2019年9月18日 (水)

CH500!?

Basslog20190918a 中国にあったあのクランクベイトそっくりのクランクベイト。

名前はないようなので、CH500(仮称)とでもしておきます。

このCH500も以前にも紹介している中国製のルアー同様に、ウエイト等が微妙に違っており、オリジナルの物とはちょっと動きが異なる。

前回登場させたハニカム構造のクランクは、おそらく中国製が一番釣れる。

このCH500もなかなかいい感じで、高速での耐久性、エラティック度合はなかなかいい。

カラーはイマイチの物が殆どなのと、他の物と比較すると価格は高めだが、クランクベイトとしてはなかなか優秀な部類に入る。

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

IK-500R2

Basslog20190917a 最近‘IK-500R2’はあまり使っていないんですか?といったことをたまに聞かれる。

ここに登場していないだけで、結構な率でIK-500R2は使用している。

ディープクランクの中ではかなりの信頼度であるので、使用する頻度はかなり高い。

Basslog20190917-1 今年の夏も結構な数を釣っている。

相変わらず入手困難なのと、重心移動の球が当たる部分にひびが入りやすいので、以前よりは使用頻度は落ちたかもね。

でも使いやすいし、よく釣れるのと、信頼度は高いので手が伸びてしまう。

ボディ側面に鱗模様が刻まれている、後発のモザイク仕様が割れにくくて良い。

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

6XD

秋ということで、クランクベイトが効く時期だ。

Basslog20190916a-1_20190916181801 といいうこともあり、自分が頼まれているオーダーもクランクベイトが多くなってきている。

特にディープクランクが多く、中でもストライキング社の6XDは非常に多くなっている。

6XDや8XD、アラシディープ18、DT16辺りが人気ある。

釣具店からディープクランクがなくなってしまう時期なので、過去に欠品で痛い思いをした人達は行動が早い。

先日も少し6XDのフックが最近少し良くなったという話題に触れたけど、その他にもスプリットリングも替わった。

Basslog20190916a-2_20190916181801 スプリットリングは平打ちしてあるものに変更された。

フックはシャンクが長いものになり、軸は細く、ポイントは鋭いものに変更となった。

以前のものはちょっとそのまま使用するのは無理があったけど、現行のものはそのままでも使用できる。

ただ、ベストを求めるのであればフックは交換する方が良い。

サイズ等を含め、替えることで引き出せる性能も大きく変わってくる。

細かいところを突き詰めると、スプリットリングのサイズも変更して拘った方が良い。

更に細かい話をすると、このストライキング社のプラグって、昔ながらのアメリカンルアー。

なので、未だに個体差も結構ある。

作っている国も幾つかあり、製造時期も違っていれば、カラーリング、ラトル音なんかもものによってマチマチ。

でも、昔のようなどうしようもないハズレは今のところないね。

馬鹿みたいにたくさん買って好みのものを探すと、アルティメットなクランクに出会える。

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

明日は…

明日は久し振りに一世を風靡した友人と釣りに行くことになった。

彼と会ったのは大学生の頃だったはず…

思い起こしてみたら、その当時に開催された春の神奈川チャプターで自分が勝った時に3位だった時のことだと思い出した。

Basslog20190915a ということで、当時の盾を探してみたら‘1993年’であった。

もう26年も前のことだ。

当時は毎週芦ノ湖通いしていて、チャプター初の年間2勝を達成したこともありよく憶えている年だ。

ただ、この頃は釣ってくる人が少なかったこともあり、2回共5キロぐらいで断トツで優勝だった。

しかし、年間順位はポイントで争うので、1位にはトータルウエイトで倍以上上回っていたにもかかわらず、年間順位は2位だったというオチ付き。。。

昔話でもしながら、話ばかりの釣行になりそうだ。

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

G.TRD

今年のiCastで発表された新製品が9月に入って続々発売されている。

そんな新製品の中で気になっていたものの1つであるGiant TRD。

自分の周囲にはこれを1番待ち望んでいた人も多い。

BIGが4in.、Zinkerzが5in.そしてこのジャイアントは6in.。

TRDのジャイアントということで、太さもあっていい感じだ。

Basslog20190914a 5inセンコーと比較すると5inセンコーよりも1インチ大きいというよりは2周りぐらい大きいといったところだ。

日本では5inセンコーですら大きいと敬遠されてしまうけど、5inセンコーでは既に物足りない自分には素敵なサイズ感。

これのジグヘッドワッキーなんかは物凄く効きそうだ。

Basslog20190914b それにしてもここ最近のZ-man人気は凄い。

自分が数人から依頼されたものだけで既に何百パック入れただろうか…?

ズームはそれ以上で既に何千パックと入れている。

個人レベルでこんななんだから釣具屋は物凄い数が1ヶ月に動くんだろうね。

やはり釣具店は儲かるね。

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

WORM36

先日キャスティングに行ったら懐かしいフックがあった。

がまかつ社のワームフックの原点でもある‘ワーム36’。

このフックが発売されたのが自分が高校生の頃で、がまかつの鋭い針先のフックがワームに使えるようになったのだ。

それまでのフックは研いでから使用するのが当たり前だったこともあり、かなり革命的なことであった。

そして真っ先に自分はこれを使用してスピナーベイトを自作したこともあり、もの凄く思い出のあるフックでもある。

今となってはこのフックを知っている人も少ないだろう。

Basslog20190913a そんなこともあってか8割引きの100円。

このフックは細軸でナローベントのストレートフックなので、細身のワームに合っている。

あまり使用する場面がないので、少しはストックを持っているけど、今回3パック買っておいたのでこれで一生分になりそうだ。

フィネスワーム等の細身のワームを使用したライトテキサスリグやキャロライナリグにはベストなフックだ。

特に5mを超えるディープレンジでの釣りには軽い力でフッキングできるので。多少のライン伸度はカバーしてくれて重宝する。

このフックもズレ止めにPEラインをシャンクに巻いておくとズレずに使える。

スネリングするのであればシュリンクチューブを少しアイ直下に入れておけばラインの強度も引き出せる。

 

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

ヒルバズ

バズベイトやトップウォーターは朝夕に使って釣るルアーという認識が強い人が多いようだ。

朝だからトップ投げよう!夕方になったからそろそろトップ投げよう!

朝夕以外の時間帯の方が大型が出る確率って高いし、日中の方がベストなタイミングが多々ある。

バズやトップをベストなタイミングで出せない人であれば、トップで釣りたいから朝夕はトップをキャストするというのもありだろう。

日中にバズやトップを使用すると、出数は少ないけど、それらでしか獲れないバスをキャッチできる。

そしてそのバスの大半がクオリティの高いバスである。

これからの時期は特にそんな状況が起こることが多くなる。

ターンの入った時や、シャローにベイトを追い込んでいるバスは水面への反応が非常に良い。

Basslog20190912a これには理由がある。

そしてこの時期はスピードが重要。

夏までは比較的イージーに水面で釣ることはできる。

夏になった頃から、トップウォーターやバズだからこそで出るという、それぞれの有効な釣りができるようになる。

そして秋になるとその傾向がさらに強くなる。

その効果を容易に感じられるのは河川やリザーバー。

バズやトップが圧倒的に一番反応がよく、絶対にワームでの釣りでは追いつけないような体感を何度もしている。

水面で良い釣りしたいなら秋の日中。

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

ディープ6

ディープクランクが活躍する時期ではあるけど、ディープクランクというのは意外にも人気がないそうだ。

Basslog20190911a ディープクランクが大好きな者からすると、もっとシャロ―クランクの様に色々と選択肢があればよいのだが…というジレンマを常に抱えている。

でも、以前からすると選択肢も多くなった。

マグナムやDD-22といった名品が長年継続的に売れている中、これらを超える新製品がなかなか出ない所へポンとでたIK-500R2や6XDの登場は衝撃的だった。

それからアラシディープ18やディープ6の登場で更に選択肢は広がった。

Basslog20190911b ディープ6は正直なところ、昔使っていたら、即ゴミ箱行きであっただろう。

でも非常に有効な使い方を見付けてからは、かなりの使用頻度で使用しており、今では溺愛している程だ。

そしてサーチベイトとして使うことも多いこともあり、バスの数は非常に多く釣っている。

メガバス製のルアーというのは癖のあるものが多いので、自分に合わないものは全くダメといった物も多々ある。

でも自分と相性の合うものはバッチリ合って、それでなければダメぐらいの溺愛となる。

メガバス製品だと、今までマーゲイ、ジャイアントドッグX、そしてこのディープ6と3つのルアーは溺愛している。

普通によく釣れるという万人受けするものはワンテンぐらいで、無難な普通な感じのものが少ないのはこのメーカーの特徴である。

更に突き詰めた話をすると…話が終わらなくなるので、またそのうち。。。

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

ジャンプライズトレブル#3

Basslog20190910a ジャンプライズ社のジャンプライズトレブルの#3がようやく見付かった。

#3というサイズはがまかつぐらいしか出していない、がまかつの専売特許みたいとなっているサイズだ。

このサイズがプラグによっては絶妙にマッチするので気に入っている。

#3、そして気に入って使用しているジャンプライズトレブルMMHときたら、間違えないでしょう。

フックのベクトルが内側を向いた仕様のフックも、最近は色々と発売されてきた。

このジャンプライズ、がまかつやオーナー、そしてマスタッドの物をうまく使い分けると、プラグ毎にベストなフックが見付かる。

みんなマスタッドのエリートトリプルグリップと同じに観えるけど、各社微妙に違いがある。

使うプラグによって、軸径、重さ、様々な部分の長さ、ベント形状等を使い分けると、ハードルアーの幅が一段と広がる。

フック交換って地味な作業だけど、突き詰めていくと想像以上に奥が深くて面白い。

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

Ned Fry

Basslog20190909a 6th Senseから発売された新製品‘Ned Fry’を入手した。

興味をそそられた訳でもなく、新製品ということでなんとなく…

でも想像以上にいい感じであった。

ベースは今ではあまり使われることのなくなったキャタピラー系のワームで、ほぼただの棒状。

マテリアルは硬めで、他にはない硬さを備えている。

更にボディの高さもあるので、かなり硬さを感じさせる。

キャタピラー系のワームは柔らかいと曲がってしまって本来の威力を発揮できない。

このネッドフライはその辺を考慮されているようで、非常にいい感じの質感でできている。

浮力も非常に強い。

製作者は色々と肝となる部分をよく解っている人だと推測できるので、このワームは期待できそうだ。

| | コメント (0)

«パカリグ