« 2018年11月 | トップページ

2018年12月13日 (木)

Ballistic Blade

Basslog20181213_1 スピナーベイトといえば、最近グリーンフィッシュタックルから発売されたばかりの‘バリスティックブレード’というスピナーベイトがある。

特にこれといった特徴のあるスピナーベイトではないが、そんなシンプル感がいい感じだ。

全体的にちょっとコンパクト仕様となっていて、極一般的な標準サイズといったところだ。

フックはサイズ4/0で、メッキが施されており滑りが良いので刺さりはよい。

ヘッドはシンプルなバレット形状でコンパクトにまとめられており、キャストもしやすい。

Basslog20181213_3 スカートは若干少なめな量でタイイングされており、後ろからゴム管を入れてフレアさせるといった仕様で、スカートの数の割にはボリュームがある感じに仕上がっている。

これによりバイブレーションがスカート一本一本にしっかりと伝わっている感じで、スカート全てが活躍していて無駄なスカートがない感じだ。

ワイヤーはブリングと同じ0.9㎜ワイヤーを採用している。

0.9㎜という太さが旬なのかな!?

0.8㎜では弱すぎで使い物にならない、1.0㎜だとワイヤーの柔軟性が活かせない…

確かにスピナーベイトに使用されるワイヤーの硬度からすると0.9㎜というのはベストなのかもしれない。

ただブリングのワイヤーの長さだと0.9㎜はちょっと細いので、1.0㎜~0.95㎜ぐらいがベストだと思う。

このバリスティックブレードにはワイヤーが太いHDシリーズがあるので、ブリングにもHDシリーズが欲しいところだ。

Basslog20181213_2 そしてブレードは極普通のブレードが装着されている。

全体的にバランスが非常に取れていて、ありそうでなかった標準的で使いやすいスピナーベイトだ。

| | コメント (0)

2018年12月12日 (水)

BLING

Basslog20181212a スピナーベイトは全く迷うことなくリバートゥーシー社の‘ブリング’。

今年一番ピンときたルアーでもある。

スピナーベイトはバイブらシャフトやデルタフォースといった30年クラスのスピナーベイトが未だに定番として外れない。

これらのスピナーベイトは非常に優秀で、今後も外せないくらい素晴らしい完成度だと感じている。

そこへ久し振りにタックルボックスのスピナーベイトを一気に替えさせるぐらいの勢いを感じさせるのがこのブリング。

既にブリングはちょっと前から販売されていたけど、全く気にも留めていなかった。

そして今年、ダブルウイローが追加発売になったという記事をどこかで観た時に、スピナーベイトで最も気にする部分のことがディテールに記されており、このスピナーベイトが一気に気になった。

そして使ってみたら想像以上に素晴らしかった。

ブリングはメインワイヤーが0.9㎜と、バイブレーションの増幅効果を狙ってか、若干細めの設定となっている。

フックは5/0で1.6㎜軸を平打ちしている頑丈な仕様となっている。

そして何と言ってもこのスピナーベイト最大の特徴はブレード。

スピナーベイトの良さの9割は水噛みの良さで決まるぐらい、着水してからブレードが立ち上がるまでのスピードが大事。

スピードと言ってもコンマ幾つとかの時間なので、1秒以内に立ち上がるスピナーベイトは多々存在する。

その1秒以内でも更に早いものほどよい。

Basslog20181212b このスピナーベイトは自分が勧め始めた夏ぐらいからどんどんフォロワーも増えていて、自分が依頼されただけでもかなりの数を入れた程だ。

先日の荷物にもブリングは幾つか入っていた。

釣具は相変わらずエンドレスに売れるので、釣具屋は儲かるね。

そういえば、在庫切れが続いていたイッシュのフロッグは在庫に余裕が出てきたかな…

| | コメント (0)

2018年12月11日 (火)

DT-Flat

Basslog20181211a シャロークランクはDTフラットに決定。

シャロークランクはここ数年、ストームを含めラパラ系統のものが多い。

このDTフラットもファットやノーマルのDTに並んで、かなり好きなシャロークランクの1つで、使用頻度は高い。

あまりこのDTフラットに関しては触れてこなかったのは、廃番となってしまったのか、TWからも姿を消してしまった。

ということで、しばらく補充するためにこのルアーの話題には触れないようにしていた。

ただ、バルサゆえにラパラによくある当たり外れはある。

フラットサイドだけはなぜかプラスチック製で良いものがないので、仕方ないところ。

結構フラットサイドを必要とする場面って、タイトな攻めを必要とするので、ぶつけて壊したり、浅いのに根掛かって取れなかったりするんだよね。。。

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

ARASHI・トップウォーカー

Basslog20181210a ペンシルベイトは今年も昨年に引き続きストームのアラシ‘トップウォーカー13’。

ペンシルベイトはどんどん大型化してきている。

ストライキングのメガドッグも導入してみたが、至って普通な大型ペンシルといった感じであった。

5inを超える大型クラスになると、色々なものを複合させるのも難しいのかな?

トップウォーカー13は今年も活躍する場面も多く、このクラスではズバ抜けて動き、音、操作性がよい。

今年もこれらの大型ペンシルと、スーパースプークやジャイアントドッグXといった小型のペンシルを使い分けて使っていた。

小型ペンシルはこの2つが定番となっている。

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

Senko 5in

ワームに関しては、ここ数年益々3大メーカーの製品の圧倒的な釣果を再認識している。

ズームのZクロー、UVスピードクロー、トリックワーム、スーパーチャンク、ヤマモトのセンコー、イカ、イモ、バークレイのパワーホグ、クローファッティは使用頻度も高い。

使用頻度が高いというより、これらで全体の9割くらいは占めている。

ということで、ワームに関してはこれらの中から選出されることがこれからも多いだろう。

Basslog20181209a 今年も結局これらの中で幾つか迷ったけど、今年は1年中活躍してくれたことからセンコー5inに決定。

今年は春のライトテキサスに始まり、ポスト期のノーシンカー、夏のネコと、非常によく活躍してくれた。

そしてやはりセンコーはよく釣れると感心してしまう場面が多々あった。

3,4,6インチも使用しているけど、やはり5inが一番使いやすいしよく釣れる。

昨年からマイブームのハーフムーン形状のネイルシンカー1/8oz.を用いたネコリグには5inセンコーは特に合う。

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

グリパントマト

ズームのカラーで大好きなカラー‘トマト’。

この系統のカラーは他メーカーだとあまりなく、あってもちょっと違う場合が多い。

微妙な違いで釣果は大きく変わる。

その辺はある程度釣りを知っている人に言っても通じないぐらいマニアック過ぎるほど複雑だ。

その領域に足を踏み入れてしまった人にとってズームの豊富なカラーラインナップは、歯痒さの痒み止めのように、言葉では言い表せない障壁を取り除いてくれる。

Basslog20181208a そんなズームのカラーで前々から存在は知っていて気になっていた‘グリーンパンプキントマト’。

実際に入手してみたら感動的にいいカラーだった。

白っぽい濁りが入っている時の中層では特に威力を発揮するトマト。

中層で喰ってくる時や着底時に喰ってくるといったイージーな状況下ならよいのだが、着底して少し間を置いてあげるとよい時期に、これのがボトムのマテリアルに馴染んで喰いが良くなりそうだ。

そんなことを踏まえていくと更にこんな状況下で欲しいと思うカラー等、ズームのカラーにはそんなアングラーの想いを組んでくれるカラーがたくさんある。

| | コメント (0)

2018年12月 7日 (金)

ストレートフック

今年はシュリンクチューブと滑り止めライン巻きをしたことでストレートフックの使いやすさが格段に向上した。

元々ストレート派だけど、これによりストレートフックの使用頻度が更に上がった。

ストレートフックは何種類か使っているけど、一番気に入っているものはワイヤー径、硬度、フックポイントの角度と、どれも気に入っている。

Basslog20181207_1 左側はがまかつの310で、右が使っているもの(あまり売ってない)。

日本製のフックなのだが、310よりも強度はあり、それでいて線形も若干太い程度で刺さりは抜群で、何より気に入っているのが角度。

310はペンチでベンド部を挟み、少し曲げるとちょうどよくなる。

この使用しているストレートフックはデフォルトでいい角度になっている。

それにフックポイントの長さも絶妙でワームへのセットもしやすく、完全にフックポイントを埋め込んで使用してもフッキングに問題ないほどだ。

なのでよりカバーの奥へ躊躇せず入れられる。

よく使用するサイズは2/0と3/0で、UVスピードクローには2/0を使用しているけど、310だと3/0がベスト。

あまり細かいこと言ってもマニアック過ぎて理解できる人が少ないと思うので…

Basslog20181207_2 そしてこのズレ防止で、ワームがズレることもない。

更にスネリングできるのでラインの強度は最大限に引き出せる。

‘コンコン’と伝わってくるバイトはオフセットでも掛けられる。

‘コン’で終わるバイトはストレートでないと掛けられない。

なんとなく意味が解る人はストレートフックへの移行をお勧めする。

| | コメント (0)

2018年12月 6日 (木)

Structure Jig

ラバージグはストライキング社の‘デニーブラウワーストラクチャージグ’。

ここ数年ラバージグの使用頻度が増えた。

今年釣った50アップの半数はラバージグでキャッチしている。

Basslog20181206a 現在使っているラバージグは6種類ある。

カバー用はこれかハックアタックのどちらかを使っている。

今年はこれと1oz.フットボールは共に50アップ2連発していて、どちらも活躍してくれた。

どちらかというとストラクチャージグの方が使用頻度が高かったので、こっちに決めた。

Basslog20181207b ポストスポーン期のスーパーチャンクやUVチャンクとの組み合わせは、ラバージグならではの威力を発揮してくれた。

根掛かりしにくく、スタックはするけど外れやすくて使いやすい。

ナローベンドのフックを装備しているところもよい。

| | コメント (0)

2018年12月 5日 (水)

ARASHI・カバーポップ

今年も12月なのでLOYをスタート。

Basslog20181205a 初回はポッパーで、今年は‘アラシ・カバーポップ’。

ポッパーは最近ワンズバグとスーパーポップR の2つがあれば事足りる感じであった。

ワンズバグの方が使用頻度は高かったけど、ちょっと大きなサイズが欲しかった。

そこへサイズ的に非常に使いやすい大きさで登場したのがストームのアラシシリーズ‘カバーポップ’。

名前ゆえにチョコチョコと移動距離少な目で使うことを前提に作られたのだろうと思い、早引きが多い自分は避けていた。

でも今年使ってみたらビックリ。

これ以上のポッパーはないと思えるほど、使いやすく、スローはもちろん、ファーストにも耐えられる。

更にキャストもしやすい。

ポッパーはしばらくこればかりになりそうだ。

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

ピンクドラゴンギル

友人からの頼まれたLC1.5で、ひときわ目を惹くピンクのLCがあった。

Basslog20181204a ‘ピンクドラゴンギル’というカラーだ。

チャートテールと縦縞で微妙にギルらしくなっている。

これくらい奇抜なカラーは好きなんだけど、今まで全く気付かなかった。

クランクベイトやミノーの塗装を頼まれるカラーで意外と多いのがピンク系統のカラーだ。

万能ではないけど確かに突出して効く場面はあるので、色々カラーを廻してくと欲しくなるカラーだ。

| | コメント (0)

2018年12月 3日 (月)

comforTroll D-LUX

エレキを使い始めて30年経つ。

今ではペダルをオフセットすることができるオフセットトイレイが普及したけど、長年段違いで慣れたこともあり、そんなに楽に感じていなかった。

でも、エレキをアルトレックスに交換するのに合わせてオフセットにすることにした。

Basslog20181203aBasslog20181203b 幾つかあるトレイからコンフォートロールD-Luxにしてみた。

色は幾つかあったけど、赤にしようか青にしようか悩んだ結果、赤にしてみた。

船体に赤は全く入っていないんだけど、合うのだろうか…

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

Bourbon Blaze

ズームの新色‘BOURBON BLAZE’。

写真で観た時はなんだかよく分からないカラーだなぁ…と思った。

Basslog20181202a 実物を観てみると、ベースはクリアオレンジ。

よくよく考えてみるとクリアのオレンジってほぼ無いカラーだ。

透ける透けないでカラーも使い分けている人なら、クリアなオレンジって使う場面が思い付くでしょう。

このカラーって意外な盲点だったような気がする。

| | コメント (0)

2018年12月 1日 (土)

KVD Jerkbait

KVDジャークベイトに新色が加わった。

今回はホログラムベースのカラーが幾つか加わった。

Basslog20181201a なかなかいい感じのカラーが多く、プロシトラスブルーなんかは色んなものが融合していて、今までにない感じに仕上がっている。

ファントム系のカラーで水に馴染みやすく存在感があり、ホログラムでジャーク時のフラッシングが入り、下からでもくっきりと目立つチャートベリー、リーリング時のコントラストがくっきりするチャート/ブルーのバックカラー。

ここまで複雑なカラーはどんな感じなのだろうか?

予想もつかない感じだから面白そう。

でも、出し処が浮かばずチョイスすることもなく…って可能性も(笑)

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ