« Elite 1st. Day3 | トップページ | St.Johns River »

2019年2月11日 (月)

Rick Clunn Won

Power-Pole Bassmaster Elite at St. Johns River最終日は予想を超える面白い展開となった。

Chris Johnstonが1発目から5パウンダーをキャッチし、その20分後くらいにClifford Pirchが7パウンダーをキャッチした。

この時点で10時ぐらいだったので、ここからこの2人の争いになるのかと思った。

Clifford Pirchのホッパープロッパーでの1発目は痺れたね。

それにあの釣りをしている最中の気の使い方には驚いた。

Basslog20190211a しかし、試合はベテラン達が本領発揮といった感じで追い詰め始めていた。

スタート時点でかなり差が開いていたJohn Crewsも良いサイズを入れ始め、最終的には31lb.1oz.のビッグバッグでウエイン。

Mark Menendezもどんどんウエイトを伸ばし25lb.15oz.をウエインし、Chris Johnstonとかなりの僅差まで追い詰めた。

Basslog20190211b そしてそれ以上の追い上げをしたのがリッククランであった。

12時30分頃に1本目の9パウンダーを入れ、更に2時過ぎに2本目の9パウンダーを入れた。

トータルウエイトを34lb.14oz.の今大会最高ウエイトを出して逆転優勝をした。

Basslog20190211c 先日、前回のSt.ジョーンズ戦は5年前と記したけど、リッククランで思い出したけど、前回のリッククランの優勝はSt.ジョーンズだったね。。。

あれが2016年で、あの時69歳だったんで、72歳での優勝だね。

またしても記録更新。

そして思ったのだが、このまま来年のクラシックに出て、優勝したら、KVDも戻らずにはいられなくならないかなぁ…

選手としては既に魅力はなくなりつつあるリッククランだが、戦略は経験と場数を踏んでいて、それらをしっかりとものにしているところが素晴らしい。

やはり伝説の名にふさわしい人物だ。

次世代にしっかりと継承して欲しい。

|

« Elite 1st. Day3 | トップページ | St.Johns River »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Elite 1st. Day3 | トップページ | St.Johns River »