令和6年能登半島地震の被害に遭われた皆さまへ

1月1日の令和6年能登半島地震により、亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、被害に遭われた皆さまとそのご家族に心よりお見舞い申し上げます。
また被災された地域の一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。

| | コメント (0)

2024年2月23日 (金)

赤ブレード

Basslog20240223a 春なので、赤ブレードのスピナーベイトも用意した。

用意というか、毎年使っている溺愛のブリングなのだが、どうしても今まで使っていたものが見付からず新しいものを出した。

ワイヤが0.9mmと細いので、なんだかんだ消耗は激しいのでストックもそこそこは持っている。

フロントの蛍光赤ブレードの効果はここ数年感じているので、既に低水温期に使うスピナーベイトは赤ブレードでないと集中力が続かない。

ブリング探していたらこんなのも出てきた。

これこそが最強スピナーベイト。

昨年の春の低水温期が終わった頃に何気なく作ったので、ちょっと忘れ掛けていた。

今年の春のスピナーベイトは面白くなりそうだ。

| | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

Rattling A.T. Jigs

オールテレインタックルのスイムジグはちょっとヘッド形状が変わっていて気に入っている。

このメーカーの商品はジグがメインで、その他にはジグヘッド等のイクイップメント類。

そんなこともあってジグのメーカーイメージが強い。

Basslog20240222a でもスイムジグ以外は使ったことないので、他のものも試そうと思いラトリンA.T.ジグを取り入れてみた。

ラトル入りのラバージグというのは昔から幾つかあったけど、ほとんど使ったことがない。

入手しても結局使わないままのことが多い。

あまりラトルの効果を感じないのと、トラブルが多くなるからだ。

ルアーというのはシンプルなものが使いやすいので、どうしてもシンプルなものに手が伸びてしまう。

必要性を感じる場面があれば出すのだろうけど、差を感じる程の釣果を上げたことがない。

ラトル音がしっかりとすれば効果はあると思う。

ワームのラトラーも有効に感じたのはジンラルーのグラスラトルを使ってからだ。

やはりしっかりと音が鳴れば効果は感じるということだと思う。

ラバージグもラトルが伴えば効果的な場面は多々あるだろう。

| | コメント (0)

2024年2月21日 (水)

ワート系

Basslog20240221a ウイグルワート系のクランクベイトも幾つか用意してみた。

ウイグルワートを意識したクランクベイトは多々ある。

でもウイグルワートのような動きを完璧に再現出来ているものはない。

そんなクランクベイトでもクランクベイトとしては優秀なものもある。

クランクベイトはウォブリングとローリングの動きが合わさったもの。

その動きの割合や振り幅等によって、色々なものが変わってくる。

自分が特に変わると思っているのがボトムにタッチした時のカバーの躱し方。

結構速いスピードで引いてしまうことが多いので、自分はロールが少なめなものが使いやすい。

ロールが強いものだと、ボトムに当たって軌道がそれると戻るまでの時間が長い。

中層だとロールが強くエラティックの度合いが強いものが好きだ。

微妙な違いが釣果を大きく左右するので、色々なことを考えると切りがないくらいのクランクベイトが必要となる。

低水温期だけは結局オリジナルのウイグルワートに手が伸びてしまうことが多い。

ウイグルワートは比較的リップは大きめなので、障害物の回避能力は強いと思っている人が多いけど、ウイグルワートはスナッグレス性能が意外と低い。

その点、ワート系は回避能力に長けているものが多い。

| | コメント (0)

2024年2月20日 (火)

ウイグルワート

この時期になると毎年必ず話題に上がるストームのウイグルワート。

低水温期になるとウイグルワートというワードでの検索が多くなるのと、これに関する質問が来る。

低水温期のウイグルワートの威力というのは、やはりこれってルアーだからこその力を発揮している感が物凄く感じられるからだろう。

これこそツールとしてのルアーだからこその利便性を感じられる。

Basslog20240220a ちょうど自分もウイグルワートを準備していた。

オールドスクールは幾つか持っているけど、使ったことがないものも多い。

この時代のウイグルワートは個体差が激しいので、それぞれの動きを知っておきたいところだ。

プラグは比較的ボーンマテリアルの方が人気がある。

このウイグルワートもクリアとボーンの両マテリアルが採用されている。

ボーンの方が比較的人気があるが、ウイグルワートはクリアも人気がある。

自分はどちらかと言えばクリアの方が好きだ。

ウイグルワートらしい急激に軌道を変える動きはボーンの方が出やすい気はする。

最近ではよくあるエラティックアクションだが、このウイグルワートほどのエラティックは他にはない。

これだけウイグルワートリスペクトモデルのクランクベイトがリリースされているにもかかわらず、未だに旧ウイグルワートが必要とされるのはそれが理由だ。

最近は通常のエラティックとウイグルワートのエラティックを区別するために、ウイグルワートのようなエラティックな動きはウイグラティックって言っている。

チャターやLC等のエラティックとは効果も全然違うので、別物と捉えている。

| | コメント (0)

2024年2月19日 (月)

BRフィッシュ

Basslog20240219a アメリカで最近話題になっているJDM商品と言えばBRフィッシュ。

これってシーバス用のワームだ。

これに専用のBRヘッドを装着して使うというもの。

ジャークすれば左右にダートし、ただ巻きでは真っすぐに泳いでくるというもの。

左右へのダート幅は非常に広い。

これは面白いと思い探してみた。

しかし、このBRフィッシュはなかなか人気があるようで、ようやく発見した。

BRヘッドは更に見付からず、見付けるのに苦労した。

| | コメント (0)

2024年2月18日 (日)

ラパラ F-13

先日のジャークベイトを用意してている時に、ラパラのオリジナルのフローターが出てきた。

Basslog20240218a 中でもF-13がたくさんできた。

最近はあまり出番はなくなってしまったけど、未だに外せないルアーの1つ。

未だに1つは必ずボックスに入れている。

最近のミノーと比較したらリアルさに欠けるけど、ミノーと言えば未だにこれを思い浮かべる人も多いだろう。

昔はミノーと言えばラパラが定番中の定番であった。

今でもよく釣れるし、このルアーでも思い出はたくさんあり、今でも好きなルアーの1つだ。

ビジュアルも非常にルアーらしくて好きだ。

ラパラのオリジナルなんかは観ているだけで心が和む。

こんな感じのルアーは収集するのも楽しい。

| | コメント (0)

2024年2月17日 (土)

Komori Cup 2024

今月末に久し振りに小森カップが開催される。

亀山ダムでは一番注目されている大会ということで、かなりの凄腕達が集まる。

必然的に勝つのは難しい。

今年は例年よりもさらに厳しい2月に開催ということで、参加人数も少なくなると思っていた。

でも既に会場のトキタボートは予約が埋まってしまった。

他のボート店からも出場可能で、受付は出船前にトキタボートで済ませてもらい、出場者がトキタボート桟橋にボートで集まった時点でスタートします。

先週プラがてら様子を観に行ってきた。

Basslog20240217a 水温は朝の内はまだ6℃台。

日中は表水温は7℃台に達していたが、まだ水温は低めだ。

先週辺りから暖かい陽気が増えてきているので、当日の水温はもう少し上がっていそうだ。

この時期の亀山ダムと言えば、かなりの大型がよくキャッチされていることで有名だ。

60アップもこの時期にキャッチされることが多い。

ただ全体的には1年を通してみても非常に厳しい時期でもある。

どんな結果になるのだろう…?

そして今年は3月16、17日にはJBマスターズ初戦イズムカップも亀山ダムで開催される。

そんなこともあり今年の小森カップは更に注目を浴びることになる。

今年も亀山ダムのトーナメントレイクとしての進化や亀山ダムの釣りに影響を与えることになるだろう。

またJB戦が入ることで、ハード面も含め色々なものが進化することになると思う。

レンタルボートでのトーナメントという日本ならではのスタイルは、ここ亀山ダムが聖地となっており、色々な面で一番進んでいる湖だ。

そんな亀山ダムは今年も更に進化を遂げそうだ。

| | コメント (0)

2024年2月16日 (金)

KREJ

Basslog20240215-1 噂がかなり先行していたバークレイの新作‘KREJ’が遂に発売された。

とにかくこのクレジはどんなルアーなのか非常に気になっていた。

類似したものはないので、どんな動きをするのか想像もつかなかった。

Basslog20240215-3 Basslog20240215-2 リップが上向きになっていて、アイがそのリップの先端にあるという、未だかつてない形状となっている。

分類としてはジャークベイトなのかな?

メインウエイトはベリー部に入っており、これは普通と言えば普通な感じだ。

シンキングで、フリーフォールではバックスライドして沈んでいく。

ジャークすると左右にダートするというもの。

使い方によっては多彩な演出が可能だ。

FFSを駆使してちょっと色々なことを試してみたい。

 

| | コメント (0)

2024年2月15日 (木)

デカログ

ジャークベイトが使いたいと思い用意した。

Basslog20240215-2_20240215201801 やはり真っ先に用意したのが5.5inの通称デカログ。

ARC1200とADR5の2つが好きでよく使っている。

このサイズがルアーらしい威力を発揮してくれる。

ジャークベイトなんかを使っていて思うのは、小さいサイズのものは餌の代わりにしかならない。

ルアーだからこそのアピール力は5inぐらいがいい感じだ。

Basslog20240215-1_20240215201801 低水温期はADR5‘パーフェクト10ログ’が活躍してくれる。

これを軽くジャークしたり、軽くトゥイッチしたりして、小技を利かして使う釣りが有効な時が多い。

カラーではADR5283レモンライムクラッシュが1番気に入っている。

なんだかんだでこれが一番釣っている。

絶対に日本受けはしないようなカラーだけど、ルアーだからこその力はこんなカラーが発揮しやすい。

| | コメント (0)

2024年2月14日 (水)

エラストマーイモ?

中国にもエラストマー製品は増えてきている。

Basslog20240214a その中にイモグラブみたいなものがあった。

実物を観てみると、イモグラブというよりはもう少しスティック状になっており、よくよく観ていたらカバースキャットに近いシルエットだ。

断面は丸くて、素材はエラストマーでかなり柔らかい。

想像していたよりもかなり小さいサイズであった。

塩も入っていないので、おそらく浮くだろう。

使うとしたらノーシンカー、ジグヘッドってとこかな?

昨日のLOフック#3を刺してみるとピッタリ。

小さいスインギングヘッドなんかで使っても良さそうだ。

| | コメント (0)

«LO Hook #3