2021年4月 5日 (月)

フラッシースイマー赤ブレード

蛍光の赤ブレードを装着したフラッシースイマーを使ってみた。

Basslog20210405a ワームはジャバロンネオ135を装着した。

泳がせた感じは、ネオだけあって非常にゆっくりと引いてもボディはクネクネとよく動き、同時にブレードもしっかりと回転していた。

ゆっくりと引いてしまうとブレードが回転しないので、少し早く引くことになりそうな気がしたが、そんなことはなかった。

ジャバロンネオ単体で使うよりも、むしろこれで使う方がよさそうだ。

水温が8度台の時に使ったので、時期的にもちょうどよいぐらいのスローなケイデンスで引けた。

そしてバスが2度出たのだが、フッキングには至らなかった。

目で見えたのでフッキングはしっかりと口に咥えた時に合わせたのだが、やはりこの時期のバスは顎に力が入っておらず、口から抜けてしまった。

冬ならではの、バイトがったのにワームに歯形が付いていなかった。

水温が10℃を越えれば問題なさそうだ。

でも、今回は低水温時の赤ブレードの効果を検証するのが目的であったので、フッキング向上を考慮して再度出直し…

| | コメント (0)

2021年2月25日 (木)

赤ブレード

今ぐらいの低水温期に効くと言われているフロントに蛍光の赤いブレードを装着したスピナーベイト。

これ自体の検証もまだ継続して行っている。

Basslog20210225a それと並行して検証してみたく蛍光赤のブレードを装着したスイミングヘッドも昨年作ってみた。

蛍光赤ブレードのチラチラと放つ色が効くのであれば、これも効くのでは?

低水温期はスイムベイトも効くので、これも他のスイムベイトと比較してみようと思っている。

どこのフィールド行ってもなかなか数が釣れないので、検証すると言っても、曖昧な結果が出るまででも数年は掛かるだろうね。。。

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日)

カウンターロック&メガトンロック

Basslog20210214-1 スイングヘッドに装着するのに気に入っている岩礁カウンターロック

このフックと同じ岩礁シリーズの岩礁メガトンロックも気になっていたので、大量に入手してみた。

フックポイントはカウンターロックはニードルポイントで、メガトンロックはオーナーカットとなっている。

メガトンロックはカウンターロックよりも軸が太く、ギャップもナローなのでカウンターよりもかなり強そうなので期待している。

Basslog20210214-2 どちらのフックもクランク部分よりフロント側のシャンクスロートが長いので、アイを露出してもワームセット時の収まりがよくワームの消耗も防げる。

フックポイントは若干内向き程度のアイとほぼ平行仕様なので、ストレートフック同様にテキサススタイルでワームの中に完全にフックポイントを隠せる。

これができるので、かなりスナッグレス性能は高く、バイト時に顎に力が入っていない冬でも掛けれる。

| | コメント (0)

2021年2月13日 (土)

スイングヘッド製造

Basslog20210213b ジグヘッドのモールドを買うことはもうないだろうと思っていたけど、必要に駆られ約30年振りに買った。

最近スイングヘッドを色々と使っていたら、ビッグベイトベイツのヘッドが圧倒的に使いやすく根掛かりしにくかった。

何が違うって、やはりリセスドアイが根掛かりを軽減させており、掛かっても外れやすいのだろう。

マスタッドやストライキングのファスタッチもフック交換がイージーでよい。

良いとこ取りでリセスドアイとファスタッチが両方付いているものがあればよいのだが…

ないので、自分で作るしかないという結論に達した。

とりあえずファスタッチとDo-itのモールドを入手した。

ファスタッチをモールドに挟むので、まずはモールドをグラインダーとルーターを使って削ってファスタッチが入るように加工した。

そしてファスタッチをペンチでベントしモールドに合うように加工。

Basslog20210213a そしてリードポットで鉛を融かし流し込んでみると、想定していた通りのスイングヘッドが完成した。

ヘッドに色を塗ろうかなぁ…

それは気が向いたらにする。

| | コメント (0)

2021年2月 6日 (土)

スイングヘッド

Basslog20210206-1 先日使ったスイングヘッドを観たら、意外とヘッドの塗装が剥げていなかった。

結構な時間使っていたし、結局根掛かりもしなかったので、最初から最後まで使っていたものだ。

少し削れた箇所はあったものの、ほぼ無傷といった感じであった。

この状態から推測すると、ほぼ岩等に引っ掛かっていないということだろう。

確かにあまり根掛かりした覚えはない。

攻めていたのは岩の起伏が激しいようなハードボトムばかりであった。

Basslog20210206-2 でも裏返してみると、下側はかなり剥げていた。

その剥げ方をよく観てみると、何かに引っ掛かって剥がれたのではなく、叩きつけられて剥げたような跡であった。

更に観ていて気付いたのが、オフセットフックのベリー部が結構削れていた。

ヘッドはフォールしてボトムに付くときに付いた傷が重なって塗装が剥げたのだろう。

フックはリフト時に擦れたのだろう。

これを観て、改めてスイングヘッドって今までのジグヘッドとは違うと実感した。

 

| | コメント (0)

2021年2月 1日 (月)

ラウンドスイングヘッド

今年は早々から50アップをキャッチすることができた。

Basslog20210201a その50アップを仕留めたのがラウンドタイプのスイングヘッド。

これはがまかつからジョイントノッカーという商品名で海用のタックルとして販売されているそうだ。

フットボール型と両方使ってみたが、細身のワームや小型のワームにはこのラウンドタイプが収まりがよく合う感じであった。

因みに2本の50アップはこのラウンド型で仕留めた。

1本はセンコーの031、もう1本はレイジベイビーバグのサマークロー。

今のところフットボールとラウンドとの違いをあまり感じない。

とにかくこのジョイントタイプのジグヘッドは使いやすい。

タックルはTVC-70Hのような硬めのロッドが操作性に優れているので、合わせるフックは伸びたり折れたりしないしっかりとした強度のあるものを選ぶとよい。

| | コメント (0)

2021年1月16日 (土)

Swing Head Jig

Basslog20210116-3 新たに追加したビッグバイトベイツのスイングヘッドジグ

このスイングヘッドはがまかつのスーパーラインEWGオフセットが標準装備されている。

このスーパーラインEWGオフセットは日本の316と同じ。

このヘッドに装着されているフックは#6/0。

あまり大きいフックサイズを好まない自分には、このサイズだと合わせるワームが非常に少ない。

Basslog20210116-1 スイングヘッドの元祖であるジンラルーのビッフルバグを装着してみると、ちょうどピッタリではあったけど、自分が普段チョイスするサイズよりはかなり大きめ。

ということで、フックを交換することにした。

フックはオフセットで、フックポイントがアイの方向へ向いていないもので、ワイヤーが伸びないような強いもの。

このような物を探した。

フックの強度面からがまかつ製かオーナー製に絞り、色々と探してみた。

Basslog20210116-2 すると、オーナーの岩礁カウンターロックというオフセットフックがちょうど理想に近かった。

クランク部が一般的なオフセットよりもアイから離れているので、アイをしっかりと露出できることから自由度が増す。

フックを付け替えて実際に使ってみたが、50アップもキャッチでき、強度も問題なかった。

これはなかなか良いと思ったのだが、オーナーのHPを観てみると、もっと良さそうなものを見付けた。

岩礁メガトンロックという超ヘビーワイヤー仕様のフックがあった。

このフックはフックポイントがオーナーカットのようだ。

オーナーカットは不人気の風潮が強いが、ワイヤーベイトのフック等に使用すると、フックポイントが潰れた際に復元できないので不人気であって、掛かりは全く問題ない。

オフセットフックの様に、しっかりとバスが咥え込んでからフッキングする釣りにはむしろオーナーカットが合っている。

| | コメント (0)

2021年1月15日 (金)

ファスタッチフットボール

最近お気に入りのマスタッドのファスタッチフットボールウエイト。

Basslog20210115-2 今までは鉛製の物を使用していたが、マスタッドにはTitanXというタングステン仕様もあるので取り入れてみた。

現物を観るまでは、樹脂タングステンで作ったものだと思っていた。

樹脂タングステンだと、タングステンとはいえ、比重が鉛よりも軽いので体積は大きくなってしまう。

そんなこともあり、TitanXはあまり気にしていなかった。

しかし、実物を見てびっくり。

Basslog20210115-1 同じウエイトのヘッドだと明らかに小さい。

パッケージから出してペンチで潰してみたが、硬くて全く割れなかった。

ウエイトもしっかりと計測するとちゃんとウエイトも出ているので、間違えなくピュアなタングステンである。

中央にパーティングラインが入っているので、ワイヤの溝をデフォルトで入れておき、貼り合わせているようだ。

既存のジグヘッドなどでピュアタングステンを使用しているメーカーは、スリットが入っているヘッドにフックをインサートし樹脂で固定する手法が一般的なので、これは新しい手法だ。

それとペンチでバイトしたと同時にびっくりしたのが、ヘッドのペイントが剥がれなかった。

説明書きを見ると、デュラブルパウダーコートと記してあった。

つまり耐久性のある粉末のコーティングが施されているという事。

これなら納得して使える。

| | コメント (0)

2021年1月10日 (日)

スイングボールヘッド

Basslog20210110a ボールヘッド型のスイングヘッドも存在することを知り、幾つか取り入れてみることにした。

ハードヘッドの様に、巻いて使用することを考えればフットボール形状がよいが、ロッドでアクション加えて使うならラウンド形状でもよさそうだ。

色々と細かい事を考えると、昨日話題に出したビッグベイトベイツと同じDo-it形状が理に適っている気もするけど…

ストレートワームを装着して早いリズムで使用するなら、このラウンド形状の方が良さそうな気もする。

使ったこともないので、とりあえず試してみることにした。

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

Swing Heads

Basslog20210109a スイングヘッドを色々と買い足してみた。

マスタッドのファスタッチフットボールは今のところ一番気に入っているので補充。

ビッグバイトベイツのがまかつスイングヘッドジグとマスタッドのタングステンチタンXのファスタッチフットボールを追加した。

ビッグバイトベイツのヘッドはがまかつの316が標準装備されている。

このヘッドはDo-itのスイングヘッドモールドにあるものと同様の形状であることから、この形状が最もオーソドックスなスイングヘッドな感じとなっている。

リセスドアイに60度バーチカルアイ、45度スタンダップ仕様となっている。

リセスドアイ仕様となっているので、この形状がスナッグレス性能を考えると良いのかも…

| | コメント (0)

より以前の記事一覧