« Cover Pop | トップページ | Bling »

2021年12月 5日 (日)

Giant Dog-X

【Pencil Bait】

Basslog20211205a_20211206072101 ペンシルベイトはジャイアントドッグXに決定。

今年も春の早い段階でペンシルベイトでキャッチすることができた。

その時に使っていたのがジャイアントドッグXで、そのままシーズン中も使用頻度が高かった。

やはりこのルアーは高速引きが最もこのルアーの独創的な威力を発揮する。

一般的なスローにドッグウォークさせるのであれば、他にもっと釣れるペンシルベイトが幾つかある。

食性に訴えかけて釣るのであればレッドペッパー、威嚇や好奇心で誘って釣るのならトップウォーカーやスーパースプークがいい。

とにかく速く引けば引くほどこのルアーは効果がある。

ただこの高速で引くにしても、ラインテンションを緩めて引いてこないと、全く釣れない。

全く同じルアーを使って並んで釣っていても、片や入食い、片やノーバイトなんてことも普通に起こるほど、結構シビアだ。

入食い状態を目にしたら、日本人的な考えで言ったら、「別に何でもいいんじゃん…」「何でも入れれば喰う」と捉えるだろう。

でも傍から観て同じように水面をチャチャチャチャッ…と走るルアーでも、バスはしっかりと動きを見極めている。

この動きを簡単に出せるのがNAZ-62MLにPEラインの組み合わせだ。

あとは、時期毎に少し変化を付けると更にバイト率は変る。

ポストの時期はポーズを長めに入れるとか、夏のスモールは速度変化を与えるとか…

春や秋なんかはその辺のバスの習性を理解してうまく利用するのとしないのでは大きく釣果に差が出る。

何度も言うようにルアーは魚釣るための道具である。

リアルなルアーを観て「これまんま餌だ」とか言う人いるけど、その言葉が出る時点でルアーは疑似餌としか捉えてないということ。

そういう人には「だったら餌で釣ればいいじゃん」と言う。

ルアーは餌以上に効率よく釣るための道具。

指で回すより回すのに効率の悪いドライバー使う?

|

« Cover Pop | トップページ | Bling »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Cover Pop | トップページ | Bling »