーム単体としてはほぼ使われていない。

以前に上州屋が独自ブランドでエラストマー製のワームを発売していたが、これがメチャクチャ釣れなかった。。。

この時の釣れない思いを引きずっていて踏み出せなかった。

ワームはマテリアルに合った形状でないとあまり釣れないように、エラストマーはエラストマーなりのベストな形状があるはず。

エラストマーの良い点は硬さが自由自在に調整可能である。

ワームよりも細かい成型が可能なので、細部まで拘って作れる。

素材自体は非常に伸びて切れにくく、浮力が強い。

エラストマーを扱っている会社は日本にも多々あるのだが、その大半はアダルトグッズの製造を行っているというのが現状である。

エラストマーがワームとして使えるとなると、切れにくいので消耗は少なくなる。

とりあえずオーソドックスなネッドリグをやってみようと思いフィネスTRDからスタート。

| | コメント (0)

2019年5月24日 (金)

チャートリュース/パンプキン

ゲーリーヤマモトのカラーラインナップに在りそうでなかったグリーンパンプキン/チャートリュースの2トーンカラー。

リアクションイノベーションズのダーティサンチェスに代表されるこのカラーは、今ではほぼどこのメーカーでもラインナップしている程の定番カラーだ。

しかし、ゲーリー製品にはなかったのか、気付いていなかったのか…

Basslog20190524a センコー5inのゲーリーヤマモト版ダーティサンチェスを入手できた。

カラーナンバーは#966で、‘チャートリュース/パンプキン’が正式なカラー名称。

パンプキンという表示ではあるけど、どう見てもパンプキンではなくグリーンパンプキン。

ということで、いい感じのグリパン/チャートだ。

ワッキー掛けにして中層でクリンクリンと誘った時の明滅と波動からのイレギュラーなフォール…

どう考えてもメチャ釣れるね。

| | コメント (0)

2019年5月23日 (木)

Crittr Hawg

マックスセントシリーズに追加されたクリッターホグを昨年末より使用している。

Basslog20190523a 形状はバルキーホグをベースにしているようだ。

バルキーホグと言えば3インチが主流だが、このクリッターホグはパワーホグの4inとバルキーホグ3インチの中間的な感じだ。

釣れるけど、このマテリアルにこの形状がベストマッチしている感じはなく、そんなにマックスセントのパワーを発揮していない感じがする。

匂いの効果を利用して、ロングポーズなんかは効く。

冬は通常のマテリアルよりも反応が良いと感じた。

 

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

昭和のトーナメンター!?

3月某日、近所の友人から久し振りに連絡が入った。

仕事中なので電話に出られないというのに、数分間電話は鳴り続いた。

切れたと思ったら、再び数分間…

何か急用かと思い席を外し受電すると、相変わらずな勢いで話が始まった。

とりあえず急用ではなさそうだったので、いったん終話し、後ほど連絡してみた。

色々と話しをした結果、同じ方向性がありそうなマグナム長尾に話を振ってみた。

しばらくは2人の間に入って話をしていたが、2人の縁結びが実り、最近2人は直結してくれた。

長尾なんで、早速話がかなりおかしな方向へいっているけど…

長尾は‘昭和のトーナメンター…’とか言っているけど、彼がトーナメンターとして活動していたのはデビューから平成です(笑)

2人の動画

この2人、今後どうなるのだろう…

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

Buzz Toad

最近入手したトードバズの1つWar Eagleの‘バズトード’。

Basslog20190521a これはウォーイーグルらしく作りはきれいだ。

ブレードは黒と思いきやニッケルブラック鍍金と、メッキに拘るウォーイーグルらしいカラーリングだ。

ただこのバズ、ブレードが回らなかった。。。

調整をして回るようになった。

ワイヤー径とホールの径がほぼ同じなくらい、結構シビアなセッティングで組まれている。

キュルキュルと泣き始めるまでも時間が掛からなそうだ。

先日のダーティジグのカンタベリーのバズとは違い、ヘッドはインサートしないタイプであった。

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

タングステンバレットシンカー

Basslog20190520-1 スミスのタングステンバレットシンカーが新しくなった。

今まではオーソドックスなトラディショナルなバレット形状であったのだが、新しいものは少し下側が絞られたシェイプとなった。

大した違いには感じないけど、ワームをセットした時の収まり具合がよくなり、全体のシルエットがかなり変わってくる。

実寸ではちょっとした違いだけど、大きなシンカーほど収まり具合がよくなる。

形状が変わったのとJB・NBCのトーナメントで使用できるFECO仕様となった。

Basslog20190520-2 FECO仕様の証である‘F’マークが刻印され、逆面にはウエイトも刻印されている。

ウエイトが分からなくなる度に量りに載せていたので、この手間が省けるようになった。

小さなものだけど、パッと見でも違いがすぐに判る程、外観は変わった。

それと、かなり大きな違いと感じているのはホール径。

ホールの径を気にする人ってあまりいないと思うけど、自分は気にする。

Basslog20190520-3 旧型のホールは大きく、新型は小さくなった。

実際の径は旧型が直径2㎜で、新型が1㎜。

1㎜の違いだが、断面積にすると4倍違うことになるので、かなりの違いだ。

小さくなると全体の形状も小さくなりコンパクトになるのと、遊びが少なくなる分余計なブレが出なくなる。

ペグ止めして使う際はこちらのが向いている。

最近はペグ止めしてカバーに入れたり、ピンを撃ったりすることの方が多いので、新型が重宝する。

ただ、真夏やオープンウォーターでテキサスリグを使用する際、自分はペグ止めしない。

ペグ止めしないのは、フォール時にシンカーとワームを離れさせて、着底時にシンカーとワームのラグを作りたいから。

そんな時は旧型のようなホールの大きいものが役に立つので使い分けるとよい。

シンカーって軽視してしまいがちな小物だけど、シンカーの違いで色々と変わるので、意外と重要。

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

ULTREX

アルトレックスを使うと、今までのワイヤー式エレキには戻りたくない…となってしまう。

誰もが必要性を感じるだろうし、供給も追いついてきたので、一気に普及した。

2016年のエリートシリーズ‘ミシシッピ’戦以来、アメリカに次いで日本でも常識化となってきた。

この当時‘ウルトレックス’‘アルトレックス’‘ULTREX’で検索しても日本のサイトでヒットするものはなかった。

それほど最初は全く見向きもされていなかったのものが、デフォーの使用していたミシシッピ戦の話題が徐々に日本でも広まっていった。

日本では昨年のKVDがモーターガイドからミンコタへの移籍が決定付けた気がする。

Basslog20190519a スポットロック機能が最も注目されているけど、これは以前からあったもの。

友人がiパイロットは使用していたので、これは凄い機能だとは思っていた。

でも、今までの物だと首振りが電動なので遅いということもあり、反応が鈍い感じがあった。

急な突風なんかが吹いたり、風向きが一方向出ない場合は反応が遅く、終いにはコードがグルグル巻きついてしまうこともあった。

そんな急な対応を足で出来たら…とは、使ったことがあった人は誰でも感じただろう。

それも電動ではなくワイヤー式でアシスト出来たらなぁ…

自分がちょうど30年前に初めて愛用していたエレキがミンコタ初の電動首振り搭載の765MXだったこともあり、電動の遅い首振りには散々な想いをした過去があるので敬遠した。

そしたらこのアルトレックスは、そんな想いが形になって現れたといった感じであった。

更にワイヤー式も併用できるだけでなく、電動アシストのように首振りがただのワイヤー式よりも軽い。

それでいて進行方向は固定されるので、非常に使いやすい。

エレクトリックモーターの革命を起こしたと言えるだろう。

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

22 colors

最近最も使用頻度が高いズームのウルトラバイブスピードクローを現場へ持っていく数を数えたら現在22色だった。

これだけ持っていってもまだ足りないと感じる場面がある。

家にあるストックは更に他のカラーも幾つかあるのでもっと多い。

Basslog20190518a_1 釣りをしていると、更にこんなカラーが欲しいと感じる場面が多々あるので、数は未だに増加傾向にある。

同じくズーム製品で使用頻度の高いZクローは12色、トリックワームが5色、そして自分でも意外だったのがスーパーチャンクが12色もあった。

ゲーリーヤマモトのセンコー5inは10色、ファットイカ2色。

UVスピードクローとセンコー5inは春の低水温期以外は、必ずこれくらいの数は持っていく。

ズーム、ゲーリーと来たら、バークレイ。

バークレイで主に使うのはパワーホグとクローファッティで、バークレイ製品は喰わせの最終兵器的存在ということもあり、地味なカラーをチョイスすることが殆どだ。

ということで、持っていくカラーもグリパンとかを少々と少な目。

でもバークレイのワームは1年を通して持っていかない日はない。

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

カラーローテーション

自分は昔からルアーのカラーローテーションは物凄くする方だ。

プラグもワームも1日でかなりたくさんのものを廻す。

Basslog20190517a 先日釣ったウルトラバイブスピードクローだけでも7色。

使ったのは更に数色多い。

カラーによって効果はまるで違う時も多々あるのと、当たりカラーの強烈な爆発力は凄いので、当たりを探し色々と廻す。

今までの経験から、奇抜なカラー程、ドハマりすることが多い。

例えばグリパン等は無難に釣れるけど爆発力には欠ける。

ドハマりした時こそが、ルアーらしさが発揮された瞬間だと思う。

Basslog20190517b 先日は結局は色々なカラーを廻したところ、当たったのがマルガリータとバーボンブレイズの2色。

共に50アップもキャッチし、反応は抜群によかった。

特に新色のバーボンブレイズは、あまり既存にはないクリアオレンジベースで、派手めなカラーだけど、若干水に馴染むような感じのカラーで、これからも期待が持てそうだ。

マルガリータはチャートベースのカラーで、関東の平野部のフィールドでは非常に反応のよいカラーで、チャートペッパー同様に外せないカラーの1つとなっている。

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

グラス×PE

グラスロッドとポリエチレンラインというのは、使うルアーによっては物凄く相性が良い。

トップウォーターがその代表格だ。

スピニングのグラスロッドとPEラインの相性というのはベイトとのセット以上に良い。

容易に50m越えの強烈な飛距離が出せるのと、その遠距離でのフックセットが容易になる。

スピニングは軽量ルアーをキャストするためのものという概念があったけど、使っている内にスピニングのメリットを活かすために重めのルアーも用いることもある。

Basslog20190516a 先日はスイングインパクトファット4.8inのただ巻きにTVS-65ML/HGを用いた。

ベイトでも十分キャストできる重量があるけど、スピニングで投げることによって、ナーバスなバスを相手にすることとなるクリアなインレットなんかでは、スピニングならではのロングキャストがアドバンテージになる。

スキッピングもベイトよりも楽にできるので、軽い力で奥まで入れられる。

昨年1年間色々なシチュエーションで使用し、色々と出し処の幅が広がった。

これに関して話し始めたら止まらなそうなので、またその内何回かに分けて小出しに・・・

| | コメント (0)

«Belly Landing