« 2021年3月 | トップページ

2021年4月16日 (金)

Ballistic HD

春の低水温期に蛍光赤ブレードが効くという定説は徐々に実証できつつある。

自分でけでなく、他の人からの情報も色々と加味すると、効くのは間違えないようだ。

スピナーベイトは自分も多用しているブリングのレモネードツイストを使用している人が多いようなのだが、これだと1/2oz.しかないという問題がある。

日本の湖は透明度が高いので、この低水温期に上がってきているとしても3mぐらいという事も多い。

そうなると1/2oz.だとちょっとレンジが深い。

狙うレンジまで沈めてレンジと平行に引いてきてしまえばいいんじゃん…と、雑誌等に書いてありそうな最もそうな答えを言いたいところだが、最近はみんなのレベルが上がりそんな適当な答えでは納得いかなくなってきている。

そんな答えが間違っていると気付く人が増えてきているのはうれしいことだ。

深いレンジでもしっかりと正しい方法で引く必要があるという事だ。

そうなると重いスピナーベイトが必要となる。

とりあえず、3/4oz.ぐらいがあればかなりの範囲をカバーできる。

Basslog20210416a 自分は3/4oz.のスピナーベイトはグリーンフィッシュのバリスティックHDを使用している。

ブレードはリバー2シー社のインディアナに替えている。

バリスティックにはノーマルとHDの2種類がある。

HDはノーマルを強化したもので、ヘッドは同様のバレット型で、アイがクローズドアイになっていて、ワイヤは1.0mmとなっている。

ノーマルは0.9mmと、最近のマジョリティとなっている。

ブリングも0.9mmだが、何度も言っているように0.9mmは細い。

1.0mmは欲しいところなのでHDがちょうどよい。

因みにこのバリスティックも日本ではダメとされている立ち泳ぎをする。

深いレンジになるとフックポイントのベクトルというのは物凄く重要となる。

ロングディスタンスで、更に深いレンジでスピナーベイトを使えるようになると、情報に振り回されずスピナーベイトの形状の善し悪しを判断できるようになる。

| | コメント (0)

2021年4月15日 (木)

定番

桜も散り、ここのところ暖かな陽気が続いていたので、かなり湖は春めいてきていると、釣行前は思っていた。

しかし、先週の寒の戻りや日曜日の雨で、少し足踏みといった感じになっていたようだ。

表水温は朝のうちはまだ9℃台で、日中高いところで14℃、平均で12℃ぐらいであった。

Basslog20210415a 春は既にバスのいるレンジは浅いことが多いので、急激な状況変化には過敏となっている。

水温も変わればpHも変動するので魚の活動には大きな影響を及ぼす。

春はあからさまに午後ぐらいになると釣れるようになることがよくあるが、これはその辺の影響を肯定している事象と言えるだろう。

先日は春のPhase3ぐらいを推測して行ったのだが、Phase2といった感じであった。

そんな感じであったので比較的スローな展開が余儀なくされた。

Phase3ぐらいになるとソフトベイトでも釣りやすくなるので、あまりアブレることはなくなるが、2ぐらいの段階では春とはいえ結構0と隣り合わせだ。

Basslog20210415b 今回は定番のDTとLCの2つに助けられた。

こんな状況下ではPhase1の段階でのスピナーベイトに引き続きTVC-65M/HGの本領発揮といった感じであった。

ルアーのバイブレーションがフッと消えグンと掛かる。

何度味わってもこの感覚はたまらなくいい。

| | コメント (0)

2021年4月14日 (水)

Pro Buzz Ver.2

ダーティジグのスコットカンタベリーデザインのプロバズにバージョン2が加わった。

Basslog20210414a バージョン2と言っても特に以前と変わった点はなく、ウエイトが新たに3/8,1/2oz.が加わった。

このバズはビッグバイトベイツのツアートードが1つ標準で付いている。

価格はこれで600円程度と非常に安い。

トードバズ本来の使い方としてはこのプロバズが一番スキッピングしやすく使いやすい。

ただ今までは1/4oz.しかなかったので、もう少しウエイトのあるものが欲しいという痒い所に手が届いた感じだ。

トードバズも色々と使用してみたが、ノーマルに使用するのであればウォーイーグルのトードバズが万能である。

スキッピングを考慮するとインサートタイプが圧倒的に使いやすい。

なので、トードバズとしてはこのカンタベリープロバズが使いやすい。

豊英のようにスキッピングで入れまくる釣りが主体になる湖には欠かせない。

| | コメント (0)

2021年4月13日 (火)

透過青

先日話題に出したスモール用のハードルアーで、ワカサギのいる湖で良く釣れるカラーがある。

昔から言い続けている紫のパールが入っているものやブルーパールは、ワカサギを意識しているバスを狙うなら絶対条件と言えるだろう。

これらが入っていないカラーでも釣れるものが幾つかある。

Basslog20210413-1 その中で、マーゲイとパニッシュにある2つのカラーは中層で誘う時に反応が非常に良い。

明らかに上記のパールが入っていないと、特に春のワカサギが産卵を終えた頃は釣れる確率が1/10ぐらいにまで下がる。

でもこの2つのカラーは遜色ないぐらい釣れる時がある。

マーゲイ、パニッシュともに中層で誘って浮かして釣る場面では圧倒的にこの2つのカラーが釣れる。

Basslog20210413-2 この2つのカラーは透かすと透明な青色をしているという不思議なカラーだ。

共通しているところから判断すると、それが効くのか…?

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

ワンノッカー

最近のリップレスクランクといえばシミ―フォールするものが当たり前になった。

これによりただ巻きでなくリフト&フォールでの使用がリップレスの標準となった。

リフト&フォールに慣れてくると、フォールスピードによって自分に合ったものや不向きなものがあることが判る。

Basslog20210412a 色々と使った結果、ブーヤーのワンノッカーが自分には使いやすい。

使いやすいものはみんな同じのようで、自分が気に入って使っているアラシバイブ、レッドアイシャッドも人気がある。

ワンノッカーのレイバンレッドやレッドアイシャッドのサムレイバンレッドなんかは人気で、この時期には絶対に買えない。

忘れずに夏ごろに購入しておくのがベスト。

| | コメント (0)

2021年4月11日 (日)

Weighted Wacky Head

Basslog20210411a ジグヘッドワッキーを使う際に愛用しているバークレイのウエイテッドワッキーヘッド。

これは非常に気に入っている。

リセスドアイを知ってから、リセスドアイのスナッグレス性能というのは使えば使うほど驚く。

このヘッドもそんなリセスドアイが活かされているヘッドの1つだ。

メッチャ気に入ったので、ストックもしてあるのだが、なくならないからストックを出す必要がない。

ジグヘッドワッキーは結構一ヶ所でジクジクと動かすので、根掛かる率は高め。

でもこのヘッドは全然引っ掛からない。

フッキング性能は抜群だし、フックはしっかりとしていて強い。

ベイトタックルやPEラインで使用しても大丈夫な程だ。

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

スモール用ハードルアー・2

昨日のジャークベイトとは違って、今日はただ巻くだけのルアー。

ジャークやトゥイッチといったロッドワークを用いた釣りは、ハードが苦手な人には難しい。

という事で、今日はただ巻くだけでも釣れるものにしてみた。

更に巻くだけでも釣れない人って、ちょっとリーリングスピードが早い傾向にある。

なので早めに引いても釣れるものを3つ。

Basslog20210410a ダブルクラッチ、フォクシーフライ、ビーフリーズの3つ。

これらはラージにも高速巻きで効くルアー達である。

高速で巻いていると、どんなルアーでも大差ないような気がしてしまうが、釣果は段違いに差が出る。

どのルアーもスピニングタックルを使って高速で巻くのがいい。

つまりベイトタックルでは出せないスピードで巻いてしまうと効果的だ。

トゥルーチューンをしっかりとやっておかないと全然釣れないので、時間を掛けてしっかりと調整することが大事。

スモールはトラウトっぽい性質があるので、餌っぽいもので食性に訴える釣りが有効な時が多々ある。

餌っぽい日本のルアーはスモール向きの物が多い。

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

スモール用ハードルアー・1

ハードルアーで釣りたい…というのはよく聞くことであり、尋ねられることでもある。

ルアーの特徴を理解し、適材適所で出せれば釣れるのだが、なかなかキャストにまで至らないという人も多いようだ。

春はラージ、スモール共にハードルアーの方が出番が多い。

圧倒的にハードの方が有効である場面が多いので、ハードをチョイスすることが多い。

スモールマウスはラージよりも釣りやすいので、春のスモールに有効なハードルアーを幾つか紹介。

1つはジャークベイト。

Basslog20210409a_20210407005101 ジャークベイトはアイスクリームスプーンビル、DDパニッシュ65、マーゲイの3つがお勧め。

春はとにかく激しくジャークすればするほどよく釣れることがある。

ラージと明らかに違うのは、ジャークした時にきれいに左右へダートするものよりも、彼方此方へイレギュラーに動くものに反応が良い。

DDパニッシュ65は定番中の定番であり、初心者にはワームで釣るよりもよほど簡単に釣ることができる。

マーゲイはジャーク時に重心移動の球が上方向へ行くと、スカッと不規則な動きをする。

この動きを出すようにジャークするのだが、規則的に断続ジャークしていても定期的にスカッと抜ける感じで不規則に逸れてくれる。

アイスクリームスプーンビルは3~4mぐらいの深いレンジで有効。

早春はこのくらいのレンジに多いので活躍してくれることが多い。

このルアーはトゥルーチューンが難しいように、微妙なセッティングなので、ジャークすると不規則に動いてくれる。

スモールには特にこの3つはよく効く。

| | コメント (0)

2021年4月 8日 (木)

DT6

昨日のラパラのDTシリーズの中でも、この時期最も出番が多いのはDT6。

Basslog20210408a 1.8mダイバーのバルサ製クランクベイトだ。

春は特に今まで多くの思い出に残るバスを仕留めてきてくれた。

バルサ製だからなのか、春は圧倒的にABS製クランクベイトを上回る釣果を何度も経験している。

水温が8℃以下の低水温期は、ナーバスなバスも多いからか、ノンラトルの物が効くことが多い。

使っているとそう感じる人が多いのか、この時期になるとDTのラトル排除の質問が来る。

何度か記しているような気はするけど、自分が探しても見付からなかった(笑)

Basslog20210408b DTシリーズは中にABS製のフレームが入っており、その中にラトルルームがある。

丸した部分に入っているので、ルーターか何か細いもので穴を開けてエポキシを注入すればOK。

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

DT

昨日に続きバルサ製ルアーの話題。

バルサ製のルアーで最も多用しているのがラパラのDTシリーズ。

とにかく春はこれがなくてはならないぐらいの必需品となっている。

春は水深がジャストで合わないと釣れない時もあるので、春は潜行深度を物凄く気にする。

Basslog20210407a ラパラだと春はDTファット3、DTフラット3、DT4、SR7、DT6、DTフラット7、DT10といったものを使い分けている。

DTシリーズだけでも他にDTサグやシャッドラップには1㎝刻みでラインナップがあり、かなり選択肢がある。

更にOG6も加わった。

DTシリーズはバルサ製なのに1,000円を切る価格も凄い。

ハンドメイドのバルサ製クランクベイトなんかよりは劣る部分もあるけど、無難に良く釣れる。

36年前に初めてバスを釣ったのもラパラのバルサ製クランクベイトのファットラップだった。

今年の春もまだまだ活躍してくれそうだ。

| | コメント (0)

2021年4月 6日 (火)

バルサ製

今ぐらいの時期は、立上りの良いルアーは特に反応が良いと感じる場面が多い。

水温が10℃を超えると、ショアに向かってキャストし、巻き始めてすぐにバイトしてくることも多くなる。

トップウォーターでも出たのでは?と思うくらいすぐに喰ってくることも多い。

でもまだこの時期はトップよりも潜るルアーの方が有効な場面は多い。

Basslog20210406a そんな状況下ではバルサ製のクランクベイトは特によく効くと感じる。

ABS製のルアーでも立上りの良いものも多々発売されているが、長い時間使っているとやはりバルサ製には敵わないと感じる場面がこの時期だ。

着水してから動き出すまでの、ほんの一瞬で見切るバスもいるということだろう。

特に水面付近に意識が高いこの時期はバルサ製は必要だ。

| | コメント (0)

2021年4月 5日 (月)

フラッシースイマー赤ブレード

蛍光の赤ブレードを装着したフラッシースイマーを使ってみた。

Basslog20210405a ワームはジャバロンネオ135を装着した。

泳がせた感じは、ネオだけあって非常にゆっくりと引いてもボディはクネクネとよく動き、同時にブレードもしっかりと回転していた。

ゆっくりと引いてしまうとブレードが回転しないので、少し早く引くことになりそうな気がしたが、そんなことはなかった。

ジャバロンネオ単体で使うよりも、むしろこれで使う方がよさそうだ。

水温が8度台の時に使ったので、時期的にもちょうどよいぐらいのスローなケイデンスで引けた。

そしてバスが2度出たのだが、フッキングには至らなかった。

目で見えたのでフッキングはしっかりと口に咥えた時に合わせたのだが、やはりこの時期のバスは顎に力が入っておらず、口から抜けてしまった。

冬ならではの、バイトがったのにワームに歯形が付いていなかった。

水温が10℃を越えれば問題なさそうだ。

でも、今回は低水温時の赤ブレードの効果を検証するのが目的であったので、フッキング向上を考慮して再度出直し…

| | コメント (0)

2021年4月 4日 (日)

キパワプロップ

先週、長尾家へ線香をあげに行ってきた。

その帰りにボートを少し弄ろうと思っていたけど、渋滞が酷くあまり時間が無くなってしまった。

結局1時間程だけ弄って掃除して終了。

Basslog20210404a 今回はキパワのプロップを装着してきた。

プロップを交換するのはボルト外してプロップを入れ替えてボルト締めるだけ。

バスボートは徐々に準備を進めている。

| | コメント (0)

2021年4月 3日 (土)

トランサムセイバー

Basslog20210403a トランサムセイバーのネジがかなり錆びていたので、交換することにした。

ネジを外してみると、かなり錆びていたのはもちろんのこと、穴が結構広がっていた。

長い距離をトレーラーでボートを牽引している人は経験している人も多いと思うが、このトランサムセイバーはたまにどこかで落としてしまうことがある。

これはこの穴の広がりによる遊びの増加が原因なのかな?

それにこのネジはなぜステンレス製ではないのかはなぞ。

本体はアルミなので、ネジがステンレスなら錆びることもないのにね。

| | コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

ジャバージョウのリップ

ジャバージョウのリップはどのくらいの角度動くのか?

と、尋ねられることがある。

Basslog20210402-1 Basslog20210402-2 どのくらいかな?と、自分でもよく解らないので、右と左に振った状態で写真を撮ってみた。

想像していたよりは可動角度は狭いかな…

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

立ち泳ぎ

スピナーベイトは引いてくると、アッパーアームがほぼ引く方向を向く。

水平にスピナーベイトを引けば、アッパーアームはほぼ水平になる。

アッパーアームとフックのベクトルは並行ではないものが殆どなので、フックのベクトルはほぼ上に向くこととなる。

Basslog20210401a スカートも進行方向を向くので、アッパーアームと平行となる。

スピナーベイトは通常、アッパーアームとスカートが平行になり、フックは斜め上向きでスカートの下からベント部が飛び出た状態で泳いでくることとなる。

これを‘立ち泳ぎ’と呼ぶそうだ。

この立ち泳ぎするスピナーベイトはあまり釣れないと、世間一般では言われているそうだ。

自分が多用しているブリングも立ち泳ぎするので、あまり釣れない部類なんだね(笑)

それよりもフックポイントが向いている方向や、ある程度負荷が掛かってアームが伸びた時点でのフックポイントの方向といったものの方が大事だと思う。

日本の場合は‘ルアー=疑似餌’の風潮が一般的なので、スカートからハミ出たフックがビジュアル的に違和感を感じるのだろう。

疑似餌釣りも面白いけど、ルアー釣りはもっと面白いのにね。

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ