« JB霞ヶ浦シリーズ開幕 | トップページ | JB桧原湖 »

2014年3月 3日 (月)

JB霞ヶ浦1stエバーグリーンCup

昨日は予定通りJB霞ヶ浦シリーズの第1戦‘エバーグリーン’カップが開催された。

結果は、参加人数131人中、ウエインが12名で、バスの総数は13本であった。

水温はまだ1桁台と、冬と大して変わらない状況であった。

バスは確実に動き始めており、冬の場所からは離れつつあった。

釣れていた場所は、霞ヶ浦での経験は浅い自分でも知っているような、この時期の定番となっている場所が殆どであった。

大まかに言うなら、セカンダリーポイントとなりうる大場所と越冬場所の2ヶ所であった。

近年の霞ヶ浦はバスの絶対数が少ないので、簡単に釣ることはできない。

特にこの時期は、1本でも釣って来ることが大事なので、少しでも自分の行う釣りの確率を上げていくことが、今の霞ヶ浦での最善策かな。

Basslog20140303a 今回の初戦は1位2位6位に、今年からJBに参戦し始めたルーキーが入った。

シングルに1年生が3名入ったその裏では、霞をホームとするベテラン勢の大半やTOP50選手全員、WBSプロの全員がノーフィッシュとなっている。

つまり、昨日記した、見えている人、見えていない人…の意味不明な文のように、釣れなかったからといって、見えていないとは必ずしも言えない。

これだけ世の中には情報が氾濫しているので、定番スポットなんて、誰にでもすぐに判る。

なのでルーキーであっても、ある程度の高確率な釣りは展開できるので、間違ったことをしていなければ、例えルーキーでもチャンスは必ず来るということ。

この後の試合から、ベテラン勢は外しにくいので、ぐんぐん追い上げてくる。

今回釣って来たルーキーの方達も、今後の試合を外さないようにがんばれば、昨年度年間一位の渡辺選手のように、ルーキーで年間を取ることも可能だ。

|

« JB霞ヶ浦シリーズ開幕 | トップページ | JB桧原湖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JB霞ヶ浦シリーズ開幕 | トップページ | JB桧原湖 »