« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

ログ・4

ログに限らず、アメリカンルアーのフックは、バランスを考えられているものも多い。

ただ、フックポイントや耐久性には難ありの場合が多い。

Basslog20140131a最近はエクスキャリバーも品質が向上したし、がまがつフックが標準装備されているものもある。

フックはスプリットリング同様に、弄ると、動きも変わってくるので、替える時は気を使う。

オリジナルのアクションを損なわないようにするには、オリジナルに近いものをチョイスするとよい。

AB1200は標準が、フックポイントがネムリ針になっている。

これって、チェイス程度のバイトは掛かりにくい。

なので、ストレートポイントのものに変更している。

元々、軽いルアーなので、フックは軽量のモノが合う。

Basslog20140131b Basslog20140131c それと、チェイス程度のバイトを取るために、カルティバの‘ST-26TN’の#6を自分は用いている。

もっと細いものもあるが、このくらいが強度もあり気に入っている。

標準フックよりも0.05gぐらい軽いので、3本で0.15g軽量化になるので、若干浮力アップ。

ちなみに、このフックはオーナー社でも、オーナーカットではないので、オーナーカット嫌いの方でも大丈夫(笑)

| | コメント (0)

2014年1月30日 (木)

ログ・3

Basslog20140130a 今年は、昨年発売となったパーフェクト10ログ(ADR)を実践投入してみる。

ここ最近、ログと言えば5.5inのARCばかり使用しているので、同じ5.5inボディのADRは期待している。

このログは、潜行深度は3.6mとなっている。

Basslog20140130b リップの取り付け角度はARCと全く同じで、リップのサイズは大きい。

ARCとADRのリップの大きさの比率は、ASDRBとABと同じ感じだ。

ASDRBの潜行深度は1m強なので、3.6mは無理じゃないかな?

と思ったけど、ASDRBの潜行深度表記は1.2m。

ということは、メーカーの表記通りということなので、3.6mに到達するのかも。

そう思うと今度は、リップがかなりデカく感じてきた(笑)

Basslog20140130c ボディサイズがほぼ同じルドラのリップと比較すると、かなりデカく感じる。

まぁ、3.6mまで行かなくても3mまでは行ってくれればOKだ。

実際のところはどうなのか、動きも含め、色々と楽しみだ。

| | コメント (0)

2014年1月29日 (水)

ログ・2

ログにはボディサイズが3種類ある。

主に使われているのが、4.5inと5.5inの2つ。

ログと言えば、有名なペラペラのリップが装着されているのが、4.5inのABやRB、ARB。

5.5inのフローティングタイプであるARCには、極普通のリップが装着されている。

Basslog20140129a ちょうど、4.5inのASDRBと同寸のリップだ。

日本とアメリカのジャークベイトの使い方を比較していると、大きな違いがある。

日本のジャークだと、ログの場合、フローティングには合うが、サスペンドタイプには向いていない。

更に、日本はキレのあるダートこそが、よいジャークベイトとされている。

その辺を踏まえて考えていくと、ASDRBなんかは日本受けしないのは解る。

興味のある方は、本場のジャークベイトを知ることをお勧めます。

自分は、一般的に日本で言われていることと、実際との矛盾等、何かと疑問に思う部分が多々あったけど、ようやく最近になって解ってきた。

雑誌等で記載されているように、昔は確かに、早春にウィードエリアなどで、サスペンドタイプのジャークベイトを、ジャークして止めて、よく釣れた。

しかし、今思えば、その魚達って、ジャークベイトで釣るべき魚ではなかったね(笑)

魚が多かった時代だからこそ、入れ食いにもなったけど、現在同じ状況下でジャークベイトをジャークしても間違いなく釣れないだろう。

そして、ようやくASDRBの必要性が理解できてきたと思う。

| | コメント (0)

2014年1月28日 (火)

市川哲也

今年から琵琶湖でのガイドを始めた‘市川哲也’

彼は自分が過去に見てきた何千人ものアングラーの中でも、5本指に入るぐらいバスに対する思いは熱い男だ。

以前にJB戦に参戦していたのだが、それだけでは物足りず、渡米した。

日本に居る時から、彼の行動力は物凄いと思っていたら、次はアメリカへ行って、戻ってきたと思ったら、今度は滋賀へ移住し、琵琶湖でガイド。

とにかくバスに対する熱は、その行動力からも冷めるどころか、熱くなっているんじゃないかな?

市川哲也の釣りのお話

ICHIKAWA Fishing.com

しっかりとした基本をマスターしたい人や、ステップアップしたい人にはお勧めです。

| | コメント (2)

2014年1月27日 (月)

スモースクランク

最近、ディープクランクと並んで、充実してきているのが、スモールクランク。

Basslog20140127a スモールクランクはボディサイズゆえに、浮力が小さくなってしまうし、調整も難しい。

でも、ここ最近のスモールクランクは、それぞれに個性もあり、選択の幅が広がる。

潜行深度には限界があるけど、潜行深度も色々と出てきたので、あとはラインの太さで調整すれば、攻められる幅も広がる。

飛行姿勢も考えられているものが多く、5g程度のクランクでも十分ベイトロッドでキャストできる。

今後はスモールクランクの出番も増えてきそうだ。

| | コメント (0)

2014年1月26日 (日)

シャッド

春になるとシャッドの出番も多くなる。

最近は使うモノが一辺倒で、いつモノばかり使っている。

Basslog20140126a ということで、新たな戦力となりうるシャッドを探している。

今回は巷で評判がいいモノをチョイスしてみた。

真海が頻りによいと言っている‘FC55’は、特に期待している。

このFCの、ファイブコア社の動画に貴重なものを発見。

早く本戦編を観たいね。

| | コメント (0)

2014年1月25日 (土)

色塗りしたい

冬の期間はいつも恒例となっている、ルアーのカラーリングをやろうと思っている。

Basslog20140125a でも今年は、なかなか時間が取れない。。。

マスキングして準備万端のルアーは溜まってきている。

頭の中では、色々と構想は練ってあるので、早く塗りたい!

| | コメント (0)

2014年1月24日 (金)

5O

先日、釣り仲間が、毎年恒例行事のために集まった。

例年だと、日本海側へ遠征するのだが、今年は我が家となった。

基本、あまり釣りの話はしないのだが、家中にタックルが放置してあるので、嫌でも釣りの話題が多々出てきた。

やはりルアーの話になると、昔の話が多くなる。

Basslog20140124a そういった時に、必ず出てくるのがバルサ5O(ファイブオー)。

我々アラフォー世代のアングラー殆どが、学生時代に憧れていたルアーだろう。

へドン、ジムバグリー、スウィンフィン、レーベルも憧れたけど、製品としての美しさはファイブオーだったね。

当時はファイブオーと読むとは知らず、バルサゴジュウ欲しい!と、みんな言っていたね(笑)

| | コメント (4)

2014年1月23日 (木)

スプリットリング

スプリットリングって、軽視されているけど、これも結構重要な部分。

これの大きさで、ルアーのアクションは変わるし、大きさによってフックポイントの位置も変わってくる。

Basslog20140123a ストライキングのシリーズ3はHC3とHCS3は大きめなリングに、ショートシャンクフック。

HC3XDは小さいリングにノーマルシャンクのフックが標準装備されている。

フックポイントの位置は両者共ほぼ同じ。

つまり、リングの大きさだけを意図的に変化させているということ。

一見、日本人感覚でいくと、テキトーと捉えられてしまいそうな部分だ。

やはりアメリカは先進国、何気なく装着されたこんな部分からも、製作者側の意図が理解できる。

| | コメント (2)

2014年1月22日 (水)

フック交換

Basslog20140122a フック交換を徐々に行っているけど、相変わらず細かいところまで気になる。

がまかつ製の6番の長さを計ってみたら、

Basslog20140122b トレブルRB  22.45㎜
トレブル13  20.85㎜
トレブルSP  20.00㎜
トレブルRBショートシャンク  19.35㎜

と、バラバラであった。

ただ単にフック交換するのなら、すぐに終わるんだけどね。。。

| | コメント (0)

2014年1月21日 (火)

ログ・1

Basslog20140121a 今日はログのフックやリングを替えた。

ログも未だによく解らない部分がある。

昔、使い始めた当初は、ラトリンログというのに、何で俺のログはラトルが入っていないんだろう?とか、最初は薄かったリップが、次に買ったのは厚くなってる!やっぱヤンキールアーはムラがあるなぁ…なんて思っていた(笑)

そんな誤解も、徐々に解けてはきたけど、相変わらず品番はスムーズには言えないので、ボディにはマジックで記名している。

昔、初めて使ったログは、おそらくAB1200である。

Basslog20140121b 当時は良く釣れたけど、最近入手したのはイマイチ。。。

まぁそれはどうでもいいんだけど、釣れないことはないし、昔のイイ思いでもあるし、ビジュアルは好きなので、未だに一応ボックスには入れている。

今まで、リミテッドやらも含め、色んなログを使用したけど、現在本気で使っているのはARC1200とASDRB1200の2つ。

| | コメント (0)

2014年1月20日 (月)

リトルスパイダー

過去に何度か、衝撃的なぐらい、よく釣れたルアーがある。

その中の1つに、ケイテックのリトルスパイダーがある。

このリトルスパイダーは、マテリアルがゴムからワーム、そしてワームからゴムへと、替わった。

以前のモノがなくなると、必ず言われるのが、「前のが良かった」

Basslog20140121a 自分も当時はよく使ったので、未だに初期バージョンのストックがある。

実際のところ、どれが一番良いのかは…?

今となっては、全く使わなくなってしまった。。。

| | コメント (0)

2014年1月19日 (日)

フック

昨日のマスタッドKVDトリプルグリップを、何に装着しようか考えてみた。

その他のフックも序にと思い、その他のフックも出してみた。

そして色々と考えていると、考えれば考えるほど、細かい部分が気になってきた。

Basslog20140119a 特に気になったのが、フックの全長。

がまかつのトレブル13とRBは、同サイズでも長さが違うし、フックポイントの位置も違う。

さらに細かく気にしていくと、重さも違う。

これがトレブルSPと比較すると、更に違いがある。

気にすればするほど、違いが気になり、慎重になる。

| | コメント (0)

2014年1月18日 (土)

‘TG76BLN’

Basslog20140118a マスタッドのトリプルグリップのショートシャンク(KVDトリプルグリップ‘TG76BLN’)が、ようやく手に入った。

アイがセンターバランスでなかったのは、ちょっと残念だったけど、その他は全ていい感じだ。

既存のトリプルグリップよりも、フックのベクトルはやや外向きとなっている。

昨年はこのフックの赤も追加発売されているが、日本では売ってないし、全く話題にも上らないね。。。

| | コメント (0)

2014年1月17日 (金)

ARC追加

気に入っているけど、なかなか売っていない‘ARC1200’。

ネットで探してみたら、一発で見付かった(笑)

Basslog20140117a クラウン等の、人気カラーは見付からなかったけど、ホットタイガーを発見。

パーフェクト10ログにあるレモンライムクラッシュがあるとよかったんだけどね。

ARB1200にオフトオリジナルのクリアもあったので、ついでに入手した。

最近のARBは…なので、使う気はしないけどね。。。

| | コメント (0)

2014年1月16日 (木)

大掃除

年末にできなかった釣り部屋の大掃除を、年始から少し始めた。

Basslog20140116a 少しは片付いたかな?

いつも通り、片付けしていると、ルアーをイジリ始めてしまい…

なかなか終わらない(笑)

| | コメント (0)

2014年1月15日 (水)

デルタフォース

自分はクランクベイトやバズベイトが好きと思われていることが多い。

確かに両者共好きである。

それよりも、もっと好きだったのが、スピナーベイト。

JBのエコルールで、使いたいスピナーベイトが使えなくなってしまったことが発端で、最近ではスピナーベイト自体の使用頻度が低くなった。

でも、ここのところスピナーベイトを観ていたら、無性に使いたくなった。

Basslog20140115a 過去のJB戦で、最も多用してきたのは、間違いなくデルタフォースの1/2oz.DW。

自分の記憶が正しければ、デルタフォースが発売されたのは、1992年。

当時、琵琶湖での釣果はズバ抜けており、何個も、金属疲労でワイヤを折ってしまった程だ。

これも久し振りに使いたい。

| | コメント (0)

2014年1月14日 (火)

2014初バス

Basslog20140114a 先日の今年初バスは、今年発売となる、ツアラーVスペックの新機種‘TVC-65M/HG’(プロト)にBAWOプレミアムプラスHG10lb.の組合せでキャッチした。

このタックルにクランクベイトを装着し、ボトムにコンタクトさせてキャッチした。

ここのところ、気温は低いけど、水温はまだ7℃あるので、クランクベイトでも喰ってくるバスはいると考えた。

通常だと、クランクベイト等の巻物を使う基準を、8℃が1つの目安としている。

これ以下でも釣れないことはないが、これ以下の場合は反射を常に意識して釣るようにしている。

ただでさえ、なかなか釣れない状況なので、細かいところで色々と気を付けなければいけない。

そのような釣りをするときに、今回のタックルは非常にアドバンテージを与えてくれる。

今回使用したクランクベイトは自分がよく使うモノで、自分が小森カップを制して以来、亀山では人気となっているそうだ。

Basslog20140114b ただこのクランク、またしても、1回の使用で、ボディにクラックが入ってしまった。。。

釣れるけど、弱いのが弱点だね。。。

それと、最近よく聞かれる、800との違い。

具体的なところは触れないが、自分は圧倒的に500のがいいと思う。

| | コメント (0)

2014年1月13日 (月)

久留里

亀山ダムへ行く際に通る、国道410号線(通称:久留里街道)。

この久留里の町は‘水’が有名であるということを、今年になって知った。

ということで、ちょっと久留里の町を散策してみた。

Basslog20140113a 久留里駅の前には水汲み広場がある。

街にはいたるところに井戸があり、水が常に湧き出ており、生活水としても活用されている。

今までは、何気なく通過するだけの久留里であったが、こんな街だとは知らなかった。

| | コメント (0)

2014年1月12日 (日)

2014初バス

今日は予定通り、亀山ダムへ行ってきた。

Basslog20140112a 無事、初バスをキャッチすることができた。

今年は幸先よく、この時期としては珍しく、クランクベイトでキャッチした。

この模様は、同船して動画を撮影してくれていた石井が、そのうちYouTubeでアップします。

クランクで釣ったと聞くと、イージーな感じなのかと思うかもしれないが、現在の亀山ダムはかなり厳しい。。。

| | コメント (0)

2014年1月11日 (土)

明日は

今年初の亀山へ行く予定。

ここのところの寒さは、関東の平野部でもキツいので、明日は防寒対策をしっかりとして、集中が切れないようにするのが、最大の戦略かな(笑)

Basslog20140111a とりあえず、いつも通り、タックルはハード中心に組んで、スピニングも3セット用意した。

なんとか初バスはキャッチしたい。

| | コメント (0)

2014年1月10日 (金)

RC Freak

ラッキーストライクのRC(Freak Deep Diver)シリーズの、Series3はいい感じで、気に入った。

そこでシリーズ1も気になり、購入してみた。

Basslog20140110a 動かしてビックリ!

動きが、全くの別物であった。

でも、それはそれでクランクベイトとしては、面白い使い方が出来そうで期待している。

そして今度、Series2も加わる。

どんな動きになっているのか、物凄く気になっている。

| | コメント (2)

2014年1月 9日 (木)

スピナーベイトのフック

昨日のバイブラシャフトは、スピナーベイトに革命をもたらしたと言える程、バイブラシャフトの登場で、世の中のスピナーベイトは変わった。

サンポーのボールベアリングスイベル、目玉のないヘッド、ラメ入りスカート、そして、何より気に入っていたのが、デカいフック。

今となっては、バイブラシャフト自体、30年以上バス釣りをしている人でないと知らないよね。。。

Basslog20140109a これの次に、自分の中では、バスバスティン、ラッキーストライクのスピナーベイトが思い出深い。

バスバスティン(後のブルドッグ)は、フックにがまかつフックを初めて採用した。

今ではフックを研ぐことはあまりない。

でも、昔は研いでから使い始めるというのが、極当たり前のことだったので、がまかつフックの採用も、革命的な出来事であった。

これにより、フッキングのパワーがそれまでよりも、かなり軽く済むようになった。

これを皮切りに、この後発売されたスピナーベイトは、始めから研ぐ必要がなくなった。

今では当たり前のことなんだけどね(笑)

| | コメント (0)

2014年1月 8日 (水)

アッパーアーム

昨日のシングルスピンに引き続き、シングルスピンのアームに関しての話題。

シングルがタンデムよりも有効なのは、フリーフォール時に、ブレード回転のしやすさが挙げられる。

これを有効に引き出すためには、アッパーアームの長さが重要。

スピナーベイトのアームと言えば、アッパーアームをフックポイント側へ押し下げて、フックポイントに微かに被るぐらいが、ベストとされている。

これだと、シングルの場合、ちょっと長い。

Basslog20140108a 自分は、アッパーアームを水平に保った状態で、アッパーの端とフックポイントが重なるぐらいを基準に調整している。

これで、きれいにフォーリング時にヘリコプター(死語かな⁉)する。

| | コメント (0)

2014年1月 7日 (火)

シングル

スピナーベイトと言えば、最近ではタンデムウイローか、ダブルウイローの2つが殆ど。

シングルブレードのスピナーベイトなんて、ラインナップもされていないなんてことも普通となった。

でも、シングルこそが有効となる必要な場面はある。

自分の場合は、ディープウォーターで用いる場合と、フォーリング主体の釣りを用いる場合はシングルをチョイスする。

最近は使っていないけど、冬はシングルの出番が多い時期だ。

Basslog20140107a 今年の冬は使ってみようと思い、用意してみた。

ベースはバイブラシャフトの1/2oz.。

バイブラシャフトの1/2oz.は、普通に使っても優秀だが、シングルにして使っても優秀だ。

特にディープウォーターでのフッキング率は、未だに最高。

| | コメント (4)

2014年1月 6日 (月)

初釣り

4日は初釣りで東京湾へ、少しだけ出てきた。

小型ではあったが、固まっているエリアでは、ジグでイージーに釣れた。

Basslog20140106a 今回初投入したハイパーブレードは、20mラインまで沈めてからの、ただ巻きやストップ&ゴーでキャッチすることができた。

20mラインまでフリーフォールさせても、ラインが絡むことはなかった。

暖かくなったら、キャストして、普通に巻いて使いたい。

| | コメント (0)

2014年1月 5日 (日)

ロッドパーツ

ロッドを改造するために、ロッドのパーツを買いに行ってきた。

ロッドをいじるのは久し振りなので、パーツ用品に目を向けるのも久し振りであった。

パーツもどんどん進化しており、細かいものまで色々あった。

Basslog20140105a でも、必要なものは1つしかなかった。。。

ロッドも、自分でいじくると、色々なものが見えてくる。

いじったことのない人は、1度いじることをお勧めする。

| | コメント (0)

2014年1月 4日 (土)

ハイパーブレード

今日は初釣りに、海へ行く予定。

Basslog20140104a そして今回は、スミスの新製品‘ハイパーブレード’を用意した。

パッと見、見た目もいいのだが、何よりもいい感じなのが、大きさと重さ。

センターバランスで、フォール中の絡みが少ないというので、深いレンジまで思いっきり沈めて使ってみたい。

このメタルバイブを観た瞬間に、真っ先にスミスのIKE-P氏に言ったのが「同じサイズでバス用が欲しい」ということ。

メタルバイブやテールスピンといったルアーを使っていると、どんどん速い動きへの欲求が増し、更に重いものが欲しいといった結論に達する。

そしたら、最近関西方面では、ソルト用のメタルバイブを、バスに用いるのが流行っているとのことであった。

やはり、重いジグが欲しい~ってところに行き着くよね…⁉

| | コメント (0)

2014年1月 3日 (金)

Newアイテム⁉

20年ぐらい前までは、当たり前のように、偏光グラスの落下防止用のヒモ。

最近でも存在しているのは知っていたけど、使うことはなかった。

Basslog20140103a 昨年、フローター付のモノがあったので買っておいた。

これなら万が一水中に落としても大丈夫。

それに、釣りの最中に、偏光グラスを外してボート上等に置いておくと、壊してしまう原因なんで、首に掛けておけるのは便利だ。

久し振りに、今年は使ってみようと思う。

| | コメント (0)

2014年1月 2日 (木)

2013年最終釣行

2013年度、最後の釣行は、IKE-P氏と、千葉県某所へ行ってきた。

IKE-P氏がオカッパリで、ある程度下調べをしてくれていた場所であったので、釣れることは定かであった。

Basslog20140102c なので、ボートから攻めていけば、さらなるパラダイスがあるのでは?とワクワク状態での釣行であった。

結局、全域を観ることはできなかったけど、ポテンシャルをかなり感じるフィールドであった。

また訪れて、全域を観てみたい。

Basslog20140102a 今回の釣行では、シャローのアシ、ガマを狙う、カバー撃ちがメインになるとのことで、タックルはTVC-70Hをメインにタックルとして用意していった。

IKE-P氏もTVC-70Hを用意してきていた。

それにラインは、自分はBAWOプレミアムプラスHGの10lbを組んでいった。

IKE-P氏は8lbと、お互いに、スティッフなロッドにライトラインといったセレクトをしていた。

やはり冬のこのような釣りでは、このチョイスだね。

Basslog20140102b ルアーも、2人共にテナガホッグのテキサスリグをチョイス。

冬は、バイトしてきても、バスがその場から動かないで、ワームを咥えているままということが多い。

このような場合、ちゃんと喰っているのか、確認する必要がある。

そんな間を置いても、咥え続けてくれるゲーリー製品は、厳冬期の釣行では、特に威力を発揮してくれるね。

| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

2014年

Basslog20140101a 新年あけましておめでとうございます。

今年はいつもの鏡餅ではなく、新年仕様のヒッチカバーを作ってみた。

本年もよろしくお願い致します。

| | コメント (2)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »