« Bassmaster Elite at Toledo Bend presented by Econo Lodge Day1 | トップページ | Elite at Tred Bend Day3 »

2017年4月 8日 (土)

Elite at Toledo Bend Day2

Basslog20170408c Bassmaster Elite at Toledo Bend presented by Econo Lodge2日目は、Jacob Wheeler、Brett Hiteがウエイトを少し落とし、Jamie Hartmanが首位に立った。

昨年もそうであったように、3日目からが力量の差が出てくるので、これからが面白いところだ。

Basslog20170408a 昨年のToledo Bend戦はKVDの圧勝といった感じであったが、色々と細かい戦略がなされていた。

KVDはクリークのチャンネルに点在するハンプやエッヂをメインに、スポーニングフラットに隣接する場所で、ポストスポーンのバスに的を絞っていた。

つまり時期的にも非常に場所は判りやすく、大場所ということで、例え広大な湖だとしてもバッティングは避けられないような状況であった。

そんな中でもストライキングのXDシリーズを駆使し、細かくレンジコントロールしたりして攻めていた。

そんな状況下でも確実に毎日20lb.オーバーをウエインすることができたのは、確実にバスの状態が読めていたからでしょう。

今回2日目を終えてKVDは22位に順位を上げてきた。

51位のキースポシェで26lb.4oz.なので、1位との差が12lb.13oz.と、そんなに大幅には開いていないので、まだまだどうなるのか全く予想もつかない。

このような僅差の戦いだと、昨年のCayuga Lake戦の初日に失格となってしまったGreg Hackneyのように、1日でも大外ししてしまうと巻き返しが効かなくなってしまう。

今回も初日108位のPaul Eliasは2日目19lb.11oz.釣ってきて47人抜きしたが、61位なので予選落ちとなってしまった。

ちなみにもう1人のレジェンドDavid Frittsは予選通過で、AOYランキングも15位と、いい位置にいる。

Basslog20170408b 2日目を終えた時点でのAOYランキングは1位は変わらずOtt DeFoeで、2位から順にJames Elam、Jason Williamson、Greg Hackney、Jason Christie、Jacob Wheeler、Jordan Leeとなっている。

|

« Bassmaster Elite at Toledo Bend presented by Econo Lodge Day1 | トップページ | Elite at Tred Bend Day3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Bassmaster Elite at Toledo Bend presented by Econo Lodge Day1 | トップページ | Elite at Tred Bend Day3 »