« スカートレスチャター | トップページ | GW後半 »

2018年5月10日 (木)

バスを大切に

ゴールデンウイーク前半は、友人の哲君がアルミボートを購入したということで、一緒に出てきた。

Basslog20180510a ボートの練習がてら、合間に2人してTVC-65M/HGでクランクベイトをキャストしまくってきた。

結構たくさんバスがステイしているのが見え、高い位置からそれを狙って、釣ったバスをメジャーに載せて写真撮ったりと、こねくり回している奴がいた。。。

それ以外にも、鰓からペンチを入れてフックを外そうとしている人がいたり…

これらの行為をすると大半のバスが1ヶ月以内には死んでしまう。

フックを外すにはフックディスゴージャー、通称‘おえおえ棒’があれば、ほぼ100%外せる。

フックディスゴージャーは絶対に必需品。

ペンチしかない場合はラインを切って、フックポイント側から縫うように外すとスムーズに外れる。

完全に飲み込まれていてフックポイントも出ていない状態で更にペンチしかない場合は、ラインを切ってフックを押し込んでそのまま逃がす方が生存率は高い。

とにかく20秒以内には再びバスを水の中へ戻せるように、全ての動作を機敏に行えるようにしてほしい。

JB選手のバスの扱いを観ていても、まともにバスを扱えるのはベテラン選手ぐらいなので、一般の人が慣れるのは難しいのかも。。。

せめてメジャーに載せたり、バスのウエイトを計るのに10秒以上使うのは止めましょう。

Basslog20180510b ウエイトを計るのも、以前紹介した、ホームセンターで売っている木材等を固定するクリップが、バスが暴れても、口に穴が開くこともなく、落ちることもないのでお勧め。

バスって意外と弱いので、大切に扱わないと、どんどん減ってしまう。

|

« スカートレスチャター | トップページ | GW後半 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スカートレスチャター | トップページ | GW後半 »