« 中川バス | トップページ | トレブルSP »

2010年9月 1日 (水)

人色々

釣りを通じて知り合った人の数っておそらく1,000人以上いる。
バスプロをやっていた人だけでも何百人といる。
職業、年齢、性別も様々だ。
年を重ねることにその数も増えていき、その人間関係でも色々なことが起こる。
20代後半の頃は結婚ラッシュ、30代前半は離婚ラッシュ(笑)、そして亡くなる人も徐々に出始めた。。。
30代後半になってからは均等にめでたいことや不幸なことが訪れている。
ここ最近は2週連続で不幸が続き、先週の山木さんの親父さんの死はショックだった。
あの独特の雰囲気、渋さ、そして面白い話、好きだったんだよなぁ…
巨大過ぎて誰も気付かないネストの話、とっちゃんじいちゃん・・・等々色々な事を思い出す。
日本人でバスを初めてルアーで釣った人ではないかといった説もあったが、年齢や拠点を考慮するとその説は定かな気がする。
もっと色々と話したかった。。。
物凄く人に愛されていた人だったのでしょう、あんなに参列者が多いお通夜は初めてであった。
身内の方は色々と辛かったでしょう、悲しみを堪えている山木さんの姿を見るのは辛かった。
久し振りに芦ノ湖へ訪れて、改めて思ったのは、色々な自分の原点が箱根にはあるということ。
今まで箱根で知り合った人からの人脈でまた別の人と知り合うことも多かった。
週に2~3回は箱根に通っていた頃から来年で20年経つが、あの当時と殆ど変っていない景色には物凄く癒された。
そして今週は打って変わってめでたい話が舞い込んできた。
7月の功刀君に引き続き、結婚の話題だ。
昨年プロは引退して、本業に専念しているセルフィッシュガレージの望月さんがめでたくゴールインしたそうだ。
望月さんとは朝っぱらだろうが、深夜であろうが、一緒に居るとケラッケラといつでも愉快に笑っていられる仲であった。
今後は付き合いが悪くなりそう…(笑)
そう、引退と言えば、JB山中湖シリーズに参戦していた増田雅一さんが今季で引退。。。
トーナメンターとしては珍しいハードルアーのハードユーザーであった増田さん。
心の底からハード好きなので、ハードのコアな話ができる数少ない仲間だったので残念。。。
ブログの更新もストップするということなので、昨日を最後にBookMarkからも外しました(涙)
周囲に人が多ければ多いほど、予期せぬ色々なことが起こる。
今日もまた何か起こるのかな…

|

« 中川バス | トップページ | トレブルSP »

コメント

その昔・・・といっても、昭和の晩年ですが、JLAAの中部ルアーなんていう支部に、高校生の頃から、属していて、全国的でありそうで、かなりローカルに、やってました。
最初から、まわりは、年配者ばかりで、得るモノも多かったけど、最後の方は、お達者クラブ相手状態で、それはそれでほんわかしていましたが、仕事で、足が遠のき、ネットを使って、再構成されることもなく、休部状態のまま、自然消滅・・・
その会長さんも、とっくに定年向かえて、釣り三昧の隠遁生活というのは、風の噂で聞いたけど、生活の一部としての釣りは、個人の楽しみへと戻ったっていうのが、実感かなぁ・・・
結構、ルアー&フライの普及に、携わった方も多いと思うんですが、すでに、存命の方も、少なくなっているはずですが、話題にも出ませんねぇ(苦笑)
今は、ネットなんていうののおかげで、世間と、繋がりたいうちは、自由自在ですが、これだって、しばらく音信不通にしていたら、もっと簡単に自然消滅できるので、同じかなぁ・・・
なんていう感傷にふけるのは、歳喰った証拠か(笑)

投稿: twmaster | 2010年9月 1日 (水) 09:51

釣りっていろんな意味で素晴らしいと思います。
人脈は最も自分には宝です。
社会にもまれて沈んだ時も幾度となく助けられました。
釣りがなかったらどうなっていたのだろう…
なんてよく考えます。
たかが釣りされど釣り。
奥が深い。

投稿: やま猿 | 2010年9月 1日 (水) 15:15

TWMASTERさん、お久し振りです!
人生いろいろありますよね!
釣りって人を物凄く熱くさせ、人生まで変えてしまうぐらいのものがありますね。
でも現実や社会に揉まれ、釣りから離れていってしまう人も多いですね。
そんな時にいつも思うのは、釣りの面白さや奥深さがしっかりと伝わっていなかったのでは?ということ。
釣りはいつの時代も人と魚であって何も変わらない。
何だか色々と自分も色々なことを考えてしまいますよ!

投稿: T.Inaba | 2010年9月 2日 (木) 07:03

やま猿さんはじめまして!

そうですね、自分も釣りがなかったらなにしていたのだろう、どうなっていたのだろう…なんてよく考えてしまいます。
人生色々あると思いますが、釣りはいつでもどこでも同じ顔で迎え入れてくれます。
釣りって色々な意味で素晴らしいですね!

投稿: T.Inaba | 2010年9月 2日 (木) 07:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中川バス | トップページ | トレブルSP »