2020年2月21日 (金)

F.Red

昨年から本格的に使い始めて、少し効果を実感することができたフロントブレードが蛍光赤のタンデムスピナーベイト。

Basslog20200221a 今年は更に使用頻度を多くして、この釣りを確立したい。

ハンクパーカーのザクラシックが発売された当初、春によく効くスピナーベイトだと感じた。

リーズ周りはタンデムコロラドのバイブラシャフト、ポイントに絡んだようなちょっと水深のある場所はタンデムインディアナが圧倒的によく釣れた。

それが約30年前のデルタフォースの登場とともに、ダブルウイローも春のスピナーベイトに加わった。

他の季節はタンデムウイローやダブルウイローが強いことから、それからしばらくは春はダブルウイローを用いることが多くなった。

でも、水温10度以下ではタンデムインディアナやコロラドがやはり強いと、ここ数年感じている。

この蛍光赤のフロンドブレードが装着されている低水温期向けのスピナーベイトは、コロラドかインディアナがリアに装着されていることが多い。

ウイローリーフでもスローに引けるなら良いのだろうが、極限で突き詰めると、やはりインディアナかコロラドだろう。

スピナーベイトのバイブレーションがフッと消える、低水温期特有のバイトした瞬間にバスが反転しないバイブレーションだけが消えるバイト。

TVC-65M/HGのティップからフッとスピナーベイトの抵抗が消えた瞬間に、ビシッとフッキングして掛けるのは何度やっても気持ちいい。

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

KVD1.5

とりあえず定番どころのフック交換は完了。

Basslog20200220a KVD1.5は今では常識化したマスタッドのエリートトレブルショートシャンク2番に交換。

これは替えるだけで、このルアーの性能がアップする。

エラティックアクションばかり取り上げられるけど、その他にも色々と向上する。

1番気に入っているのは根掛かりがしにくくなる点。

これでカバーに対して非常にスナッグレス性能が向上する。

これはこのクランクのみならずどんなクランクでも大概は向上する。

そうすると必然というか、いつの間にかカバーにラバージグ入れるような場所へクランクを入れるようになる。

カバークランクもただ巻いているだけでも面白いのだが、色々と入れていると、クランク個々に一長一短あるといった部分が見えてくる。

例えばカバークランクでカバーの奥で水面に出したいときは、これ以上に良いものがある。

それ以外にもフック交換するだけで、キャストしやすくなるし、フッキング率は確実に上がるしで良いところばかりだ。

ただ、勘違いしてはいけないのは、単純にフックを大きくすれば良いと言う訳ではないという部分。

逆にフックサイズを小さくするとよくなるものも存在するし、同じサイズでも形状によって全くの別物にもなりうる。

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

スプリットリングプライヤー

失くしてしまい、しばらくないままであったスプリットリングプライヤー。

Basslog20200219a 先日久し振りに入手できた。

やはりこのスプリットリングプライヤーはブレがほぼなく、狙い通りに作業が行えるので非常に使いやすい。

フック交換の作業をするにはこれが一番使いやすく、スピーディに作業が可能だ。

スミスのルアーにスプリットリングやフックを装着する工場でもこれを使用しているそうで、工場では既製品を更にグラインダーで先端を加工し、リングのサイズに合わせてプライヤーを加工し、サイズ毎の専用を使っているそうだ。

スプリットリングを装着する数が釣り人以上に多い工場の作業員やビルダーの人からも、このプライヤーが一番使いやすいというのはよく聞く。

このスプリットリングプライヤーが欠品中に使用していたスプリットリングプライヤーデラックスは、これも使いやすかった。

現場でフックを外す作業も含め、手が濡れている状態である状況下ではこのデラックスが滑りにくくて使いやすい。

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

年中

TWでラパラのDTシリーズをセール販売していた。

Basslog20200218a それで友人からオーダーの依頼があり、その荷物が届いた。

冬は釣りに行かない分、そのお金をタックルに費やす。

春になると釣りに行くので春用のタックルの用意をする。

釣りに行けば、タックルの補充をしたり、更なる釣り方が思い付いたりしてまたタックルを買う。

そんな感じで釣具店は一年中いつでも売れるので、釣具店は儲かるね。

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

準備

冬は色々とシーズンに向けての準備を毎年しているけど、なんだかんだ忙しくてできなくなってきている。

毎年恒例の色塗りもできてない。

でもやろうと思い、エポキシを買ってきて、エアブラシの手入れをしてみた。

Basslog20200217a_20200218063901 それと欠かすことのできないフック交換。

これはシーズン中でもやっているけど、よく使うものは替えてしまう。

よく使っているものは替えるフックの種類もサイズも決まっているので、作業自体はあっという間に終わる。

もう少しで2月も終わるので、今年も色塗りはできないかな…

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

Shaky Head

色々と試しているシェイキーヘッド。

Basslog20200216a_20200216214201 使えば使うほど、もう少しこんな感じのヘッドの方が良さそうだなぁ…と、気になり、未だにベストなものを探している。

シェイキーヘッドを使っていて思うのは、テキサスリグ同様にオーソドックスなリグであるということ。

なんだかんだ言ってもワームのリグと言えば、テキサスリグが最もオーソドックスで使いやすいし、狙えるシチュエーションも多くて重宝する。

ベイトタックルで扱うワームの定番リグのように、スピニングで扱う定番リグがシェイキーヘッドといった感じだ。

今年も新たなものがまた増えそうだ。

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

Jointed Structure Head

よく使っているストライキングのストラクチャージグ。

このジグは引っ掛かるけど、シェイクしていると抜けてくるという、ヘッドが引っ掛かりやすくて抜けやすいという特徴がある。

カバーに絡めやすいジグであり、ナローベンドのフックを用いているので、バスが咥えても口の中でジグが倒れにくい。

そんなこともありこのヘッド形状は気に入っている。

そんなストラクチャージグと同形状のスイングヘッドがある。

Basslog20200215-1 それがジョインテッドストラクチャーヘッド。

デニーブラウワーのシグネイチャーであるストラクチャージグだが、ジョインテッドストラクチャーヘッドはマークデイビスのシグネイチャーモデル。

どうでもよいのだが、マークデイビスは結構スイングヘッドを多用しているイメージが強い。

昔、マークデイビスの使用方法を観てスイングヘッドの使用方法を覚えたほどだ。

Basslog20200215-2 しばらく使ってみた感想としては、ストラクチャーヘッドはやはり引っ掛かる。

スイングヘッドはジグと違ってただ巻きで使用するので、引っ掛かる時の対象物が岩の隙間とかが多い。

ゆえにハングオフしにくい。。。

一般的なスイングヘッドはフットボール形状なので、これも同じことが言える。

確率的にはストラクチャーヘッドの方が外れる率は高いので、これはこれでよいのか…?

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

LV500

リップレスクランクは昔はTDバイブとラトリンラップの2つがあればなんとかなるといった感じがあった。

でも徐々にリップレスクランクもヘッド部分で障害物をかわせるものや、シミ―フォールするものなどが主流となった。

今ではレッドアイシャッド、ワンノッカー、アラシバイブといったものを主に使っている。

そんな中、昔から変わらず使っているリップレスクランクがある。

Basslog20200214 それはLV500。

ラッキークラフト社のリップレスクランクで、LVシリーズは0~500までラインナップされていた。

全て使用してみたが、LV500だけは昔から気に入って使っており、未だにタックルボックスには入れている。

コンパクトボディなのに3/4oz.と結構なウエイトがあり使いやすい。

他のものよりもディープレンジを探りやすく、3m超えたらこれの右に出るものはないだろう。

LV500は意外と知られていない名品だと思う。

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

Recessed line tie

先日何気なくアップしたD&Lタックル社のベビーアドバンテージジグ。

これのリセッスドアイに関して、リセッスドアイって何?って何人かの人から質問があった。

Basslog20200213-1Basslog20200213-2 リセッスドアイってネーミングのままで窪んだアイ。

正式にはリセッスドラインタイという。

ラインタイというのは糸を結ぶ部分ということで、アイのこと。

このジグは横向きアイのホリゾンタルラインタイとなっている。

そしてそのラインタイとなるアイの部分がヘッド内に窪んで収まっている。

ただそれだけだが、これが岩場での根掛かりを軽減してくれるというので気になり導入してみた。

結び目が左右にズレないのはいい。

Basslog20200213-4 それと、このジグは着底時に少し斜めに立つ。

ジグは自分のよく使うシチュエーション等を踏まえて考えていくと、色々なものが必要になる。

世の中にたくさんのジグがあるので、自分に合ったものを見付けることでストレスなく釣りができるようになる。

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

雑誌

Basslog20200212 久し振りに雑誌を買ってみた。

バスアングラーマガジンの冬号ということで、冬に関するベーシックな記事もあったり旬な記事もあったりといった内容である。

全96ページあり、そのうちの1/3くらいは広告なので、60ページぐらいが実質の記事となっている。

まずまずの内容量かな?

基本的なハウトゥはネット上で簡単に得られるので、雑誌を読まない人も増えているのだろう。

でも雑誌は雑誌でこのまま何年経っても残るので、記録として保管しておいて、過去を思い出すにはネットよりもこちらの方がよいと思う。

それと雑誌等の紙面で観たものの方が人への印象付けは強いと思う。

無くなりつつある雑誌だけど、残しておきたいものだ。

Basslog20200212b 今回の雑誌の中に東京が取り上げられていた。

JDMブームで日本も注目されているので、日本を取り上げるのも今の時代ならではだ。

| | コメント (0)

«ベリーランディング