« SKEET REESE | トップページ | 600 series »

2014年2月 2日 (日)

ダブルディープシャッド

近年のシャッドプラグは、リアルにできており、ビジュアル的にも釣れそうと感じるものが多いだろう。

昔はシャッドラップがリアルだと思っていた時代もあったんだけど、今となってはシャッドップでさえリアルとは言い難いね。。。

自分はそんなにリアルとか気にせずに使っているけど、数年前に、シャッドラップを知らない奴に、「なんすかぁ…それ…釣れるんすか?」と言われ、ビックリした(笑)

昔から使い続けているシャッドは、今となってはシャッドラップとCCシャッドだけとなった。

Basslog20140202a 昔はレーベルのダブルディープシャッドも使っていた。

イマイチ感があって、あまり使い込まなかった記憶があったけど、そのイマイチ感があったモノを逆手に取り、使っているという話を聞いた。

その原因と思われるのが、このレーベルのダブルディープシリーズの特徴でもある、リップに埋め込まれたボール。

確かにそのような使い方には合っているなぁ…と思えた。

このボールもうまく活用すれば、もっといいモノができそうな気がする。

|

« SKEET REESE | トップページ | 600 series »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SKEET REESE | トップページ | 600 series »