« 2020年7月 | トップページ

2020年8月 9日 (日)

ボンベ交換

先日釣りに行く準備をしている時にタックルボックスの上にライフジャケットを置いておいた。

準備を進めていると、タックルボックス上からライフジャケットが床に落ちた。

Basslog20200809-1 床に落ちた瞬間、なぜか暴発。。。

仕方ないのでボンベを交換しようと思ったけど、ボンベ交換は初めてであった。

合うボンベを探すのが大変という話は聞いたことがあった。

色々とネットで調べていくと、まずこのライフジャケットが自動手動膨張の両用という事を知った。

それから色々と調べ、ようやく交換用ボンベを特定できた。

Basslog20200809-2 やっと判った…と思い、膨張したライフジャケットを片付けようとしたら、ボンベの下に交換用ボンベの事が記載されている部分が…

一応オーダーしたものと合っていたので、よかったけどね。

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

ラウンドリップ⁉

Basslog20200808a 昨日のフック交換をしていてふと思ったのが、LCのリップが替わった?

替わるわけがない(笑)

スクエアリップであるLCのリップが削れ、いつの間にかラウンドリップになっていた。

使っている時は全く気になっていなかったけど、比較してみるとかなり違う。

こうなると動きにも影響は出そうだ。

でもどのLCもRCもRTOもしばらく使用したものはラウンドになっている。

それでも釣れる。

カバーの回避能力もそんなに変わらない気がするけど、きっと微妙に回避能力は落ちているだろうね。。。

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

フック交換

LCのフックがやや鈍くなっていたので交換した。

Basslog20200807a 更にTXイエローバスとブルーチャートタイガーをタックルボックスに追加するためにこれらもフックを交換した。

ジャンプライズ×がまかつのトレブル#3に今回は交換した。

いつもは#4を使用しているが、#3にした。

#4と#3では0.2gの重さの差があるが、LCは#3にしても浮き姿勢もアクションも変わることはないので今回は若干大きくした。

いつもはマスタッドのトリプルグリップ#2を基準にしている。

このジャンプライズのフックは軸が非常に太くて変形しにくくてよい。

軸の太さの割にバーブは小さめということもあってフッキングは非常に楽である。

トリプルグリップとほぼ同じ感覚で使用できる。

トリプルグリップとの微妙なフックポイントの違い等を検証中。

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

Skirtless Buzzbaits

Basslog20200806a クロックオーゲイターベイトの新作‘スカートレスバズベイト’。

めっちゃシンプルでありながら、しっかりと要点は捉えている。

ヘッドにペラが当たるクラッカータイプのバズベイトで、なかなか絶妙な接点になっている。

ヘッドはかなり薄いフラット形状となっていて、全体的には非常にコンパクトに仕上げられている。

ワームキーパーが上下2本あることからも、スキッピングを想定しているのは間違えないだろう。

ワイヤーは1.1mmと、バズなので1.2mmにしたかったところを、あえてヘッドとペラの干渉でスタックしにくくするために若干柔軟性を持たせるために0.1mm細いものを採用したような気がする。

今までであれば1.0mmを採用していたところだろうが、最近は0.1mm単位でワイヤ径をチョイスするのが普通となってきた。

そしてこのコンパクトボディでありながらフックはウルトラポイントの6/0が標準装備と、自分好みの大きなフックが装着されている。

アイはクローズドアイで、非常に繊細に細かく曲げて作られていて、ちょっとした凹凸でゴミを拾ってしまうワイヤベイトだが、極限までトラブルを回避できるクローズドアイといった感じだ。

そんな感じで、非常にシンプルでありながら、非常に良いバズベイトだ。

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

Flashy Swimmer

スイムベイト用のフックはスクリューロック式を使っている。

これにスピナーが装着されたモデルがある。

夏はこれでただ巻きすることが多い。

これにブレードが付いていたら、アピール力も増して良さそうだ。

Basslog20200805a ということで、いくつかあるブレード付きのヘッドからオーナーのフラッシースイマーを選んだ。

以前に一度だけ使用したことがあるが、それはバランスが悪く全くダメであった。

そんなこともあってこのタイプの使用が遠ざかっていた。

このフラッシースイマーは動画で観たところ、バランスも良さそうだ。

今年の夏はこれにスイングインパクトファットを装着して巻いてみようと思う。

| | コメント (0)

2020年8月 4日 (火)

DUO

ちょっと前に知ったスピンベイトのDUOというメーカーの製品を色々と試している。

Basslog20200804a 幾つか良いものもあった。

独創的なものもあったりして、なかなか面白いものを作っている。

スピンベイトは人気がるのか…?、興味津々の人が多いのか…?

初めて掲載した際のアクセス数には驚いた。

使っている人や、周囲に持っている人は見たことないので、様子をうかがっているのかな?

自分が知らないだけなのかもしれないが、良いと思うものはあまり売っていないので、人気があるのかな?

色々と謎なメーカーだ。

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

Banging

濁りが入るとよくやるクランクベイトの引き方にバンギングという方法がある。

これを知ったのは高校生の頃なので、かれこれ30年この釣り方は使っている。

このバンギングでは高速でリールを巻き続けるので、そのスピードに耐えられるクランクベイトでないと速度に耐えられず水面を飛び出してします。

昔はウォブリング主体のものでグリグリと引いて岩に当ててはイレギュラーな動きを出させていた。

最近ではクランクベイトが優秀になったこともあり、バンギングさせなくてもイレギュラーな軌道のルアーが多々ある。

先日もそんなバンギングが有効な状況であったので、LCをバンギングさせて巻いていた。

Basslog20200803a 2日間でデルタクレイジークローがボロボロとなってしまった。

2日間と言っても、それだけ投げていたわけではないので、実質は半日程度。

それでもこんなに塗装が傷んでしまった。

ただ巻きでもよく釣れるLCだが、バンギングさせると新たな可能性を感じる。

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

O-ring Tool

ワッキー掛けには欠かせないものとなったOリング。

通常のOリングだとフックを掛ける方向は縦刺しとなる。

でも状況によっては横刺ししたい場合がある。

リングのゴム自体に横刺ししてフックの方向を変えても良いが、ちょっと刺しにくい。

今まではワッキーサドルというものがあったが、ワッキーサドルはワームを2ヶ所で支える感じになる。

これだと、昔使われていたシュリンクチューブの様にワームの接点が大きくて、バイト率はかなり下がってしまう。

これが嫌でシュリンクチューブは使わなかったが、Oリングにしてそれが解消された。

Basslog20200802a_20200731073201 そんなOリングでも横刺しが簡単にできるようにOリングに横刺し用のポッチが付いたOリングがマスタッドから発売された。

これメチャクチャ気になていたけど、発売してからしばらくは欠品続きで、ようやく入手できるようになった。

ワームの形状によっては横刺しが圧倒的に良いものもあるし、状況によっては横刺ししか掛けられない時もある。

なので、これも今後の必需品だね。

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

Sniper Finesse

ガード付きチョン掛けフックはあまり良いものがなく、自作したりしている。

ガードの硬さがしっくりとくる物はなかなかない。

ゲーリーの鬼っ子とか、がまかつのガード付きに、一部の番手でよいものもあったが、その全てが小さめの物で、大きめのフックになると良いものはなかった。

Basslog20200801a_20200731073201 そして最近気に入っているスナイパーフィネスのガード付きは結構完璧な仕上がりだ。

最近は小さくても#2ぐらいを使うことが殆どで、それまではVMCのネコフックを愛用していた。

ネコフックもスネリングするとガードの付け根をギュッと押さえつけられて、ガードの硬さが良い感じになるのだが、ちょっときついカバーには弱かった。

スナイパーフィネスのガードは硬さが絶妙にいい感じで、スナッグレス性能もよく、フッキング性能も非常によい。

ネコフック同様の、日本で言うところのヒネリが入っているオフセット仕様が良いのか、非常に掛かりは良い。

日本でよく用いられているフックポイントが内向きのオフセットフックというのは、バスがしっかりとワームを咥え込んでいる状態でのフックセットが条件となる。

このフックもカバーに撃ち込むときは、しっかりとバスがバイトしていることをロッドで感知してからのフッキングとなる。

つまり、同様にバスがしっかりとバイトしている状態からのフッキングとなる。

何が言いたいか解るかなぁ…

更に突っ込んだ話は裏サイトで…

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ