« EASE BLUE | トップページ | スカートレスバズ »

2021年7月25日 (日)

スローバズ

「春はイナバズで良く釣れていたのですが、GW開けぐらいからあまり釣れなくなったのですが、なぜですか?」

ちょっと前にこんな相談を受けた。

その人の通っている湖の場所から推測すると、おそらくバスがスポーニングに入ってから釣れなくなったのだろうと思った。

バズの引きスピードを遅くしてもバズ自体の最低限界スピードというものがあるので、そうなるとバズを替えるかバズを弄るしか手はない。

自分も行っている簡単にできるチューニング方法は、ブレードをデルタオフセットタイプに交換するという方法だ。

Basslog20210725-2 既存のブレードを外し、デルタブレードに入れ替えるだけなので、ペンチ1つでチューンできる。

デルタブレードは1/2oz.用のものを使用している。

替えブレードまで在庫しているショップはなかなかないので、ネットで探すとよい。

Basslog20210725-1 自分はここここで買っている。

これに替えて使用すると、かなりゆっくりと引くことができるようになる。

そして数投でかなり大きなスクイーズ音が出るようになる。

更にトレーラーを装着すればもっとゆっくりと引ける。

こんな話題を出しておきながら、今の時期はノーマルのブレードが効果を発揮することが多いので、2種類持って状況に応じて使い分けることをお勧めする。

|

« EASE BLUE | トップページ | スカートレスバズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« EASE BLUE | トップページ | スカートレスバズ »