2019年7月 9日 (火)

BUZZ

バズベイトも最近は再び反応が良くなってきた。

アフタースポーンの時期になると、若干釣れなくなるけど、再び反応が良くなるこの時期。

ポストの時期は追いきれないだけなので、釣れないことはない。

でも、今からの時期に使った方が有効な場面も多く、使いやすい。

Basslog20190710a なんだかんだ言っても、やはりスイッチバズが一番釣れる。

自分の周囲もこれしか使わない人も多々いるのだが、未だにブレードがうまく回らない…といったメールをもらうことがある。

慣れている人なら簡単な調整だが、慣れていない人には調整は難しいようだ。。。

㎜単位程度の微妙な調整なので、自分で曲げていながら、曲がったかどうか分らないぐらいの調整である。

手で曲げて、曲がったと感じたら、おそらくそれは曲げ過ぎ。

ベストな調整を施して使えば、これ以上に釣れるバズはないし、調整次第で様々な状況に対応できる。

そしてTVC-65M/HGで使えば更に快適なバズの世界を堪能できる。

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

Buzz Toad

最近入手したトードバズの1つWar Eagleの‘バズトード’。

Basslog20190521a これはウォーイーグルらしく作りはきれいだ。

ブレードは黒と思いきやニッケルブラック鍍金と、メッキに拘るウォーイーグルらしいカラーリングだ。

ただこのバズ、ブレードが回らなかった。。。

調整をして回るようになった。

ワイヤー径とホールの径がほぼ同じなくらい、結構シビアなセッティングで組まれている。

キュルキュルと泣き始めるまでも時間が掛からなそうだ。

先日のダーティジグのカンタベリーのバズとは違い、ヘッドはインサートしないタイプであった。

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

Scott Canterbury Pro Buzz

Winyah Bay戦でScott Canterburyが使用していた、自身のトードバズであるダーティジグのカンタベリプロバズ。

トードバズはアメリカでは流行っているので、自分でトードを装着して使ったことはある。

でもそんなに良さを感じたことはない。

キャスタビリティの向上という面から、アキュラシー性の向上も図れるという点はある。

ただ、これらであれば、通常のバズにトレーラーを装着したりしても得られる効果である。

実際に入手して試してみようと思い幾つか購入してみた。

Basslog20190510a その1つがこのカンタベリープロバズ。

ヘッドは意外にも単純な作りで、結構強引にインサートする必要がある。

これを観ると、これなら普通のヘッドを強引にインサートしてしまえば専用の必要はない感じだ。

このままタックルボックスに入れて1年間使っていれば、新たな可能性も見えてくるのかな?

 

| | コメント (2)

2019年4月 9日 (火)

バズin

いよいよバズベイトにも出やすい時期になった。

Basslog20190409a このスポーニング前の時期はまだ早いと思われがちだが意外とよく釣れる。

どちらかと言えばポストの時期の方がむしろバズベイトでは釣りにくい。

引くのはロースピードが基本となるけど、バスの動きがスローなのでそれに合わせて遅くするのではない。

バスがルアーを追いきれないからではない。

だって春の本気喰いって、物凄い勢いでしょ。

| | コメント (0)

2019年3月 1日 (金)

クラッカーバズ

Basslog20190301a サントンのバズを改造し、クラッカーバズを作ってみた。

元々クラッカー式のバズなのだが、前回のネジを用いたカスタネット式もなかなかいい感じであったけど、素材の違うクラッカーを自分で作ってみた。

硬質のアルミやブラス、コパー、ステンレス等、色々あるけど、ブラスがいい感じであった。

そしてブレードは標準よりも一回り大きくした。

これで大きくて、キャストしやすくて、丈夫なバズの完成。

なんだかんだでバズの釣れ始めは毎年4月になっちゃうけど、今年はこのサイズ感とサウンドなら3月から行けそうな気がする。

| | コメント (0)

2019年1月18日 (金)

チューン

サントンのバズを改造してみた。

Basslog20190118a_1 まずペラを既存のものよりも1回り大きくし、オフセット仕様に替えた。

クラッカーとペラの接触部分は点で接触するようにネジを埋め込み、ネジの頭がペラと干渉するようにした。

アルミ同士の接触音よりも、これの方がちょっと響くようになる。

ついでにベンド部もイナバズ仕様にベンドさせた。

Basslog20190118a_2 そしてフックにはトレーラーキーパーとなるPEラインを巻き付けた。

トレーラーを装着することも多いので、これはバズベイトには絶対に外せないチューニングになっている。

Basslog20190118a_3 簡単なチューニングだけど、これだけでノーマルより格段に性能が向上する。

| | コメント (0)

2019年1月 5日 (土)

クラッカー

クラッカー式のバズベイトは非常に効果的な場面がある。

その特徴でもあるオーソドックスなクラッカーは、音を発し、更にスタビライザーにもなるという素晴らしいものである。

最近は自作していたけど、フレームを作るのも面倒なので、既存のものを分解して組み替えて使ったりしていた。

既存のものでクラッカー仕様に向いていると思えるものはなかった。

Basslog20190105_1 そして、秋にたまたまTWで3ドル台で特価販売されていたサントンのクラッカーバズ。

何気なく購入してみたら、想像以上の完成度に驚いた。

通常価格でも4ドル台なので、日本円で500円程度だ。

まずワイヤーが1.3㎜と太いので頑丈。

デルタのシングルブレードには太いワイヤーの方がスカートまでしっかりと振動が伝わりやすいのと、何より壊れにくいので、太いものが合っている。

Basslog20190105_2 フックはマスタッド製の5/0で、軸は16㎜のメッキコート仕様。

大きく軸もしっかりとしていてシャンクも長くて使いやすく、メッキコーティングを施されているので、滑りが良く刺さりは抜群に良い。

ヘッドはバレット形状を若干サイドからプレスした感じのシンプル形状で、オールマイティに使用できる。

スカートはサイズと質感が合っており、そのまま使用できる。

欠点は製品毎にアイ以外のベンド部が違っているところで、たまにクラッカーとブレードが干渉していないものもある(笑)

弄るベースとして使用するには非常によい。

| | コメント (0)

2018年11月22日 (木)

バズ+トレーラー

今年はバズベイトにトレーラーを付けることが多かった。

トレーラーを付けるのは、

  • スローに引きたい時
  • 飛距離を出したい時
  • 乗りが悪い時

Basslog20181122a PEラインでのトレーラーキーパーを付けるようになって、トレーラーのズレも軽減され、着けるのにストレスがなくなった。

スキッピングさせてもズレない程しっかりとホールドしてくれる。

色々と使っていて判ったのだが、PEラインでなくてもタコ糸やガイドを撒くスレッド等、どんな糸でも抵抗になれば大丈夫ということ。

スロープを登る時に鉄板のスロープではツルツル滑ってしまうけど、何かしら抵抗になるものがあれば滑り止めになるように、フックのツルツルした表面を隠せれば何でも大丈夫ということだ。

Basslog20181122bトレーラー自体はズームのスプリットテールトレーラーを装着することが多かった。

これを装着するとキャストしやすくなるので、アキュラシー性も増す。

このトレーラーをチャターに付けたものも好きで、よく使っている。

このようなスキニーなワームをチャターに装着すると、チャター自体がメチャクチャ激しくイレギュラーに動く。

チャターはポストの時期はバルキーなスイムベイト等を付けるけど、それ以外の時期はこのような細身のものを付けて激しく動かすのが好きだ。

| | コメント (0)

2018年10月24日 (水)

BuzZ

今はバズが非常に有効な時期である。

11月中旬ぐらいまでは普通に使えるけど、それ以降は日を選ぶようになってしまう。

ということで、今年のバズシーズンも残り僅かだ。

Basslog20181024a 今年もイナバズでたくさん釣っているけど、バズらしくバズがドハマりした日はまだない。

残り数週間でドハマりの日に当たるかな?

| | コメント (0)

2018年6月13日 (水)

ポスト×バズ

以前にも記したが、ポストの時期に使えるバズベイトを色々と試している。

ほぼ完成している一番気に入っているものは、かなりスローに引くことができる。

ポスト期は通常バズは適していないので、使わないことが多いけど、バズのメリットを活かしたい場面がたまにある。

スナッグレス性と手返しの良さという部分が活用したい部分。

Basslog20180613a ここ数年でポスト期にかなりの数のバスをバズで仕留めた結果から、色々なものが見えてきた。

まず決定的に普段と違うのは、ポスト期はバスが水面を割って出る音がしない。

通常バズをキャストしてバイトしてくるまでの時間は着水からリール3回転ぐらいの間が95%ぐらい。

ポスト期は5回転ぐらいに延びる。

目で観ていても、追い方、喰い方共に、非常にスローなのが判る。

ポスト期はスローに引くことが絶対条件であるので、先日のGreg Hackneyのようにトードを装着してスローに引くのも一つの手だね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧