« ディープクランク | トップページ | トマト増殖 »

2018年7月13日 (金)

カバーポップ

ここ数年はペンシルポッパーの登場で、オーソドックスなポッパーは使っていなかった。

Basslog20180713a_2 大型ペンシルポッパー威力を知ってしまうと、ついついそればかりになってしまう。

でもペンシルポッパーを使うようになって、ちょっと変わったのが、今まではスピードばかり求めて、ポッパーは速く使えるものばかりになっていた。

でも大型のペンシルポッパーは速く引くのはちょっと無理があるので、必然的に若干早い程度のリズムで引くことが多かった。

そんなこともあり、ゆっくりとしたリズムが効く場面もあるので、移動距離の少ないものも気になりつつあった。

アラシのカバーポップは、その名からも連想できるように、移動距離が少ないと予想できたので、今までは必要性を感じていなかった。

Basslog20180713b それがここ最近の気持ちの変化で、気になり始めたので入手してみた。

サイズ的にはポップRに代表されるジェネラルなポッパーよりも若干大き目の仕様となっていたので、このサイズ感は自分好みであった。

そしてカラーはとある状況下で非常に効くというチャートリュースベリーをチョイスしてみた。

|

« ディープクランク | トップページ | トマト増殖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ディープクランク | トップページ | トマト増殖 »