2020年10月13日 (火)

ジャックハンマーとジャックハンマー

Basslog20201013a 新しく加わったジャックハンマーのステルスブレード。

ヴィジュアルで何が違うかは前回の記した通り。

実際に使った感じは、やはり既存のジャックハンマーと比較すると、非常にローインパクトである。

小刻みにハイピッチで動くが、金属ブレードの物よりも動きにトルクがない。

日本だとこれのが日本人好みな感じがするけど、どうなのだろうか?

色々と書きたいところだが、今日はこの辺で…

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

スキッピング

リザーバーといえばオーバハングが多い。

リザーバーではオーバーハングの下へルアーを入れないと釣れないことが多い。

先日訪れた豊英ダムなんかはオーバーハングをうまく攻略できないと、釣れるバスの数はかなり減ってしまう。

オーバーハングの中へラバージグやテキサスリグ、ネコリグといったものをピッチングで入れていっても釣ることはできるが、効率はあまりよくない。

なのでスキッピングでオーバーハングに入れて横方向に狙うというのが、一番効率もよく特に秋は効果的だ。

ソフトジャークベイトのノーシンカーなんかは入れやすいしスナッグレス性も優れているので攻めやすい。

それ以外では自分の場合は巻きもので攻めることが多いので、巻物ではチャターを多用している。

Basslog20201012a ソフトスイムベイトなんかも入れやすいし、効率よく探れるので使うが、入れやすさと引っ掛かりにくさからチャターベイトを用いることが多い。

チャター勝負が早いので、これをチョイスすることが多い。

チャターは最近はほぼジャックハンマーばかり使っている。

ジャックハンマーだとかなりスローに探ることもできるので、強弱も付けやすいし、何よりもブレ―デッドジグの中では圧倒的に釣れるので、こればかりになってしまう。

そしてリールをルーズに替えてから、初めて1日の大半をスキッピングでチャターをキャストしていたが、ルーズに替えてかなりスキッピングが容易になった。

かなりブレーキは緩めにセットしているが、バックラッシュはほぼなし。

TVC-71MH/HGとの組み合わせで気持ちよくスキッピングしまくることができた。

そしてチャターにはグラスコンポジットが投げやすいし、バスを掛けやすいし、クランクベイト同様にバイト率はかなり上がる。

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

ステルスブレード

先日話題に出したジャックハンマーのステルスブレード。

これはタフタイム仕様のようだ。

裏の説明を読んだら、そんな感じのことが記されていた。

Basslog20200914a 実際にパッケージから出して観てみると、ブレードのサイズも2周りぐらい小さい。

アイの角度も、大きさもノーマルとは全然違っていた。

細かいところでは、フックがデコイ製のフッ素コーティングされたフックが採用されている。

それとスカートが少し細いものが使われており、本数も30本となっているので、ノーマルよりもかなりボリューム感が抑えられている。

そしてスナップではなくオーバルリングに結ぶ仕様となっている。

パッと見は、プラスチックブレードに替えただけと思ったけど、結構な仕様変更が施されていた。

アメリカでは販売が始まっているが、日本では未発売。

どちらかといえば日本向け仕様といった感じがするので、その内日本でも販売されるでしょう。

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

J.H.Stealth Blade

エバーグリーンのジャックハンマーにプラスチックブレードを装着した‘ステルスブレード’のデリバリーが始まった。

Basslog20200910a_20200910222401 とりあえず幾つか入手してみた。

まだ使ってないけど、ブレーデッドジグとしては圧倒的に良く釣れるジャックハンマーなので、きっと良いだろう。

ブレードが金属からプラスチックに代わると、どんなメリットがあるのだろうか?

ジャックハンマーの良い点の1つにヘッドとブレードの接触がある。

これがプラスチックになると音は鈍く小さいものになるだろう。

これを活かせるような状況下で使うのが良いのかな?

| | コメント (0)

2020年6月29日 (月)

Fire Craw+Tomato

ジャックハンマーの新色ファイアクローに合わせるトレーラーは何色が良いか…?

Basslog20200629a 色々と合わせてみたけど、一番しっくりと来たのがズームのトマト。

最初はオレンジの入ったカラーで合わせようと思い色々と合わせてみたが、なかなか合うものが見付からなかった。

オレンジが入ったカラーは意外とスカートとワームのカラーが微妙な違いがあって、合わない場合が多い。

透けないベタなレッドは濃淡の違いぐらいで、合うものが多い。

オレンジと同様なものではチャートリュースも意外と合わせにくい。

でもよく使っているダーティサンチェス系のカラーはカラーがズレていてもそのまま使っている。

カラーがズレていても全く問題なく釣れるんだけどね。

| | コメント (0)

2020年6月16日 (火)

ジャックハンマーステルスブレード

Basslog20200616a あのジャックハンマーに新作が出るようだ。

ブレードのマテリアルがABS樹脂となって透明感のあるものになるようだ。

プラスチック製のブレードは自重は軽くなるので水の噛みはよくなり動きはよくなる。

ただスピナーベイトのブレード等で過去に使われていたものもあるが、バイブレーションは落ちてしまっていた。

ある程度の自重がないと、支点が中心に近いクランクベイトの様に、見た目はキビキビと良く動いていても水を全然動かしておらず釣れないという事になってしまう。

ジャックハンマーをリリースしたハイトなので、彼がOKしたものだからその辺は大丈夫でしょう。

既存のジャックハンマーでも他のチャターよりも段違いで釣れるのに、ステルスブレードはシャローでの喰いが更によくなりそうだ。

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

チャター製作

タックルを片付けしていると、タックルをいじっている時間が長くなり、時間があると更に普段できないことに手を出し、更に時間をドンドン消費していく。

タックルを片付けしていると、忘れかけていた色々なものが出てくる。

アームが折れてしまったドラゴンスピンのヘッド部だけ出てきたので、これを利用してチャターを作ってみた。

ドラゴンスピンのヘッドマテリアルは、たぶん錫でできている。

錫という事で鉛は不使用という事だが、錫というものを今までに加工したことがない。

融点は確か230℃くらいで鉛よりも低かったと思うけど、硬度もどんなものだか知らない。

ルーターで穴を開けてみると、意外と柔らかく、鉛よりちょっと硬いくらいのイメージであった。

Basslog20200522a ヘッドの表面を磨き、ブレードはZマンのオリジナルを装着し、スカートはレインのファインスカートを装着した。

全てシルバー調のカラーでまとめてみた。

この錫は比重が軽いため、ヘッドは鉛よりもやや大きめとなっている。

これにフルーク系のトレーラーを装着して浅いレンジで使ってみたい。

 

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

ブルーパール

先日、オレンジのスカートを足したジャックハンマーのブレードに少し色を塗った。

裏表の一部に少しだけブルーのパールを吹き付けた。

Basslog20200508-1Basslog20200508-2 先端と両サイドに少しだけブルーパールを塗ることで、ブルーのパールが時折輝く仕様にした。

このグリーンパンプキンとオレンジのカラーがラインナップされている製品上はブルーギルカラーということで、ブルーのパールを吹き付けておいた。

バスがブルーギルを意識している時にブルーの輝きを頼りに探している事がある。

特に房総のリザーバーではこれからの暑い時期に多い。

ブッシュに付いているギルがホバリングしていると、一定の位置を保つために時折鰓を動かす。

その時に、そのブルーギルの名前の由来でもある青い鰓がキラッキラッと輝く。

バスがギルを狙っている時に、そのブルーの輝きに対してバスは敏感になることがある。

そんな状態の時のバスにはブルーパールが入ったカラーがズバ抜けで反応が良い。

そんなこともあるので、ブルーパールを入れてみた。

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

チャターベイトのカラー

チャターのカラーに関しては何度か話題にしたことがある。

未だにこれと言ってしっかりと使い分けることができているのかどうかは…?

ショアに向かってキャストして使う場合はスピナーベイト感覚で、小魚を意識したカラーをベースにチョイスしている。

白っぽいものをベースにチャートやゴールドといったものが入って様なものを好んで使っている。

沈めて使う場合は、ブリーン系統のグリーンパンプキン等のカラーがベースのものを使うことが多い。

Basslog20200429a よく使っているのがダーティサンチェス系のグリーンパンプキンチャート。

これにダーティーサンチェスのディッパーやスイートビーバー、R.I.社以外であればサマークロー系のカラーのトレーラーを装着している。

そして思ったのが、サマークローといえばテキサスリグでもよく使うカラーだ。

そのサマ―クローと並んでよく使うカラーに、グリーンパンプキンにチャートではなくオレンジのバマクローがある。

ということで先日少し触れたニューカラーのブレットブルーギルが欲しいところであったが、なかったので作ってみた。

Basslog20200429b グリーンパンプキンレッドをベースにスカートを半分除去し、2種類のオレンジを各5本の計10本追加した。

3/8oz.だったので、序にいつもの30本仕様にした。

オレンジに少しゴールドのラメ入りスカートにして、艶めかしさを出した。

ブレードは、ブレットギルはゴールドが標準装備されているけど、グリパンレッドはブラックが標準ということで、むしろこちらの方がブレードは理想的だ。

細かいことを言うと、グリーンパンプキンチャートに標準装備されている艶消しグリパンブラックのブレードの方が良かった気がする。

でもブラックに少しブルーパールを入れて、若干艶めかしさを入れるのもいいかなぁ…

そういえば、当たり前だがジャックハンマーはエバーグリーンのHPに記載されている。

しかし、EG社のHPは開きたくないという人がたまにいる。

これは以前のEG社のHPが開くと刀で何か切った時のような効果音が鳴ったので、あれが嫌で未だに開きたくないという人がいる。

今はもう音はしませんので大丈夫です(笑)

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

JackHammer1.2oz.

Basslog20200427-1 ジャックハンマーの3/8oz.を買い足そうとしていて、なんと1.2oz.というサイズが追加発売されていることを知った。

一気に1.2oz.と来たのはズバッと瞬時に気持ちを射止められた。

ヘビーウエイト好きとしてはたまらなくうれしいサイズだ。

これでチャターの守備範囲もかなり広がる。

10mぐらいのディープレンジで使ったり、シャローでクランクの様にボトムコンタクトさせたい時に使ってみたい。

Basslog20200427-2 ブレードは既存のジャックハンマーと全く同じで、ヘッドのサイズだけが違う。

これなら深いレンジにも早く到達させられるので、使いやすそうだ。

そしてカラーも赤オレンジのクローカラーも追加されていた。

他にもバマクロー同様のグリパンオレンジのハイトギル等、いい感じのカラーも追加されている。

装着するトレーラーはZクローのトマトなんかが合いそうだし、ハイトギルなんかはバマクローはどこのメーカーもよくラインナップされているので合わせるトレーラーの選択肢は多い。

これでまたチャターの使える範囲が広がった。

| | コメント (0)