« ダイグルーバー300 | トップページ | SNIPER FINESSE WEEDLESS »

2019年12月21日 (土)

小森カップ2019

先日亀山ダムで開催された恒例の小森カップ。

今年は未だに台風の影響による濁りが残ったままで当日を迎えた。

プラクティスに行った感じからは、濁りの影響なのか、何が原因なのかはよく分からなかったけど、とにかくバスのバイトが弱かった。

弱いうえにバス自体の動きもスローなので、フッキングしても途中で抜けてしまったりするので、ライトリグで丁寧に攻めて細いフックでスイープに掛けるしかないのかなぁ…といった感じであった。

Basslog20191221c クランクベイトはシャロー、ミディアム、ディープと3種用意し、テキサスリグを2タックル、ライトリグはカットテールのネコリグ、レッグワームDSを用意した。

クランクベイトはシャローからウイワート、シリーズ4、ハイパークランクを主に使用した。

Basslog20191221d ウイワートはTVS-65ML/HGが登場してから出番が増えたクランクベイトだ。

ウイグルワートは非常に有名で未だに現行品だが、ウイワートは既に廃番となってしまっている。

どちらかというと、ウイグルワートよりこちらの方が唯一無二な感じで代用品がなく外せない。

テキサスリグはTVC-70Hを2セット用意し、パワーホグとクローファッティを主に使用した。

結局プラクティスではカットテールのネコリグをいつものカラー#031とパワーホグのテキサスでキャッチした。

Basslog20191221b ネコリグはネイルシンカーをハーフムーンの1/16oz.を初めて使用してみたが、やはり完全にインサートしてしまうものよりも感度は明らかに良い。

ソリッドティップのロッドでもチューブラー並みにボトムの感触が得られる。

試合当日は結局クランクベイトとテキサス中心に攻め続けた。

冷たい雨であったが雨が降っていたので、ガンガンに強気で攻め続け、たまにライトリグも投入するといった感じで釣っていった。

Basslog20191221a 結局4インチパワーホグのテキサスを口いっぱいに頬張ってきた295g1本のみ。。。

あまりの大きさにフッキングした瞬間バスは飛んできた…

|

« ダイグルーバー300 | トップページ | SNIPER FINESSE WEEDLESS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダイグルーバー300 | トップページ | SNIPER FINESSE WEEDLESS »