2019年11月21日 (木)

亀山タックル

先日の亀山ダムは全部で8セットのタックルを用意していった。

Basslog20191121a 結局メインに使用したのは5セット。

TVC-65M/HGとTVC-70Hが各2セットとDS用にソリッドティップのロッド1本。

65M/HGにはクランクベイトとバズをセットした。

70Hにはテキサスリグを3/8oz.と3/4oz.の2つをセットした。

濁りがきつかったので、相当なタフを覚悟して臨んだので、ダーティウォーターでのタフタイムに出す切り札的存在を投入した。

Basslog20191121b テキサスリグにはパワーホグとクローファッティの2つをメインに、ZクローとUVスピードクローも使用したけど、最終的にはバークレイの2つのワームに行き着いた。

具体的には溺愛のパワーホグ4in.USA仕様とパワーベイトマテリアルのクローファッティ4in.。

20年ぐらい前からソフトルアーでのパワーホグ4in.への信頼度No.1は変わっていない。

コアな部分にまで突っ込んで話すと、パワーホグ4in.でもダイワが販売していたオプティマ時代のトーナメントストレングス仕様やピュア初期時代のバイオソルト時代に販売されていたパワーホグ4in.が、パワーホグの中でも気に入っている。

12月7日に開催される‘2019小森カップ’の時はそんな1軍ホグを投入するだろう。

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

グレイバックゴースト

グレイバックゴーストというカラー名は、存在しないらしい。

自分が勝手にネーミングしたみたいだ(笑)

元はTDハイパークランクにあったカラーで、このカラーが自分は圧倒的によく釣れるので大好きなカラーであった。

Basslog20191120a 元々白系統のファントムカラーは好きなこともあり、よく使っている。

同系統のカラーだけでもストックがたくさんある。

その中でもハイパーのグレイバックゴーストは多い。

今更ながら思ったのだが、グレイバックゴーストのシャロークランクって持ってない。。。

ないから仕方ないけど、デッパーだけは自分でカラーリングしたものがある。

このカラーがラインナップされないのが不思議だ。

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

亀山ダム

そろそろ冬ということで、冬にいつも訪れている亀山ダムへ行ってきた。

Basslog20191119-2Basslog20191119-1 今年は大雨による濁りが未だにかなり入っている。

ボート店前はこれで釣りができるの?といった感じであった。

でも湖上に出てみると相変わらずボートの多さには毎回驚かされるが、今回も驚くほどたくさん出ていた。

亀山ダムというのはレンタルボート店が湖の各所に数店舗ある。

それぞれの店舗に来る顧客は、オーナーとの相性や周囲の者との関係等色々なものが絡んで、1つのボート店の顧客となるのだろう。

それぞれのボート店毎に個性があり、ボート店毎に似た者同士が集まりやすい。

ボート店によっては非常にマナーの悪い人がいるところもある。

醜い争いも多々あるようだ。

争いをするなら正々堂々と同条件で戦えるJB戦に出てきて争えばいいのにね…

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

シバーグライド

リアクションイノベーションズのスティックベイト‘シバ―グライド5.45in’。

Basslog20191118a 昨日のサカマタシャッド6inよりも一回り小さい感じだ。

どうでもいいけど、このシバ―グライドというネーミングはサカマタシャッドに合っているような気がする。

このシバ―グライドは通常のソフトジャークベイトと変わらないかなぁ…って思ったけど、ったウエイトは13g近くあり意外とウエイトがあった。

Basslog20191118b ファットイカが12gぐらいのなので結構重い方だ。

メーカーの謳い文句では微妙に振動しながら落ちると記されているけど、どのような感じでフォールするのか気になる。

| | コメント (0)

2019年11月17日 (日)

サカマタシャッド6in

おそらくサカマタシャッドで一番人気のあるサイズである6in。

6inも数パック入手しておいた。

このくらいのサイズならジンゴロームでもちょうど使いやすそうだ。

Basslog20191117a ウエイトを量ってみたら、16g近くあった。

6inでも意外とウエイトがあるので、やはりサカマタシャッドというのは独創的なスティックベイトである。

サカマタシャッドはブルフラットと共にデプス社の人気ワーム。

日本のワームでこれほど人気がって、実際にも良く釣れるものも珍しい。

デプスのワームはJB/NBCでも使えるFECO仕様のものも幾つかあり、このサカマタシャッドもそのうちの1つである。

実際にトーナメンターにもブルフラットの浸透率はかなり高い。

サカマタシャッドも浸透しそうだが、サイズがトーナメンターが好む3インチ前後ではないのでどうだろう…

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

サカマタシャッド8in

最近チョコチョコと使っているサカマタシャッド。

Basslog20191116a ちょっと前に出荷したようで、ようやく入手できた。

5inはちょっと小さいので、6inと8inを買っておいた。

やはり8inのボリューム感がいい感じだ。

使いやすいし、他にはないド迫力なトルクフルなダートとトルクフルなシミ―フォール。

比重ゆえにトルクのあるフォールをするけど、胸鰭があるからか、そんなに素早くではなく水を押しながらスライドしながらシミ―フォールする。

高比重スティックベイトの代名詞であるセンコーのシミ―フォールとはまた別効果を発揮する。

カラーにセクシャがあったと思ったら、リザーバーシャッドというネーミングだったけど、セクシーシャッドだね。

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

中国製クランク

この中国製クランクベイトは何度か話題に出しているけど、確かによく釣れる。

Basslog20191115a送料入れても1個180円程度で、未塗装なら1個100円もしない安いクランクだが侮れない。

微妙なウエイトの違い等がうまく噛み合っているかよく釣れる。

使った人の殆どがこれに類似した米国製や日本製のものよりも、この中国製が最も釣れると言う。

そして更に良く釣れる方法として最近教えてもらった釣り方がドラッギング。

それもスピニングロッドTVS-65ML/HGを用いたドラッギングというのだ。

PEラインの0.4~0.8号ぐらいを用いて引っ張るというもの。

このロッドもコンポジットロッドなので、ドラッグでのフッキングも容易にできる。

スピニングロッドなので、シャッドなんかに装着されているような細軸フックでないとフッキングしなそうだが、クランクベイトに標準装備されているぐらいの軸のフックで、距離が開いていても掛けられる。

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

レンタルボート×24Vエレキ

レンタルボートに使用するエレキは今まで12Vを使用していた。

特に12Vでパワー不足を感じたこともなかったので、24Vに追い抜かれても12Vのまま使っていた。

ただ、今使っている12Vのエレキは無断変速でないので、そこはちょっとストレスが少しあった。

Basslog20191114a24Vのエレキも3台持っているので、24Vにしてみようと、今更ながら思い、延長コードを接続し、トランデューサも装着して使えるようにしてみた。

元々24Vにしなかったのは何故なのか思い起こしてみると、バッテリー2発積むことで、喫水が深くなり危ないと思ったから。

でも今は12フィートの手漕ぎだけでなく、14ftのフラットボトムのレンタルボートもあるので、大丈夫でしょう。

ということで、今更ながらレンタルボート×24Vエレキデビュー。

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

スイムジグ

一昨年ぐらいから色々と試してきて、ようやく使いこなせるようになってきたスイムジグ。

今年はスイムジグに適した出し処で投入しているのだが、意外と出番が来ることが少ない。

70Hを使用して表層をスイスイスイ…とスイムさせ、フルパワーでフッキング。

テンポ良い釣りなので好きな釣りの1つであり、フッキングが決まった瞬間は気持ちいい。

70Hに15、17、20lb.といったラインを使用し、このラインをブチ切るぐらいの勢いでフッキング。

どうってことないようなことだが、これを行うにはタックルが全てしっかりと揃っていないとフルパワーは不可能だ。

Basslog20191113a ダーティジグズのノンジャックスイムジグやカリフォルニアスイムジグは、がまかつのノンジャックフックを装着しており、これらはフックのワイヤが太いので、一瞬たりとも伸びることがなくしっかりとフックアップを可能にしてくれる。

ブレずにフックアップ出来るしっかりとしたロッド、表示通りの強度があるライン、ラインが出ないしっかりとしたドラグを備えたリール、これらに耐えられるフックが装着されたジグ。

これらが揃って初めてフルパワーを躊躇なく行える。

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

8XD Chrome

8XDのクロームカラーを使いたくて、唯一のクロームカラーであるシルバーTNシャッドを追加した。

Basslog20191112a フックを替えてアイのスプリットリングを外して、ウエイトを量ってみるとみると、ジャスト40g。

下2桁まで00でジャストというのはなかなかないことだ。

クロームカラー自体自分もあまり使わないのだが、最近はクロームカラー自体カラーラインナップからなくなりつつある。

特に鱗目の入っていないつるっとしたボディのクロームカラーは貴重な存在だ。

鍍金のキラッとした輝きを有効に出すには表面のつるっとしたボディが一番だと思う。

クロームを使いたいと思ったのは、速い動きでのリアクションを通常以上に意識して使いたかったから。

クロームカラーは若干ルアー自体のウエイトは重くなる。

普通のカラーよりも8XDの場合は1g重い。

1gというと、ルアーでは結構な影響が出る重さだ。

でもこのくらいのサイズになると、全体の割合では2.5%。

10gのルアーで1gは10%となるので、かなりの影響を与える。

パーセントで観ると10gのルアーでの2.5%となると0.25gなので、そんなに大した違いではない。

実際のウエイト差よりもパーセントで観ると解りやすい。

| | コメント (0)

«Demon!?