« Arashi Square Bill | トップページ | IK-500R2 »

2020年12月 9日 (水)

DUOトレブルフック

今年はDUO製品を色々と使ってみた。

トレブルフックにはスプロートベンドを採用している。

このフックは一般的なスプロートよりも内向きになっており、掛かりが非常に良い。

更にコーティング仕様となっているので、非常に軽い力でベンド部分の懐まで刺さる。

コーティング仕様のフックでラウンドベンドだとバレやすいけど、これはゲイブまで刺さりやすいのでバレにくい。

コーティングフックも場面によって善し悪しがあるが、ここのフックは適材適所となっていてよい。

Basslog20201209a 純正トレブルのスペアもあるようで、ソルトウォーター用は更にいい感じだ。

がまかつジャンプライズのトレブル同様に、ソルトウォーター用なのでしっかりとした太軸である。

どちらも太軸でありながら刺さりも抜群に良い。

これらはシャロ―クランクには特に適している。

岩やコンクリートに当てながら引いてくると、フックポイントも痛みやすいが、太軸の方がポイントが痛みにくい。

それにポイントが潰れていても、軸がしっかりしていれば、フッキングの強さでカバーできる。

細いとワイヤーが伸びてしまい力が分散してしまい掛かりにくいし、ポイントは潰れやすいし、修正も効かない。

太軸の方が何かと良い。

|

« Arashi Square Bill | トップページ | IK-500R2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Arashi Square Bill | トップページ | IK-500R2 »