« ウイグルワート | トップページ | CCシャッド »

2013年2月11日 (月)

クラップシューター

ウイグルワート同様に春に強いクランクベイトは他にも幾つかある。

Basslog20130211a最近は殆ど使わなくなってしまったけど、クラップシューターもそんなルアーの1つだ。

クラップシューターといえば、アシがある場所というのが使うための絶対条件というぐらい、アシでの威力が圧倒的に強い。

当時、パラアシの中を引いても引っ掛からないというのが、このルアーの売りであった。

これがきっかけで、カバークランクも始まったような気がする。

クリンクリンとロールしてアシ間を抜ける姿は、初めて観た時は感動的であった。

その後、この領域でもっと優れたルアーを見付けて、全然使わなくなってしまった。

明日はそのルアーを紹介します。

|

« ウイグルワート | トップページ | CCシャッド »

コメント

自分的にはまだ現役ですよ(笑)
いいルアーですよね!
牛久沼では手放せません。

投稿: たけブー | 2013年2月12日 (火) 09:09

しゃ、しゃろー、、、、うぐごばべ××ふじこ…。

いにしえネタ、楽しみです。

投稿: フグスマ | 2013年2月12日 (火) 20:14

たけブーさん、クラップシューターといえば牛久のイメージ強いですよね!
アシが合ってこそのルアーですね!

投稿: T.Inaba | 2013年2月13日 (水) 05:40

フグスマさん、古いルアーのネタといっても、自分のはこのくらいの時代までですけど、このくらいの時代の物はまた出しますのでよろしくお願いします!

投稿: T.Inaba | 2013年2月13日 (水) 05:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウイグルワート | トップページ | CCシャッド »