« カプラー | トップページ | Elite at Lake Havasu Results »

2015年5月10日 (日)

Elite at Lake Havasu

前回のミッドであったサクラメント戦から1週間、今度はリザーバーでのアフター‘Elite at Lake Havasu

という視点で観てしまう自分としてはこちらの方が興味があった。

既にサマーパターンへも移行してきている感じで、多彩な攻略方法が存在してるようだ。

シャローとディープ組にもくっきりと分かれている。

3日目の時点での上位陣を観ると、比較的フィネスな釣りが得意としている選手が多い気がする。

アーロン、イバース、T.O.といった日本でもお馴染の選手も上位に着けている。

Basslog20150510aその他では、やはり来たね感が強いBP、それにライバル的存在のJVD、トップのクリフパーチ、ジョンマーレー、ディーンロハスといった地元勢もやはり強い。

今回の試合はかなりの選手間でバッティングしており、3日目というプレッシャーも加味すると、T.O.、デイビットウイリアムス、ディーンロハス、ゲーリークレイン、JVDの3日目の追い上げは凄い。

前回のミッドだと、日を増す毎に厳しくなるけど、アフターの時期は日を増す毎に、状況を把握できている選手ほど強さが浮き彫りとなってくる。

それにしても年間でも争っているディーンロハスとジャスティンルーカスの勢いは強烈だ。

ジャスティンルーカスの2週連続優勝か、久し振りにT.O.か、クリフが逃げ切り初優勝となるのかな…?

ウエイト差からは誰が勝つのか全く予想もできない。

|

« カプラー | トップページ | Elite at Lake Havasu Results »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カプラー | トップページ | Elite at Lake Havasu Results »