« Championship Day3 | トップページ | SwimMaxJig »

2017年9月18日 (月)

AOY Chaampionship

昨日からLIVEに釘付けだった人も多い事でしょう。

前半戦を観ていた人はかなりドキドキだったのでは?

Basslog20170918a 最終的には20lb.弱までウエイトを伸ばし、今大会を20位でフィニッシュしBrandon PalaniukがAOYを獲得。(「bass_aoy_classic.pdf」

決まった瞬間にもらい泣きしてしまった人も多いでしょう。

試合自体はKeith Combsが初日から首位を守り久し振りの優勝。

Keith CombsはTOYOTA絡みの試合には圧倒的に強い。

ROYは最後までもつれDustin Connellが1ポイント差で獲得。

1年の主なタイトルであるAOY、ROY、Classicは、今年はすべて20代の選手で決まった。

世代交代とか世間一般的には言われそうだけど、バスプロという職業の寿命を考慮したら、サッカーやラグビーのような激しいスポーツとは違い、世代交代という言葉は合わない気がする。

それに今年の結果を振り返ってみれば、歴代最年少AOYを獲得しているKVD、2番目のTim Hortonだって未だに活躍しており、本年度も優勝している。

ベテラン勢の活躍が目立った年でもあった気がする。

そして明日からはワイルドカードである‘Bassmaster Classic Bracket’が始まる。

ここでもMichael Iaconelli、Ish Monroe、Steve Kennedyと、ベテラン勢が頑張っている。

今年もちょくちょく活躍しているSteve Kennedyやアイクだが、クラシックの出場権利がまだない。

マッチプレー形式のトーナメントなので、このような方式にはベテラン選手は強いね。

マッチプレーでアイクと言えば、ちょうど今大会の覇者Keith CombsとTTBCで行われたサドンデスを思い出す人も多いのでは?

結構話題になったあのシーン

BPの憧れの人でもあるので、負けてもそんなことはしないで欲しいね。。。

|

« Championship Day3 | トップページ | SwimMaxJig »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Championship Day3 | トップページ | SwimMaxJig »