2021年12月29日 (水)

Jackhummer

【Bladed Jigs】

Basslog20211229a_20211230043401 ブレ―デッドスイムジグ、通称チャターベイトはジャックハンマーに決定。

チャターはこれしかないでしょというぐらい圧倒的にこれが優れている。

使えば使う程、優れていると実感する。

新たな物も取り入れてはみているけど、特に優位な部分も感じず…ということが多い。

これ以外で使うとしたらオリジナルのカスタムぐらいかな…

結局今年はシャローで使うことが多かったので、シャローとなると勝負が早い、ゆえに立ち上がりのスピードが全てみたいなもの。

この部分はチャターベイトのオリジナルブレードが一番。

ジャックハンマーも最近ではウエイトも色々あり、ブレード違いもあったりするけどどれが良いのか?という質問も受けることがある。

ノーマルの1/2、3/8oz.がベストだと思う。

これらを使っていて、もう少しこうしたいとかが出てきたら、自分の使い道に合いそうなものをチョイスすればよいだろう。

アメリカで速攻で見切られてしまったステルスブレードが、今年は日本でも発売されたようだ。

これも釣れないことはないけど、普通に使うならノーマルの方が用途は広くてよい。

たくさん細分化されているライトリグロッドのように、極端な状況下では必要性を感じることもあるだろう。

つまりよっぽど釣りに行く回数が多い人とかトーナメンターでないと必要性を感じないと思う。

あとタングステンと鉛のどちらが良いのか?

自分は発売当初からノーマルの鉛ばかり使っていたので、鉛が圧倒的に使いやすい。

タングステンでもジャックハンマーに使用されているのはタングステン樹脂なので、そんなに比重は変らない。

コンポジット等のグラスロッドを用いてかなりの頻度でキャストしている人だと、微妙な違いに気付くと思う。

でもカーボンロッドでキャストしていたら気付かないレベルだ。

今のところロストしたこともないので、ノーマルでよいのでは…?

トレーラーはヤマモトのザコを使用することが多いけど、アピール力を上げたい時はスプリットテールを使っている。

チャターは装着するトレーラーの太さでバイブレーションを調整して使い分けている。

以前はブレードの曲げを変えて調整したりまでしていたけど、調整は非常に微妙なので、絶妙なセッティングが現場でパッとできないこともある。

なので最近は曲げずにトレーラーの太さ、長さ、形状等で調整している。

でも結局ザコ、スキニーディッパー、スプリットテールの3つに落ち着いた感じだ。

| | コメント (0)

2021年11月18日 (木)

Big Blade Chatterbait

Zマンの今年の新作であるビッグブレードチャターベイト。

以前にも軽く触れたけど、これが来になっている人というのは多いようだ。

ブレードがどのくらい大きくなったのかというのはもちろんの事、動き等の使い心地はどうなのか?

Basslog20211118-2 ジャックハンマーと比較するとこんな感じで、実際には2周りぐらい大きい。

オリジナルのチャターとジャックハンマーのブレードは全く同じなので、初めて観ると結構大きな印象を受ける。

ただ前回も記したように、今はジャックハンマーで事足りているので、まだ使ってない。

でもよくよく考えると、チャターって小さいものはあまり釣れない。

これは小型の物が非常にセッティングが難しいという点にあるのかもしれないけど、チャターはノーマルサイズが集魚力もありよく釣れる。

これがビッグベイトの様にある程度の大きさゆえの力であるのなら、このビッグブレードも非常に効果的なのではないか?

と、最近思った。

トレーラーは何を装着したらよいのか…

Basslog20211118-1 トレーラーキーパーはオリジナル同様にモールドで成型された鉛のキーパーが上下に各1本ある。

このサイズになるとトレーラーのウエイトもそこそこの物になるので、キーパーはワイヤ式のレ字型キーパーが良いような気はする。

スカートはフレアするようにヘッドに溝が掘られており、ハンドタイイングになったのはオリジナルとは大きな違いかな。

でもこれだけで定価はオリジナルの倍以上というのは、かなりの値上げのような気がする。

フックはマスタッドのヘビーデューティ#6/0が標準装備されている。

このサイズだと、6/0も小さく見え、ワイヤは1.6mmあるのだが、これも細く見えてしまう。

| | コメント (0)

2021年10月12日 (火)

Big Blade Chatterbait

Zマンの新作ビッグブレードチャター。

Basslog20211013a ブライアンスリフトが手掛けたブレードが大きくなったチャターベイトだ。

フックサイズも大きくなっており、マスタッドウルトラポイントの6/0が採用されている。

今年はこのビッグブレイドとサイズダウンしたミニマックスの2種類が追加発売された。

チャターは小さくしても動きは変らないので、コンパクトで非常に釣れそうな感じがする。

しかし、既存のチャターで小型版というのはあまり釣れないものしかない。

小型のチャターでよく釣れるものにするのはかなり設定が難しい。

そんなこともあり小型版は現物を見る前からほぼスルーしてしまっている。

ビッグブレイドの必要性を感じないし、ジャックハンマーで事足りているので、こちらもあまり興味はなかった。

でもこのビッグブレイドのカラーラインナップを観て、フローセントオレンジのブレードが装着されているものを知り、物凄く気になった。

それでそのブレードの装着されている2カラーを入手した。

トレーラーキーパーはモールドで成型されるカラー部にあるトラディショナルな物。

これだと、トレーラーはズレやすい。。。

特にこのサイズとなるとトレーラーも大きくなるのでズレやすさは増すだろう。

| | コメント (0)

2021年7月22日 (木)

ジャッキーハンマー

チャターと言えば最近はEG社のジャックハンマー1択。

これ以外は今のところ不要というぐらい圧倒的に良い。

どんな状況下でも釣れる万能ルアーというのがあったら凄いと思うけど、そんなルアーがもし出来たら選択の楽しみがなくなるなぁ…なんて考えたことがある。

チャターは正しく現時点ではそんな感じになっている。

Basslog20210722a そんなジャックハンマーなので、バッタ物が出回ってもおかしくない…と思ったら、そんなものがあった。

パッケージも非常に似ている。

それに名前が‘ジャッキーハンマー’。。。

ヘッド形状、ブレード、フックサイズ、スカートの質感はほぼ同じ。

トレーラーキーパーがジャックハンマーは2つなのに対し、ジャッキーハンマーは1つ。

それ以外ではフックのクオリティがちょっと低いけど、フックポイントや強度は問題ない感じだ。

そういえばジャックハンマーと言えば、最近日本でもステルスブレードの販売が始まったようだ。

これに関してどうなの?と尋ねられるが、どうなのでしょう?

アメリカでは既にセール品になっていたりするので、自分で使って判断してみましょう。

| | コメント (0)

2021年5月 3日 (月)

チャックハンマー

Basslog20210503a_20210427065901 中国のサイトにどこかで見覚えのあるブレ―デッドジグを発見した。

ヘッド形状、ブレード形状、フックサイズ…全く同じ。

スカートの質感は違っているが、これはこれでアリといった感じで、使いものにならないようなものではない。

若干柔らかいスカートは、人によってはこれの方が好まれるかもしれない。

違っているのはトレーラーキーパーが1本という部分のみ。

恐ろしいね。。。

| | コメント (0)

2021年4月26日 (月)

Clickbait Bladed Jig

Basslog20210426a グーガンスクワッドの新作‘クリックベイトブレ―デッドジグ’。

チャターかと思いきや、スクラウンジャーとチャターのハイブリッドという事で気になったので入手してみた。

スクラウンジャーはあまり必要性を感じないものであったが、独特なドリルのようなロールする動きは良さそうな感じはした。

でも実際のところ、全然釣れなかったので、出しどころが悪いのか、使い方が悪いのか…

チャターの様な動きがプラスされ、更に音が加わったらスクラウンジャーも良さそうな気がする。

ということで新たな世界を期待している。

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

ダブルブレード仕様

Basslog20210321a_20210319181501 先日アップしたW.Bladed Jigの、2枚ブレードの取付方法に関する質問が非常に多い。

気になる人が多いという証だろう。

まずベースとなるチャターのブレードに装着されているスナップを開く。

次にスナップの開閉を受ける側も開く。

その受け側にブレードを通して追加するのだが、向きは既存のものと上下反対に装着する。

あとはスナップを閉じれば完成。

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

一体感

ラバージグに装着するトレーラーはスカートのカラーに合わせてチョイスする。

ラバージグとトレーラーの一体感を出すのが普通である。

地味なカラーが多いラバージグはカラーを合わせるのはそんなに難しくはない。

でも奇抜なカラーになると、意外と合わせるのが難しい。

派手なカラーはメーカー毎に微妙に違うことが多いので、微妙に合わない。

Basslog20210320a ジャックハンマーにバマクローとダーティサンチェスを装着したが、どちらもオレンジとチャートの部分が微妙にカラーが合わない。

どうでもよいのだが、装着するたびに毎回「合わないなぁ…」と思ってしまう。

そんな思いをしている人は他にもいるのだろう。

オールテレインのスカートにはケイテックとズームのカラーに合わせたスカートのシリーズがある。

でも奇抜なカラーはないんだよなぁ…

| | コメント (0)

2021年3月17日 (水)

W. Bladed Jig

Basslog20210317a ABTルアーズの新製品‘Iバイブブレーデッドジグ’が発売された。

なんとこのルアーはチャターブレードが標準で2枚装着されているという、物凄い気になる仕様となっている。

説明文を読むと、ノーマルな1枚ブレードよりも深く潜るとのこと。

そしてスクエアビルの様にカバーをかわし、エラティックアクションを起こすという。

そんな説明文を読むと益々気になる。

Basslog20210317b ということで、待ちきれないので自分で作った。

ジャックハンマーにオリジナルチャターのブレードを装着した。

早くキャストしてみたい。

| | コメント (0)

2021年2月24日 (水)

チャターのトレーラー

チャターのトレーラーに関する話題は何度か出したことがある。

Basslog20210224a トレーラーは装着しなくても釣れるし、スカートを外してトレーラーだけでも釣れる。

トレーラーは何を装着すればよいのか?というのはよく聞かれることの1つだ。

チャターを使いこなせている人からすると、トレーラー何て何でもいいと答えるだろう。

トレーラーを装着するとキャストしやすくなるので、装着した方がいい。

その他にもメリットは幾つかある。

トレーラーを選択する際に肝となる部分はあるけど、そこはあえて触れないでおく。

トレーラーの種類によって全くの別物になるし、ブレードの曲げを変えることでもまた別物となるチャターベイト。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧