« 6と6XDの見分け方 | トップページ | 山中湖ネタ第6弾 »

2011年3月30日 (水)

シャッドスペシャル

3g前後のシャッドをスピニングで使う場合、ラインはフロロだと3lb.が扱いやすい。

でもシャッドを1日中メインにするとなると、結節強度持続を考慮すると、もう少し太くしたくなる。

かといって4lb.にすると、飛距離がかなり落ちてしまう。

実際の太さでは0.02mmの違いなので、目では太さの判断など全くつかない。

でも、この3lb.と4lb.の差は使用感での体感はかなり違う。

Basslog20110330a_2 この隙間を埋めてくれるのが、BAWOスーパーフィネスの3.5lb.だ。

この0.5lb.間隔の設定はかなり助かる。

BAWOスーパーフィネス3.5lb.=‘シャッドスペシャル’だね!

|

« 6と6XDの見分け方 | トップページ | 山中湖ネタ第6弾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6と6XDの見分け方 | トップページ | 山中湖ネタ第6弾 »