« トップウォーカー | トップページ | ヘビキャロ »

2021年6月18日 (金)

Cover Pop

ストームのアラシシリーズは結構優秀なルアーが多い。

昨日のクランクを始め昨日のトップウォーカー13、アラシバイブ、カバーポップ、ウエイクといったものは非常に気に入っている。

Basslog20210618b カバーポップはポッパーの中でも最近は一番気に入っている。

これを知ってからは絶対的に信頼していたワンズバグやスーパーポップR等も全く使わなくなってしまったほどだ。

自分の使い方に非常に合っているのもあるが、多用する使い方以外でもこのカバーポップは優秀で、最近ポッパーを使う時は100%これをチョイスしている。

大きさは一般的なポッパーよりも若干大きく、ウエイトは1/2oz.ある。

フックも#2が標準装備されており、ポッパーとしては異例な大きさが備えられておりフッキングもしっかりと決まる。

シルエットは頭でっかちで、テールが非常に細く絞られたテーパーデザインとなったアイスのコーンのようなデザインで、さほど他のポッパーよりも大きいとは感じない。

この形状でテール側にメインウエイトがあるので、非常にキャストしやすく精度も上がるし、飛距離も他の物よりも圧倒的に出る。

それでこの形状ゆえに水面にテール側からスッと入り込むように着水するので、非常に着水音は小さい。

ペンシルベイト並みのドッグウォークも容易に熟せる。

Basslog20210618a それでいて移動距離は短い。

ポッパーの特徴でもあるマウスカップは非常に深堀されているけど、下側は浅めとなっていて、アイの位置は上気味。

慣れるとチャガーとして使用することも可能だ。

アラシシリーズの多くに採用されているテール側のキールみたいな溝みたいなものは、カバーポップにはバックに設けられている。

斜めに浮くのでテール側は水中に入るので、上方向へテール側は動くことから上側で水を掻くということだ。

カヴァーポップはNAZ-62MLとPEラインの組み合わせで使用すると、更に全ての機能が向上する。

|

« トップウォーカー | トップページ | ヘビキャロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トップウォーカー | トップページ | ヘビキャロ »