« ギリギリ | トップページ | メリークリスミス〓 »

2010年12月24日 (金)

決断

今日、仕事中に大田区の郵便局へ行くと、2つしかない窓口は待ち人が1列で長蛇となっていた。
窓口の直前には空いた方へ行きやすいように若干スペースが設けられ線が引かれている。
ようやく自分がその線に達した時に事件は起こった。
田園調布にはオバタリアンって星人がまだいたようで、その若干のスペースに入り込んできた。
‘あちゃぁ~どうしよう…?列に並んでいる人達の代表として先頭の俺が言うしかないのかなぁ…まさかこんな品の良さそうな街で横入りなんてありえないだろう…とりあえず窓口が空くまでは待とう…’
そして窓口が空くとすかさず窓口へ行ったので、「あの~」と声を掛けると、やはり人間とは思えぬ表情で‘ナンナノアンタ!’ばりに睨まれた。
「みんな並んで待っているんですよ」と告げると後ろに並んでいた人達も一斉に「そうだ!みんな並んでるんですよ!」と後押ししてくれた。
星人は表情を緩め、「こっちの窓口に並んでいるのかと思った」と、そんな訳ねぇだろ~とパンチ食らわしたくなる様な言い訳をし、謝罪の言葉もなく去っていった。
やはりあれは星人であって、田園調布の住人ではなかったのでしょう。

と、師走の慌ただしい時期の珍事件であった。
この郵便局に行ったのはある手続きをするためであった。
それにより、本日、というか夏位から決めていたことだが、正式に決断を下したことがある。

JB山中湖シリーズ辞めます。

Basslog20101224a ゼッケン1で今年は戦えたが、今年の成績は10位と満足はできない順位であった。
でも、全く悔いはなく、むしろこんなもんで良かった気がする。
今年の最高順位は4位。
実はこの試合の後に山中湖撤退の気持ちが芽生え始めた。
試合の後に祝福の言葉を掛けられる度に物凄く心が痛むような嫌な思いをどこかで感じていた。
これが例え優勝であっても、この祝福に対する違和感は感じただろう。
正直自分自身も何の嬉しさも湧かず、むしろこんな程度の試合内容で表彰台に上がるのは恥ずかしかった。
ここ数年、日本のトーナメントが再び面白いなぁと感じていたのは、参加人数も減り、今までプラでは成立したが、試合ではなかなか再現できなかったストロングなターンが成立する試合が多々出てきていた点だ。
山中湖も釣れなくはなってきていたが、そんな試合が多く、面白さを感じていた。
しかし、今年の試合結果を観ると、‘おぅ~’と感心するような試合は皆無であった。
更に自分のプラでも、ポテンシャルを感じる物は何も見付からなかった。
それに年々激減していくバスの数、バスのコンディションの悪さ…
そんなことから徐々に山中湖のポテンシャルや今後の事を考えると、もうここで試合をすべきではないと思い始めた。
いつも自分が物事を考える時は、まずは最終的な結論から考え、そのためにはどうするのか?どうすればよいのか?と辿っている。
そして今回、結論から考えた時に、他にやるべきことがあり、ここに居るべきではないという答えが出た。
その後も色々と悩んだ挙句、色々と思い出の詰まった湖だが、少し距離を置くことにした。

今日は22時30分に帰宅と、ここ最近では早目だったので、ちょい長文になった(笑)

|

« ギリギリ | トップページ | メリークリスミス〓 »

コメント

自分は エントリーしませんでした
山中湖チャプターに始まり JB山中湖で終わりました
ちょっと休みます
楽しかったですよ
日本のあちこちで まだ自分が知らない熱いトーナメントが繰り広げられていると思いますが 山中湖のシーンは本当に自分の中で熱かったです
ただ ストロングばかりがトーナメントじゃないから そんな年もありますよ
厳しいと思われる時に盲点があって ストロングが生きる時があって それを試したくなっちゃう自分もいました
山中湖は まだ死んでません
自分は そう信じてます
ちょっと のんびりとシーンを見つめてます
稲葉さん 見てますよ
見せて下さい
そしていつか 自分が復帰した時 また熱い勝負して下さい

投稿: m.mass | 2010年12月26日 (日) 13:00

稲葉プロが山中湖を去ってしまうのは残念です。

今まで隠さずパターンを公開するスタイルにはとても共感を持てました。

中でもシャローに入った濁りの中の釣りと、沖のシャローの釣りは本当に驚きました。

山中湖のガイドさんの釣りも稲葉プロの真似が多く、その影響力の強さを感じさせられます。

寂しい気もしますが、新たなステージでのご活躍を陰ながら応援しております。


投稿: T.M. | 2010年12月26日 (日) 13:34

山中湖をホームにしているオヤジバサーです(笑)

稲葉プロの釣りは、ストロングもあればライトもあり、どんな釣りを展開するかが、見ている方としては楽しいんです!

ありふれたライトリグの釣りも必要だとは思いますが、一般アングラーの立場からすると我々の発想にはないプロらしい稲葉プロの展開が魅力的です。

稲葉プロに影響されてIK-500R2を多用し、クランクベイトでもかなり釣れる様になりました。
未だに白っぽい稲葉カラーは入手できませんが・・・

たくさんの情報ありがとうございました!!!

山中湖を離れてしまうのはとても残念ですが、新たなステージでがんばってください!!!

投稿: basslove | 2010年12月26日 (日) 16:29

M.Massさん、どうもご無沙汰しております。

来年の夏に何か企画を立てているそうですね!

もちろん参加しますので、楽しみにしております!

山中湖は死んでいるとは思っていませんが、瀕死状態にあると思います。
これからは、もう少し色々とバスの扱いを一般のアングラーにも伝えていきたいですね。

いつかまた山中湖で勝負できる日を楽しみにしております!

投稿: T.Inaba | 2010年12月27日 (月) 11:43

T.M.さん、いつも応援ありがとうございます!

時間は掛かるかもしれませんが、まだまだ探せば色々と面白い釣りは出来ると思いますよ!

これからも山中湖のバスフィッシングを楽しんでください!

投稿: T.Inaba | 2010年12月27日 (月) 12:00

Bassloveさん、応援ありがとうございます!

IKのあのカラーはあまり売ってないようですね。。。
アレは反応いいので、がんばって入手して使ってみてください!

投稿: T.Inaba | 2010年12月27日 (月) 12:03

来年の企画を立ててるのは自分じゃないですよ
その話をした方の策略です(わ)

投稿: m.mass | 2010年12月27日 (月) 22:09

えっ!?

投稿: T.Inaba | 2010年12月28日 (火) 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ギリギリ | トップページ | メリークリスミス〓 »