« ファントムグリーンクロー | トップページ | マグワート »

2014年7月 3日 (木)

スルーリグ⁉

西根さんのブログを読んでいたら、懐かしい!といった感じのモノが出ていた。

それは‘スルーリグ’⁉

20年ぐらい前に、まだ芦ノ湖によく通っていた頃に、ノーシンカーを深いレンジに、早く落としたくて想い付いたリグに極似ている。

Basslog20140702aオフセットフックをラインに通し、下にナス型おもりを結ぶといったリグだ。

これをキャストすると、シンカーがボトムに付き、ワームが後からラインに沿って落ちていくという仕掛け。

これのメリットは、ラインを張っても、直結でないのでフォール速度が変わるだけで、中層でフォールスピードを変えて誘うことができた。

当時流行っていたカリフォルニアのラージパドルをよくセットして使っていた。

これはまあまぁよく釣れたけど、どの水深で喰ったのかが解らないのが、釣れちゃった感が強く、しばらくして封印してしまった。

西根さんのように浮き止めゴムをある程度の位置にセットしておけばよかったんだね。

結び目保護のために、下側にはゴムクッションを入れていたんだけどね。。。

|

« ファントムグリーンクロー | トップページ | マグワート »

コメント

この仕掛け、使ってみます。
浮き止めゴムからシンカーまでの距離であわせにロスがありそうにも感じられますが。

投稿: RABIZO | 2014年7月 3日 (木) 11:45

RABIZOさん、鋭いですね!
確かにそうなんです。
なので、瞬発的なフッキングは効きません。
当たったら、しばらくシェイクしながらリールを巻いて、重みが掛かったところで思いっきりフッキングしていました。
違和感を感じないからか、意外とワームを咥えてから放しません。
想像するほどはロスは少なく、大きくてもロッドワンストロークぐらいです。

投稿: T.Inaba | 2014年7月 3日 (木) 17:53

おおお!世の中にはスルーリグなるものがあったんですね!!
20年以上も前に芦ノ湖で編み出されていた稲葉さんは偉大です!!

シンプルですけど、色々とメリットが多いリグですよね♪

この際ですから、スルーリグ同好会を結成して流行らせちゃいましょう~。(会長はもちろん稲葉さん。笑)

投稿: Nishine | 2014年7月 5日 (土) 01:39

西根さん、かしこまりました!
同好会結成しましょう!
では、日本支部長やりますので、カナダ総本部長お願いします(笑)

投稿: T.Inaba | 2014年7月 5日 (土) 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ファントムグリーンクロー | トップページ | マグワート »