2021年10月26日 (火)

WORM310

かれこれ30年使用しているがまかつのワーム310。

最近は使用するフックがほぼストレートフックなので、未だにこのフックの使用率は自分の中では圧倒的にナンバーワン。

これ以外のストレートフックも使用しているけど、これ以上の物はない。

似たような形状のほぼ同じものというのは幾つか存在するけど、強度や、微妙なフックベクトルの角度が違っていたりする。

強度面はしっかりとしたメーカー製のものを使用していれば間違えない。

がまかつ、オーナー、マスタッド、デコイ、VMC辺りが強度はしっかりしているので、強度に不安を抱きながら釣りをするなんてことがなくなる。

各社パンチング用のストレートフックは軸の太いものも出していて、強度も十分出ているものが殆どだが、普通に使用する場合のストレートフックはラインナップ自体少ない。

結局がまかつの310が未だにベスト。

Basslog20211026a 最近はズレ防止にPEラインをシャンクに巻いているけど、ワーム310は元々シャンクにズレ防止のバーブがある。

餌釣り用の針の軸によくあるケンのことだ。

今までこのシャンクにあるバーブはワームの釣りにはほぼ必要がなかった。

でもエラストマーマテリアルの普及によりこのバーブは必要となった。

PE巻きではエラストマー製のワームではちょっとズレ防止性能が弱い。

この小さなバームの方がエラストマー製のワームはしっかりとホールドしてくれる。

エラストマー製のワームでのテキサスリグはズレやすいことからあまり使いたくなかったけど、これだとズレにくくてストレスなく使用できる。

ヘラクローやゴートの登場でテキサスリグで使用するエラストマー製ワームも今後増えるだろう。

そしてまた310が手放せなくなる。

310のシャンクバーブは発売30年経過して初めて日の目を見たのではないかな?

310よりも以前に発売されたがまかつ最初のワームフックで、ナローベンドのワーム36もシャンクにバーブが装着されている。

細身のワームにはワーム36だね。

| | コメント (0)

2021年9月25日 (土)

Jugular Hybrid Offset

昔ながらのオーソドックスなオフセットフックというのは、最近はあまりない。

オフセットフックは使っている時にフックがズレにくいので便利なフックだ。

最近主流になっているフックのベクトルがアイの方向へ向いているタイプのオフセットフックはバスがワームにしっかりとバイトしてくれないと掛からない。

そんなこともありタフな時や低水温期のバイト時に顎に力が入っていないバス等を掛けるのは難しい。

瞬発的にフッキングした時にバスの口から抜けてしまうので、瞬発的にフッキングしてしまいがちな自分にはあまり合わないので、ノーシンカー等の放置しても釣れる食わせ重視の釣りにしか使っていない。

でもこの昔からあるオフセットフックはストレートフック同様に瞬発的なフッキングで掛けられる。

突き詰めていくと、バスがワーム咥えてすぐに吐き出してしまうような、本当のショートバイトでもこのフックならストレート同様に掛けられる。

ただあまり使っていないのは、フックの形状に良いものがないから、結局ストレートフックに手が伸びてしまう。

ベンドはナローベンドでワイドギャップになっていて、クランク部はZクランクがよい。

そんな感じのものはないので、できる限り理想に近いものを探している。

Basslog20210925a そして最近シックスセンスのジャグラーハイブリッドオフセットを取り入れてみた。

最近物凄く必要性を感じているのがスインギングヘッド。

フットボールジグなんかをストンストンとテンポよく落としていくと、スッとジグのウエイトが消える感じのバイトがある。

そんな時にロッドワークを止めてしまうと、次の瞬間バスがジグを吐き出す感触がロッドへ明確に伝わってくる。

この段階でフッキングしても掛からないけど、フッとジグの重みが消えたタイミングでフッキングすると掛かる。

フットボールジグの場合はフックが剥き出しなので、ロッドを少し煽れば初期掛かりはするので、このようなバイトでも簡単にフッキングできる。

この感覚でスインギングヘッドを使っていると、ワームなのでジグよりは放しにくいけど、アタリを確認してしまうと放してしまう時もある。

フットボールの様にストンストンストン…と落としている最中に違和感を感じたらバシッとフッキングしたい。

そうなると内向きではないトラディショナルなオフセットフックがよさそう。

がまかつのスーパーラインスプリングロックにもう少し小さいラインナップがあればそれがベストなんだけどね。

| | コメント (0)

2021年9月 7日 (火)

Straight Hook

Basslog20210907a オーナー製のストレートフックB-31を久し振りに見付けたので買っておいた。

フックポイントがオーナーカットなので、潰れたら没になってしまうオーナーカット。

でもよくよく考えたら、フックは使い捨てにするんで、そんなに長い期間耐久性は必要としないので、オーナーカットでもいいかな…と思った。

テキサスリグを使う時のフックは、ほぼストレートフックを使っている。

色々な事を加味すると、テキサスリグは絶対にストレートフックが合っている。

掛かりが悪いという人が多いけど、それはオフセットと同様に扱っているからで、ちゃんと使い方が分かれば手放せないはず。

対根掛かりを考えても、オフセットとは比較にならないぐらい引っ掛からない。

これだけでもかなりのメリットがある。

今のところストレートフックはがまかつの310が一番気に入っており、使用頻度も圧倒的に多い。

これ以外にも選択肢があると良いのだが、ストレートフック自体あまりラインナップされてない。

テキサスリグになると、かなりややこしいカバーへ入れたりもするので、タックルもしっかりしていないといけない。

そうなるとフックはがまかつやオーナー、マスタッドといったしっかりとしたメーカー製でないと、折れたり曲がったりしてしまう。

これらのメーカーの製品なら躊躇なくフルパワーでフッキングできるので、ストレートフックの選択肢は更に少なくなる。

そんなこともありオーナーを久し振りに取り入れてみた。

| | コメント (0)

2021年7月 3日 (土)

スナイパーフィネス

チョン掛けフックは最近色々な物が発売されているが、その殆どが駄作。

管付きのチョン掛けフックはある程度軸が太いものでないと意味がない。

細軸の物が必要であれば菅なしのものが、ラインとの結節強度とフック自体の軸強度を考慮すると絶対に管なしがよい。

ガード付きのチョン掛けフックになると更に良いものがない。

ガード付きのチョン掛けフックの殆どがガードの役目を果たしていない。

ガード付きはかなりの数の製品を使ってみたが、これだと納得できるものはなかった。

そしてようやくこれが良いと思える製品が数年前にオーナー社から発売された。

Basslog20210703a それがスナイパーパフィネス。

これはガードなしの物が発売された時点で良いと思ったけど、この時点ではVMC社のネコフックの方がスネリングできる点からこちらの方が気に入っていた。

しかしガード付きが発売されてからは完全にスナイパーフィネスに替えた。

埋め込み式のネコフックなんかも多々発売されているが、このガード付きの方が色々な意味で優れている。

ただこのフックはアメリカでしか市販されていない。

そんなこともあってこれのオーダーが友人達からよく入ってくる。

特に最近多くなった。

やはり使えば誰もがこれに落ち着くということだろう。

| | コメント (0)

2021年5月 6日 (木)

スプリングロックスイマー

Basslog20210506a_20210506095601 昨日のオーナー‘フラッシースイマー’と同様のブレード付きウエイテッドフックががまかつからも出た。

ベースのフックは愛用しているスーパーラインスプリングロックということで、これは気に入っているのでこれも使いやすいだろう。

フラッシースイマーと形状も似ているので、そんな点からもこれも気に入ると思う。

ただ、こっちは1パックに1本ということで結構割高。

| | コメント (0)

2021年5月 5日 (水)

フラッシースイマー

Basslog20210505a_20210428071501 ここのところお気に入りのフラッシースイマーにコロラドタイプも追加した。

ゴールドのコロラドブレードが装着されている以外はウイロータイプと全く同じ。

コロラドにすることで若干スローに引けるようになるだろう。

ちょっとウイローでは早いと感じる時があるので、そんな時用にと思っている。

ジャバロンネオなんかはこっちの方が合いそうだ。

| | コメント (0)

2021年4月 5日 (月)

フラッシースイマー赤ブレード

蛍光の赤ブレードを装着したフラッシースイマーを使ってみた。

Basslog20210405a ワームはジャバロンネオ135を装着した。

泳がせた感じは、ネオだけあって非常にゆっくりと引いてもボディはクネクネとよく動き、同時にブレードもしっかりと回転していた。

ゆっくりと引いてしまうとブレードが回転しないので、少し早く引くことになりそうな気がしたが、そんなことはなかった。

ジャバロンネオ単体で使うよりも、むしろこれで使う方がよさそうだ。

水温が8度台の時に使ったので、時期的にもちょうどよいぐらいのスローなケイデンスで引けた。

そしてバスが2度出たのだが、フッキングには至らなかった。

目で見えたのでフッキングはしっかりと口に咥えた時に合わせたのだが、やはりこの時期のバスは顎に力が入っておらず、口から抜けてしまった。

冬ならではの、バイトがったのにワームに歯形が付いていなかった。

水温が10℃を越えれば問題なさそうだ。

でも、今回は低水温時の赤ブレードの効果を検証するのが目的であったので、フッキング向上を考慮して再度出直し…

| | コメント (0)

2021年3月14日 (日)

赤ブレードⅡ

Basslog20210314a スイムジグヘッドに続き、フラッシースイマーのブレードも蛍光赤に替えてみた。

どちらかと言えば、こっちのが春には合っている。

ワームの消耗を考えるとジグヘッドだけど、スナッグレス性能や姿勢を考慮するとウエイテッドフックだね。

| | コメント (0)

2021年2月28日 (日)

Sniper Finesse

ネコリグで使うフックというのは色々発売されている。

最近日本ではヘビーカバー対応のフックも多々発売されている。

色々と使ってみたけど、これだと思える決定的に良いものというのはないと思っていた。

でもネコリグ自体の使用範囲が広くなったこともあり、様々なシチュエーションに合わせたフックの使い分けが必要になったということだ。

Basslog20210228a_20210228215501 色々と試した結果、トータルで考えると今のところオーナーのスナイパーフィネスが一番使いやすい。

ここのところ使用するワームは大型化してきているので、センコー5インチが標準になりつつある。

センコー5インチだとVMCのネコフックがベストと思い、しばらく多用していた。

その後、色々なメーカーからシャンクの長いタイプが発売されたが、ネコフックを超えるものはなかった。

そしてオーナー社から発売されたスナイパーフィネスはネコフックを超えた。

ネコフック同様のオフセット仕様は抜群に掛かりが良い。

そしてスナイパーフィネスのガードは理想的な弾性と硬さだ。

色々な面から観るとスナイパーフィネスが今のところネコには最適だね。

| | コメント (0)

2021年2月21日 (日)

LO#3×3

LOフックが売っていないという話をよく聞く。

どこの地域も陳列したらすぐに売れてしまうようで、なかなか入手できないようだ。

でも販売していない地域というのも存在するようで、そんな地域の人からは「あったら買っといて」と言われる。

そんなこともあり見付けたら買うようにしている。

しかし、LOフックがあっても#3は欠品の場合が多い。

そんな#3がみんな欲しいところのようだ。

つまりレッグワームを使う際に使用する時のために欲しいようだ。

通販で買えば…と思うけど、以前にも触れたように、同年代になるとスマホやPCを観るのも億劫な人が多くなりつつあり、頼まれる。

Basslog20210221a みんな欲しがる数が多いので、見付けると全部買うようにしているのだが、自分が見付けると、ほぼ毎回3パック。。。

先日たまたま出掛けた先にあった釣具店でも、またしても3パック。

なぜか3パックのみが続くので、もしかしてまとめ買い防止のために3パックしか陳列してないのでは?なんて勘繰ってしまう。

#3だけに3?

そんなことはないだろうけど、いつも3パック。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧