2024年3月17日 (日)

桧原湖お客様感謝抽選会

桧原湖漁協では入漁券の整理番号を使って抽選会を毎年行っている。

Basslog20240317a その抽選会が先月行われ、当選番号が発表された。

1等は10万円分の釣具商品券ということなので、結構買い物できる。

ただ下に記載されている商品券施設に釣具店が入ってない。

裏磐梯のセブンイレブンには釣具を置いてあるけど、置いてあるのは片隅にルアー等の小物程度で、高額なものはないので10万円分使うのは大変そうだ。

おつりは出ないそうなので在庫一掃ぐらいの勢いで買うことになるのでは…?

セブンイレブンに置いてある釣具では大したことないのではと思うかもしれないけど、ここの在庫は結構厳選されていて、桧原湖に合った旬なものが充実している。

シーズン中は有名釣具店よりも売れるそうなので、意外と侮れない。

そんな心配する前に自分の券は全てハズレだった。。。

 

| | コメント (0)

2024年1月 1日 (月)

謹賀新年

Basslog20240101a あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今年は久し振りにちょっと時間に余裕がありそうな冬休み。

初釣りに行けるかな?

| | コメント (0)

2023年12月31日 (日)

よいお年を

今日で今年も終わり。

早かったような気はするけど、今年も色々とあった。

今年の年末は12月の上旬くらいから少しずつ釣り部屋の片付けをしたこともあり、かなり片付いた。

でも完全には片付いていない。

片付けは捗ったので、あとは整理整頓して色々な作業や、釣りの準備がしやすい状態にしたい。

Basslog20231231a ちょっとPCの前に座ってみると、PCテーブルの上にはまだルアーがたくさんあった。

後ろにも椅子の横にもあった。。。

そしてPCを開き今年のアクセスログを少し観てみたら、昨年アップした‘スイベルキャロ’のページビューが断トツで多かった。

スイベルキャロが流行っているのかな?

最近流行っているスイベルキャロはやってみたけど、自分は2~3投で飽きた。

ということで、自分のスイベルキャロの記事等読んでも何の役にも立たないと思う。

ちょっと調べてみたら、スイベルキャロの第一人者みたいな存在になっているのが石川晶平みたいだ。

彼のHPにはプロフェッサーらしく「学校の教科書かよ!」と突っ込みを入れたくなるくらい細かく記されている。

スイベルキャロを覚えたい人はそっちを見た方がよいと思う。

彼と初めて会ったのは彼が高校生の時で、それから数年後に小森嗣彦から電話が掛かって来て

「石川って知ってます?」

「どこの石川?」

しばらく話していて、あ、あの石川君か…と気付き、大学生になった彼がまだ釣りを続けていたことを知った。

それから自分が勝った2008年の小森カップの時に久し振りに再会した。

その試合中に彼に会った時に「どう?」と聞くと、「数は釣れるんですけどウエイトが伸びない」とボヤいていた。

その時点でノーフィッシュだった自分は石川に負けるわけにはいかないと思い、本気スイッチが入ったのを覚えている。

その頃から釣りに対しては情熱的で、今もバスに対する思いは熱そうだ。

来年はスイベルキャロでもやってみようかと考えている。

Basslog20231231b 家にあるスイベルはボールベアリング式のスイベルばかりなので、スイベルをまずは色々なサイズ買わないといけないね。

自分が一番苦手としている2月の後半から3月上旬にも非常に効くようなので、ちょっと練習してみようと思う。

というのは、しばらく開催していなかった小森カップが久々に2月25日亀山ダムで開催されるからだ。

最近はあまりライトリグをやらないから2月があまり釣れないのかな?

結局は一発狙いでゾーイとかジョイクロ投げて、昼ぐらいにはジャークベイトをジャークしてそうな気もするけど…

来年はもう少しライトリグも使って喰わせの釣りも取り入れてみようと思う。

では、よいお年を。

| | コメント (0)

2023年12月 5日 (火)

釣り部屋掃除

そろそろ年末ということで、今年は釣り部屋の大掃除をやろうと思っていた。

いつも掃除はするのだが、結局シーズン中は物置になり、ただの倉庫となってしまう。

来年はちゃんと釣り部屋で釣りの用意をしたり、釣り道具を弄ったりできるようにしたい。

ということで、大掃除をスタートした。

スタートしても1日で終わる訳がないので、数日に分けて徐々に進めていこうと思っている。

Basslog20231205a まずはある程度整理整頓をして、要らないものを捨てる。

細かいパーツ類も多いので、触り始めるとちょっとした作業で何時間も掛かってしまったりする。

パッケージに入った状態のルアーの片付けは簡単でよい。

普段使っているプラグやワームの整理はかなり大変。。。

時間があればとことん時間を掛けて整理したいところだが、そこまで時間は取れないと思うので、ある程度は大雑把にやるしかない。

徐々にリビングにまで進出してきているタックル達をしっかりと収納して、それから作業もできるスペースを確保したい。

とりあえず今のところ予定の1/5ぐらいは進んだと思う。

| | コメント (0)

2023年11月30日 (木)

あそこへ…

3年半経過したあそこへ先月初めて行った。

Basslog20231130a_20231201070201 この水門はこの日開いていた。

あの時は閉じていた。

水門の下へ行き、この水門がどのような仕組みになっているのか観てみた。

向かって左側は他では見たことない特殊な形状をしていた。

この日のこの辺りの水深は1m程度であったので、当時もそれほど変わらない水深であったと思う。

この写真をグーグルレンズで検索すると、1番に国土交通省の船舶事故調査報告書が出てくる。

これはたまたま写真を撮ってそのままポケットに入れたスマホが、勝手にこの写真をグーグルレンズで検索してしまい判明した。

過去に勝手にそんなことが起こることはなかったのだが、なぜか検索されていて、その結果を見てびっくりした。

正にあの事故の詳細が記された報告書だ。

こんなものがあるとは知らなかった。

細かい内容の中に一部違っていると思う部分があるけど、だからといって今更何を言っても彼が戻ってくる訳でもない。

遠目からはこの辺へ行く度に観ていた水門。

でも近くへは行けないままであった。

そしてようやく行くことができた。

| | コメント (0)

2023年11月29日 (水)

今年は…

今年は未知なる場所を探して色々なところへ行きたかったけど、なかなか時間が取れずにあまり行けなかった。

Basslog20231129a フロートボートで小規模な場所をもっと探索したかった。

未知なる場所へ行くとプレッシャーも殆ど掛かってないので、オーソドックスな釣りが有効となる。

フォワードフェイシングで確認しながら釣る釣りも面白いけど、慣れているスタンダードな釣りはエンドレスで面白いと思う。

トーナメントのみならず徐々に一般的な釣りにもフォワードフェイシングは浸透してきた。

プロの試合での釣りを観ていても、昔ながらの‘キャスト数=バイト数’といった効率を求めて釣りをするスタイルのプロは減りつつある。

そんなスタイルの昔から観てきた永遠の憧れの存在達が今年もまた何人か引退してしまう。

今年は大御所が辞めちゃうことでなんだかショック。。。

Basslog20231129b ラリーニクソン、デビットフリッツ、そしてKVD。

バスフィッシングも大きなターニングポイントを迎えているような気がする。

海釣りのように魚探で魚探して釣るというスタイルがバスでも一般的になって、いつしか昔のようなスタイルはトッパーのように1ジャンルとして捉えられてしまうのかな?

今年はあと何回釣りに行けるのかな…?

12月は週末は全て忘年会で、平日もぽつりぽつりと忘年会の予定が入っていて、まだ予定が決まっていないものも多々…

1月まで釣りには行けないかも…

| | コメント (0)

2023年11月26日 (日)

P vs V

Basslog20231126a ワコーズのスーパーハードが切れたので買い足した。

その際に同じワコーズのバリアスコートも一緒に買ってみた。

スーパーハードは色々とタックルやボート、車にも使えて非常に気に入っている。

もうこれなしではいられないくらい溺愛している。

バリアスコートは気にはなっていたけど、使ったことはなかった。

これではなく同系統の商品でこれまた溺愛していたプレクサスで十分満足していた。

プレクサスを買おうと思ったら、今までよりも大幅な値上げとなっていた。

Basslog20231126b それならプレクサスではなくバリアスコートにしてみようと思い購入してみた。

このプレクサスとバリアスコートの2つを比較してみることが目的でもある。

艶と耐久性を特に比較してみたい。

| | コメント (0)

2023年11月24日 (金)

JB40周年式典

昨日はJB40周年式典へ出席するために河口湖まで行ってきた。

会場にはJB関連のスポンサー企業、運営陣、選手と物凄い数の人が来場していた。

Basslog20231124a 色々と話していると切りがないくらいの人の数で、40年の長い歴史を感じた。

更に思い起こすと、ここへ来場していない人も含めると、物凄い数の人達と関わってきたんだなぁ…と痛感した。

関東周辺在住の人であっても、ほとんど会えない人が多いので、西の人達になると尚更だ。

何周年記念の式典というのは今までも何度か開催しており、毎回参加はしているけど、今回ほど選手以外の人が集まったのは初めてだ。

このように集まるというのは非常に有意義であると思う。

最近の風習だと、このような集いはあまり行われないけど、誰かが先頭切ってやらないことには開催されなくなってしまう。

反対されることも多いと思うけど、そのようなことをいつでも先頭に立って実行している山下会長は今でも偉大な人物だ。

今回の式典はニュースでも報道されていた。

JB設立40周年記念式典

最近は富士五胡へ釣りに行くこともほぼなくなってしまったので、この時期の河口湖へ訪れたのも久し振りであった。

Basslog20231124b 例年だと11月初旬が紅葉の時期であるが、今年は暖かさの影響があってかまだ紅葉していた。

富士五湖方面へ来る時は釣りに来る時なので、今まで何百回と来ているけどのんびりと観光したことはない。

テレビで報道されている海外からの観光客の多さも今回実感した。

| | コメント (0)

2023年11月21日 (火)

猛暑から冬へ

今年の夏は非常に暑かった。

暑い日に釣りに行くと、たまにプラグが熱で膨張してしまうことがある。

Basslog20231121a 今年は1つだけ膨張してしまっていた。

ストライキングのハイブリッドクランクJr.が膨張してバックに亀裂が入っていた。

完全に破裂はしていなかったので使えるには使えそうだ。

この膨張を避けるためになるべく炎天下では何かをボックスに被せておいたりするようにしている。

今年の暑さからすると、1つで済んだのは幸いだったのかな?

ついこの前まで暑かったと思ったけど、今は既に暖房のいる季節となった。

今朝は今年初めてボンネットが凍っていた。

何だか今年は秋を通り越して冬が来たような気がする。

そろそろ釣り自体もリアクションを意識した釣りにスイッチしていこうと思う。

でも今年はまだ猛暑の影響もあってか水温が10℃台後半の場所が多い。

もうちょっとは秋の釣りが有効だね。

| | コメント (0)

2023年11月20日 (月)

40周年

今年でJB発足40年を迎える。

40年ということは自分が小学生の頃かぁ…と、40年前を思い起こしていた。

40年前と言えば小学校5年生なので、ちょうど自分がバス釣りを始めた時なので、自分のバス釣り歴と同じ。

その頃から徐々にJB、当時のJBTAは拡大していったのは媒体を通して知っていた。

それから間もなくしてJJCというジュニア向けのトーナメントも開催するようになり、それにたまに出るようになった。

まだ高校生の頃はサッカー部に属していたので、休みが殆どなくてなかなか出ることはできなかった。

そんなこともあって、釣りに行けないからこそ釣りへの想いは膨らむばかりであった。

高校でサッカーは終わりにして、大学からは釣り三昧の生活に一変した。

Basslog20231120a 当時のルアーはアメリカから入ってきたものが殆どであった。

色々と新しいものが出ては買って試して、たくさんの思い出が出来た。

そんなこともあって40年も経った今では思い出の詰まったルアーがたくさんある。

車を2回盗まれたことで、一緒に思い出の詰まったタックルもたくさん失ったこともあったが、それでも思い出の詰まったルアーはたくさんある。

大学に入ってからはバイト代はほぼ釣りのために費やしたこともあり、その頃からルアーの数は一気に増えた。

その当時、一番憧れていたバルサ5Oのルアー。

最近になって気付いたのだが、バルサ5Oって一度もキャストっしたことない(笑)

当時キー付きのショーケースに並んでいたファイブオーは、自分がいくつになってもファイブオーはファイブオーなので恐ろしくてキャストできない。

今となっては3,000円くらいのルアーって普通にあるけど、当時の3,000円するルアーって、今で換算したら3万円ぐらいなんじゃないかな?

頻繁に使っているルアーはローリングマークが物凄く付いていて、それが勲章みたいなところはある。

でもファイブオーは傷すら付けたくない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧