2022年12月 3日 (土)

Colorado tandem

昔スピナーベイトと言えばコロラドブレードが一般的であった。

ウイローリーフが一気に普及したのが、今から40年近く前にローランドマーチンが来日した時からだろう。

ビッグウイローリーフのブレードが装着されたオキチョビスピナーベイトで河口湖の大型バスを連発させた衝撃的なシーンが未だに忘れられない。

それから30年くらい前まではウイローリーフとコロラド、それとインディアナの3種を使い分ける感じがあった。

でも自分の記憶が正しければ、エバーグリーンのデルタフォースの登場でウイローリーフ一辺倒な世の中に変わった。

間違えなく自分はデルタフォースの登場以来コロラドブレードの使用頻度は激減した。

そして最近たまに使っているのだが、昔ほど釣れる気がしない。

Basslog20221203a 当時最も多用していたバイブラシャフトのコロラドタンデムなんかも再び使っている。

しかし、いまいち釣れない。

立ち上がりの良さ、引ける最低スピードといった面はウイローリーフよりも長けている。

でも釣れるには釣れるけど、大して釣れないというか、コロラドのメリットが活かしきれていないと感じる。

何かが違う。

と思い、色々と試行錯誤している。

そういえば当時よく使っていたコロラドって、ディープカップのブレードであった。

一見するとバイブレーションがノーマルよりも大きそうなブレードであるが、実際のところはノーマルよりもバイブレーションは弱い。

でも水の噛みはよいので、立ち上がりは抜群に良い。

そこがここ最近あまり釣れない原因なのか…?

| | コメント (0)

2022年12月 2日 (金)

Hover Shot

なかなか独創的な製品をリリースするランカーハント社。

今年は先日のネッドドローンの他にも幾つかのエラストマー製品をリリースした。

Basslog20221202a ホバーショットもその1つ。

このホバーショットはプレッシャーの掛かったフィールドで使用するDS用に開発されたワーム。

ホバーという名の通りホバリングさせる。

DS自体あまり使わないリグであることもあり、DSでエラストマー製のワームを使用したことがない。

これを機にDSでのエラストマーも使ったみようと思い。

| | コメント (0)

2022年12月 1日 (木)

2022 LOY

Basslog20221201a 12月に入ったのでそろそろ恒例のLOYを始めようと思う。

今年は夏の期間が長かったので、ここ数年ではよく釣れた方なのかな?

でも今年の50アップは今のところ6本といつもより少なめ。

色々なルアーを今年も使った。

全体的には今年はソフトルアーでの釣果が少なかった気がするけど、色々なルアーで満遍なく釣った気がする。

| | コメント (0)

2022年11月30日 (水)

Ned Drone

Basslog20221130a_20221129180701 ランカーハントの新作‘ネッドドローン’。

これはイモグラブのように見えるけど、イモグラブというよりはネッドリグ用のファットボディワームというのが正解だろう。

マテリアルはエラストマー製ということで、浮力はメチャクチャ強い上に、リブが深いのでエアを噛むので更に浮力を増す。

ノーシンカーでのキャスト時はほぼ沈むことなくポンと水面に浮いているトップウォーターのようだ。

そんな浮力を持ち合わせているのでトップウォーターとしても使用可能だ。

リブが深くて柔軟なエラストマーということで、このボディでもムニュムニュと振り幅は控えめでよく動く。

TRDフィネスを使っている人なら、これを使ったらどんな感じになるかが想像付くと思う。

このボリューム感は非常にいい感じである。

カラーラインナップが少ないのだけは残念なところ。

| | コメント (0)

2022年11月29日 (火)

Power Blade Finese

昨日の小型スピナーベイトの続きで、最近仕入れたスピナーベイトがある。

Basslog20221129a バークレイのパワーブレードフィネス。

これは最近発売された新製品である。

なんとなくリルミスターマネースピナーベイトに似ていたところにピンときた。

フックはヒュージョン19のナローベンド形状のフックが装着されている。

このサイズのスピナーベイトはナローベンドが合っていると思うので、ここは非常に気に入った。

そしてこのスピナーベイトの売りでもあるのがスカート。

なんとパワーベイトの匂いを入れているというのだ。

あまり意味がないような気はするけど、どうなのだろうか?

匂いを嗅いでみたけど、匂いはよく解らなかった。

釣果とはあまり関係ないけど、製品の質としてはリルミスターマネースピナーベイトよりも全然良い出来となっている。

| | コメント (0)

2022年11月28日 (月)

Lil’ Mr. Money

今年に入ってから小型スピナーベイトでよいものを探している。

Basslog20221128a 色々と使ってみたが、ストライキングのリルミスターマネースピナーベイトが今のところ一番いいかなぁ…といった感じだ。

5g程度の軽いスピナーベイトになると販売されているものも少ないので選択肢は少ない。

ただ軽いとかコンパクトなだけでは、釣り堀や放流バス用にしか使い道がない。

普通に使いたい場面で自信を持って使える軽量スピナーベイトというものを探している。

ルアーは小さくすれば釣れるという場面もあるけど、小さくするとルアーゆえの威力が半減してしまうものも多いので、ただ単純にスモールライトを当てればいいってものではない。

ストライキング社既存のスピナーベイトは、正直なところあまり良いものはないので、このリルミスターマネーも期待はしていなかった。

でも実物を観ていたら、これは良さそうだと思い使ってみた。

期待していなかったからか、これは想像を上回る完成度だと思った。

標準で装着されているブレードが自分の好きなインディアナという部分も気に入っている。

意外と知られていない隠れた名品かもね。

| | コメント (0)

2022年11月27日 (日)

たまには掃除

タックル類の掃除というのはいつも後回しになってしまう。

車の定期点検でトヨタへ行ったら、車を洗車してくれた。

Basslog20221127a 洗車したら汚いところが目立つもので、ヒッチメンバーのボールマウントが汚いことに気付いた。

序に洗ってしまおうと思い久し振りに外した。

外すと更に汚さが判った。

とりあえず洗ってから、錆びているところは磨いて、再塗装しないとダメかな…

新しいものも持っているのだが、ボールマウントだけは長年同じものを使用している。

なんとなく捨てるに捨てられず…

レシーバーは車を替えるたびに替えているけど、マウントは替えずにそのまま使っている。

| | コメント (0)

2022年11月26日 (土)

Hot Zamales

Basslog20221126-1 しばらく続けていたトマト探しの最終回に登場したズームのニューカラー‘Hot Zamales’。

未だに意味もなんて読むのかも判らない謎のカラー。

でもしばらく使ってみた感じではなかなか良いカラーだ。

Basslog20221126-2 トマトよりもオレンジが入っている分、アピール力がある感じだ。

普通は赤って派手なカラーなのか、地味なカラーなのか、どちらだかよく解らなくなってしまった。

自分の中では地味寄りなカラーの分類で、オレンジは派手目なカラーである。

なのでこのHot Zamalesは中間色といった感じで使っているけど、これを見た人の殆どが派手なカラーだと言う。

このような2トーンカラーは、これに限らずフォール中に喰わせるような釣りに合うことが多いと思う。

スピードクローであれば、バマクローやグリパントマト、キラーブルー、サマークローといったものをチョイスすることが多い。

これらは比較的地味目な感じがしていたけど、一般的には地味とは言い難いカラーだろう。

それを踏まえてこれらと比較すると、確かに派手なカラーなのかもしれない。

| | コメント (0)

2022年11月25日 (金)

トップブレードスカートレス

先日トップブレードを使用しようと思ったら、スカートを束ねてあるゴムが劣化していて切れてしまった。

Basslog20221125a 修正しないといけないなぁ…と思いつつ、トップブレードを観ていると、スカートレスでもいいのでは?と思った。

スカートはある程度の抵抗をもたらしてバランスを取っている。

そのスカートがなくなることで、ちょっとバランスが崩れる。

トップブレードはゆっくりと引いて使うので、バランスが崩れても特に問題はない。

むしろそのイレギュラー感がいい感じであった。

安定したステディな動きもいいけど、スカートがないことで水面を微妙にチドる感じになった。

これはこれで良さそうだ。

ということで、スカートレスのまま使い込んでみようと思う。

| | コメント (0)

2022年11月24日 (木)

Kreature

Basslog20221124a ヤマモトのクリーチャーはあまり人気がない。

自分もあまり必要性を感じていなかったのでほぼ使ったことはなかった。

自分の周囲にこのクリーチャーを溺愛している者がいて、これでたまに炸裂させる。

その度に別にそれじゃなくてもいいんじゃない?なんて思っていた。

でもちょっと影響を受けて取り入れてみた。

このクリーチャーをマジマジ観てみると、なかなか面白い使い方を見付けた。

どのリグがベストなのかよく解らないベイトだが、ヤマモトマテリアルということもありよく釣れる。

それだけではないので、未だに販売が継続されているのだろう。

そしてクリーチャーにもニューカラー#9003ファイヤクローが追加された。

| | コメント (0)

«SI/DI