« 小森カップ・プラクティス | トップページ | バズ+トレーラー »

2018年11月21日 (水)

2018KOMORIカップ・本番

本番は下流域から中流域をメインエリアとした。

朝一に最も狙っていた場所へ向かうと、先行者がおり入れず、近くの場所から入った。

すると、最初に狙っていた場所に入っていた人が釣っているし…

そのまま釣りをしていると、足元の水深7mラインにフィーディングしているような映像が映ったので、レッグワームを落とすとすぐに喰ってきた。

久し振りに2.5lbという極細ラインであったのでちょっとドキドキ感があったけど、新しくしたリールのドラグの具合が良く難なくキャッチできた。

600gぐらいであったので、そんなに悪くはなかった。

Basslog20181121a 今回用意したタックルはTVC-65M/HGTVC-70Hが各2本で、これがメインタックルで、それにビッグベイト用にTVC-71MH/HG、それと1本だけソリッドティップのスピニングを用意してレッグワームのDSを結んでおいた。

そんな予備のような1本のスピニングが活躍してくれた。

その後は色々とウロチョロしながら釣り続けたが、バイトはあるけど、フッキングしても重みも掛からなかった。

喰いが浅いのかと思い、少し送り込んだらそのまま放されるし…

最後はまだあまりバスは入っている感じがしなかった開けた場所で、広範囲をテンポよく探ってみた。

しかし、バイトはないままであったので、最後帰着間際にレッグワームを入れて1本追加して終了。

結局最初と最後にレッグワームで釣った2本のみ。。。

出場していた選手達や亀山をホームにしている方々から、今回物凄く聞かれたのが「クランクで釣ったんですか?」

今まで1位、3位、5位となった時は全てクランクで釣っているので、いつの間にか亀山ではそんなイメージになっていたようだ。

それを意識していたわけではないが自分自身もクランクの状況ではなかったにも関わらず、クランクで無理に釣ろうとしていた。

来年こそは…と、昨年も思っていたような気もするけど、今度こそ来年こそは…

|

« 小森カップ・プラクティス | トップページ | バズ+トレーラー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小森カップ・プラクティス | トップページ | バズ+トレーラー »