2021年1月16日 (土)

Swing Head Jig

Basslog20210116-3 新たに追加したビッグバイトベイツのスイングヘッドジグ

このスイングヘッドはがまかつのスーパーラインEWGオフセットが標準装備されている。

このスーパーラインEWGオフセットは日本の316と同じ。

このヘッドに装着されているフックは#6/0。

あまり大きいフックサイズを好まない自分には、このサイズだと合わせるワームが非常に少ない。

Basslog20210116-1 スイングヘッドの元祖であるジンラルーのビッフルバグを装着してみると、ちょうどピッタリではあったけど、自分が普段チョイスするサイズよりはかなり大きめ。

ということで、フックを交換することにした。

フックはオフセットで、フックポイントがアイの方向へ向いていないもので、ワイヤーが伸びないような強いもの。

このような物を探した。

フックの強度面からがまかつ製かオーナー製に絞り、色々と探してみた。

Basslog20210116-2 すると、オーナーの岩礁カウンターロックというオフセットフックがちょうど理想に近かった。

クランク部が一般的なオフセットよりもアイから離れているので、アイをしっかりと露出できることから自由度が増す。

フックを付け替えて実際に使ってみたが、50アップもキャッチでき、強度も問題なかった。

これはなかなか良いと思ったのだが、オーナーのHPを観てみると、もっと良さそうなものを見付けた。

岩礁メガトンロックという超ヘビーワイヤー仕様のフックがあった。

このフックはフックポイントがオーナーカットのようだ。

オーナーカットは不人気の風潮が強いが、ワイヤーベイトのフック等に使用すると、フックポイントが潰れた際に復元できないので不人気であって、掛かりは全く問題ない。

オフセットフックの様に、しっかりとバスが咥え込んでからフッキングする釣りにはむしろオーナーカットが合っている。

| | コメント (0)

2020年12月19日 (土)

スイングヘッド

ビッフルバグに装着するハードヘッドが登場し、フットボール型ジョイントジグヘッドが流行り、今ではこのヘッドもスイングヘッドとして定番のジグヘッドとなった。

本来の使用方法である巻いて使う使い方も良いのだが、このヘッドはリフト&フォールさせることでキャストしてでもバーチカルに近い動きを出せる。

通常のジグヘッドよりも移動距離が少なくして使えるという使い方ができる。

その動きというのは今時期の寒い時期には非常に有効である。

先日、今年最後になると思う釣行時も、このスイングヘッドに助けられた。

Basslog20201219a 前回はマスタッドのファスタッチフットボールにエンジンのCOフックを組み合わせて使用した。

このスイングヘッドを初めて使ったのは7〜8年前で、その時は自分で鉛を流して自作した。

そして巻いて使ってみたが、それよりもパワーホグを付けてロッドでチョンとリフトさせた後のフォール時の移動距離の少なさに驚いたのを覚えている。

初めて使用した利根川では数本のバスはキャッチしたが、そんなに威力は感じなかった。

そして今年の秋にこれだけ物凄い反応が良い時があり、前回の釣行で出してこれは良いと確信できた。

まだまだ色々と調整していかない行けない部分はあるが、これは非常に有効な感じなので、今年の冬はかなり期待している。

| | コメント (0)

2020年12月 9日 (水)

DUOトレブルフック

今年はDUO製品を色々と使ってみた。

トレブルフックにはスプロートベンドを採用している。

このフックは一般的なスプロートよりも内向きになっており、掛かりが非常に良い。

更にコーティング仕様となっているので、非常に軽い力でベンド部分の懐まで刺さる。

コーティング仕様のフックでラウンドベンドだとバレやすいけど、これはゲイブまで刺さりやすいのでバレにくい。

コーティングフックも場面によって善し悪しがあるが、ここのフックは適材適所となっていてよい。

Basslog20201209a 純正トレブルのスペアもあるようで、ソルトウォーター用は更にいい感じだ。

がまかつジャンプライズのトレブル同様に、ソルトウォーター用なのでしっかりとした太軸である。

どちらも太軸でありながら刺さりも抜群に良い。

これらはシャロ―クランクには特に適している。

岩やコンクリートに当てながら引いてくると、フックポイントも痛みやすいが、太軸の方がポイントが痛みにくい。

それにポイントが潰れていても、軸がしっかりしていれば、フッキングの強さでカバーできる。

細いとワイヤーが伸びてしまい力が分散してしまい掛かりにくいし、ポイントは潰れやすいし、修正も効かない。

太軸の方が何かと良い。

| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

マグナムクランク

ちょうどこの時期は大型のルアーが活躍する。

数年前から取り入れている大型のクランクベイトは特にこの時期は強い。

9月ぐらいからは横方向に引ける巻物が圧倒的に反応がよくなり、更に中層でバスを寄せる力のあるものは特に良い。

秋は単純にルアーのサイズを大きくするだけでも釣れることが多い。

今までクランクベイトの中層で誘う力のあるなしは、秋にボトムコンタクトさせないで使っているとよく判った。

それが、マグナムクランクの登場により、これで全て足りてしまうといった感じになった。

Basslog20201103a MCハマーの90、105、KVD4.0、8.0、この辺をレンジ等に合わせて使い分けている。

この大型のクランクベイトでまだ克服できていないのが、バラシの多さ。

太刀魚用のフックを導入してから掛かりはよくなったが、バラシ率は5割ぐらいと、かなり高いのが現状だ。

大型のミノー同様にアイからフックまでの距離があるのが問題なのだろう。

クランクベイトはミノーと比較するとフックが大きいので外れやすいのだろう。

よくプラグで釣っていて、「やべぇ、フック一本しか掛かってねぇ…」と大騒ぎしている人がいるけど、一本が懐までしっかり刺さっていればかなり外れにくいと思うのだが…

| | コメント (0)

2020年11月 2日 (月)

フックの向き

何回か話題に出したCNフック

ややりこのような特殊なフックは刺し方の説明書きがあっても、なかなかうまくできないというのが現状のようだ。

更にバスが喰ってきてもうまくフッキングできないという人が多い。

刺し方は何度か練習するのが一番。

あとはフィールドに出て少しづつ微妙に変化を付けていくと、自分の理想的なセットができると思う。

それと、フックをセットする向きは後ろ側にセットする人が多いが、使っているうちに前側に変える人もいる。

Basslog20201102a 自分は前側が良いと思う。

ネコの時は後ろ側の動きが重要と思っているので、後ろ側にフックを持っていくと後ろの動きが悪くなるから前にしている。

それと、大半のバスはネイルシンカーの入った側を頭と思うので、前から喰ってくることが多い。

前から喰うことから、こちら側にセットした方が掛けやすい。

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

鏡牙フック

ビッグクランクやバド等で最近よく使っている鏡牙フック。

Basslog20201023a このフックに、軸のところに夜光チューブが入ったものが出たようだ。

鯰にも使うバドにはこのタイプの方が良さそうだ。

ただ、このフックにしてまだ大して釣っていないのだが、以前使用していたカルティバの太刀魚用フックの方が掛かりは良かったような気がする。

スイベル形状になっているので、掛かってからのバラシは軽減されたような気はするが、まだバラシも他のフックと比較すると多い。

最近のフックにはかなりの率で使用されている表面コートされた滑り加工は、確かに掛かりはよくなるが、外れやすくもなる。

ワームフックのようなシングルフックは形状によってはバレやすいが、メリットの方が多い。

でもトレブルフックだとデメリットの方が多い気がする。

今のところこのフックが一番良いと思うが、まだ完璧ではないのでバドのベストなフックを見付けだすことはできていない。

| | コメント (0)

2020年10月10日 (土)

ソフトジャークベイト

先日のドンキーリグで使用したヤマモトのDシャッドはあまり知られていないようで、これに関する質問が意外と多い。

Basslog20201010a 自分自身も昨年の秋に知り、今年から使っている。

日本ではトリプルDシャッドというネーミングで販売していたようだが、既に廃番となっているそうだ。

ということで、発売されたのは結構前のことのようだ。

使ってみた感想としては、非常に良い。

最近多用しているソフトジャークベイトのサカマタシャッド同様に、ダートにトルクがありいい感じだ。

通常のジャークベイトだとザラスプークの様な軽快なダートをするけど、これらのダートは惰性も効くほどの勢いのあるダートをする。

そしてこのDシャッドはシミーフォールしたり、制動時の姿勢によっては頭から素早くフォールしたり、バックしてフォールする。

このバック時のフォールは、テール側がシュリンプの様にエビ反りになり、ある程度のところでその反ったボディが元に戻ろうとする反発力でイレギュラーな動きを出す。

スキッピングもしやすいのと、5インチという小さめのサイズなので、関東のフィールドにも合っている。

先日も豊英ダムではいい感じに釣ることができた。

Basslog20201010b フックはスーペリオのカバーオフセットのCOフック#1/0を使用した。

今までだとキロフックハイパーを使用しているところだが、今回からこのCOフックを導入してみた。

アイの部分がLOフック同様に溝があるので、ラインを結んだ時の収まりがよく、ハードな使用にも横ズレすることがない。

この横ズレがないというのはソフトジャークベイトを使用する時には快適に釣りができる。

結び目がズレるとダートが片方に寄ったり回転したりと乱れてしまう。

使い方は通常の人よりもかなりハードに使うし、今回はテスト中の硬めのロッドでジャークしていたが、1度もズレなかった。

一番気になっていた表面の滑りをよくするコーティングだが、これはオープンエクスポーズでセットするのではなく、ストレートフックの様にスキンオントップでセットすると問題なかった。

クランク部分がズレたり、フックの剥き出しによる対カバー性能が気になっていたが、フックセットはオヤジタイプでのテキサススタイルでセットすることで解消できた。

これによりフック装着時の角度も若干斜めになるため、クランク部分のワームのホールド力が増すようで、スキッピングしたり、カバーの中を通しても頭がズレることはなかった。

通常のライトリグよりもロッドでのアクションも強く付けるし、スキッピングをすることも多いので、通常でもかなりハードな使用を強いられるソフトジャークベイトはトラブルも多い。

でもこんな小さなものが、こんなにストレスを解消してくれるとは思わなかった。

| | コメント (0)

2020年9月28日 (月)

カバーネコフック

CNカバーネコフックを使用してみた。

フックの向きは後方に向けてセットすることを推奨しているようだが、前向きでセットしても問題なくフッキングするとのことだ。

自分はフックを刺した支点から後ろ側のワームの動きを重視したいので、フックは前側にセットした。

Basslog20200928a ワーム自体の動きは想像していた以上によく動くので、チョン掛けよりも多少動きが制御される程度で済んだ。

そして何よりもチョン掛けフックと比較して、スナッグレス性能は超越していた。

今回はシンカーに1/8oz.を使用し、スピニングタックルで扱っていたので、普通以上にカバーからすり抜ける感覚を実感できた。

カバーに掛かってから軽くシェイクすると、面白いようにすり抜ける。

これだけスナッグレス性能が向上すれば、かなりカバーに対するライトリグの概念が変わる。

あとはフッキング性能だが、その辺はしばらくバスを釣ってから…

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

CNフック

8月に開催されたJB桧原湖第2戦ベイトブレスカップに行く際、経費を抑えるために小森と車1台で桧原湖へ向かった。

そんなこともあり2人で居る時間が長く、「2度目のBasserの表紙になった」という話を6回耳にした。

ということで、Basserを探したけど、最近は本屋に売っていないということを知った。

どこで買えるのか聞くと通販か釣具屋ということで、先日キャスティングに行ってみた。

そこにはBasserが置いてあった。

序に消耗品を買い足しておこうと思い、耐力スナップとケイテックの1/32oz.#4のジグヘッドを探した。

すると耐力スナップは1、1.5、2が欠品中。

この3サイズしか使えないというのは、既に常識となっているのか、見事にこの3つだけ欠品していた。

ケイテックのジグヘッドもたくさん揃っていたのだが、目当ての物だけ欠品中。

フックは可能な限り小さいものが良いという事も今では常識になったのかな?

キャスティングに売っていて他に使えそうなもの…

Basslog20200921-1 色々観ていると、スーペリオCNフックを見付けた。

クランクしているフック自体あまり使わないので、全く気にしていなかったCNフック。

でもよくよく思い起こしてみると、一昨年のBasserACのプラで小森がテスト段階の物を使っていて、色々と拘りを話してくれていたなぁ…という事を思い出し、とりあえず購入してみた。

そして、初めてマジマジと観て、思ったのが、「使い方が分からない。」

裏にも何の記載もないので、直接本人に尋ねて、セッティング方法を記載しているページを教えてもらった。

昨日のフックセット方法で判別するなら、なんとこのフックのセッティングはオヤジタイプ。

スーペリオシリーズはLOの#3のみレッグワーム使用時に使用しているが、他はJB・NBCトーナメンター向きの物で不要と思っていたので、見向きもしていなかったが、これはなかなか良さそうだ。

ということで本日より実践投入。

現在使用しているオーナーのウイードレススナイパーを用いたネコリグと310を用いたテキサスリグを比較したら、310のテキサスの方がより濃いカバーの奥へ入れることができる。

このフックならスナイパーよりも奥へ入れることが出来そうだ。

| | コメント (0)

2020年9月20日 (日)

316R

オフセットフックといえば、アイの方向をフックポイントのベクトルが向いているものが一般的となった。

このようなフックをセットする場合、一度抜き刺しにして最後にフックポイントを隠すといった具合でセットする。

これって自分の判断ではオープンエクスポージャーの一種である。

カバーを攻める際に、キャストの時点から気を付けて丁寧に撃ちこまないとすぐに引っ掛かってしまう。

むしろ剥き出しと変わりないというのが、ストレート派としての考えだ。

先日、ケイテックのサイトを観ていて、林さんの面白いコラムを見付けた。

このフックセットの違いをオヤジタイプとヤングタイプと言うようだ。

自分はおもいっきりオヤジタイプじゃん(笑)

ストレートフックの利点を知るとストレートメインになる。

長年釣りしているとストレートが有効であり、ストレートだけでいいんじゃない?って気付く頃にはオヤジ世代ってことだね。

でもオフセットも場合によっては必要。

自分が使用しているオフセットはエンジンのスーペリオLO#3、デコイのキロフックハイパー#1、#1/0、がまかつのワーム316R3/0。

これらも決まったワームに使用するためで、それ以外はほぼストレートフックで済ます。

Basslog20200920a 前置きが長くなったが、最近ジャバロン97を使用するのに、合うフックがなくて困っていた。

がまかつのモニターに聞いていみたら、316Rの1/0が合うとのことで、セットしてみるとジャストフィット。

このように細かい訳の解らない微妙なセッティングは日本のバスプロに尋ねるのが一番。

そんな連中もバスの面白さに気付いて、長くバスを続けることになれば、いつかはオヤジタイプになる(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧