« PROヤマメ | トップページ | “TVC-65M/HG” »

2014年12月28日 (日)

スーパートラウト

Basslog20141228aラージ狙いでのネコリグではマス針と並んで使用頻度が多くなっているのが‘スーパートラウト’。

出し処はマス針と同じ領域で、カットテールぐらいの太さのネコリグ使用時に使っている。

マス針と比較して、若干フックポイントが眠っている。

これだけでかなり根掛かりが低減される。

強度はマス針以上にあり、4lbラインで強引に引っ張っても大丈夫な程だ。

カラーが気になるけど、釣果への影響はプラスなのかマイナスなのか?

普段自分の釣りでは、ライトリグでも殆どノンストップで当たった瞬間に即フッキングの釣り方が多いので、フックポイントがストレートなマス針を多用している。

少し止めて、「喰ってる」とバイトしているのを確認してからフッキングするような、一般的なライトリグの釣りの時はこっちを選んでいる。

2,3月の早春やポストの時期といった比較的バスがジッとしている時に出番が多い。

|

« PROヤマメ | トップページ | “TVC-65M/HG” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PROヤマメ | トップページ | “TVC-65M/HG” »