« JB桧原湖Series最終戦 | トップページ | KVD1.5 Craw colors »

2018年9月24日 (月)

2018 Championship

Basslog20180924d 2018 TOYOTA AOY ChampionshipはJames Elamが1位をキープし制した。

毎年のことながら、チャンピオンシップのウイナーは影が薄くなってしまうね。。。

Basslog20180924aBasslog20180924b_2 そしてAOYはJustin Lucasがエリート5年目にして遂にトップに立った。

兄弟がメチャ似ているね。

どちらかというと無難な成績でボチボチのところにいつも付けていたJustin Lucasだが、一昨年のポトマックリバー戦の優勝からは、かなり低迷していた。

昨年のエリート戦の成績は特に酷かった。

今年はケンタッキーで外したくらいで、またボチボチのところでクリアしてきて、後半戦は上位で全てクリアした。

チャンピオンシップの吠え方を観ていると、かなり精神的なプレッシャーはあったはず。

昨年のBP同様にこれからの時代のスター選手となるだろう。

Justin Lucas来年はBPTに行ってしまうしまうのかな…?

Basslog20180924c_2ROY はJake WhitakerがBradley Royに今回のチャンピオンシップは負けたものの、年間順位は1位をキープした。

|

« JB桧原湖Series最終戦 | トップページ | KVD1.5 Craw colors »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JB桧原湖Series最終戦 | トップページ | KVD1.5 Craw colors »