2021年8月16日 (月)

ライブ魚探

最近の魚探に搭載されているライブ画像。

これがあると、全ての魚が映し出されて、全て捕らえられると思っている人が多いようだが、そこまでは不可能。

画面に映った魚とルアーを観て釣るとなると、実際に肉眼で見て釣るサイトと同じ感じだ。

つまり見えた魚全てを釣ることができる訳ではない。

このライブタイプの魚探はそこが取り上げられることが多いけど、これをやるとなると、それだけに集中して釣っていかないと、なかなか普通のサイトの様にはいかない。

こればかりに集中していると、他の事が見えなくなり、ちょっと本来のバスとは次元が違ってしまい、ライブ魚探を付けたのに逆に釣れなくなってしまうなんてことになる。

これらの魚探に使われているビーム幅は非常に狭いので、自分の使っているルアーを魚探に映すのも慣れるまで大変だ。

捉えてもボートが動いてしまえば見失ってしまうので、それを維持するのも慣れが必要だ。

でも、使い始めて判ったのが、このライブ魚探の良さは他にもある。

Basslog20210816a 自分は他の魚探にはないメリットを3つ感じている。

これらは非常に釣りをしているとアドバンテージとなり、それに気付くと釣れるバスの数は飛躍的に伸びる。

その3つを目的として使用していると、バスを魚探で狙い撃ちしようとは思わなくなってしまう。

特に中層を回遊しているバスを釣るには非常に有効な道具となる。

ライブ魚探を使ったサイトの様な狙い撃ちも面白い部分もあるとは思うけど、それを使うなら海の回遊魚でも狙って使った方が面白いと思う。

ライブよりも前にサイドや360といった魚探を使って、インビジブルなカバーやストラクチャーをしっかりと把握して釣る釣りの方が面白いと思う。

二次元魚探では場所の把握をするのに物凄い時間が掛かったが、今ではそんなことが簡単にできてしまう。

例えば沖のハンプを探すにしても、二次元魚探だとかなり細かいピッチでジグザグに湖上でボートをゆっくりと走らせて魚探を掛けなければいけない。

更にハンプを見付けたら、見失わないようにある程度の目印にマーカーを投入して、色々な角度から更に魚探を掛けて形状とか頂上を把握する。

把握出来たら、今度はその中心となる部分から山立をして、その場所に再度入れるように正確な場所を3方向で山立しておく。

山立した目印はメモしておき、再度入る時はそれを見て魚探を掛けながら探して入るという、面倒な作業をしなくてはいけなかった。

それが今はGPSもあるので、天候が悪くて視界が悪い日でもすぐに入ることが可能だ。

最初の探す作業も、サイドを観れる魚探であれば、ある程度の幅を両サイド一気に探すことが可能となり、形状なんかはきれいに映し出されるので一目瞭然だ。

360があれば離れた位置から距離も確認できるので、ハンプの上をボートを通さなくても正確な位置が判る。

そして目印なくても正確にルアーを通すことが可能だ。

ライブ魚探があれば更にそこを目で見ながら釣るようなことが可能となるということ。

最近の魚探はここまで進化した。

そこまで知ると、これ以上はもう魚探は進化しようがないように思えるけど、使っているとまだまだ進歩の余地は多々ある。

今後どのように進化をするか楽しみだ。

| | コメント (0)

2021年7月 1日 (木)

Version up

ハミンバードの360を360MEGAに替えたら、全く360が表示されなくなってしまった。

配線の接触が悪いのではないかと、原始的な方法で色々と弄ってみたが映らなかった。

この360メガに替えて初めてのその日は、九州で最も魚探の事に詳しい服部さんが同行していたので、服部さんに色々と診ていただいた。

九州のJBプロは魚探で困ったことがあるとメーカー問わず服部さんに相談するという事だけあって、すぐに魚探のバージョンが古い事が原因と突き止めてくれた。

ハミンのヴァージョンアップは自分でもできるようだが、失敗すると他の物までデータが消えたりすることもあり、そうなると大変。。。

服部さんは岡田商事に依頼した方が無難という事だったので、言うとおりにケイズから岡田商事へ送ってもらい更新を依頼した。

Basslog20210701a_20210701073701そしてその魚探が戻ってきた。

当たり前だけど外観は全く変わってない。

これで次回からMEGAが使用できる。

360と360MEGAは人によって違いがそんなにないという人もいれば、全然違うという人もいる。

実際にはどうなのだろうか?

| | コメント (0)

2021年6月24日 (木)

クイックリリースクレードル

ガーミンのエコマップウルトラのU字型の架台だけというのは販売されていない。

この機種はディスプレイだけが簡単に外れるようになっている。

Basslog20210624a その受け側の架台をクイックリリースクレードルという。

このクレードルがなかなか便利で、ボタンを押してレバーを持ち上げればディスプレイが簡単に外れる。

これに慣れると配線時の差し込んでクルクルとネジを回して装着する作業が面倒になるくらい、準備時間を削減できる。

脱着共に作業時間は5秒あれば終わる。

盗難対策としても架台に施錠して盗難を予防するよりも、本体を外してしまった方が間違えなくよい。

これなら外してしまう作業が楽なので本体ごと片付ける気になる。

本体を違うボートで使いまわしている自分には非常にありがたい。

魚探の3大メーカーであるロランス、ハミン、ガーミンをトータルして比較すると劣っている感があるガーミンだが、このシステムは素晴らしい。

| | コメント (0)

2021年6月11日 (金)

魚探設置

フロントに魚探を設置した。

ようやく釣りができるようにはなった。

Basslog20210611-2 Basslog20210611-1 コンフォートロールのライムグリーンの架台は意外と周囲からは好評(笑)。

想像していたよりは馴染んでいる気はするけど、どう見ても合うとは思えない。。。

もう1台はRAMマウントの2インチボールを用いて設置した。

魚探自体が結構な重さがあるので、2インチ球でないと走行中にバタついてしまう。

フロントにこのタイプを用いるのはあまりよくないけど、今回はとりあえず応急で装着した。

アルミボートなら1.5inボールのマウントでも耐えられるが、バスボートになると2インチでも安心はできない。

2インチボールを観ていて気付いたのだが、2インチ球といえばヒッチボールも2inなので、同じサイズだ。

ヒッチボールはそんなに大きく感じないが、マウントのボールになると巨大に感じる。

でもまだ配置換え等したいので、あとは特注で部材を発注してからになるので、もうしばらく時間が掛かりそうだ。

| | コメント (0)

2021年5月11日 (火)

On Deck

4月上旬にコンフォートロールのマウントをオーダーしておいた。

Basslog20210511a 先日届いて箱を観た瞬間‘LIME’の文字がやたらと目についたのと同時に、ちょっと嫌な予感が…

箱を開けてみると綺麗なライムグリーンのマウントが入っていた。

こんな色をオーダーしたかな…?

赤か青かで迷った覚えはあるけど…

まぁ仕方ない(笑)

| | コメント (0)

2021年4月18日 (日)

霞ヶ浦Series

昨日土曜日はJBⅡ霞ケ浦Series第一戦‘KAHARA Japan’カップが開催された。

この日は昼頃から強風の予報が出ていたため、時短での開催となった。

実質3時間程の短い時間での競技となった。

数日前の雨からあまりよくない状態に陥ってしまったこともあり、厳しい試合となると予想されていた。

結果からすると、出場チーム40中、釣ってきたのは5チームと、この時期としては予想以上に厳しい試合となった。

そして本日はJB霞ヶ浦Series第一戦‘アブガルシア’カップ’の開催予定であったが、強風のため延期となった。

Basslog20210418a 待ち時間や試合が終わってからボートの整備や魚探の取り付けを行おうと思っていたが、結局何もできず…

なかなか時間が足りなくて思うように作業が捗らない。

釣り業界は相変わらず景気が良い状態が続いているようで、ケイズも忙しくて猫の手も借りたい状態のようであった。

そんな状況ではあるものの、頼まないと間に合いそうもないので、トレーラーのタイヤ交換はケイズに依頼してきた。

ボート類の作業は何かと時間が掛かる。。。

| | コメント (0)

2021年4月17日 (土)

MEGA360Holder

ハミンバードの360の振動子はボート走行中に揺れてブラブラするので、固定するホルダーを付けている。

特に純正はないので、自作でホルダーを作った。

そして360からメガ360に交換したら、なぜかシャフトの収まる位置が違うようで、ホルダーを作り直しとなった。

アルトレックスへの取り付け金具は同じなので、アルトレックスも交換したのでマウントが変わったのかな?

Basslog20210417a 以前よりも少し高い位置に収まるようになった。

RAMマウントの1インチボールアームを、エレキのマウントカバーを固定するネジのところに装着した。

このネジがまたインチのようで、ネジ1つ長いものに替えるだけなのになかなか合うものがなくて探し回ってしまった。

ポールの台座はゴムボートのパドル置きを使っている。

家にボートが置いてあれば少しずつできるのだが、離れたところにあると、何かと手間が喰う。。。

| | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

LIVE合戦

アクティブターゲットが発売開始され、ライブ仕様が各社出揃う。

そして導入しようと思っているメガライブイメージングももうすぐ発売となるというのに、まだライブスコープも取り付けていない。

Basslog20210301a 簡易的なライトライブスコープは既に使用しているが、ライブスコープはまだ使うどころか…という状態だ。

とりあえずブラックボックスと本体用の電源は確保するところまでは出来ている。

今月中には取り付け完了したい。

| | コメント (0)

2021年1月 7日 (木)

配線

今年の正月は釣行は自粛し、ボートの配線をいじっていた。

既に何が何だか分からないぐらいの量の配線になっている。

Basslog20210107a そこへ新たに配線を足さないといけないので、まずは1本1本線を辿って何の配線なのか探っていった。

そんな線を把握するだけでも結構な時間が掛かってしまった。

次回また解らなくなってしまうので、線に名札でも付けておけばよいのに、時間が足らずそのまま放置してしまった。

ネジ1つ替えるにしても、MやWといった国による仕様違いでピッチが変わってくる。

隙間隙間を細かく使っているので、長さもミリ単位で合っていないと干渉してしまったり…

その度にホームセンターへ買いに行ったりで、結局大した進捗はないまま夕暮れとなり、急いで片付けしてきた。

ということで、まだまだセッティングには時間が掛かりそうだ。

| | コメント (0)

2020年12月23日 (水)

Switch ON

新しいアルトレックスのリモコンのスイッチを入れようと思い、ボタンを押しても電源が入らなかった。

電池切れか、電池が入っていないのか…と思ったら、何と今回のリモコンはUSBでチャージできるようだ。

Basslog20201223a 早速チャージして電源を入れてみた。

すると、今度のリモコンはカラーのタッチパネル式となっていた。

かなり進化したような気もするけど、アルトレックスはスマホでも操作できるのでどうってことない事かな。。。

家で電源入れたので、本体が見付からないとの表示…

結局まだエレキ自体使えないまま。。。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧