« 釣り収め | トップページ | Z Craw Jr. »

2017年12月26日 (火)

Return to basics

最近のフィールドはなかなかバスが釣れない。

そうなると、間違っていない展開を行っていてもアブレてしまうことがある。

そんな釣行が続くと、基本すら揺らいでしまったりする。

バスを始めて35年ほど経ったけど、未だにフィールドへ出ると新たな発見がある。

Basslog20171226a 先日の釣り収めに行った際も、新たな発見があったり、基本の大切さを痛感する場面があった。

釣れない時はいつもライトリグに走ったりしないようにして、基本を軸に考え直すようにしているけど、消極的になって基本から脱線し、ただ単にスローな釣りにペースダウンなんてことがあったりする。

ルアーの利点って、ルアーだからこそできる、個々のルアーが持つメリットを活かしてこその釣りでしょう。

色々な事を踏まえて考え、導き出した場所や釣り方でバスを仕留めた時が最もバスの面白い部分だ。

釣り収めもそんな感じでしっかりと仕留めた感を得ることができたので、納得のいく釣行となった。

今年は釣りのレパートリーとして、ビッグクランクという新たなジャンルが加わった。

Basslog20171226c そしてあの優秀なクランクを幾つも出しているTHタックルから、遂にビッグクランク‘M.C.ハマー’が間もなく登場する。

今回はちょっと無理を言って、釣り収めに間に合わせていただき、釣り収めの釣りでガンガンに使ってきた。

Basslog20171226b ファーストキャストでいきなり喰ってきたのにはビックリした(バラしたけど…)

後方への水の攪拌力が強烈で、強烈でありながら引き抵抗はそれほど強くないという、またまた相反するものをうまく高次元でクリアしている。

TVC-71MH/HGとの相性も抜群によい。

 

|

« 釣り収め | トップページ | Z Craw Jr. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 釣り収め | トップページ | Z Craw Jr. »