« 2018年7月 | トップページ

2018年8月15日 (水)

MEGA8

PEラインを最近はトップウォーターを使う時と、スピニングタックルにたまに使っている。

スピニングタックルに使うPEラインは8本撚りが使いやすくて気に入っている。

Basslog20180815a 色々と試したが、KASTKING社のMEGA8が使いやすくて一番気に入っている。

以前はよつあみのPEが圧倒的によかったけど、色々と使ってみた結果、他社の品質もかなり良くなっていた。

その中でこのメガ8が色々な意味で一番良い。

| | コメント (0)

2018年8月14日 (火)

Sungill

ズームのZクローは周囲でも使用する人が多い。

そんなこともあり、オーダーもよく入る。

先日その中に見たことのないいい感じのカラーが入っていた。

Basslog20180814a ‘SUNGILL’というカラーだが、自分で頼んだ覚えはないので、誰かが頼んだものだ。

観れば観るほど、良さそうに観えてきてしまう。

ズームのカラーは色々とあり、まだまだ知らないものもたくさんあるね。。。

| | コメント (0)

2018年8月13日 (月)

1/8oz.Neko

最近使用頻度の多い1/8oz.のネコリグ。

昨年のスピニングが使えない時に、ベイトでもネコができるように試してみたのがきっかけで、今ではかなり使用頻度が高くなった。

Basslog20180813a 使いやすいし、マッシュルーム状のヘッドはボトム感知能力が優れており非常に気に入っている。

10lb.ラインで使用しても10mのボトムがしっかりと判るほどだ。

最近周囲にも使う人が増えてきており、ようやくシャンクの長いネコ用フックの意味も理解できる人が増えてきた。

| | コメント (0)

2018年8月12日 (日)

ズームだらけ

Basslog20180812a 先日入ってきたルアーの仕分けをしていると、ズームのワームが異常に多い事に気付いた。

たくさんあるけど、意外と被っているものはなく、人それぞれ好みが違うことが判る。

種類ではUVスピードクローが一番多く、次いでZクロー。

やはりよく釣れるから消耗も激しいんだよね。

自分も家には常にストックがあるほどだ。

| | コメント (0)

2018年8月11日 (土)

ダブル止め

テキサスリグでシンカー止めを使うことがあるのだが、ズレが気になる。

色々なタイプを使用したけど、意外とズレは解消されないので、仕方ないものだと思っていた。

Basslog20180811a でもある日、ゴム2個付けのダブルにしたらズレないのでは?という発想が浮かんだ。

とりあえずやってみたところ、結構ズレない。

でも完璧ではない。

今のところ一番ズレにくいので、これを好んで使っている。

| | コメント (0)

2018年8月10日 (金)

2018 BBQ 1st.

先週の桧原湖では今年初のBBQを開催した。

今年は琵琶湖でガイド業を行っている宮廣君が参加した。

「琵琶湖でガイドしている宮廣」って小森に紹介され、BBQ中はたわいもない話をしていた。

そして後で気付いたのだが、この宮廣君ってビッグベイトの使い手としてバサーに出ていた人だ…と。。。

気付いていたらBBQ中ずっとクランクの話とかになってしまったと思うので、まぁよかったのかな!?

Basslog20180810a その他にも今回は若手で乗りに乗っている佐々君や、昨年まで乗りに乗っていた五十嵐誠、運営も手伝ってくれている白鳥君等、比較的若めの集いとなった。

日曜日の夜は昨年感動したホタルを観に行った。

昨年は物凄い数でメチャクチャ感動したけど、今年は強風だったこともあってか少なめであった。

でも今年も無事ホタルの姿を観ることができた。

Basslog20180810c そして帰りはヨークベニマルに寄って、千藤アニキお勧めのヨーグルトドリンク‘ソフトクリーミィヨーグルト’を買った。

ヨーグルトの硬さとストローの細さで、なかなか飲めない。。。

結局ハサミでパックをカットしてがぶ飲みした(笑)

Basslog20180810d ついでに最近はいつも買って帰るどらやのどら焼きも買った。

昨年から猪苗代のヨークベニマルでも売っているので、買いやすくなった。

ノーマルもおいしいけど、それ以外だと、ごま、白あん、栗がおいしいかなぁ…

| | コメント (0)

2018年8月 9日 (木)

夏支度

今日はアメリカから荷物が届いた。

相変わらずアメリカからの荷物は中2日で到着するほど早い。

Basslog20180809a 今回の荷物はみんな夏休み用にオーダーしたのかな?

いつもより多いけど、これ全部で日本円で5万程度。

数人の1回の買い物でこんな量になり、更にバスアングラーはこれをしょっちゅう繰り返すのだから釣具店は儲かるね。

そして釣行すると、また補充したり、新たなものに手を出したりするのだから、ショップはエンドレスに儲かるね。

みんな新しいタックルで、きっと思い出に残る楽しい夏休みになるね。

| | コメント (0)

2018年8月 8日 (水)

シンカーローテーション

バレットシンカーの同じウエイトのものでも、メーカーによって形状が違う。

それぞれ作り手の想いが込められているのだろう。

Basslog20180808a 写真は全て自分が使用している3/8oz.のタングステンバレットシンカー。

ホールの径も様々で、ちょっとした径の違いで大きな違いが生まれる。

形状の違いは更に大きな差を生じさせる。

テキサスリグの使い方や狙うシチュエーションも様々なので、それに応じて使い分けるとよい。

ということで、自分も色々と使用している。

| | コメント (0)

2018年8月 7日 (火)

Wセンコー

ワッキーサドルを観ていたら、これを使って2本のワームを同時に使うことができそうだと思った。

Basslog20180807a_2とりあえずセンコーを2本入れてみた。

ウエイトはセンコー×2だと20gはあるので、かなり飛距離が出せそうだ。

サドルにフックを掛けておけば、ワームの消耗も少なそうなので、これは使えると思う。

まだ使っていないけど、DSやジグヘッドワッキー、ネコなんかで使ったら面白そうだ。

あとは実戦でどうなるのか…!?

| | コメント (0)

2018年8月 6日 (月)

釣れるカラー

釣れる色は?という質問はよくある。

その答えは「どれでも釣れる」

ラパラのカラーだけに絞るなら、よく釣れるカラーというか、必要最低限のカラーは3つ。

それ以外も釣れるけど、カラーローテーション用に他のカラーも持ってはいるけど、基本は3つのカラーからチョイスする。

Basslog20180806a あえて3つのカラーは言わないけど、1つはよく使っているのでここでもよく登場するIKEの‘デーモン’。

このカラーは実によく釣れる。

ザリガニカラーだけど、ザリガニというよりは蛍光赤という認識でいる。

以前KVDの春のカラー理論を紹介したように、春はザリガニ喰っているからではなくこのカラーが合う場面が多いんだよね。

| | コメント (0)

2018年8月 5日 (日)

いい色続々

Basslog20180805a ズームのワームで使用頻度の高いZクローとウルトラバイブスピードクローの新たなカラーを追加したみた。

Zクローは意外と地味な感じのカラーが少なかったので、幾つか地味な感じのカラーも追加してみた。

UVスピードクローは今でも20色ぐらい持っていくのだが、更に新たなカラーを追加した。

とりあえず納得のいく量は揃った。

| | コメント (0)

2018年8月 4日 (土)

Rapala

Basslog20180804b ラパラのルアーは昔も今もよく釣れる。

最近はDTばかり使っているけど、タックルボックスにはシャッドラップ、F-13、リストラップも入れてあり、これもよく使う。

DTシリーズはノーマルの4~20までの全て、フラット、ファット、サグと全て気に入っている。

DTシリーズはバルサ製にもかかわらず値段も7ドル程度ということで、日本円で約800円という低価格だ。

バルサ製で800円って、この安さもラパラの凄さだ。

自分はケーキが好きで、おいしいという噂を聞くと、行ってみるのだが、大概の店はケーキ1つ当たりの単価が高い。

自分が知っている本当においしい店は、ケーキの単価が400円以下でありながら細部まで拘りが凄い。

おいしいのは当たり前で、値段はこれくらいでないとプロの仕事とは言い難い。

同様にルアーでもバルサ製で1,000円以内でありながら、この釣れ具合に使いやすさというのは衝撃的だ。

消費者の想定以上のものを提供してこそ、ユーザーからの満足が得られる。

ラパラはその辺が非常に素晴らしい。

Basslog20180804a 友人から依頼されたものを観ても、ラパラ製品は非常に多い。

一度使ったら手放せなくなるよね。

他にも細かいところまで言ったら、ラパラの奥深さというのは物凄い。

| | コメント (0)

2018年8月 3日 (金)

50UP 6th.

Basslog20180803a 今年の50アップ6発目は54㎝。

ロッドストレーナーのディンクスタースイムジグでキャッチした。

ただ、スイミングではなく普通のラバージグのように使用して釣った。

これが結んであったので、これをキャストしボトムに着けてからシェイクしたら喰ってきた。

これで今年の50アップは6本中4本がラバージグでキャッチ。

昨年はラバージグでキャッチした50アップは2本だったので、既に昨年を上回った。

| | コメント (0)

2018年8月 2日 (木)

UV×2

ストラクチャージグの1oz.を使っていて、もう少しトレーラーに抵抗のあるものを装着してフォールスピードを落としたいと思った。

トレーラーにはウルトラバイブチャンクをチャン掛けしていた。

そこへデッキに落ちていた使い古しのウルトラバイブスピードクローが目に付いた。

Basslog20180802a UVスピードクローを縫い刺しにして、再びUVチャンクをチョン掛けにした。

想像していたよりフォールスピードは落ちなかったけど、UVテールにはスピードが必要なので、狙いとは違ったけどいい感じになった。

なかなかのアピール力と、UVならではのメリハリ力が更にパワーアップ。

| | コメント (0)

2018年8月 1日 (水)

ペグ止め

テキサスリグに用いるバレットシンカーがズレないように止めるペグ止め。

今はウキ止めゴムを使用するのが一般的だ。

このペグ止めをする時としない時がある。

自分はしない方が好きだけど、したものを必要とする場面のが多い。

Basslog20180801a 普段はツアラーV-spec唯一のテキサスロッドであるTVC-70Hを2セット用意し、1本にはペグ止め有り、もう1本にはなしの2セットを用意することが多い。

しない場合は極力シンカーの穴の径が大きいものをチョイスして、シンカーとワームがフォール時に離れやすいようにしている。

ワームは水中での抵抗があるものや浮力あるものがよい。

シンカーはバレットシンカーと言っても、微妙に違う形のものが多々存在する。

効果はそんなに変わらない気はするけど、実際に使用した使用感はかなり違ってくる。

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ