2019年12月28日 (土)

DEBUSSY

昨日のホバリンゾーイのABプロップ仕様はただ巻きでも使用していた。

でも来年からはただ巻きでの使用のためにホバリンゾーイを結ぶことはないだろう。

というのは、ただ巻き用にもっと良いものが登場したからだ。

Basslog20191228a 同じくTHタックルから登場した‘ドビュッシー’はただ巻きに特化したプラグである。

フロントはイナバズ同様にペラ同士が干渉する設定となっていて、リアはPHカスタムルアー社のウエスリープロッピンと同じペラが装備されている。

それでいて発泡ウレタンの浮力を生かしボディはコンパクトに仕上げている。

イナバズ仕様のペラをプラグに装着するとなると結構な浮力が必要である。

更にリアのペラもウエスリープロッピンはバルサ製ゆえに装着できる重いペラである。

前後でそれぞれのサウンドを発し、更にフロントからは金属音、リアからはバイブレーションが加えられる。

超スローでも引けることから、瞬時にこれが効く場面が思い浮かんだのがポストの時期。

プリの時期はバズにも出ていたのに、スポーニング後は出なくなるけど、ペンシルベイトには出るといったポスト期。

超スローに引けるバズならポスト期でもバズで釣るのは可能である。

でもこれにはバズ自体もちょっと特殊な仕様にして、更に扱うのもちょっと難しい。

そんな状況下でもドビュッシーなら止められるので、間違いなく効果的だろう。

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

Wプロップ

Basslog20191227a 先日も話題に出したAプロップ、Bプロップの2枚重ね仕様にしたダブルプロップ。

これが昨日のイナバズの2枚ペラの原点になっている。

とにかくこの金属同士が奏でる音は、効果的なものはとことん効果がある。

AプロップとBプロップの接触音は、通常の水を掻き回すスイッシュ音に、細かいシャリシャリといった感じの心地の良い音が出る。

これは高回転がゆえに出せる細かい音色である。

これもよいし、強めにジャークした時のジュリっといった音は、これもまた他にはない良い音だ。

この音がバスを寄せる効果は絶大で、これを使うようになってから何もない沖にキャストするようにもなったほどだ。

これを効果的に出せるのはAプロップのリアを2枚にしたもの。

Basslog20191227b それを更に効果が出るようにできたのが、ホバリンゾーイのペラをABプロップ仕様にしたものだ。

ホバリンゾーイはチョンとアクション付けるとボディが平打つので、スイッシュ音プラス平打ちの存在感が出る。

これにこのABプロップの2枚重ねは、狭いスポットでもペタンと平打ち、ジュリっと金属音交じりのスイッシュ音が出せる。

これの効果の証として、今までこれでキャッチしたバスは全て着水後のワンアクションで喰ってきている。

その間の移動距離は10㎝ぐらい。

ただ巻きでの使用もよいけど、この狭地での集魚効果はこのホバリンゾーイABプロップ仕様が圧倒的にある。

| | コメント (0)

2017年11月15日 (水)

補足

Basslog20171110a 先日話題に出したホバリンゾーイのウエイト装着方法を尋ねられた。

ってことは、「まだ持ってないの?」と突っ込みを入れたかったけど…(笑)

付属のスナップが付いたタングステンシンカーをフロント側のフックハンガーに掛けるだけ。

判るように記したつもりだったけど、持っていなければ分からないね。。。

Basslog20171115a これに使用されているシンカーのように、自動ハリス止めになっていないDS用のタングステンシンカーというのも存在するのだが、このような使い道もあるんだね。

| | コメント (0)

2017年11月10日 (金)

ホバリンゾーイ

元々トップウォーター設定のホバリンゾーイ。

このルアーはベリーのフロント側フックハンガーに付属のタングステンウエイトを引っ掛けられる。

これを装着するとスローシンキングになる。

トップでは通常のトップウォーターのようにチョコチョコとアクションを加えたり、バズのようにキャストしてただ巻きしたりして使っている。

ウエイトを付けたら超スローなただ巻きで使用している。

Basslog20171110a 秋のちょっと動きが鈍い時はこれが効くね。

このルアーはウエイトの付け外しだけで、どちらとしても使えるので便利だ。

このサイズで、ギル型でダブルスイッシャーって他にはないのもあってか反応はいい。

水面には出にくくなってきたけど今年はまだまだいけそうだ。

| | コメント (0)

2017年8月24日 (木)

ホバリンゾーイ

スピナービルの発売間もないTHタックルからまたまた物凄いルアーが登場。

スピナービルに関してはどちらかというとまだ入手できていない…という人が多いようなので詳しくはまたそのうち…

Basslog20170824aBasslog20170824c 今回の新製品‘ホバリンゾーイ’は、ネーミングから想像がつくように、ホバリンブライスとゾーイのハイブリッド。

ホバリンブライスはスパイベイトの中では圧倒的にゆっくりと引けることから、圧倒的によく釣れる。

ゾーイは世の中に多々あるギル型ルアーの中でも、圧倒的に人気のあるルアーだ。

ジャンルに違いはあるものの、それぞれの分野で圧倒的威力を発揮している2つのルアー。

それを掛け合わせたというホバリンゾーイ。

Basslog20170824b 早速新ジャンル的な釣り方も発見し、ゾーイシリーズと使い分けをすると、物凄い面白いサーフェスゲームが展開できる。

今回はTVC-65M/HGで使用したが、TVC-71MH/HGのどちらでもちょうど使いやすい。

| | コメント (0)

2014年7月 5日 (土)

INABUZZ・16

イナバズの、ペラが干渉する部分は、プロップベイトの2枚ペラ仕様の影響を受けているという話を何度かしたが、細かい話をすると、プロップベイトとイナバズの間には、もう1つ影響を受けたルアーがあった。

Basslog20140703aそれはへドンの名品ダイイングフラッターだ。

プロップベイトの干渉音の威力を知ったのが、今から10年前。

その当時、色々なルアーをチューニングしてはスイッシャーを2枚重ねにして音を出すようにしていた。

そしてダイイングフラッターをいじった際に、今まで使用していた、プロップベイトに装着されているAプロップやBプロップを使わず、標準装備されているペラをそのまま使用してみた。

すると、プロップベイトとは音が全く違い、カチカチといい感じで、大きなサウンドを放った。

この音をバズにも出せたら、物凄いイイ感じのバズができると考え、取り入れようと、試行錯誤し始めた。

ダイイングフラッターは、バズにこのサウンドを取り入れようと考え始めた、直接的なきっかけとなったルアーなのだ。

失くしてしまったと思っていた当時のダイイングフラッターが、昨日たまたま出てきた。

| | コメント (0)

2013年12月11日 (水)

‘Aプロップシェル’

Basslog20131211aL.O.Y.2013、スイッシャー部門は‘Aプロップシェル’に決定。

スイッシャーと言えば、最近は小さいものを使うことが多かった。

今年は久し振りに、このサイズも多用した。

桧原湖の最終戦では、これでのパターンも組んでいた。

試合中に、オカッパリアングラー達の前で、これに出して、かなり驚かせたのだが、見事にバラシ、恥ずかしい思いをしたのが、一番印象深い(笑)

一回り小さい‘Bプロップシェル’もあるが、このサイズの方が出る数は多い。

| | コメント (0)

2013年4月 5日 (金)

プロップベイト

Basslog20130405aプリスポーン期にはお馴染みとなったプロップベイト

現在のシンキングプロップのジャンルを築くきっかけとなった物凄いルアーだ。

今の時期には非常に有効なのは解っているけど、ワーム以上にスローな釣りになるので、自分は今の時期はたまにしか使ってないけどね(笑)

それよりも、自分は夏から秋が最も使うシーズンだ。

このルアーの使い始めた頃は、プリスポーン期以外ではスモール用といった感じで、ラージには、アピール力がちょっと弱いので、両極端な釣りをする自分には中途半端な存在であった。

でも、このルアーの開発に携わったスミスの谷中さんから教えてもらった、ちょっとした改造を施したころ、このルアーが別物となった。

そして、色々なものをこのルアーから学んだ。

実はバズを作るのにも、ヒントとなるものを与えてくれた。

まだまだ現役だけど、今後消えたとしても、自分の中では伝説ルアーに入ること間違いなし。

| | コメント (2)

2013年2月 3日 (日)

ベビートーピード

ついつい衝動買いしてしまうものがある。

Basslog20130203aそれは‘ベビートーピード’。

最近は殆ど使うことはないので、完全な収集目的で(笑)

初めて釣ったトップウォーターであるのと、バスを始めた頃の思い出がこのルアーには詰まっている。

そんなこともあり、30年ぐらい前のモノを見掛けると、放っておけない。

まぁ、リサイクルショップに行くこともあまりないし、滅多に見掛けることはないんだけどね。

| | コメント (2)

2012年12月26日 (水)

‘Shingo Screw’

Basslog20121226aスイッシャーは‘シンゴスクリュー’に決定。

プロップベイトに始まり、シンキングタイプのスイッシャーは新たなジャンルを築き、今ではどこのメーカーもこのジャンルに参入している。

今ではたくさんあるスイッシャー、どれも同じようだが、個々に色々な特徴がある。

殆どのモノが釣れるには釣れる。

けれど、このタイプで、自分が必要としているのは、ボディがブレずに全く動かないモノ。

ボディがロールしたり、ウイグルするモノの方が、一見釣れそうな気がする。

でもそれって、このジャンルのルアーで求めるものではないと思う。

そんな条件を満たしてくれていることもあり、シンゴスクリューが気に入っている。

Basslog20121226bBasslog20121226c今年もたくさん釣った。

シンゴスクリューにはブレードスクリューなるものも在る。

釣れるけど、これは出しどころがよく解らなかった。

SHINGOさん本人に聞いたところ、今年の9月末の桧原湖で、ブレードスクリューが炸裂したそうだ。

クランクなどと一緒で、秋は少しイレギュラーだったり、アピール力のあるモノが効くってことかな?

来年は別物として捉えて使い分けてみたい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧