« Shad Rap | トップページ | 配線 »

2021年1月 6日 (水)

コルクスクリュー

ダーティジグズのスタンダップフィネスヘッドを先日使おうとした。

すると、アイにラインが通らなかった。

Basslog20210106-1_20210107121701 昔では当たり前のようにあった、ヘッドをドブ漬けで塗装する時にアイが埋まってしまっていた。

ペンチで塗料を剥がしてラインを通した。

次にワームを装着しようとしたら、スクリューにも塗料が浸かって太くなってしまっていたからか、寒くてうまく挿せなかったのか分らないけど、ワームがセットできなかった。

そして思ったのが、コルクスクリュータイプのシェイキーヘッドは、スキッピング時はワームがズレたりしなくて使いやすいけど、冬はバイトも弱いので、外れにくさが逆にフッキングを悪くする…

Basslog20210106-2_20210107121701 ということで、スクリューをペンチで伸ばし、先端をレの字に曲げた。

これなら手が悴んでいても挿しやすいし、フッキング時にヘッド側が外れてフッキングもしっかりと決まる。

|

« Shad Rap | トップページ | 配線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Shad Rap | トップページ | 配線 »