« SCシャイナー | トップページ | 2015バスマスタークラシック初日 »

2015年2月20日 (金)

2015 GEICO Bassmaster Classic

いよいよ今日からバスマスタークラシックが始まる。

今回の舞台はジョージア州とサウスキャロライナ州に跨るレイクハートウェル

ハートウェルはリザーバーで広さは56,000acresある。

エーカーだと解り難いので、平米にすると、226,576,000㎡、つまり226.576㎢。

この大きさでピンときた人もいるでしょう。

霞ヶ浦の面積220㎢とほぼ同じということ。

なら、そんなに大きくないと思う人もいるかもしれない。

Basslog20150220a図は、約3倍の面積がある琵琶湖とハートウェル湖の同じ縮尺率の地図を並べてみたもの。

地図を見ると、リザーバーらしく物凄く入り組んでおり、その広大さが分かると思う。

北緯は昨年のガンターズビルとほぼ同じ。

ここの北緯34度は日本だと四国ぐらいで、2月の平均気温が約8℃で、大会中は予想最高気温が2、7、13℃とうなぎ上りに上昇し、最終日は雨の予報となっている。

ただ、前日の最低気温はマイナス13℃と、激しい温度差となっている。

これらの情報から自分なりにバスの動きを読んで、どんな展開をするのかを戦略を立て、似た動きをしている選手を追ってみたりすると面白いでしょう。

シャローかディープのどちらを選択するかも見どころで、前回の2008年の時の詳細はこちら

いよいよ今日からと言っても、日本時間で21時スタートで、初日のウエインは日本時間で明日の5時からです。

|

« SCシャイナー | トップページ | 2015バスマスタークラシック初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SCシャイナー | トップページ | 2015バスマスタークラシック初日 »