2016年12月 1日 (木)

Ultrex

今年のエリートミシシッピリバー戦以来大注目となっているミンコタの‘Ultrex’。

Basslog20161201a エレクトリックモーターでは最高値となるが、全然供給が間に合っていないぐらいの人気のようだ。

日本でもモーターガイドのX-Series不人気もあって、これに入れ替えたいという人が多くなっている。

ミシシッピリバー戦の動画も配信されたので、これでまたデフォー観ていたら更に欲しくなってしまうよね。

| | コメント (0)

2016年11月30日 (水)

ショートマウント

レンタルボートに付ける際のエレキのマウントが、軽量化や収納面からどんどんショート化されている。

Basslog20161130a 先日亀山ダムで観たショートマウントは物凄くコンパクトで驚いた。

観た人みんながパチパチとカメラで撮影するほど、瞬時に人気者となった(笑)

軽量化の施し具合も凄いし、細部までよく考えられていた。

これがショートマウントの最終形か?

| | コメント (0)

2016年11月29日 (火)

ベアリング追加

リールのメンテとか改造方法とかを聞かれることあるけど、自分はあまりよく分からない。

なぜ自分に尋ねたか聞き返すと、詳しそうだから…!?

自分はほぼノーマルで使用しているので、リールいじりはパーツ入れ替えたり、ios塗布するぐらい。

感覚でしか分からないので、最近使っているABUのリールは頑丈だし、よく飛ぶし、メンテも殆どしないで大丈夫だから気に入っている。

Basslog20161129a 先日追加したALXはハンドルのノブに既存で入っているベアリングは1つのようで、ちょっと負荷が掛かった際に巻き心地が悪い感じだったので、ベアリングを追加してみた。

ハンドルは手に近いからか、ベアリング追加しただけで、かなり違いを感じる。

ちなみにベアリング追加したのは初めて。

| | コメント (0)

2016年11月28日 (月)

一段落

10月末ぐらいから日本全国あちこちへ行く予定もほぼ終了し一段落。

トータル移動距離は約7,000kmぐらいで、その他に仕事での移動距離等を入れたら1万キロぐらいになるので、運送屋でもないので約1ヶ月間での移動距離にしてまあまあ多いでしょう。

一段落というのは、これから年末までは忘年会だらけだから、また違う忙しなさが続く…(笑)

先週は池原ダムへ行き、カーブの店カップに初めて出てきた。

その前に大阪で用事があり、大阪へ行き、昼間に少し時間があったので、速攻で大阪観光をしてきた。

Basslog20161128a まずは大阪城へ行き、それから電車に乗って35年振り位に行ってみたかった天王寺駅へ行ってみた。

天王寺は全く記憶にある物はないぐらい変わり果てていた(笑)

そこからGoogleマップ片手に通天閣、難波、道頓堀、心斎橋と歩いてみた。

短時間でパパパッと歩いて、最後の心斎橋は特に行こうとは思っていなかったけど、心斎橋と言えば…という老舗釣具店を思い出し、場所を調べて向かってみた。

Basslog20161128b しかし、Googleマップが指している場所をぐるぐると何回か周ってみたけど、指されている場所はアドフラットに囲まれた解体工事現場。

よくよく調べてみると、既に閉店していた。。。

Basslog20161128c 途中でお好み焼き食べて、歩いていたらたこ焼きも食べたくなったけど、きついなぁ・・・と思っていたら、‘たこせん’という量的にタイムリーなものを発見し食べて、帰り際に、歩いている最中ずっと気になっていた串カツを少々食べ、大阪満喫した感を達成し、池原に向かった。

関東からは琵琶湖よりも遠くて、メチャクチャ秘境的なイメージの池原だけど、大阪からだと2時間くらいで着くのには驚いた。

| | コメント (0)

2016年11月27日 (日)

洋ワーム

T.W.から幾つかルアーをオーダーした。

今回は数人の友人にも声を掛け、一緒にオーダーを入れた。

Basslog20161127a 日本では見掛けることのないストライキングのワームや、日本では不人気のHAVOCのワームや、定番のズームと、ワームが多い。

HAVOCは全てクローファッティ。

自分の周囲の人達は、自分が使っているのを観ているので、釣れ具合を観ていたら欲しくなるよね…ってことで、クローファッティ以外も自分が普段多用しているワームがたくさん。

ストライキングのワームの中に非常に良いものがあり、それはよく釣れるので、自分も追加した。

このワームだけは今回一緒にオーダーした人全員がオーダーしたほどだ。

| | コメント (0)

2016年11月26日 (土)

カーブの店カップ2016

今日は2016小森カップが亀山ダムで開催されている。

今週の日曜日には池原ダムで‘カーブの店カップ’が開催され、初めて出場してきた。

Basslog20161126a 今年初めて行って、2日間釣りして58㎝1本のみだったということで、池原では殆どバスを釣ったこともなければ、全域を周ったこともないという状態で出てみた(笑)

やればやるほど判ることは多々あるけど、意外だったのは池原ってイメージとは全然違っているということ。

前日にプラクティスをしたが、釣れたのはライトリグで2本のみ。

立木でテキサスでデカいの掛けたけど、池原ジャイアントのパワーにはジンゴロームでは太刀打ちできず木に巻かれてしまった。

結局試合当日はビッグベイトと10XDをメインにライトリグ少々といった感じで釣りしたけど、完全ノーバイト。

非常に厳しい状況であった池原ダムだったようで、優勝は1本で1,900g、2位が3本で1,700gちょいだったかな。

結果だけ聞くとビックリなローウエイトでしょ。

好釣果が続いていた今年だけど、ここに来て急に急降下…まあ楽しかったから良しとしよう(笑)

今回は大阪行ってから、池原行って…と、相変わらず長距離移動が続いている。

でも今年の長距離移動も残すところあとちょっと。

| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

KOMORI CUP 2016

Basslog20161125a 明日は亀山ダムでの最強戦と言われるようになった‘KOMORI CUP 2016’が開催される。

今年は亀山へ行く機会もて多くなるだろうと思っていたけど、結局シーズン中は行けなかった。。。

久し振りの亀山だけど、昨日の雪の影響もどうなっているのでしょう?

例年通り基本をベースに、クランクベイトを中心に攻めの釣りを展開し、場所、引き方、レンジは状況に応じて変化を付けて攻めていく予定。

昨年は例年より若干早い11月中旬に開催されたので、攻めるレンジも浅かった。

最大魚となった1,400gはTVC-71MH/HGで、このロッドを作る時に重視した点の1つである‘クランクベイトの早巻き’でキャッチした。

ブラフのショルダー部にちょこっとあったオダにショットオーバー3を当てて釣った。

リッククランが来日した時に言っていたように、クランクベイトをボトムに当てて壊すぐらいの勢いで巻いて当てた。

リールはRevo PRM 6.4:1を全開で巻き、更にボトムにコンタクトする瞬間にロッドティップを煽って叩き付けた感じだ。

こんな激しい釣りでもTVC-71MH/HGなら容易にこなせる。

TVC-71MH/HGなら10XDも使えるので、TVC-65M/HGと併用すればクランクベイトでの展開が普段よりも更に幅が出せる。

今年はクランクベイト自体の持ち駒も更に増やしたので、更に細かい戦略ができる。

※大会参加希望される方は➡KOMORI CUP 2016

松下ボートからならまだ空きがありますので出場できます。

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

フィッシングショー2017

Basslog20161124a 来年のフィッシングショーの日程が発表された。

来年は1月に、みなとみらいパシフィコ横浜で開催される。

今回のショーでは「メーカーブース内でのプロモーショングッズの販売」とあるので、販売も行われるのかな?

最近はネット環境が普及し、釣具店に行かなくなってしまったという人も多い事でしょう。

でも実物を手に取って観ることができる機会というのは欲しいはず。

出展されるメーカーも少なくなり、入場者数も減少傾向のようだが、その分ゆっくりじっくりと観ることができるのかな!?

来年は出展側と来場者側の意向が合致するショーになるといいね。

| | コメント (0)

2016年11月23日 (水)

レシーバーロック

自分は被害に遭ったことはないけど、レシーバーを盗まれたという話はたまに聞く。

前回のエレキの盗難のこともあり、盗まれる前に対策をしておこうと思い、色々と対策をしている。

Basslog20161123a今回はレシーバー用のロックを装着した。

レシーバー用のピンは普通に買っても2,000円くらいするけど、このDuraSafeのレシーバーロックはT.W.で10ドル程度なので、現在の円相場で換算すると1,100円程度と安い。

ステンレス製なので錆ることもないだろうし、見栄えもこちらの方がよいし安いので、替えていない人は替えることをお勧めします。

| | コメント (0)

2016年11月22日 (火)

California420

Basslog20161122a カリフォルニア420というカラーがある。

以前からズームのカラーラインナップに在ったのは知っていたけど、あまり気にも留めていなかった。

全く意味不明なネーミングだ。

最近気に入って使っているZクローでよいカラーがないか探していた時に、これが目に付き頼んでみた。

Basslog20161122b 実際に観てみると、ウォーターメロンとダークウォーターメロンの2トーンカラーで、レッドとブラックのラメが入っているという、なかなかいい感じのカラーであった。

カリフォルニアらしくクリアウォーター向きなカラーだね。

このZクローのJr.が最近は特に気に入って使っていて、非常によく釣れる。

Gマンもよく使っているので使い始めたというのがきっかけなんだけどね(笑)

Basslog20161122c スリットが入っていて、フックをセットしやすく、キロフックハイパー#1と相性バッチリ。

今年の後半はこのZクローはよく釣れた。

| | コメント (0)

«終盤