« ラッキークラフト | トップページ | キムワイプ »

2021年2月 6日 (土)

スイングヘッド

Basslog20210206-1 先日使ったスイングヘッドを観たら、意外とヘッドの塗装が剥げていなかった。

結構な時間使っていたし、結局根掛かりもしなかったので、最初から最後まで使っていたものだ。

少し削れた箇所はあったものの、ほぼ無傷といった感じであった。

この状態から推測すると、ほぼ岩等に引っ掛かっていないということだろう。

確かにあまり根掛かりした覚えはない。

攻めていたのは岩の起伏が激しいようなハードボトムばかりであった。

Basslog20210206-2 でも裏返してみると、下側はかなり剥げていた。

その剥げ方をよく観てみると、何かに引っ掛かって剥がれたのではなく、叩きつけられて剥げたような跡であった。

更に観ていて気付いたのが、オフセットフックのベリー部が結構削れていた。

ヘッドはフォールしてボトムに付くときに付いた傷が重なって塗装が剥げたのだろう。

フックはリフト時に擦れたのだろう。

これを観て、改めてスイングヘッドって今までのジグヘッドとは違うと実感した。

 

|

« ラッキークラフト | トップページ | キムワイプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラッキークラフト | トップページ | キムワイプ »