« ワンダースリム!? | トップページ | 2009年スタート! »

2009年1月15日 (木)

スポッテッドバス

最近‘コジコジ’こと小島宏氏のBasserに掲載したスポッツに関する話題は色々なところに波及している。

実際どうでもいいじゃん!というのが自分の見解。

自分、大学で魚類学とか専攻してたけど、フロリダバスすら判別できませんから。(笑)

フロリダバスに関しても、これはフロリダだからナンチャラカンチャラ言う人がいるが、そういった人に限って、春にポットベリーなバスを釣るとこれはメスですね!なんて言い切ってしまう。

以前にも書いたことがあるが、外見で雄雌の判別ができるなら教えて欲しい。

でもスポッツもここまで騒ぎになると、ちょっと気になり、何人かの人にスポッツについて聞いてみると、「日本にも居ますよ!」とのことであった。

これに関しては全く無知な自分は「へぇ~そうなんだぁ~」と答えるだけしかできなかった。

実際には!?

そしてこのスポッツに関する話題に終止符を打ったのではと思われる、最終的なベストアンサーはアメリカに精通しているこの方ですね。

|

« ワンダースリム!? | トップページ | 2009年スタート! »

コメント

 なんか、急に稲葉さんのブログから飛んでくるアクセスが増えたと思ったら、紹介していただいたんですね。
 魚類学を専攻した人に読まれていると思ったら、恥ずかしい限りです。かなり慎重に書いているつもりですが、間違ったこと書いてませんか?
 稲葉さんの「どうでもいいじゃん!」という意見はごもっともです。だって、実際、スポッツらしい釣り方が日本で成立してないんですからね。
 ただ、日本では本当にスポッツがいると信じている人がどんどん増えているような気がして、ちょっと、しつこいぐらいムキになってます。感想・意見がありましたら、お聞かせ下さい。

投稿: GRANBASS | 2009年1月15日 (木) 15:23

スポッツがずいぶん話題だね。
細かい分け方なんて学者にまかせとけば良いんじゃん。奴らはそれが仕事なんだから(笑)
日本にラージやスモールって言う魚がたまたま居た、ルアーで釣ると楽しい、だから釣ってる。こんぐらいでいいんじゃね釣り人は(笑)
イワナとかだって模様が違ったり、海に降りるやつが居たりだけど釣り方大して変わらんもんね。

投稿: 川崎鮫 | 2009年1月15日 (木) 16:42

自分もスポッツについては、どーでもえー派です。
ただし、例えば琵琶湖に居たとすれば、駆除派は大々的にそれを発表することでしょうし、テネシー川流域チャトゥージ湖で起きた現象を挙げ、更に危機を煽ることになるでしょう。となれば、すぐさま環境省は外来生物法の特定外来生物一覧で未判定外来生物としてあるスポッツを、その一覧に加えるように動くでしょうからね。
そう考えると、居る居ると安易に言うのは、如何なものかなと思ってしまいます。

投稿: こんどー | 2009年1月15日 (木) 16:47

 こんどー様の言うとおりです。ボクはスポッツはいないと断言しますが、仮にいたとしても得意気に公表する真意が理解できないんです。それもただの釣り人ならともかく、釣り業界に長く身を置く人たちが、その影響力も考えず無責任に発言しています。まさにKYです。
 もう一つ、理解に苦しむのが、それを何も考えずに、検証すらせずに誌面に堂々と載せてしまう釣り雑誌・出版社の神経です。どこの出版社とはいいませんが、昨年は某川のスモールマウスを脳天気に載せたりもしてました。広告クライアントの提灯記事しか書けない編集者ばかりで、日本のバスフィッシングを真剣に考えている人が少なすぎますね。

投稿: GRANBASS | 2009年1月15日 (木) 18:53

私もどっちでもいい派です。
スモールの問題も片付いてないのにスポッツなんて呆れます。プロ選手でスポッツ説を肯定している人って何が目的なのでしょうか?それを仕事にしている人がなぜ余計な波風立てるのか理解できません。

投稿: クランカー | 2009年1月15日 (木) 21:14

どーでもいい派ですが、そもそもスポッツの定義は何でしょうか?
その辺が曖昧なままに、居る居ないの議論はできないと思いますが、、、。

投稿: たけやん | 2009年1月15日 (木) 21:36

たけやん様 スポッツの定義?といわれても・・・。自然界で交配できる自然個体群のグループ(生殖的に隔離されているもの)を種として定義づけされています。この種の概念によって、動植物は分類され、ラージもスモールもスポッツも別種として明確に分類されているわけです。まあ、分類学は古い学問ですから、DNAレベルで解明できる現代では、種の定義すらつじつまが合わない部分もあるようですが・・・。
 スズキとヒラスズキの定義といわれても答えられませんよね。つまり、曖昧なものでは全然ありません。曖昧だと思っている人がいるから、いつまで経っても日本にスポッツがいると騒ぐ人が出てくるんです。

投稿: | 2009年1月15日 (木) 23:06

みなさん、コメントありがとうございます!
コメントが来ているのに気付いた時、もしかしてやばいことになっているかも…とちょっとビビリました(笑)
なんとなく・・・と軽い気持ちでスポッツに関して書いたのですが、みなさんの意見が聞けて非常に役立ちました。確かに居るなんて我々アングラーの立場から言うのはまずいですね。
バスが好きなら、もう少し後先のことを考えて行動して欲しいです。便乗して言わせてもらうと、ネストに関しての釣りも、例えトーナメントでも釣るのは止めて欲しい。レンタルボート店などで、HP用に写真を撮りたいのでバスを持ってきて欲しいと言われても、最低でもネストのバスは避けて欲しいと思う。でも逆にネストのシーズンにこの手の掲載に熱が入り、フンガー持ちが氾濫するおかしな現状。。。
まあ、今回のスポッツに関して肯定している人も、悪気があってやっている事ではないと思うので、誰かが間違っていると思ったらそっと指摘してあげましょう!みんなバスが好きなんだから、日本でも永久にバスフィッシングを楽しめるようにしていきましょう!

投稿: T.Inaba | 2009年1月16日 (金) 08:25

琵琶湖南湖南部をメインに釣りをしていますが今まで怪しいバスが釣れたことはありません。琵琶湖大橋より北のことは知りませんが。あっちにはいるらしいともっぱら評判ですね。バサー記事以来今年気にしてバスの顔を眺めています(笑)よくみると人間の顔みたいにいろんなヤツがいますよね。どうでもいい話ですが。

投稿: ごえ | 2009年1月16日 (金) 11:59

そうだね、バスにも色々と顔があるね!模様も固体毎に微妙に違うので、指紋のように同じものはないんだろうね。
昨日の釣果はスゴイねぇ!軽く10キロは超えているようだね!

投稿: T.Inaba | 2009年1月16日 (金) 12:09

法律が施行される遥か以前に、バスを飼っていましたが、結構人に馴れるんですよね。
最後は人の手の上に乗っている餌を、手の上まで乗ってきて食べようとしたりなんかして。

別れは突然やってきましたが、可愛いヤツでした

投稿: こんどー | 2009年1月16日 (金) 15:08

最近、どこかの動画で、池のバスに餌をあげて飼いならしているというものがありました。人が来ると寄ってきて、手で持っている餌にバイトして食べていましたよ!観賞用の鯉と同じ感じでした。バスやる人には鯉よりバスのがいいですね!

投稿: T.Inaba | 2009年1月17日 (土) 07:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワンダースリム!? | トップページ | 2009年スタート! »