« WBSクラシック | トップページ | そろそろ出発 »

2008年10月11日 (土)

“High Cut”

Basslog20081011a_2 O.S.P.から新製品“ハイカット”というシャッドが出ていた。

ベリー部から極端な尻つぼみの今までにないボディシェイプに固定ウエイト仕様となっている。

どちらかというとシャッドは固定ウエイトの安定した動きが好きなので買ってみた。

シャッドを使うときって結構シビアな状況下が自分は多いので、固定ウエイトでノンラトルが自分の釣りには合っている。

盛期は最近重心移動式の不規則なダートの釣りも好きですけど、低水温期は固定ウエイト式のただ巻きや軽いトゥイッチ後のロングポーズが強い。

Basslog20081011b アイに装着されているのがスナップというのも気に入った点の一つ。

スプリットリングよりも接点の小さいスナップがプラグの性能を発揮できるので。

クランクベイトだとあまり差が出ないが、シャッド、それもただ巻き時は差が顕著に出るので、こんな微妙な拘りが素敵です。

標準装備にして強制的にスナップを使用させるということは、違いを理解して意図的にやっている証ですね。

ただ、せっかくの固定ウエイトなのに、ボディ振ると微妙にだがコトコトと音がしてしまうのは…製造元のミスでしょうか?

まぁこれからの季節楽しみなルアーです。

|

« WBSクラシック | トップページ | そろそろ出発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WBSクラシック | トップページ | そろそろ出発 »