2021年1月16日 (土)

Swing Head Jig

Basslog20210116-3 新たに追加したビッグバイトベイツのスイングヘッドジグ

このスイングヘッドはがまかつのスーパーラインEWGオフセットが標準装備されている。

このスーパーラインEWGオフセットは日本の316と同じ。

このヘッドに装着されているフックは#6/0。

あまり大きいフックサイズを好まない自分には、このサイズだと合わせるワームが非常に少ない。

Basslog20210116-1 スイングヘッドの元祖であるジンラルーのビッフルバグを装着してみると、ちょうどピッタリではあったけど、自分が普段チョイスするサイズよりはかなり大きめ。

ということで、フックを交換することにした。

フックはオフセットで、フックポイントがアイの方向へ向いていないもので、ワイヤーが伸びないような強いもの。

このような物を探した。

フックの強度面からがまかつ製かオーナー製に絞り、色々と探してみた。

Basslog20210116-2 すると、オーナーの岩礁カウンターロックというオフセットフックがちょうど理想に近かった。

クランク部が一般的なオフセットよりもアイから離れているので、アイをしっかりと露出できることから自由度が増す。

フックを付け替えて実際に使ってみたが、50アップもキャッチでき、強度も問題なかった。

これはなかなか良いと思ったのだが、オーナーのHPを観てみると、もっと良さそうなものを見付けた。

岩礁メガトンロックという超ヘビーワイヤー仕様のフックがあった。

このフックはフックポイントがオーナーカットのようだ。

オーナーカットは不人気の風潮が強いが、ワイヤーベイトのフック等に使用すると、フックポイントが潰れた際に復元できないので不人気であって、掛かりは全く問題ない。

オフセットフックの様に、しっかりとバスが咥え込んでからフッキングする釣りにはむしろオーナーカットが合っている。

| | コメント (0)

2021年1月15日 (金)

ファスタッチフットボール

最近お気に入りのマスタッドのファスタッチフットボールウエイト。

Basslog20210115-2 今までは鉛製の物を使用していたが、マスタッドにはTitanXというタングステン仕様もあるので取り入れてみた。

現物を観るまでは、樹脂タングステンで作ったものだと思っていた。

樹脂タングステンだと、タングステンとはいえ、比重が鉛よりも軽いので体積は大きくなってしまう。

そんなこともあり、TitanXはあまり気にしていなかった。

しかし、実物を見てびっくり。

Basslog20210115-1 同じウエイトのヘッドだと明らかに小さい。

パッケージから出してペンチで潰してみたが、硬くて全く割れなかった。

ウエイトもしっかりと計測するとちゃんとウエイトも出ているので、間違えなくピュアなタングステンである。

中央にパーティングラインが入っているので、ワイヤの溝をデフォルトで入れておき、貼り合わせているようだ。

既存のジグヘッドなどでピュアタングステンを使用しているメーカーは、スリットが入っているヘッドにフックをインサートし樹脂で固定する手法が一般的なので、これは新しい手法だ。

それとペンチでバイトしたと同時にびっくりしたのが、ヘッドのペイントが剥がれなかった。

説明書きを見ると、デュラブルパウダーコートと記してあった。

つまり耐久性のある粉末のコーティングが施されているという事。

これなら納得して使える。

| | コメント (0)

2021年1月10日 (日)

スイングボールヘッド

Basslog20210110a ボールヘッド型のスイングヘッドも存在することを知り、幾つか取り入れてみることにした。

ハードヘッドの様に、巻いて使用することを考えればフットボール形状がよいが、ロッドでアクション加えて使うならラウンド形状でもよさそうだ。

色々と細かい事を考えると、昨日話題に出したビッグベイトベイツと同じDo-it形状が理に適っている気もするけど…

ストレートワームを装着して早いリズムで使用するなら、このラウンド形状の方が良さそうな気もする。

使ったこともないので、とりあえず試してみることにした。

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

Swing Heads

Basslog20210109a スイングヘッドを色々と買い足してみた。

マスタッドのファスタッチフットボールは今のところ一番気に入っているので補充。

ビッグバイトベイツのがまかつスイングヘッドジグとマスタッドのタングステンチタンXのファスタッチフットボールを追加した。

ビッグバイトベイツのヘッドはがまかつの316が標準装備されている。

このヘッドはDo-itのスイングヘッドモールドにあるものと同様の形状であることから、この形状が最もオーソドックスなスイングヘッドな感じとなっている。

リセスドアイに60度バーチカルアイ、45度スタンダップ仕様となっている。

リセスドアイ仕様となっているので、この形状がスナッグレス性能を考えると良いのかも…

| | コメント (0)

2020年12月27日 (日)

Jig Head Wacky

今年はジグヘッドワッキーが少し活躍した。

最近はあまり使っていなかったが、やはりこれはこれで非常に有効な場面というのはある。

ジグヘッドワッキーも最近は色々な形状のヘッドが発売されていて選べるようになった。

Basslog20201227a 今のところバークレイのフュージョン19ウエイテッドワッキーヘッドが一番気に入っている。

ガードは珍しい編んであるワイヤー式で、硬さの具合がちょうどよく、アイは軽くリセッスドアイとなっている。

この2つにより、非常に根掛かりしにくく、掛かってもシェイクすればほぼ外れる。

今のところロストしたものはない。

ジグヘッドワッキーもなんだかんだで20年近く使用していて、色々なものを使用してきたが、このヘッドは完成形と言えるほどの出来栄えだ。

そう言えばこのジグヘッドワッキーも、元を辿ると、一番最初にこれを教えてくれたのは長尾だった。

当時、亀山で非常に話題になっているリグだと言って教えてもらった。

その後、椎谷さんがマスターズ河口湖戦でジグヘッドワッキーを使い優勝し、全国的に広まった。

| | コメント (0)

2020年12月19日 (土)

スイングヘッド

ビッフルバグに装着するハードヘッドが登場し、フットボール型ジョイントジグヘッドが流行り、今ではこのヘッドもスイングヘッドとして定番のジグヘッドとなった。

本来の使用方法である巻いて使う使い方も良いのだが、このヘッドはリフト&フォールさせることでキャストしてでもバーチカルに近い動きを出せる。

通常のジグヘッドよりも移動距離が少なくして使えるという使い方ができる。

その動きというのは今時期の寒い時期には非常に有効である。

先日、今年最後になると思う釣行時も、このスイングヘッドに助けられた。

Basslog20201219a 前回はマスタッドのファスタッチフットボールにエンジンのCOフックを組み合わせて使用した。

このスイングヘッドを初めて使ったのは7〜8年前で、その時は自分で鉛を流して自作した。

そして巻いて使ってみたが、それよりもパワーホグを付けてロッドでチョンとリフトさせた後のフォール時の移動距離の少なさに驚いたのを覚えている。

初めて使用した利根川では数本のバスはキャッチしたが、そんなに威力は感じなかった。

そして今年の秋にこれだけ物凄い反応が良い時があり、前回の釣行で出してこれは良いと確信できた。

まだまだ色々と調整していかない行けない部分はあるが、これは非常に有効な感じなので、今年の冬はかなり期待している。

| | コメント (0)

2020年12月 6日 (日)

Stand up Finesse Head

気に入っているシェイキーヘッドの1つであるカンタベリーのシグニチャーモデルであるカンタベリーシェイキーヘッド。

これのメーカーであるダーティジグのジグヘッドは使いやすくて、頑丈で気に入っている。

シェイキーヘッドのスタンダップタイプが必要となる場面というのが多いので、探しているとダーティジグズにもスタンダップタイプが2種類あった。

Basslog20201206a スタンダップフィネスがいい感じなので、これも取り入れてみた。

フックは60度ホリゾンタル5/0とちょうどいい感じで、がまかつ製フックという事で品質もよい。

ヘッドロックはコルクスクリューと呼ばれるワインオープナー状のオーソドックスなスクリュータイプである。

このスクリューも各社色々と軸の太さ、ピッチ、径が違っている。

オーナーのセンターピン仕様が最もセットはしやすいと思うけど、ただのスクリューでもダーティジグズのスクリューはセットしやすい。

| | コメント (0)

2020年12月 5日 (土)

F19 Shaky Head

未だにどんどん新たなモノを買い足しては試しているシェイキーヘッド。

シェイキーヘッドはスクリュータイプがポピュラーであり、スキッピングやカバーに入れたりと、ハードに使うことが多いので、スクリュータイプはトラブルが少なく使いやすい。

ノンスクリュータイプだと4×4ターンNバーンフィネスやがまかつスタンドアップエイリアンが気に入っているのだが、ノンスクリュータイプの王道は縫い刺しするタイプである。

これはワームを真っ直ぐセットしにくいので、あえて避けていた。

でも、ワームの形状によってはこれの方が合っているものもある。

それにシェイキーヘッドの利点を活かしてほかの用途に使用を考えて、初めて縫い刺しタイプを取り入れてみることにした。

Basslog20201205a 色々と観てみた結果、バークレイのフュージョン19のシェイキーヘッドが理想に近かった。

リセッスド仕様の45度ホリゾンタルでフックの軸もしっかりしておりいい感じだ。

これならポリエチレンで組んだタックルで瞬発的にフッキングしても大丈夫そうだ。

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

ジグヘッド

最近は使うジグヘッドのサイズが両極端になりつつある。

小さいものでよく使っているケイテックのラウンド1/32oz.#4のジグヘッド、そして大きいものではシェイキーヘッドやスイムヘッドといった#3/0~5/0といったものを使っている。

Basslog20201026a シェイキーヘッドもようやく数種類に絞り込めた。

シェイキーヘッドの有効性を知ると、もっと早く使っておけばよかったと思う。

でも、昔使っていたら、有効性に気付かず使えないジグヘッドだなぁ…と思い、その後使うこともなくなっていた可能性もある。

フックセットから色々と使い方を理解できていなければ、むしろ使いにくいヘッドだろう。

そう考えると、ケイテックのジグヘッドなんてフッキングもオートマチックみたいなぐらい使いやすい。

色々な状況を踏まえると、どちらも必要不可欠な存在だ。

| | コメント (0)

2020年9月26日 (土)

スーパーラウンドジグヘッド

Basslog20200926a_20200926081301 先日買い足せなかったケイテックのラウンドジグヘッド1/32oz.#4がケイズにはあった。

でも2つだけだったので、やはりこのサイズは人気のようだ。

ラウンドジグヘッドも極力フックは小さいものを好んでいるので、この#4が一番。

日本のジグヘッドはフックが小さいものが多いのだが、使うのにしっくりとくるサイズというものは意外と少ない。

そんな中でもケイテックのジグヘッドはしっくりとくるものが多い。

ケイテックのジグヘッドはラウンド、フットボール、フットボールシェイキーと使用している。

シェイキーヘッドもこのフットボールシェイキーで覚えた。

フッキング時にヘッドが外れる仕様はフッキング率を大きく高めてくれる。

ファーストテーパーのライトなスピニングロッドが主流の、日本のバスフィッシング事情もしっかりと見据えての設計は素晴らしい。

そして創立当初からの、ゆるぎない高品質は日本の誇りだね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧