2021年11月26日 (金)

2022 Elite Series

来年度のエリート出場者が決まった。

今年のオープンシリーズを制したJacob Powroznikはエリートに戻ってくるようだ。

そして今年のオープンシリーズのランキング3位で日本から参戦していた青木大介もエリートに昇格が決まった。

ここ2年間のエリートシリーズを観ていると、青木大介ならエリートシリーズでも確実に上位に食い込んでくるだろう。

そんな彼の敵となるのはJacob PowroznikやBP、Jason Christie、Greg Hackney、G-manといった出戻り組達を中心に、20人くらいじゃないかな…

Patrick Walters、Johnston兄弟といった選手達もどんなフィールドも卒なくこなす感じで、彼らは来年も安定して強そうだ。

John Cox、Scott Canterbury、Scott MartinといったFLW組も徐々にエリート慣れしてきているので、彼らの展開は面白そうだ。

Basslog20211126a そして、ちょっと前から返り咲きが噂されていたあの人が再びエリートに戻ってくる。

やはりBASSのフォーマットが彼には合っていると思う。

人気者である彼が戻ってくるとなると、盛り上がりもまた変わってくるだろう。

それに遂にクラシック覇者が戻ってくるというのは、今後に大きな影響も与えそうだ。

| | コメント (0)

2021年11月25日 (木)

ウイグルワート系

ウイグルワートに似たのか似せたのかはよく判らないけど、ウイグルワートを意識していると思われるクランクベイトは多々ある。

自分はそのようなものは殆ど入手して試している。

Basslog20211125a 釣り部屋のストックにもウイグルワート系は、パッと手が届く範囲のものを集めただけでもこれだけあった。

アメリカでみんなが欲しがっているウイグルワートはプリラパラのオールドスクールのものが一番であるのは間違いない。

でもこれだけたくさんのウイグルワート系のクランクベイトがあっても、オールドスクールのウイグルワート超えるものはない。

一番近いのは現行のウイグルワートじゃないかな?

オールドスクールを求めている人は、とことんそれを追い求める。

でも実際のところは、それ以外の部分を求めている人も多いのでは?と最近は思う。

日本でオールドスクールを欲しがっている人の大半は、魔法のクランクベイトを思い浮かべているに過ぎない場合が多い。

入手しても、それをうまく使いこなせていない。

先日他界してしまったAMARTは、オールドスクールをうまく使いこなしていた。

オールドスクールを話題に出したこの時に紹介した動画は短い時間だが、物凄い奥が深さが隠されている。

| | コメント (0)

2021年11月24日 (水)

Turbo FattyZ

Basslog20211124-1_20211123092801 昨日のレーザーシャッドで思い出した、Z-manの新作ワーム‘ターボファッティ’。

既存のファッティとは違い、ボディは丸型形状となっている。

実物は結構太目で、マンズのハードワームを連想させるボディシェイプだ。

既存のファッティはノーマルとマグナムの2サイズがあるが、このターボファッティは1サイズで6in。

ファッティは片面フラットなので、それほど太さを感じないし、実際にシェイキーヘッドでの使用時も3/0フックぐらいでちょうど感じに合う。

このターボファッティはファッティというネーミングだけあって、元々太目なのだが、丸断面というだけでかなりボリューム感が増していい感じなのだが、ファッティの様にシェイキーヘッドで使用するには5/0ぐらいのフックが欲しいところだ。

Basslog20211124-2_20211123092801 そしてこのワーム最大の特徴であるテールは他にはない独特な形状をしている。

小さなパドルテールとハドルっぽいシャッドテールのフュージョンといった感じだ。

他にはない感じなので、実物を観ないと想像つきにくいと思う。

このようなロングワームでテールがバイブレーションするタイプは世の中に幾つもあるけど、このテール形状は他にない。

同様のロングワームではウルトラバイブスピードワームはよく使っている。

特に夏はこの手のロングワームが活躍することが多く、クリーチャーやクロー系のワームを入れても反応ないところにロングワーム入れたら入食いなんてことも何度か経験している。

ノーマルサイズでは釣れ過ぎてサイズが選べないなんてこともあるので、最近はウルトラバイブスピードワームのマグナムも夏は必ず持って行くようにしている程だ。

2年前に発売されて結局まだ使っていないままだが、Zクローワームなんかもこの手の部類のワームだ。

クリスジョンストンがエリートに出始めた頃、春先からUVスピードワームをかなり頻繁に使用していたので、春なんかも効くのかも。

なんか夏イメージが強いので、これを機に来春から投入してみようと思う。

| | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

トマト探し・9

Basslog20211123a 以前にも取り入れてみたZマンのファイアクローがレーザーシャッドにもあった。

レーザーシャッドはワームとして単体で使うよりはトレーラーにすることが多い。

でもワームとして、軽量のジグヘッドやテキサスリグなんかでスイミングさせても良さそうだ。

そんなこともあってトレーラーとしてではなくワームとして取り入れてみようと思い、ファイアクローを追加してみた。

やはりちょっとトマトとは違う感じだなぁ…と思う。

レーザーシャッドとヤマモトのザコはどちらがのトレーラーに合うか?

これはたまに聞かれることだが、自分としてはそんなに違いを感じないので同等品として捉えている。

レーザーシャッドはエラストマー製なので、持続力は圧倒的にある。

ザコは持続力がなさそうだけど、意外と長持ちする。

縦長の断面だからか、バスが激しく暴れても横向きにズレて、トレーラーによくありがちなスパッと裂けてしまうことがない。

感覚的には1本のザコで10本弱のバスをキャッチできる。

レーザーシャッドはもっと持つけど、それくらい使っていると、ワームとくっ付いてしまったり、ロストしたりで、結局は1本で10本程度のキャッチ数に留まっているような…

| | コメント (0)

2021年11月22日 (月)

パラワート

Basslog20211122a ストームがラパラに買収されてから不評極まりなかった後付けリップのウイグルワートがあった。

このウイグルワートの話題は何度か出しているけど、昔のウイグルワートと比較したら別物のラパラワート。

旧ワートの威力を知っている人からしたら、その旧ワートが独壇場となる場面では役に立たない。

でもよくあるウイグルワートを真似たものによくありがちなものと同じで、別物としては全然優秀な部類のクランクベイトである。

ラパラ買収以前のものはプリラパラ、その後のものはポストラパラとか言われているけど、現行のウイグルワートはそれほど悪くは言われていないけど、この後付けリップのタイプは非常に悪く言われている。

例えばこれと同じ部類のクランクベイトって多々あるけど、それらは非常に良いとも言われていたりする。

ウイグルワートという名前ではあるけど、普通のクランクベイトとして捉えて使ってみて欲しい。

普通のクランクベイトという事でボトムに当てたり、カバーにコンタクトさせたりするといった使い方をすればどんなルアーか判るはず。

ラパラの看板背負っているだけあってこのパラワートは泳ぎも良いし、細かいところで拘りも感じる。

リップサイズも幾つか存在している。

使い込むと、標準のウイグルワートとは別物であるのは解ると思う。

そして同ジャンルの人気があるクランクベイトが判り、むしろこっちの方がいいじゃん…となると思う。

| | コメント (0)

2021年11月21日 (日)

ブラス×ブラス

バズの音を色々拘っている時に色々な素材の組み合わせを試した。

そして思ったのが、バドの音も色々と試してみたくなった。

バドの場合使っているのは、受け側はABSそのままかアルミのプレートを装着したもののどちらかぐらい。

バドで使われているABSは2つあるが、それぞれ違う音がする。

これに関しては明らかにあっちの方がよいのだが、音の違いも関係しているのだろうけど、どちらかと言うと、素材の比重違いによる動きの違いで釣果が変わっていると思う。

音は間違えなくアルミプレートを入れたものの方が出数は多い。

そうなる時になるのがブラスとブラス。

Basslog20211121a ブレードはブラス製なので、受け側にブラスプレートを貼り付けてみることにした。

ハサミで丸くカットし、エポキシで貼り付け、エッヂをきれいに削って、コンパウンドで磨いた。

ブラスはコンパウンドで磨くと鏡のように非常にきれいに輝く。

使い始めたらブレードに叩かれてすぐに傷だらけになってしまうんだけどね。。。

| | コメント (0)

2021年11月20日 (土)

Dシャッド

Basslog20211120a 2年程前に知ったゲーリーヤマモトのDシャッド。

昨年から使っているが、結構気に入っている。

ソフトスティックベイトと言えばランカーシティのスラッゴーが元祖であり、今までこれでかなりの数のバスは釣った。

このスラッゴーが発売された当時、これを初めて使った時の釣れ具合の衝撃度は過去最高であった。

あれから30年以上経つけど、あれほど衝撃的に釣れたルアーは他にない。

それぐらい凄かったスラッゴーだが、その当時のインパクトが強過ぎて、未だに頭から離れない。

その後は普通の釣れ具合に落ち着いてしまったのだが、最初の衝撃度が凄すぎてそれから徐々に使わなくなってしまった。

そんなこともありってソフトスティックベイトから離れてしまっていた。

そして昨年辺りから久し振りに使っているが、最近は多様化しており、使い方に合わせた色々なものがある。

それで色々探している時に知ったDシャッドだが、これがなかなかいい。

ヤマモトマテリアルだけあって比重が重く、ノーシンカーで落とすにはフォールスピードも速く、シミ―フォールをこなす。

ダートもセンコー同様に高比重ならではのトルクのあるダートをする。

ただ、スティックベイト自体が不人気なこともあり、残念ながら日本では販売終了となってしまった。

| | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

釣りブーム?

釣りブームだと世間一般では言われているけど、実際のところどうなのかあまり実感することはなかった。

釣具店にもあまり行かないし、人が多いところでは極力釣りをしないようにしているので、そんな話を聞いても「そうなんだぁ…」といった感じであった。

この釣りブームは昨年辺りから全世界がそんな感じのようだ。

欠品中の製品が多かったり、釣りに関わることを尋ねられたりと、そんなことをなんとなく感じる事象が少し出てきた。

そして先日、河川で釣りをしていると、引っ掛かっているルアーの多さや、オカッパリの多さに驚いた。

Basslog20211119a シーバス用のルアーが多いようなので、シーバス狙いの人が多いようであった。

シーバスの乗合船も大人気のようでかなり先まで予約が取れないそうだ。

オカッパリではルアーをキャストしている人もいれば、置竿でぶこっこみしている人もたくさんいた。

ボートを走行するのは危険なくらい人の多い箇所もあったり、どこからそこへ入ってきたの?といった場所で釣りをしている人も多かった。

| | コメント (0)

2021年11月18日 (木)

Big Blade Chatterbait

Zマンの今年の新作であるビッグブレードチャターベイト。

以前にも軽く触れたけど、これが来になっている人というのは多いようだ。

ブレードがどのくらい大きくなったのかというのはもちろんの事、動き等の使い心地はどうなのか?

Basslog20211118-2 ジャックハンマーと比較するとこんな感じで、実際には2周りぐらい大きい。

オリジナルのチャターとジャックハンマーのブレードは全く同じなので、初めて観ると結構大きな印象を受ける。

ただ前回も記したように、今はジャックハンマーで事足りているので、まだ使ってない。

でもよくよく考えると、チャターって小さいものはあまり釣れない。

これは小型の物が非常にセッティングが難しいという点にあるのかもしれないけど、チャターはノーマルサイズが集魚力もありよく釣れる。

これがビッグベイトの様にある程度の大きさゆえの力であるのなら、このビッグブレードも非常に効果的なのではないか?

と、最近思った。

トレーラーは何を装着したらよいのか…

Basslog20211118-1 トレーラーキーパーはオリジナル同様にモールドで成型された鉛のキーパーが上下に各1本ある。

このサイズになるとトレーラーのウエイトもそこそこの物になるので、キーパーはワイヤ式のレ字型キーパーが良いような気はする。

スカートはフレアするようにヘッドに溝が掘られており、ハンドタイイングになったのはオリジナルとは大きな違いかな。

でもこれだけで定価はオリジナルの倍以上というのは、かなりの値上げのような気がする。

フックはマスタッドのヘビーデューティ#6/0が標準装備されている。

このサイズだと、6/0も小さく見え、ワイヤは1.6mmあるのだが、これも細く見えてしまう。

| | コメント (0)

2021年11月17日 (水)

Sputter

リバー2シー社のホッパープロッパーに代表される大型のプロップを装着したトップウォーターというのは幾つかある。

Basslog20211117a 昔ではアーボガストのスパターバグ、最近ではドビュッシー、チョッポ等がある。

タイプとしてはスイッシャーに分類されるのかもしれないけど、スイッシャーとは効果が違うので、自分はスイッシャーのスパッタータイプとして分類している。

これらはただ巻くだけで釣れるトップウォーターで、広範囲を手っ取り早く探れる。

先日、このタイプの使い方で面白い使い方を聞いた。

まだ試していないのだが、それを聞いた時に物凄い可能性を感じた。

ということで早く試してみたいのだが、今年はちょっと遅いかなぁ…

| | コメント (0)

«Beaver