2017年6月27日 (火)

ペンシル

今年も昨年に引き続きバスがよく釣れている。

バスが増えたといった感じはないけど、少ないながら納得のいく釣れ方で仕留めることができているからか、満足のいく釣果が多い。

昔のように数がたくさん釣れるわけではないが、釣った感は今のがある気がする。

そして今年感じるのがペンシルベイトの当たり年!?

Basslog20170627a ちょっと前はアラシトップウォーカー13がよくて、最近はお気に入りのGドッグXとスーパースプークJr.が好反応であった。

なんだか例年以上に今年はペンシルベイトが既によく釣れている。

| | コメント (0)

2017年6月26日 (月)

シングルフック

ビッグスプーンに装着するフックは非常に悩む。

何が良いのかよく分からないので、色々と試しているけどいまだによく分からない。

Basslog20170626a なんとなく合いそうなフックが合ったので買ってみた。

いつもヘッド側にジグ用のシングルフックを装着しているのだが、なかなか掛からない。。。

かといってテール側のフックに掛かるわけでもなく、大概はヘッド側にバイトしている。

でも掛からない。。。

海のジギングではヘッド側だけで抜群に掛かるんだけどね…

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

バマクロー

Basslog20170625a 昨年から引き続き今年も好調によく釣れているレイジバグのバマクロ―。

アメリカでは結構定番とされているアラバマクローの略で、グリパンとオレンジの2トーンカラーというカラーだ。

最近、ダーティーサンチェスに代表される、半分チャートのカラーは日本のメーカーもカラーラインナップに入れている。

Basslog20170625b でもこのバマクロ―はまだないね。

クリアな湖に濁りが入ると、オレンジって圧倒的に反応が良くなる。

風が吹いてシャローに濁りが入った時なんて、迷いもなくオレンジ系のカラーの出番だね。

| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

スモール

Basslog20170624a 今年初のスモールはウルトラバイブスピードクローで仕留めた。

サイズは47㎝ありまあまあであったので、そこそこは引いたけど、やはり同サイズであればトルクはラージの方が強い。

この時のラインは14lb.であったので、スモールにはまず切られることはない太さなので、余裕でランディングできた。

ただ、自分は50アップのスモールを釣ったことない。

スモールはラージよりスピードは圧倒的に速いので、それに50アップの魚体ゆえのトルクが加わったら凄そうだ。

アメリカのサイトなんかを読んでいると、50アップクラスになると、物凄く跳ねるようだ。

1度だけ50アップのスモールを掛けた人を見たことあるが、確かに跳ね方が純情ではなかった。

ロケットのように水面から飛び出し、次は水中に一気に潜り、また飛び出しの繰り返しで、上下の動きが暴れ馬のようであった。

そろそろスモールの50アップも釣りたい。

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

GUNFISH135

ずっと欲しかったラッキークラフトの‘ガンフィッシュ135’。

Basslog20170623a ようやくガンフィッシュ最大サイズの135を入手したのだが、意外と小さい…と思ってしまった。

最近のルアーの大型化に伴い自分の感覚も巨大化しているようで、135ではちょっと物足りなく感じてしまった。

1oz.というサイズは最も使いやすいと思うので、実際に使ってみたら気に入るサイズなのかも。

トップウォーカー13とほぼ同じサイズだが、トップウォーカーの方がファットボディということもありかなり威圧感がある。

これの影響もあって小さいと思ってしまったのかも。

このガンフィッシュは幾つかサイズはラインナップされているのだが、130という5㎜違いの物もある。

ウエイトは1oz.で同じなのだが、何が違うのか気になる。

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

BASS SHOOTER

Gene Larewと言えば、最近ではビッフルバグやビッフルヘッドのメーカーといった感じで、他の物は思い当たらない人も多い事でしょう。

ここのワームはホローボディを用いていたり、独特なデザインのものが多くて面白い。

普通なら受け入れられにくいものかもしれないけど、一応気になったものは試すようにしている。

Basslog20170622a それでちょっと前にも‘バスシューター’という新作が出ていた。

一応オーダーは入れたけど、忘れ掛けていて、片付けをしていたら出てきた。

小さめな3.25inのボディで今までにはない感じなので、どうやって使うのがベストなのか考えてしまう。

Basslog20170622b 極端に平べったいボディはジンラルーならではの独創的な感じだ。

水面を跳ねてオーバーハングの奥の奥まで入っていきそうだ。

ということで、ノーシンカーがベストかな?

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

シーバススタート

Basslog20170621a 先日荒川で今年初のシーバスが釣れた。

サイズは最大で50㎝程度だったので小さいけど、初物なんでちょっと嬉しい。

狙ってはいないのに3本釣れたので、既に河川にはたくさんのシーバスが入っていることでしょう。

たまにボラの稚魚を喰っている魚がいたので、おそらくシーバスでしょう。

まだ浅いレンジに居るボラに付いている感じなので、もう少ししたらアイソレートな物に付くので釣りやすくなるだろう。

ということで、今シーズンもシーバスもシーズンインだね。

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

ZOOM

昨年久し振りにゲーリーヤマモトのセンコーを多用し、改めてよく釣れるワームだと実感した。

それと、昨年からよく使っているズームのワームもやはりよく釣れると実感している。

結局何の縛りもなければ、今も昔も変わらず行き着くところはゲーリー、バークレイ、ズームの3メーカーが殆どとなってしまう。

Basslog20170620c ズームは昨年のZクローの登場で更にズームワームの使用頻度は多くなっている。

よく使っているズームワームはZクローとUVスピードクローの2つで、特にZクローのJr.は実によく釣れるワームで、今ではかなりの信頼度となっている。

Basslog20170620b 最近ではUVスピードクローよりも出番は多くなっている程だ。

これに似たテールを持つストライキングのレイジバグも非常に気に入っており、自分の周囲でもこの2つはかなり人気で、使っている人も多くなっている。

Zクローはカラーラインナップがズームなのにちょっと少なく、レイジバグの方が自分好みのカラーは多い。

Basslog20170620a 最近見付けたテラピアマジックというカラーは、昔のクリスマスツリーカラーを彷彿させる感じで、グリパンに色んなカラーのラメが入っている。

元々クリスマスツリーは好きなカラーだったこともあり、更に良く釣れるので、これは非常に気に入った。

ズームと言えばストレート系のワームも良いものが多々ある。

スワンプクローラーやトリックワーム、フィネスワームもかなり釣れるワームだけど、スピニングでの使用が主になるので、最近は殆ど使っていない。

トーナメント以外の釣りではスピニングを必要とする場面が少ないので、軽量なワームの出番も少なくなってしまっている。

結局正月以来スピニングでバス釣ってない。。。

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

DEEP FRY 95

Basslog20170619aBasslog20170619b 久し振りのimaの新製品‘DEEP FRY 95’が発売された。

シャッドでは溺愛しているFOXY FRYをベースにサイズアップしたとのことで期待大。

サイズアップはいいけど、一気に2周りくらいデカい(笑)

ウエイトも15gあり、潜行深度は最大で15ftとなっている。

サスペンド仕様というのは意外な感じだけど、このくらいの潜行深度でサスペンドというのは本栖湖並みにクリアな湖の春には重宝しそうだ。

このようなシャッドやミノーのディープダイビングって過去にも幾つかあったけど、良いものってあまりないので期待している。

カラーラインナップは少ないけど、FOXY FRY同様のものが多いのだが、一番多用しているワカサギカラーは違っていた…

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

S.S.Craw

ズームのウルトラバイブスピードクローのもう少し腕の部分が大きいスーパースピードクローというものがある。

存在は知ってはいたけど、UVスピードクロー溺愛で、必要性を感じるまでは放っておこうと思っていた。

Basslog20170618a でも今年のトレドベンドの最終日、BPがスイムジグで連発していた時に使用していたのが、S.S.クロー。

ということで、スイムジグ習得中につき試さねば…と思い、1つだけ購入してみた。

トレドベンド戦から1ヶ月以上経過しているけど、未だに手を付けていないんだけどね。

| | コメント (0)

«Rod Sox