2017年3月19日 (日)

Jack Hammer

B.A.S.S.Eliteシリーズプロで チャターベイトを最も得意としてるのは誰か?と言えば、挙がってくる名前は1人だけでしょう。

マスコミ風に表現するのであれば、‘世界一チャターで稼いでいる男’って感じかな。

先日のオキチョビ戦ULTREXを搭載し、頻繁にキャストをしていたのは、やはりチャターであった。

無風で苦しんだ2日目の失速がなければ…って感じであった。

Basslog20170319aチャターと言えばブレットハイトというぐらい、チャターベイトで最も稼いでいる彼が開発していた、EG社の‘ジャックハンマー’が遂に発売となった。

これを待ち望んでいた人は日米共に多い事でしょう。

先行で発売となっていたゲーリーヤマモトのZAKOも売れ行き好調のみたいで、これもかなり売れると思うので、試合以外でもチャターで稼ぐね(笑)

Basslog20170319b そろそろチャターもよい季節。

チャターは気に入ってかなり多用している人も多いけど、釣れないから使っていないという人も多いようだ。

バスがバイトする基本4原則の1つであある‘食性’を重視している人には不向きなのかな…?

チャターで手っ取り早く釣りたいなら‘TVC-65M/HG’で使うのが一番。

それくらいチャターってロッドが重要だと思う。

当初はジグの波及版と思い、ジグロッドで使っていた自分はたいして釣れなかったけど、使っているうちに「これって巻物だなぁ…」と感じてTVC-65M/HGで使うようになり、チャターの世界観が一気に変わった。

オープンウォーターではTVC-71MH/HGでロングキャストして使用すると、殆どのシチュエーションをこの2本で賄える。

まだまだチャターのカラーとかトレーラーとか定まっていないものが多いので、まだ未知な部分は多いけどね。

P.S. 昨日のジャークベイトに使用ロッドの質問が来たので、使用ロッドに関して追記しました。

| | コメント (0)

2017年3月 8日 (水)

トレーラーキーパー

以前に人気ブログRedpeppersで紹介されていたトレーラーキーパーが凄い!

Basslog20170308a シャンクにPEラインをテキトーに巻いて瞬間接着剤で固定するだけというもの。

この記事を最初に見た時は何とも思わずスルーしたけど、頭の片隅にはこのことが残っていた。

チャターを使う際は、ほぼトレーラーを装着している。

更にオーバーハングの下へスキップして入れ込んだり、フルキャストするので、トレーラーはズレたり、千切れたりしやすい。

ズレは既存のワームキーパーでもある程度は防げたけど、カラー部の突起やワイヤー式の固定するところが1点であることから、ズレ始めが早い。

ズレ始めるとキーパーがあろうと、トレーラーはスカスカになってしまう。

そんな時にゲイブ側にキーパーがあればいいのになぁ…

と思い、ゲイブにシュリンクチューブ付けたりしたけど、意外と持続力がない。

そんなスカスカになることが、このPEキーパーを知ってから起こった時に、‘あれだ!’と思い、実行してみた。

刺さっているところの全体に抵抗が掛かるので、見た目以上に持続力がありズレない。

これは素晴らしい。

| | コメント (0)

2017年2月25日 (土)

Okeechobee day 2

A.R.E. Truck Caps Bassmaster Elite at Lake Okeechobee2日目は、あそこではないところで釣っているTim Hortonが30lb.越えを持ち込み首位に立った。

最近毎日のようにTHO365を観ているけど、試合でのTim Hortonの優勝はもう10年近くないような…

鮮烈なデビューのイメージから、いつの間にかベテランになったしね(笑)

Basslog20170225a 2日目はJesse Tacoronteの勢いが凄かったのと、Brett HiteとBobby Laneのまさかの失速は

でも今回の試合で、Brett Hiteのチャター使いに益々興味津々になった人も多いはず。

KVDがちょっと巻き返して3日目に進めてホッとしているのは置いておいて、3日目はどうなるのでしょう…

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

カスタムチャターベイト

元祖Zmanのオリジナルチャターベイトにはカスタムバージョンがある。

チャターはチャターベイトエリートが好きなので、オリジナルのチャターはあまり使っていなかった。

でも昨年辺りからちょっと気になることがあり、ノーマルのオリジナルも使うようになった。

そんなオリジナルのカスタムバージョンがあるので知っていたけど、大した違いはないし…と、思っていた。

Basslog20170221a でも明るいカラーのチャターベイトを買い足したくて、今回はカスタムチャターベイトにしてみた。

セクシーシャッドはホワイトベースにチャートも入っているので、比較的派手な部類に入るでしょう。

Basslog20170221c カスタムは針金のワームキーパーが付いていて、トレーラーがズレにくくなっている。

それと、プロジェクトZシリーズ同様にマスタッドのファスタッチクリップが標準仕様となっている。

Basslog20170221b スナップだと開いてしまう可能性があるということで、ファスタッチにしたそうだ。

最近、チャターベイトエリートもファスタッチクリップに仕様変更されたそうだ。

そんな細かい点よりも、チャターで最も気になっているのはカラー。

地味なカラーも派手なカラーも釣れるけど、状況毎にどんなカラーが良いのか未だに解らない。

バズやスピナーベイトのスカートカラーは自分の中である程度は状況に応じてチョイスできるけど、チャターに関しては全く解らない。

それと、トレーラーに関しても何が良いのか、まだ手探り状態である。

中層で使う時はジャークベイトやスイムベイト、ボトムで使う時はクローやホグというのが基本だけど、だけどね…

未だにクローやホグを装着したこともない。。。

| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

Project Z weedless

Basslog20160801a ICAST 2016で気になった新製品の1つにZ-MANのプロジェクトZにウイードレスタイプがある。

特に目新しいものではないけど、よく使うプロジェクトZだし、ブラシガードはスナッグレス性やフッキング率等気になる点が幾つかある。

スキッピングでオーバーハングの下等に入れることが多々あるので、結構な勢いでキャストする。

なので、軽いガードではすぐに引っ掛かってしまう。

かといってあまり強いとフッキングに影響が出そうだ。

どうなんだろうか…?

| | コメント (0)

2016年6月28日 (火)

チャター

昨日話題に挙げたBrett Hiteといえば、彼が今EG社と開発しているというチャター(ブレーデッドジグ)が気になる。

Basslog20160628a_2 Cayuga戦ではメインベイトではなかったけど、たまにチャターを取り入れていた。

彼がチャターで稼いだ賞金は間違いなく世界一。

チャターは使い手によって、使い方に結構違いがある。

流行り始めて数年が経過し、ジャンルも確立し、使い方も色々と出てきた。

そろそろスピナーベイトのでいうところのバイブラシャフト的な、永久スタンダードが出てきてもいい頃のような…?

今のところチャターエリートが一番使いやすいかな…

| | コメント (0)

2015年8月 1日 (土)

プロジェクトZ

チャターベイトで最近気に入っているのが、Z-ManのプロジェクトZ

Basslog20150801a元祖チャターといえども、種類が多くなり何が何だか分かりにくくなっている人も多い事でしょう。

でも、以前のように何にでもチャターブレードを装着していた頃よりは、厳選されていて良いものだけが残っている気がする。

ミノーに装着されたものはどうかと思ったけど、日本のメーカーでこれをうまく形にして売っているところもある。

Z-Manのチャターはどれも微妙な違いなのだが、使い方によって使いやすさが変わるので、幾つかをうまく使い分けるとよい。

エリートも気に入っているけど、自分にはこのプロジェクトZが使いやすく、必然的に手が出やすくなっている。

具体的な話をすると長くなるので、その辺はいつかまた…

Basslog20150801bフックはノーマルと同じくマスタッドの5/0が装着されている。

そして最近、プロジェクトZには3/4、1oz.も加わった。

今のところそのサイズの必要性を感じないけど…

これの他にもZ-Manのカスタムチャターベイトも気になる。

| | コメント (0)

2015年6月30日 (火)

CHATTER BAIT

先日、何気なく書いたZ-MANチャターベイトエリート

結構気になっていた人が多いということに気付いた。

何気なく適当に書いたものなのに、反応が多くて世間での気になり具合の多さを知った(笑)

Basslog20150630bエリートはがまかつ5/0フックが装着されていて、見た目はノーマルよりもゴツイ気がしたけど、並べてみるとそんなには変わらなかった。

一番の違いはチャターブレードの装着されているアイの部分。

まずノーマルはフックとアイが一体化している、普通のジグフックが使用されている。

エリートはフックとは別にアイが設けられていて、ループが広く、やや後方気味。

Basslog20150630aそしてアイの部分のヘッド側に、形状の大きな違いがある。

エリートはブレードがヒットしやすい形状になっている。

つまりアイを含め、意図的に干渉しやすくしているということ。

ここがエリートとノーマルの大きな違い。

細かいところではワームキーパーのカラーが伸びたのとか、ありそうでなかったブラックブレードがある。

ノーマルにニッケルブラックはあったけど、ブラックはなかった。

どうでもいいことなんだけど、自分はマジックで塗ったりしていたので、ようやく出たって感じで、妙に好反応してしまった。

| | コメント (0)

2015年6月27日 (土)

C.B.ELITE

ずっと気にはなっていたけど、そのまま持ってもいなかったチャターベイトエリート。

Basslog20150627aオリジナルよりも改良れれていていい感じだ。

単純なところで、ブラックブレードとゴツイフック。

やはりこのヘッド形状が一番いいのかな…と、色々なチャターを使っていると感じる。

まだ使っていないけど、きっとノーマルよりも良いでしょう。

| | コメント (0)

2015年3月26日 (木)

チャターベイトのロッド

チャターベイトに使うロッドはグラスロッドを勧めているけど、グラスを使うメリットはクランク同様にチャターの動きがよくなるし、動きの伝達が大きくなるのと、ラインスラックができる点。

チャターの動きの伝達が大きくなるのとラインスラックができると、同時にカバーに当たった時やバイトに対する感度が上がる。

これがよく判るようにするには、ロッドティップを水面よりも高い位置でチャターをゆっくりと巻いてくると、空中でのラインの踊り具合でラインスラックの量を実感できる。

ジグやワームを使う際に、ラインをずっと張っているよりも、ラインスラックを与えた方がバイトはより多くなるのに似ている。

このグラスロッドでのチャターの使用を一気に広めたのは、昨年のFLWオキチョビ戦エリート・セミノール戦でのブレットハイトの連勝だろう。

それ以来完全にチャターベイトの人って感じになっているブレットハイトだが、これでFLWだけでなくBASSにも存在感を大きくアピールした試合でもあったと思う。

昨年のBASSfestの時のブレットハイトの映像です。

ウイードに掛かってロッドを軽く煽ってからの、リーリング速度の変化に注目して欲しい。

逆にこれをカーボンロッドでやっていたら、ウィードの感知が一瞬遅れるし、ウィードからチャターが抜ける時にウィードから大きく外れてしまう。

実際に自分で使って、この映像を観ると、物凄い色々と重要な部分が隠れているのが判ると思う。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧