2020年11月27日 (金)

TP-0012

今でも多用しているトリプルインパクト105。

既に廃番であるうえ、あまりこのサイズは世の中に出回っていなかったこともあり、なかなか105サイズのTP-0012は入手困難だ。

そんなTP-0012を久し振りに入手できた。

Basslog20201127a 鍍金調のほぼ使わないカラーだったのでブラックに塗り替えてみた。

このTP-0012は2ヶ所いじると更に使いやすくなる。

ちょっとしたチューニングだが、それだけで物凄く使いやすくなるし、水面系という事でバイト率が明らかに増えるのが一目瞭然である。

ベースが良いルアーというのはいじってもよく釣れる。

使い手に合わせたチューンを施すことで、更に使いやすさも増す。

この手のウエイクベイトもトリパク以降多々リスペクトモデルが登場したが、未だにトリパクを超えるものがない。

ウエイクベイトを多用している人は判ると思うけど、ほんのちょっとした違いでウエイクベイトは出数が物凄く変わる。

ウエイクベイトってトップウォーターとは全く違う次元のバスを引き出すことができるので、外せないルアーの1つだ。

バドも同様に、バドを改良したようなものリスペクトモデルが多々出回ったけど、結局はバドを超える同系統のウエイクベイトはない。

水面で使うルアーだから、違いがハッキリと目で確認できるので、善し悪しの判断が顕著に出る。

ウエイクの出数の違いを観ていると、これと同様に水中でもルアーによる出数の違いというのは起こっているのだろうなぁ…

| | コメント (0)

2020年10月30日 (金)

アメバド

以前、長尾に頼んで作ってもらったアメリカンドリーム仕様のバド。

Basslog20201030a 非常に気に入っていたのだが、鯉に持っていかれてしまった。

普通なら見向きもしない鯉が、この日はバドの後を追ってきたかと思ったら、何の躊躇いもなくスポッとバドを吸い込んだ。

そして見事にフッキングしてしまった。

だが最後のランディングの時点で、なぜかラインがぷつりと切れてしまい、アメバドは鯉に持っていかれてしまった。

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

Short BUD

Basslog20200716-1 バド(クアーズ)のボディを短く詰めたショートバドを、今までの経験を継ぎ込んで本気で作ってみた。

まず長さは、長過ぎず、短か過ぎずの、今までいじった様々なサイズから具合の良いベストなサイズにカットした。

長さをあまり短くするとピッチは速くて、一見釣れそうな感じになるが、動きの支点が中心に近くなってしまい、バスの出が悪くなってしまう。

小さいウエイクベイトがあまりバスが湧いてこないのと似ている。

音の大きさはノーマルの振りから奏でる音がベストで、それに近い音を出せるようにした。

そしてリアには硬質アルミ板を貼り、より響き渡る金属音をプラスした。

ブレードのヒートンは中心よりも少し上に設定し、ブレードはフラットに潰した。

Basslog20200716-2 フックハンガーは1ヶ所にし、ノーマルよりも若干後ろへ設置した。

フックはダイワのスイベル仕様となっている太刀魚用フックをヒートンではなくフックハンバーで装着。

太刀魚フックが合っていると分かってから、色々な太刀魚フックを試してみたが、掛かりとバレにくさを考慮するとこのフックが今のところ一番良い。

そしてカラーは、今までの実績から大きめの黒の鱗目を塗った。

今までの経験を踏まえると、これが自分のできるベスト。

| | コメント (0)

2020年6月25日 (木)

ワンマイナス

Basslog20200625a 最近はよく使うようになったマンズのミッドワンマイナス。

以前にも記したが、このクランクがウエイクベイトの色々な事を教えてくれた。

使えば使うほど、この風貌からは想像も付かないほどの優秀さを感じる。

今はこれを軸に、色々なウエイクベイトを使用している。

色々と使っていると感じるのが、優秀なウエイクベイトは優秀なクランクベイトと共通する部分が幾つかある。

そんな要素も兼ね備えたワンマイナス。

ルアー個々のジャンルに合ったシチュエーションで、ベストなものをチョイスすることができるというのが理想。

ワンマイナスに会わなければ、ウエイクベイトの領域は抜けたままであった可能性もある。

トップウォーターと水面直下を引くシャロ―クランクやスピナーベイト等のルアーで賄っていただろう。

実際に以前はそうであった。

水面がざわつき始めたタイミングでのウエイクはたまらないね。

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

バドアイ

通常ペイントアイは円柱状のものの端っこの平らな面を利用して塗る。

自分はドリルのビットの裏側を使用してペイントしている。

ビッグバドのアイをペイントしようと思ったけど、バドは顔がデカいので、それに合わすと目も大きめとなる。

通常のペイントアイでは難しそうだ。

そんなこともあり、ペイントアイは黒目部分だけにすることにした。

Basslog20200520a アイの枠はステンシルシートを使用して塗った。

黒目も一発で決めないといけないのだが、失敗することもある。

ということで、失敗してもやり直しが効くように、枠を作った時点で1度コーティングしておいた。

| | コメント (0)

2020年5月 2日 (土)

Shallow A(BF5FS)

Basslog20200502a ボーマーのシャローAというウエイクベイトというかクランクベイトがある。

あまり知られていないクランクベイトであるが、このクランクベイトはなかなか優秀である。

ウエイクベイトでこのサイズのクランクベイトは以前から言っているように、このクラスの小さいサイズでは良いものがない。

小さいものだと集魚力がないものが多く、バスの目の前に通したり、管理釣り場みたいなところではよく釣れるけど、普通のフィールドに出てしまうとイマイチなものが殆どだ。

集魚力のないものを使ってしまうと無駄な時間を過ごすだけだ。

この5㎝くらいのサイズで唯一釣れるのではないかと思うサーフェスクランクが、このシャローAだ。

ちょっと変わった釣り方をすると、これまたこのクランクは優秀でそれもよく釣れる。

かなりの名品と言えるのだが、意外と知られてもいない。

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

そろそろトップ

時期的にそろそろトップウォーターがよくなる季節だ。

この時期のトップウォーターはスローに引けてアピール力が強いものが良いことが多い。

比較的トップウォーターといえば条件反射で喰わす事を意識して釣っていることが多いが、この時期は威嚇を意識して喰わすことが多い。

この時期も条件反射で喰わすことは可能だが、他に幾つか条件が重なる必要なある。

Basslog20200325a スローに引けてアピール力が強いということで、バドなんかは非常にこの時期は活躍する。

威嚇を意識して使う際は長い距離を引くことが多い。

普段はキャスト回数を多くすることも心掛けているけど、この時期は長い距離でじっくりと見せることを意識している。

解りやすく言うのであれば、バスがバイトしてくる位置が、この時期はショアから離れていても喰ってくることがよくあるということ。

既にどこのフィールドも水温は10度を超えているので、トップに普通に出る時期だね。

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

A,B Prop

昨日のプロップベイトに使用されているプロップは非常に回転がよい。

一時期はこのプロップを装着すれば、何でも更に釣れるようになると思っていた。

その頃は色々なルアーに着けてみては試していた。

そんな中で未だに使用しているものが幾つかある。

これらはかなりの信頼度があるので、手放せないでいる。

Basslog20191215-1 1つはマイキーで、もう1つがトリプルインパクト。

結局今でも使用しているのは、イナバズの原点にもなった2枚重ねの仕様にしたものだ。

この2枚重ねは非常に釣れるのだが、不思議なのは、このAプロップやBプロップ以外で同様の仕様にしてもこれ以上の効果を得られない。

昔、ダイイングフラッターを標準装備されているプロップを用いて同様の仕様に変えてみたが、サウンドはメチャクチャいい感じであったが、プロップベイトのようなコールアップ性能は出なかった。

マイキ―とトリパクは非常に効果的で、特にマイキ―はノーマルでもよく釣れるけど、これを装着してからは追ってきたバスの殆どが違和感なくバイトしてくるようになった。

トリパクはある程度スピードがないと、出てくるけどバイトしないといったことが多かったけど、これを装着してからはスローに引いてもよく出るし、何よりマイキ―同様に違和感なく出てきたバスがバイトするようになった。

Basslog20191215-2 プロップベイトもリアはダブル仕様にしてサウンドをプラスしている。

プロップベイトはフロントフックにスプリットリングを足したりして水平を保つようにすると出数がよい。

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

ARASHI Waking Crank

【Wake Bait】

Basslog20191207-1 ウエイクベイトはアラシのウエイキングクランクに決定。

このウエイキングクランクは西根さんのブレクラ同様にブレードを装着したチューニングを施したものだ。

これによりノーマル以上の集魚効果が得られるようになった。

このブレードサイズがベストのようで、これだけのサイズのブレードを装着してもトラブルは全くない。

更にファーストリトリーブでも全くバランスを崩すこともなく、ブレードとリアのフィンによる攪拌は他に類を見ない水押しをしてくれる。

Basslog20191207-2 ノーマルで見たら1マイナスの方が集魚効果はあるかなって感じはする。

でもこのブレードプラスのウエイキングクランクはそれと同等以上の効果を感じる。

何よりファーストリトリーブでの引きやすさと、水面を泳いでくる姿はクセになる。

| | コメント (0)

2019年5月 6日 (月)

G.Wake

GW最終日ということで、Gウエイクも最終日。

まだ幾つか優秀なウエイクベイトがあるけど、それはまたいつか…

ウエイクベイトを使っていて感じることは、人間から見たよいと思う動きと、バスから観たよい動きというか好む動きは違うということ。

Basslog20190506-2 自分自身もこれは良さそうだと思って使ってみたけどあまり反応は良くないものは今までに幾つかあった。

例えば小型でウォブリングだけのピッチが速いタイプのウエイクベイトは一見物凄く釣れそうな気がする。

普通のクランクベイトでもどんなにハイピッチでキビキビと動いても丸っこいボディで動きの視点が中央に近いものは、管理釣り場や放流バスでは効くけど、ネイティブを相手にするとあまり釣れないのと同じだ。

これの主な原因は、おそらく集魚効果の違いだと思う。

むしろ喰いは良い釣れるルアーだけど、集魚効果がないので、釣っている範囲が狭くなってしまっている感じで、大海原に出た時に効率が悪く、ほぼ不要なウエイクベイトとなってしまう。

某社のミノー型ウエイクなんかは大きさもそこそこあるし、動きもよいのでこれはいいと思ったけど、水を細い棒で掻き混ぜているのと同じで、水押は少ないようで、釣れそうな動きの見た目とは裏腹に、全然バスが湧いてこない。

その他のものはただの一方向な動きのキビキビ系やサイズ的に小さかったりするからか、よく湧いてくるものと比較すると、全然湧いてこない。

ある程度色々なものを使っていると、これは釣れるだろうという判断は付くようになる。

このようなウエイクベイトで釣るにはソフトルアーをピッチングで送りこむように、狙うスポットが狭い範囲へ確実に入れてあげる必要がある。

そんなスポットに出くわしたら、ワームを入れてしっかりと咥えさせてフッキングした方が確実にバスはキャッチできる。

巻物はある程度の範囲からバスを寄せる力があってこそ、そのジャンルのルアーとしての本領を発揮する。

‘このウエイクベイトは出ないけど、こっちのウエイクベイトは凄い出る。’

そんな体験をたくさん味わい、そんな経験を積み重ね、しっかりとウエイクベイトがベストな状況下でウエイクを投入してもらいたい。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧