2022年7月21日 (木)

桧原湖のハードルアー・7

6月に入るとスポーニングも始まり、桧原湖のスポーニング期はネストの数が多いので普通に釣っていてもネストを守っているオスがバイトしてくることから、かなりイージーに釣れるようになる。

ちょうどこの時期ぐらいからスポーニングと関係のない、昨年生まれた25㎝ぐらいの小バスも活発に喰い始める。

このくらいになると水温も10度台後半となり、トップウォーターへの反応もよくなり、他にもどんなルアーでも釣れるようになる。

前回のI字系のルアーは引き続き反応が良いのだが、このくらいになるともう少し早めに引いた方が効率よく釣れるようになる。

Basslog20220721a 同じI字系のルアーでもこの頃になるとプロップの付いたスパイベイトがよくなる。

プロップの回転が良いものが圧倒的に釣れるので、プロップは回転しやすいものを選ぶと良い。

これらのルアーをリールのハンドル1回転を2~3秒ぐらいのスピードで引くとよい。

レンジに合わせて比重を調整したり、最近は沈下速度の速いファーストシンキングのタイプもあるので、狙う水深によって使い分ける。

この釣りは目で見て釣ることができるので、キャストした場所のバスの有無もすぐに判る。

これでショアを流していると、バスの密度の濃い場所も見付けやすい。

Basslog20220721b_20220721171501 これらのルアーが出始めた頃は物凄い反応が良く、桧原湖なんかではほぼ毎キャスト釣ることができた。

最近はそこまでは釣れなくなったが、でも不思議とバスが湧いてくるように引き付ける力は健在だ。

リミテッドエディションのプロップベイトから始まった日本生まれのI字の釣り。

日本でもI字系のルアーを発売していないメーカーはないと言えるほど当たり前な存在となった。

今ではアメリカに逆輸入されスパイベイトとして、アメリカでも特にスモールマウスには欠かせないジャンルのルアーとなっている。

| | コメント (0)

2022年7月13日 (水)

桧原湖のハードルアー・6

5月中旬ぐらいになると水温が15度を超える。

そうなるといよいよスポーニングに入るバスも出始める。

この時期はプリスポーンのバスが荒喰いする時期でもある。

Basslog20220713a イージーな時は前回のフローティングミノーが良いが、ちょっと喰いが悪い日はI字系のスパイベイトが活躍する。

水面や水面直下をただ巻きして、真っ直ぐに進んでくるだけのルアーだが、これが異常に反応がよい。

リールのハンドル1回転を5~10秒ぐらい掛けて引いてくるぐらいの、かなりスローなリトリーブが有効だ。

リールで巻くというよりはラインスラックだけを巻き取って、ラインのテンションだけでルアーが引き寄せられる感じで引く。

ルアーはフローティングから超スローシンキングがよい。

ある程度は後付けの貼るウエイトやスプリットリング等を調整して比重を変えると良い。

この時期になるとスポーニングに関係のないバスも活発にベイトを追うようになる。

これらが出始めると1秒に1回転ぐらいのスピードでもバスの反応はよい。

タフな状況になればなるほど、ただ真っ直ぐ進むだけのI字でもルアーによって反応の良さに差が生じる。

五十嵐誠が手掛けたIウエイバーは反応が未だにタフッたらこれがベストだ。

| | コメント (0)

2022年5月25日 (水)

アイウェイバー

Basslog20220525a_20220525113101 今までアイウェイバーってあまりしっかりと使ったことがなかった。

I字が釣れる状況下だと、どのI字を使っても大差ないというのが本音だった。

そんなこともあり、アイウェイバーも釣ったことはあるけど、突出したものがあるとは気付いていなかった。

でも先日アイウェイバーをしっかりと使ってみて、このルアーは凄いと今更ながら感じた。

特にSSSスーパースローシンキングの凄さを感じた。

五十嵐誠の細かい部分までの想いがしっかりと製品に反映されているのだろう。 

ハイランドレイクのスモールマウスバスとなると、非常にセレクティブなバスが多い。

釣りをしていると感じるのが、スモールが捕食するような状況下ではラージモードの時とトラウトモードの時がある。

ラージモードの時はスイッチが入っているような感じなので、それほど食わせに繊細さは要らない。

これがトラウトモードになると、物凄い繊細な部分までこだわる必要がある。

虫ルアーなんかはちょっとでも動かすと釣れないのに、提灯釣りにすると激しく動かしても釣れるという経験をしたことがある人は多いと思う。

あれってスモールがラインを感じているている証だろう。

そんな状況下ではルアーの姿勢等も非常に重要となる。

色々と気になる部分を消去法で試していくと、このアイウェイバーってよくできているなぁ…と感心させられる。

| | コメント (0)

2022年4月21日 (木)

Under Spin Head mini

がまかつの新作アンダースピンヘッドミニ。

Basslog20220421a このヘッドは非常に使いやすい。

このようなアンダースピンタイプのジグヘッドは、以前はノリーズのものを多用していた。

ただ全体的にコンパクトな設計なのでフックが小さいのとワームがズレやすいという欠点があった。

それとフォール時のバランスもあまり納得はいっていなかった。

それから自分で作るようになり少しアンダースピンが解かり、ダーティジグのタクティカルバッシンスイムジグヘッドを改造したものが気に入って使っている。

Basslog20220421b ちょうどそれと同様な感じのヘッドで少しコンパクトにした形状のものがアンダースピンヘッドミニだ。

ビジュアルから気になりすぐに入手して使ってみた。

やはり想像通りいい感じであった。

このようなスイムヘッドは低水温期もよく使うので、ちょっと軸が細めのフックも低水温期に多い弱いバイトでも掛けやすい。

この手のヘッドに装着するブレードは少しアームで伸ばして装着するとバランスよく泳ぎ、フォール中のバランスもよい。

1つだけ自分が弄ったスイムヘッドの方が優れているのは、アームに使用しているワイヤが形状記憶合金という点だ。

オープンウォーターで使用するなら問題ないが、ショアを撃っていくと、何かに当たってアームが曲がってしまうことがある。

それを形状記憶だと回避できる。

でもこれで使うワームのサイズや使う時期やシチュエーションによってローテーションできるようになったことは大きい収穫だ。

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

プロップイモ

ダブルスクリューのプラグは今ではスパイベイトとして世界中で必要不可欠な存在となった。

そんなスクリューをワームに付けたら更に良さそうだ。

という発想は誰にでも思い浮かぶだろう。

Basslog20201028a とりあえずイモグラブをベースに作ってみた。

思った通りには泳いだのだが、なぜか釣れない。。。

このようなことというのはたまにある。

何がいけないのか…謎が深まる。

| | コメント (0)

2020年7月 1日 (水)

60&72

幾つか購入してまだ使っていないままのDUOのスピンベイト。

Basslog20200701a これには60や72といったサイズもあり、これらも気になり追加してみた。

72は体高が他の物よりもあるボディが特徴である。

ボディをロールさせるようなので、この72は良さそうだ。

60はテールにフェザーが純正で装着されており、フックとの干渉を防ぐ役割をするのかな?

これらはサイズが小さいので、桧原湖のスモールマウスなんかに効きそうだ。

自粛期間が過ぎたが、まだ釣りには行ってないので、これらもまだ使ってないまま。。。

でも自粛期間中にタックルを買い漁っていた人は多いようで、これらのスパイベイトを買ったという話は多々聞いていた。

ここで紹介した物をあれこれ買ったみたよ、あれ良かったよ…とかという話はよく聞くのだが、ここ最近ではこのスパイベイトの反応は桁違いで多い。

これらを出した時のアクセス数も通常よりもかなり多いことからも、これに対する注目度は高い。

そして使った人からは良い反応ばかり。

ということで、期待大。

| | コメント (0)

2020年6月 2日 (火)

Screw Pointer

Basslog20200602-1Basslog20200602-2 スピンベイト90の人気にあやかってか、ラッキークラフトからも同様のスパイベイト‘スクリューポインター’というものが出ていた。

9㎝15gと、これも重めの設定なので結構なスピードで沈むだろう。

9㎝ということで、間違えなくスピンベイトを意識していると思われる。

これも気になるので追加してみた。

相変わらずの早さで、アメリカから2日で到着と、日本国内よりも早い。

国内は在庫さえあれば釣具店ではなくヨドバシカメラが一番早い。

どんどんタックルは増える一方だが、まだスピンベイトすら使っていないんだけどね。。。

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

SPYBAIT

日本にもスパイベイトブームが来た?

DUOのスピンベイトを取り上げて驚いたのは、初めて取り上げた日のアクセス数が、通常の約3倍あった。

Basslog20200530a 最近依頼された友人からの荷物もスパイベイトが増えている。

スパイベイトは元々日本で生まれた釣り方だ。

それがアメリカに渡り、アメリカでブームとなっている。

ただ違うのはアメリカのスパイベイトはファーストシンキングで、ルアー自体のボディはキビキビとロールする。

なので、ちょっと日本のスパイベイトとは違っている。

最近ではアメリカのスパインリグが日本でホバストという名前で広まったような感じで、ベースは同じだけど、使い方が国で違っている。

ということで、スパイベイトを逆輸入。

今年はこれが来そうな気がする。

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

SPINBAIT 100

ちょっと前に話題を出したアメリカのスパイベイトブームの火付け役となったDUOのスピンベイト。

このスピンベイトは元々80サイズが標準で、他にも幾つかサイズがある。

Basslog20200527-2 ということで、気になって幾つか集めてみた。

日本のフィールドでは最も活躍しそうな60サイズや、最近追加になった72alphaというサイズもある。

60はリアフックにフェザーも装着されており、スローリトリーブ時のフックとペラの干渉を防いでいる。

このことからも60はスローで使うことが多い日本のフィールドを意識して作られたのだろう。

Basslog20200527-1まだどれも使ってもいないというのに、100サイズもアメリカでは追加されたので自分も追加してみた。

サイズは10㎝で、重さは17gある。

フックサイズが#5という、先日も話題に出したようにレアなサイズを採用しているところは、しっかりと設計されている証だね。

レンジが3~7mということで、かなり深いレンジまで探れる。

スピニングタックルでフロロカーボンの3lb.ぐらいのラインを用いたら10mラインも容易に攻められそうだ。

アメリカからの荷物はコヴィッド19の影響で遅れるのかと思いきや2日で到着と、相変わらず日本国内にオーダーするよりも早い。

釣り人は釣りに行けなければ妄想が広がり、釣りに行けない分の費用をタックルに費やす。

ということで、釣りができなくても釣り業界の売り上げは好調なようだ。

| | コメント (0)

2020年4月20日 (月)

SPINBAIT90

アメリカでのスパイベイト人気の火付け役となったDUOのスピンベイト90を入手した。

スパイベイトはホバリンブライスやシンゴスクリューでこのジャンルは決まった感があったので、特にこのスピンベイトは気にも留めていなかった。

でも何気なくディテールを読んでいたら、サイズの割に結構なウエイトがありシンキング仕様という事に気付き気になった。

Basslog20200420a 90mmボディで1/2oz.もあるのだ。

内蔵されているウエイトを観ても、結構な量のウエイトが入れられている。

ということで、かなりのスピードで沈んでいく感じだ。

この形状で1/2oz.あるので、スピニングでキャストしたらかなりの飛距離が出そうだ。

アーロンなんかが使っているのを観ていると、日本で使われているスピードよりも明らかに速い。

このスピンベイト自体もロールするようなので、日本でよく使われているi字系とはちょっと違う感じだ。

真っ直ぐ一直線に進むという点では同じ。

早く沈むことと、ロールすることで、日本既存のスパイベイトとはまた何か違った効果を得られそうだ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧