2018年9月25日 (火)

KVD1.5 Craw colors

Basslog20180925a ようやくKVDスクエアビル1.5の追加になったクローカラーを入手できた。

元々このクランクベイト自体が良く釣れるので、この新たなカラーはローテーション用に重宝する。

益々、タックルボックスの中身が増えていく。

まだあんなカラーもいいなぁ…と思っているものもあるので、増加に終わりはないなぁ…(笑)

それと、日曜日のJB桧原湖Series最終戦IMAKATSU’カップの表彰台動画を全員分アップしました。

この時期の試合としては一番厳しい状況であった今大会。

しばらくはこの厳しい状態が続きそうなので、行かれる方は参考に…

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

2018 Championship

Basslog20180924d 2018 TOYOTA AOY ChampionshipはJames Elamが1位をキープし制した。

毎年のことながら、チャンピオンシップのウイナーは影が薄くなってしまうね。。。

Basslog20180924aBasslog20180924b_2 そしてAOYはJustin Lucasがエリート5年目にして遂にトップに立った。

兄弟がメチャ似ているね。

どちらかというと無難な成績でボチボチのところにいつも付けていたJustin Lucasだが、一昨年のポトマックリバー戦の優勝からは、かなり低迷していた。

昨年のエリート戦の成績は特に酷かった。

今年はケンタッキーで外したくらいで、またボチボチのところでクリアしてきて、後半戦は上位で全てクリアした。

チャンピオンシップの吠え方を観ていると、かなり精神的なプレッシャーはあったはず。

昨年のBP同様にこれからの時代のスター選手となるだろう。

Justin Lucas来年はBPTに行ってしまうしまうのかな…?

Basslog20180924c_2ROY はJake WhitakerがBradley Royに今回のチャンピオンシップは負けたものの、年間順位は1位をキープした。

| | コメント (0)

2018年9月23日 (日)

JB桧原湖Series最終戦

日本のトーナメントも終盤を迎えている。

アメリカと比較にならないくらい規模は小さいけど、トーナメントの楽しさは味わえると思う。

ただ今年のJBは不正等の噂が絶えなかった年に感じるのは残念だ。。。

ウエイン時にバスを地面に落とす選手の数も年々増加傾向にある気がする。

バスよりお金が好きな選手が多くなってきたということなんだろうね・・・

本日は我々が運営しているJB桧原湖Series最終戦‘IMAKATSU’カップが開催された。

Basslog20180923a 今大会はJBプロとして30年以上続けているSHINGO選手が制した。

現在の桧原湖はかなり厳しい状況下にある。

桧原湖に釣りに行かれる人の参考になるよう、表彰台の動画は早めにアップします。

とりあえず優勝のSHINGOさんのみアップ。

| | コメント (0)

2018年9月22日 (土)

TOYOTA AOY

2018 Toyota Bassmaster Angler of the Year Championshipは2日目を終了し、ジャスティンルーカスが5位で、ジョシュバートランドが47位となっている。

ということで、残り1日でジャスティンルーカスがよほど大きく崩れたうえでジョシュバートランドがトップウエイトぐらい持ち帰るか、または25lb.以上持ち込むということがない限り、ジャスティンルーカスのAOYは決定。

つまりほぼ確定といった感じがある。

今回はブルーバックへリングを頼りにスポッツをメインに釣っている選手が多い。

スポッツは全く釣ったこともないけど、スポッツの習性はなんとなく見えてくる。

最近バークレイから発売された5種類のペンシルベイトがある。

Basslog20180922a 今回ジャスティンルーカスが使用しているのはこの内の1つ‘ケインウォーカー’。

これは人気のあるペンシルポッパーだ。

今回ペンシルを使用している選手が多いのだが、選手毎に使い方や使用しているルアーが微妙に違っている。

これらを観ていてもトップやペンシルを一括りとして捉えられてしまう日本とは違って、トップウォーターもTPOに応じて細分化されている。

いよいよAOYも決まり、BPTの件もあり、エリートが終わってしまうような寂しい感が・・・

| | コメント (0)

2018年9月21日 (金)

Championship day2

2018 Toyota Bassmaster Angler of the Year Championship は初日が終了した。

Basslog20180921a AOYレースは初日を終えてJustin Lucasにほぼ決まった感がある。

まだ終わった訳ではないが、初日を6位で通過したので、このまま独走しそうだ。

日本では明日からJBⅡ桧原湖Series、JB桧原湖Seriesの最終戦が開催される。

| | コメント (0)

2018年9月20日 (木)

Championship

2018 Toyota Bassmaster Angler of the Year Championshipが本日よりスタートした。

Basslog20180920a 気になるAOYの行方だが、Justin LucasとJosh Bertrand の一騎打ちとなる。

現時点ではJustin Lucasがリードしているけど、どうなるのかはまだまだ分からない。

それよりも先日発表されたBPTの今後の影響が気になる。

BPTの影響は既に始まっている気がする。

まさかこんなことが起こるとは予想もしていなかった。

来年Justin LucasはEliteに居るのか?Eliteはどうなってしまうの?

試合よりそんなことばかり気になってしまう。。。

| | コメント (0)

2018年9月19日 (水)

ラインブレイク

最近色々な銘柄のラインを使用している。

色々と使っているとライン毎の違いが良く解かる。

PEはこれ、フロロはこれと、格段に良い銘柄があった。

同じポンド数でここまで使い心地、強度が違うのかというぐらい全くの別物ぐらい違いを感じる。

Basslog20180919a まだ色々と試しているけど、12lb.であれば、12lb.ある前提でしかやり取りもしないので、ものによってはあっさりと切れてしまう。

ナイロンに関しては幾つか良い銘柄がある。

やはり最も歴史が長いからか、ナイロンはよいものも多い。

PEとフロロカーボンに関しては、よいものはかなり少ない。

| | コメント (0)

2018年9月18日 (火)

P.B. Craw Fatty

今年のICASTでの注目はパワーベイトマテリアルも追加されるバークレイのピットボスという話題を以前に出した。

それ以外でも幾つかパワーベイト素材のものが追加される。

Basslog20180918a その中の1つに、最も多用しているハボックシリーズのクローファッティがある。

クローファッティは物凄く偏平な形状をしていて、他にはない存在で非常に気に入っている。

形状ゆえにボディやボリュームの割に小さなフックも使えるし、大きいフックも合う。

ラバージグのトレーラーとしても、スイミング姿勢が安定するし、軽いラバージグにも重いラバージグにもどちらでも合う。

パワーベイト素材になったら更にタフな状況下でも期待できそうだ。

| | コメント (0)

2018年9月17日 (月)

シェイキーヘッド

今年はテニス肘もよくなり、ちょっとスピニングが使えるようになった。

Basslog20180917b それで今年からPEラインを用いたスピニングタックルを多用している。

PEラインを使用することで、今までと大幅に違うのは、ドラグをかなり締めて使用できるので、フッキングパワーが出せるという点。

それでジグヘッドやDSを多用している。

Basslog20180917a ジグヘッドはシェイキーヘッドを最近よく使っている。

カバーへ入れやすく、スナッグレス性能を考慮すると、抜群に良い。

ただ、シェイキーヘッドはたくさんあるけど、頭が外れやすいものが多い。

かなりたくさん発売されているけど、セットのしやすさ等の使いやすさを考慮すると、今のところベストなものは見付かっていない。

| | コメント (0)

2018年9月16日 (日)

×8

先日釣りをしていてテキサスリグで使っていたレイジバグのサマークロー。

2本釣り、片側の頭が裂け、裏返してリグり、そしてまた2本釣ったら裂けてしまった。

2節頭部をカットしてまたリグり、そして1匹、また1匹。

緩くなってきてフックがズレやすくなったので、逆にしてもう1本。

そしてまた裂けてしまい、更に頭部を詰めたが、ずんぐりして不格好になってしまったので、デッキに放置しておいた。

その後、ラバージグのトレーラーが切れた時にこのレイジバグが目に留まり、今度はトレーラーとして再登場。

そして1本キャッチ。

Basslog20180916a しかし、ここでテールが片方なくなっており終了。

1本で8本キャッチしたので、よく頑張った。

| | コメント (0)

«Killer Down