2024年5月24日 (金)

FFS

フォワードフェイシングソナーも一般的なものになった。

2年ぐらい前までは付いていると、「おっ!」って感じで物珍しいものがあった。

急激な普及で今では極当たり前となってきた。

Basslog20240524a 自分も最近ではなくてはならないものとなり、レンタルボートで出るにしても装着している。

バスを探して釣るというよりも、釣っている周囲の状況を知ることができるのはとても面白い。

一番気に入っているのは当たり前だけど前方が見えるということ。

今までは上を通過しないと魚探では判らなかったものが、手前から判ってしまうのだから凄いことだ。

ただショアラインを流しながらキャストするにしても前方が見えるのは、非常にアドバンテージとなる。

これを味わってしまうと、ただショアに向ってルアーをキャストしていることすらFFSなしではファンキャストに感じてしまう。

FFSでなくても魚探なしで何も地形も水深も判らない沖で釣りする気になる?

そんな感覚になってしまう。

今までは物凄い時間を掛けて把握してきた水中が、瞬時に解ってしまう。

インビジブルなアイソレートストラクチャーなんて、マーカーブイ撃ってボートをいろんな角度から走らせて把握して、更に山立てして…と、物凄い時間が掛かった。

それが今やすぐに解ってしまう。

そんな便利なものを知ってしまったら手放せなくなる。

| | コメント (0)

2024年5月 1日 (水)

ツイストローテーターシンクロ

物凄い勢いで浸透しつつあるフォワードフェイシングソナー。

FFSの振動子が発するビームというのは普通のソナーの振動子よりも非常に狭い。

普通はビームが広がるイメージだと思うけど、FFSの場合は板状の線で発してるような感じである。

そんなこともあって、少しずれてしまうと対象としているものを見失ってしまう。

通称FFSを使う場合、最初はエレキのシャフトに振動子を付ける人が多いと思う。

エレキに装着すると、ボートを動かすためにエレキを操作すると、振動子も動いてしまうのでビームも連動して向きが変わってしまう。

捉えたいものが遠ければ遠いほど見失いやすい。

使い始めてこれを実感すると、ソナーだけを向けたい方へ向けたいという思いが生まれる。

そうなるとローテーターと呼ばれているFFS専用の振動子を自在に操れる装置の必要性を感じる。

自分もそう感じたのだが、そう思った頃に既存のものは電動式しかなく、使い勝手の悪さを感じていた。

それで手動式を自作しようと考えていたけど、THタックルからワイヤ仕様のフットコンタイプが登場したことで、これの方が断然便利だと思ったので自作は断念し、ツイストローテーターを導入した。

これは想像していた以上に便利で驚いた。

これを装着したのが昨年の春で、そのちょっと前にライブスコープからライブスコーププラスに替えたこともあり、ライブシューティングの精度が格段に上がった。

そのツイストローテーターにシンクロというギア比の違うタイプが新たに登場した。

Basslog20240501-1 昨年のシーズン終わりにツイストローテーターを外し、THタックルの濱田さんにシンクロへ改造していただき、今年からシンクロとなった。

そして先日初めてシンクロを使ってきた。

頭の中ではそんなに変わらないような気もしていたのと、既存のタイプの方が一気に後方も向けられて良いのでは?ぐらいに思っていた。

使い始めて10分ぐらいでシンクロに自分の身体もシンクロしていた。

シンクロは振動子を向けたい向きとペダルが全く同じ方向を向く。

つまり釣りたい方向へペダルに乗せた足が向いていればFFSはその方向を捉えているということになる。

慣れてしまえばというより、自然と前方を捉えているので、釣りに集中しやすい。

FFSは慣れないと振動子の向きばかり気にしてしまい、なかなか釣りに集中できない。

釣りに集中できれば狙っている場所へルアーを送り込むなんてことは容易だ。

実際にルアーやバスを追うにしても微調整が効きやすくなったので、簡単に追うことができる。

湖上が荒れていても追従しやすい。

スポットロックして今までの感覚でペダルを動かして探すにしても、今まで以上に微調整が簡単にできるので驚くほど簡単に対象を追うことが可能だった。

Basslog20240501-2 ツイストローテーターはペダルを動かすときはかかと側を動かし、固定したい時は爪先側をペダルの前方のフラットな部分へ置くだけで固定される。

これも非常にシンプルで使いやすい。

このペダルの動きの強さ調整はこのペダルのかかと部分にあるネジで調整可能である。

これで自分に合った強さに六角レンチで簡単に調整できる。

シンクロの登場で更に精度の高い釣りができるようになった。

自分の場合はバスを追うことよりも狙うカバーや前方のストラクチャーの確認用として主に使っていた。

あまりバス自体を追うことはしていなかったけど、これがあるとバスを追いやすくなるので、サイトフィッシング同様の感覚でライブ仕様魚探FFSを使用したいわゆるライブシューティングとかライブサイトといった釣りが簡単にできる。

先日桧原湖で使っていてバスの反応が手に取るように判ったので、ついついライブサイトをやってしまった。

ルアーの動きによって折り返してしまうバスも、動きに変化を付けて簡単に釣ることができた。

今までもそのような場面はあったけど、タックルを替えている間にバスを見失ってしまっていたけど、シンクロならしっかりと捉え続けられるので、もはや視力が悪い人には目でサイトするよりも正確にアプローチできるかもしれない。

そして当初ちょっと気になっていた後方に関しての不安だが、これに関しても後ろを釣る時は後ろ向くのでそのままペダルに足を置いたまま後方を向けばよいだけであった。

それに後方に向けたい時って全体の割合でみたら、1日の1%にも満たない時間にすぎないなぁ…と思った。

シンクロにしてツイストローテーターにした時の精度向上感が再来したようだ。

シンクロにして色々なことがここまで変わるとは思わなかった。

製品のネーミングは足の動きと振動子の向きをシンクロさせてくれるという意味合いからだと思うけど、使ってみた印象としては、シンクロはFFSと自分の身体をシンクロさせてくれる。

| | コメント (0)

2024年1月29日 (月)

Bait-Pop

フィッシュフォーミュラといえば今まで色々なものをリリースしてきた。

昔は使っていたけど、フィッシュフォーミュラは現場でちょこちょことマメに塗布しないといけないので面倒。

それにワームのパックに入れて漬け置きしておくとワームが硬くなってしまうので、事前に漬けておくということができない。

そんなこともあって最近では使わなくなってしまった。

Basslog20240129a そんなフィッシュフォーミュラから‘ベイトポップ’という、ちょっと興味をそそる新製品が発売された。

フィッシュフォーミュラなので匂いの効果は配合されているようだ。

そして過去にもあったスパークリングスケールのようにラメが配合されていて視覚効果も得られる。

そしてこのベイトポップにはライブソナーインテンサファイア‘Live Sonar Intensifier’という機能も備わっているそうだ。

これはフォワードフェイシングソナーに映し出されるルアー映像を増幅させてくれるということだ。

FFソナーは画面に自分のルアーを映し出すのは慣れないと難しい。

これを容易にするには慣れや画面を巨大化するというのが現在ある選択肢だ。

画面を巨大化する場合、16inのGPSMAP8416xsvなんかだと100万円オーバーとなるので、値段的にかなりのハードルがある。

そこをこのフォーミュラで解決できたらかなりのお得感がある。

時代に合わせてフィッシュフォーミュラも進化しているようだ。

ちょっとこれは気になる。

| | コメント (0)

2023年11月25日 (土)

LVS12

LVS12ライトライブスコープを久し振りに使ってみた。

Basslog20231125a ライトライブスコープを使っている人ってあまりいない。

この振動子は電波の発する照射角度が狭いこともあり普及していないのだろう。

その他にも通常のライブスコープと比較すると、届く距離も短く、画像もちょっと粗くなってしまう。

でもこのLVS12はブラックボックスが要らないので、今までの2次元魚探のように電源ケーブルとこの振動子を本体へ接続するだけでセットは完了する。

レンタルボートやちょっとした短時間の釣りにはベストだ。

これなら用意するのにも時間は短くて済むし、持っていく荷物も少なくて済む。

ライブスコープを使い慣れてしまうと、なしでは釣りができなくなってしまう。

そうなってしまうと、例え範囲に制限があっても、このライトライブスコープでもあると釣りは快適にできる。

先のものを確認できるので、適当なファンキャストをせずに済む。

それと下方向を観る時は全く問題なく使える。

これからの時期はバーチカルに狙うことも多いので、ライトでもかなり役に立つ。

| | コメント (0)

2023年6月 9日 (金)

マウント装着

Basslog20230609a エレキ用のショートマウントに魚探用のRAMマウント、トランデューサー用のBMOマウントを装着した。

これで4号艇のジョンボートの準備は完了。

デッキも完成し、エレキも使えるし、魚探も使える。

魚探は結局フォワードフェイシングを使えるようにした。

最近サイトでの釣りも視力の低下とともに釣りにくくなったこともあり、フォワードフェイシングは必要不可欠な存在になりつつある。

キャストする方向の情報が知ることができるというのは、ファンキャストが減るので非常に助かる。

もうFF無しでの釣りは出来なくなりつつある。

| | コメント (0)

2023年4月26日 (水)

取付角度

ツイストローテーターの取り付けをして、最終的な向き位置を決めるのに迷った。

よく使うのは前方180度なので、普通に装着すればほぼ問題ない。

ただ、色々な場面を想定していたら、真後ろって観ることができると役立つと思った。

今までも真後ろを観たいと思ったことがあったが、エレキに装着しているとペラはバック方向に向くのと、惰性で動いてしまうしエレキ動かすとまた位置変わるしで使い勝手が悪かった。

そんなこともあり後ろ向きはほぼ使っていなかった。

でも真後ろを観ることができたら、ドラッギングする時や、通過した際に何か映った時なんかに使える。

Basslog20230426a そんなこともあり左に全開に切った際に真後ろを向くようにセットした。

これなら真後ろを瞬時に観ることができる。

ツイストローテーターはフットコンを90度回すことで340度回転させられる。

20度の死角は右後方に若干生じてしまうが、後ろで微調整して攻めることはないので、左へ完全に切れば真後ろを瞬時に観られれるこの位置がベストだろう。

エレキで流している時に、2次元の画面で真下に何かあった時や、360で後ろに何かあった時なんかにパッと後ろ向けてルアーをキャストすることで後方もすぐに対応できる。

他にも、一般的に使われているような魚を見付けてからキャストするだけでなく、ドラッギングの場合はルアーを映し続けて周囲を確認しながら釣ることが可能だ。

フットは左いっぱいに切って固定し、ルアーが映る位置にロッドを固定しルアーを観ながら周囲の反応を確認し続けるとよい。

フットコンペダルは足の爪先側を可動部前のプレート部に置くことで、位置を固定できるのでブレることもない。

アルトレックス等のエレキであれば自動で流すこともできるので、魚探に映るルアーを観ることに集中できる。

これに慣れたら2次元魚探にワイヤ式エレキでドラッグしていた日を懐かしく思う日が来ることだろう。

後ろ向きでも微調整して細かく観て丁寧に釣りたいならばボートの向きを換えないと釣りもやりにくいので、瞬時に真後ろを観ることができるこの位置がベストだと思う。

| | コメント (0)

2023年4月25日 (火)

配線固定

Basslog20230425a ツイストローテーターの配線を以前にも紹介したフレクスルートケーブルクランプで固定した。

とりあえず仮でインシュロックで止めていたが、フレクスルートケーブルクランプでしっかりと固定した。

これで配線もすっきりとした。

方向の位置決めもできて完全にセットができた。

| | コメント (0)

2023年4月 8日 (土)

配線撤去

アルミボート用のエレキに装着してたトランデューサを撤去した。

Basslog20230408a 配線はフットコン下に格納し、無駄な配線は内容にしておいた。

これによって使い勝手は非常によくなった。

ただ、最近は知っているフィールドであればフォワードフェイシング1つのみで事足りてしまうので、サイドやGPS等他のものは撤去してしまうことにした。

魚探関係のものはなくてもよいぐらいであったけど、一応ライトライブスコープは残した。

それと電源ケーブルはエレキと一緒にしておいた。

それだけでもスッキリとした。

よくこんなまめに配線を格納したなぁ…と自分で感心してしまうほどであった。

そんなこともあり簡単に撤去できると思いきや、意外と時間が掛かった。

| | コメント (0)

2023年3月31日 (金)

フットコン装着位置

ツイストローテーターのフットコントローラーをしっかりと位置決めして固定した。

Basslog20230331a コンフォートロールのリセスドトレイを自分は使用しているのだが、左右の位置はトレイにぴったりと横付けした。

この状態で左に全開に回してもアルトレックスのフットコンと干渉することはない。

前後の位置はローテーターとエレキのそれぞれに足を置いた際に、ちょうど足のかかとが揃うぐらいの位置に決めた。

とりあえずこれで使ってみたところ問題なさそうだ。

慣れれば両足をフットコンに置いたままで釣りができるようになれるだろう。

電動式だといちいち左右のボタンを押さないといけないが、ツイストローテーターだと足の角度を変えるだけで意図する方向へ向けることができる。

足の微妙な動きだけで左右の微調整ができるのと、足の位置で向きが決まるので常に体で向きは把握できる。

つまり慣れてしまえばエレキのフットコンの様にインジケーターは見ないでも操作できてしまう。

これができることで、エレキをアンカーロックしていない時や流しながら釣りしている時でも、ルアーをしっかりと追い続けることが容易にできる。

フォワードフェイシング魚探を使い始めると、まずルアーを画面に映すことがなかなかできないという壁にぶつかると思う。

特にボートが動いている時にルアーを追うのは難しい。

エレキのシャフトにトランデューサ直付けだと、ある程度は練習すれば解決する部分もあるけど、電動式ローテーターだとかなり難易度が上がる。

そんなこともあって自分は手動式がベストと思い、手動式を自作しようと考えていた。

でもツイストローテーターは自分が描いていたものよりも更に上を行く使いやすさであった。

これがあれば魚探の画面と釣りに完全に集中することができる。

| | コメント (0)

2023年3月 8日 (水)

Ice Conversion Mount bundle

昨日のツイストローテーターに辿り着くまでは、自分で作るしかないと思っていた。

電動のものだと、故障等のトラブルが起こりやすいのと、首振りが遅い、微調整しにくいといったデメリットが多かったので導入は見送っていた。

結局直接人力で調整するものがベストと考えていた。

Basslog20230308_20230308220201

製品としてあるものでは、ガイガーテックマリンのメガライブアイスコンヴァージョンマウントバンドルがベストだと思っていた。

これはアイスフィッシングでメガライブを使用するためのもので、手動でハンドルを回して方向を決めるというもの。

微調整もしやすいし、クイックに向きを変えられる。

ボート用ではないけど、これが既製品ではベストだと思った。

その後ハミンバード社からはターゲットロックという、設定した方向をボートが動いてもそこを捉え続けてくれるという画期的なものが登場した。

これの導入はちょっと考えたけど、ハミンバードのライブターゲット以外で使えるのかが不明だったのと、決定的に2つのデメリットが思い浮かんでいた。

使っている人達がまだその辺のことに気付けないレベルなのか、隠しているのかよく分からないけど…

そんなこともあって導入は見送った。

そんところへツイストローテーターが登場し、これはデメリットが全て解消されているのと、自分が想像していた以上のものであったことから、これは即導入を決めた。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧