« ハマりそう… | トップページ | ヘビキャロフック »

2011年8月11日 (木)

ボウズのがれフック

自分が使うチョン掛けフックは、大概はショットリグを愛用している。

ただ、桧原や野尻のスモールとなると、使うワームも小さめが多いことから、プロ山女やマスバリといった管なしのフックを使用することがほとんどだ。

このような山上湖の超ライトリグで、管付きでも愛用しているのはデスロックのみ。

デスロックを使用する時のラインは2lb.程度でないとフックの強度からするとキツイ事が多い。

場所によっては3lb.は必要な時があるのだが、そんな時に合う管付きチョン掛けフックはなかった。

でも、先日いいモノを教えてもらった。

Basslog20110811a ささめ針の‘ボウズのがれフック’だ。

強度、軸径、刺さりはバッチリで、更に価格が定価で250円10~11本入りと、安い。

Basslog20110811b 餌釣り用のフックのようだが、2~3インチ程度の細身なワームにはピッタリだ。

サイズは小さめのラインナップで、最大がLLで、ショットリグの♯6よりも若干小さい。

|

« ハマりそう… | トップページ | ヘビキャロフック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハマりそう… | トップページ | ヘビキャロフック »