2019年5月 6日 (月)

G.Wake

GW最終日ということで、Gウエイクも最終日。

まだ幾つか優秀なウエイクベイトがあるけど、それはまたいつか…

ウエイクベイトを使っていて感じることは、人間から見たよいと思う動きと、バスから観たよい動きというか好む動きは違うということ。

Basslog20190506-2 自分自身もこれは良さそうだと思って使ってみたけどあまり反応は良くないものは今までに幾つかあった。

例えば小型でウォブリングだけのピッチが速いタイプのウエイクベイトは一見物凄く釣れそうな気がする。

普通のクランクベイトでもどんなにハイピッチでキビキビと動いても丸っこいボディで動きの視点が中央に近いものは、管理釣り場や放流バスでは効くけど、ネイティブを相手にするとあまり釣れないのと同じだ。

これの主な原因は、おそらく集魚効果の違いだと思う。

むしろ喰いは良い釣れるルアーだけど、集魚効果がないので、釣っている範囲が狭くなってしまっている感じで、大海原に出た時に効率が悪く、ほぼ不要なウエイクベイトとなってしまう。

某社のミノー型ウエイクなんかは大きさもそこそこあるし、動きもよいのでこれはいいと思ったけど、水を細い棒で掻き混ぜているのと同じで、水押は少ないようで、釣れそうな動きの見た目とは裏腹に、全然バスが湧いてこない。

その他のものはただの一方向な動きのキビキビ系やサイズ的に小さかったりするからか、よく湧いてくるものと比較すると、全然湧いてこない。

ある程度色々なものを使っていると、これは釣れるだろうという判断は付くようになる。

このようなウエイクベイトで釣るにはソフトルアーをピッチングで送りこむように、狙うスポットが狭い範囲へ確実に入れてあげる必要がある。

そんなスポットに出くわしたら、ワームを入れてしっかりと咥えさせてフッキングした方が確実にバスはキャッチできる。

巻物はある程度の範囲からバスを寄せる力があってこそ、そのジャンルのルアーとしての本領を発揮する。

‘このウエイクベイトは出ないけど、こっちのウエイクベイトは凄い出る。’

そんな体験をたくさん味わい、そんな経験を積み重ね、しっかりとウエイクベイトがベストな状況下でウエイクを投入してもらいたい。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

WAKEBULL

Basslog20190505 GW8日目はバークレイの新作‘ウエイクブル’。

最近入手したばかりでまだ使用していないが、これは間違えなく釣れる部類のウエイクベイトだと予想が付く。

ある程度のサイズ感、独特なボディ形状。

バークレイのこれらのシリーズはデビットフリッツがテールが回るように動くと言っているように、テールの動きが一方向ではなく回転するように複雑に動き水を掻き回す。

少し角ばった感じでフラットな面を持たせているボディはそれを助長させることを意識したデザインだということも読み取れる。

そんなところからもこのウエイクベイトは確実に良いものでしょう。

| | コメント (0)

2019年5月 4日 (土)

ARASHI Waking Crank

ゴールデンウエイク7日目はアラシウエイキングクランク。

Basslog20190504-1_1 これはストームが展開しているアラシシリーズのウエイクベイトだ。

サイズは2-3/8in約6㎝ということで、使っているウエイクベイトの中では最小のものだ。

小さいと言っても9/16oz.あるので、小型クランクというよりはノーマルクランクサイズだ。

このサイズにするためにこのアラシウエイキングクランクは色々と細かいところにデザインした人の努力を感じる。

大きくしてしまえば簡単に解決する問題も、逆に小さくすると色々と障壁が生じてしまう。

小さくしてピッチを細かくして動きの支点を中心近くに設定すれば、見た目はキビキビ動き、ロッドにもブルブルと振動が伝わるので、人は騙せるけど、バスは騙せない。

小さいと一番欠けてしまうのが水を掻き回す力が不足してしまう点だ。

それを補うためにテール部分にはアラシのディープクランクにも採用されているグルーヴがこれにも採用されている。

そして人間から見た際のコンパクト感を増すためだと思われる極端なテーパーでテールが絞られている。

実際の動きはこの見た目からは想像も付かないぐらいの暴れ馬といった感じだ。

あまりにも動きが強烈なので、ファーストリトリーブには不向き。

Basslog20190504-2_1 元々自分は引き方が早めが多いので、この暴れん坊を抑えるために、西根さんのFB1を真似てブレードを装着してみた。

これにより暴れん坊を少し制御できて、抑えられた分はブレードでアピールしてくれるので、速く引いても同様の効果が得られて使いやすくなった。

つくづくこの西根さんの作りだすルアーの特徴でもあるこのブレードシステムは素晴らしいと感心してしまう。

更に副産物としてファットブル並みのスナッグレス効果を得ることができた。

ノーマルだと激しいウォブルとロールに加えローテ―テッドフックハンガーということもあり、フックが左右に激しく振り回され引っ掛かりやすかった。

このブレードを装着したところ、振れ幅も抑えられて全然引っ掛からなくなった。

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

3D Snake

GW6日目はサベージギアの3Dスネーク。

これは今年の冬に購入して、冬に使って動きを観ただけで、まだ釣ったことはない。

でも今までの経験からすると、このルアーはかなり期待が持てる。

8inと12inがラインナップされており、それぞれウエイトは1oz.と2oz.となっている。

Basslog20190503a 12inで2oz.とこれだけで想像すると、かなりな大きさのルアーを想像させてしまうけど、細身なのでそんなに大きくは感じない。

このルアーはアイの位置が2つ設けられている。

リップに近い方が推奨なのか、こちらには最初からスプリットリングが装着されている。

両方試してみたところ、リップに近い後ろ側のアイの方がクネクネとした動きは大きく見た目の動きは良い。

前方のアイだと、若干頭下がりとなり、前者と比較すると動きの見た目は地味となる。

でも、後者の方がバスには向いていると思う。

大きさゆえのアピール力もあるので、これは間違えなくよく釣れるはず。

フックアイはスイベル式が採用されているので、バラシはかなり軽減できるだろう。

長いルアーになるとどうしてもボディ中間部辺りで梃になったり、回転した際にバレてしまうことが多い。

その辺もしっかりと考慮されている辺りからも、色々とよく考えられている期待のウエイクだ。

| | コメント (0)

2019年5月 2日 (木)

Roumba

GW5日目はimaのランバ。

アイマのランバは元々超シャロ―を攻めるクランクとして登場した。

昔のルアーで解りやすいところで例を挙げるならシャロ―ラビットみたいなもの。

そのランバをボーン素材で作ったものが後発で発売された。

Basslog20190502a これがなかなか素晴らしいウエイクベイトである。

ボーン素材を使用したことと、この大きさゆえに、ラトルボールがいい音を奏でる。

バドの金属音とは違い甲高いラトルボール音は、また違った効果を生み出す。

アクションはワンマイナスやDTファット同様に、ボディをしっかりと横に振って水面を掻き回す。

このランバは一番スローに引くルアーとして、比較的水温が低い時期から使っている。

非常にゆっくりと引いてもしっかりと水面を掻き回してくれて、サウンドもしっかりと出る。

解りやすく言うならば、バド以上にゆっくりと引いて使える。

日本ではリップが蛍光イエローか蛍光オレンジに塗装されているものがランバのボーン仕様だ。

アメリカではランバのウエイクとして販売されている。

| | コメント (0)

2019年5月 1日 (水)

DT Fat

Basslog20190501a GW4日目はDTファット1。

かなり溺愛なDTシリーズのウエイクベイトであるDTファットの1番。

ファット自体あまり知られていないけど、このファットにはこの1番と3番が存在する。

3番はノーマルなスクエアリップ装着のバルサクランクといった感じだ。

1番は3番よりも若干サイズが大きく、このルアーからもウエイクベイトはある程度の大きさが必要なことが窺える。

そして1番のリップは付け根から垂直方向へ曲がっており、見た目から水面用のクランクベイトだとすぐ判る。

ペンシルベイトのプラスチック製品とウッド製品の違いの様に、このDTファットはプラスチック製品とは違って水がまとわりつくような感じで泳いでくる。

アイクがウエイクベイトで推奨している、水面を盛々と膨らませるバルジングにはベストマッチなルアーだ。

それと、このルアーは大き目のリップが装着されているので、カバーに対して強いのも特徴の1つだ。

バド同様にカバーに対して強い点も重宝する。

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

マイキー

GW3日目はマイキー。

Basslog20190429a これは物凄く有名なウエイクベイトであり、ビッグベイトブームの火付け役となったルアーでもある。

これはビッグベイトでも若干小さめで非常に使いやすいサイズでありながら、ビッグベイトとしての効果はあることから、このマイキーの誕生が世の中へ一気にビッグベイトを浸透させた。

ウエイクベイトとしても非常に優秀で、発売当初はかなり衝撃的であった。

当時はガチガチのピッチングロッドで使用していた。

発売当初はこれを引くとどこからともなくバスが湧いてきて、その数は衝撃的であった。

実際にはスピナーベイトの代わりといった感じで、スピナーベイトを入れるような場所へキャストして、ロッドを立てて水面をゆっくりと引くと、物凄くよく釣れた。

一時はシャロ―でスピナーベイトをキャストすることがほぼなくなってしまった程だ。

その後、若干威力が弱まってきた感はあったけど、テールにAプロップを装着することで、ノーマル以上に反応が良くなった。

Aプロップを装着してから、反応よりも格段に増したのがバイト率。

追ってきてバイトする確率はこれを装着してから、感覚的には数倍上がった。

今でもこれはかなりの頻度で使用している好きなウエイクベイトだ。

| | コメント (0)

2019年4月29日 (月)

MID1-

ゴールデンウエイク2発目の今日はマンズのミッドワンマイナス。

このルアーは最初使った時に、イマイチ…と思い、しばらく使っていなかった。

そんなこともありタックルボックスからも外し、存在すら忘れ去っていた。

でも、このルアーの愛用者って物凄く多いし、昔からマンズの定番商品として存在し、未だにラインナップされている程だ。

他の人が使っているのを観ていて、いつも思うのが、結構バスが出るということ。

日本のクランクベイトに多い小刻みにハイピッチで動くタイプの方が、物凄いアピールしている感じもして釣れそうだ。

Basslog20190428a しかし、実際にはこのワンマイナスのようなウォブリングと支点が中心からズレた大振りのロールといった動きのものが良く釣れる。

最初は何だかわからないまま使い続けていたけど、使い続けている内にウエイクベイトに重要なものを幾つか教えてくれた。

このワンマイナスから学んだのは、ウエイクって、まずある程度の大きさがないとバスの出数が少ないということ。

ワンマイナスにはベビーもあるけど、ベビーは動きはほぼ同じであるけど、ミッドと比較して出数が少ない。

そんなことからある程度のサイズが必要なのかなぁ…と思い始め、色々と他のルアーを含めて検証していてそう感じた。

現在は鱗のあるボディとなっているけど、つるんとしたボディの時代の物が自分は好んで使っている。

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

BUD

GWゴールデンウイークに掛けてGWはゴールデンウエイク特集。

ということで初日は一番ウエイクベイトで多用していると思うへドンの‘バド’。

他のウエイクベイトと比べて圧倒的優れていると思うのが音による集魚効果。

Basslog20190427a この音こそがバドらしさ。

バドはバズ同様にこれにしか出ないといった状況を何度も味わっている。

だからこそ外せない。

リップが大きいのでカバーや10㎝程度のシャロ―でも根掛かりしずらい点も実践向きで重宝している。

ただ単にウォブリングで尻を振り振りしながらブレードをカチャカチャと鳴らして泳いでいるように見えるけど、動きはウォブリングとロールが違う波長で混じった複雑な動きをしている。

想像以上に水面を掻き回しながら泳いでいる。

単純にウエイクベイトとして優秀だけでなく、何よりも好きなのはこのふざけたようなシルエット。

これぞルアーって感じがいいね。

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

GWスタート

GWゴールデンウイークにちなんで明日からはGWゴールデンウエイクと名付け、ウエイクベイト特集をスタートする予定。

ウエイクベイトといえば…

自分が真っ先に思い浮かべるのはアレかな…!?

水面付近はトップウォーターだけでなく、ウエイクベイトの釣りも非常に面白い。

ウエイクベイトはほんのちょっとした違いで物凄く釣果に差が出る。

それは出数だけでなく、反応しているバスの数も含め、目で観えるからこそ歴然となる。

ユニークな形状のものも存在するので非常に面白いジャンルだ。

Basslog20190427a_1 バスブームの頃は話題だった‘アライくん’なんかもウエイクベイトの一種だ。

自分は使用頻度は低いものの、現役で今でも使用している。

このルアーは可愛いルックスで、冗談のようなルアーではあるけど、出数はなかなかのものだ。

ただ欠点はフッキング率が悪い。

楽しみながら本格的な攻めも可能な面白いルアーだ。

ということで明日からG.Wakeスタート。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧