2017年7月 3日 (月)

釣り仲間

釣りをしていると、釣り仲間ができる。

長年釣りをしていると、色々なところに、たくさんの釣り仲間ができる。

例えばJB登録していた、いわば元プロという人もたくさんいる。

現在交流がなくても、今まで辞めてしまったプロは1,000人以上は知っている。

なかなか長く続けるというのは難しいのは解るけど、プロ辞めてもバス釣りはしていて欲しいと思う。

しかし現実は…

ただ最近は、一度離れてしまったけど、またバス釣りを再開したなんて人が多くいて嬉しく思う。

Basslog20170703a 先日、そんな元JBプロの障二君と久し振りに釣りをした。

彼も以前はJBプロとして試合に出ていたが、結婚して離れて、また戻ってきた。

一度離れてしまうと、試合に出るのはちょっと壁があるので、再びトーナメンターになるという人は少ないけど、バスはまたやりたかったので戻ってきたという人は多い。

是非またトーナメンターとして復活するのもいいけど、バス釣りに戻ってきてくれるだけでも嬉しいね。

| | コメント (0)

2017年6月29日 (木)

フッキング!?

スピニングリールの大半の機種にはハンドルが逆回転する切り替えレバーが付いている。

あまり使うことはないけど、トラブルが起きた際にあってよかったと思うことがある。

ベイトリールにはこの機能は付いていない。

特に必要性を感じたこともなかった。

Basslog20170629a しかし、先日クランクベイトのベリーのフックがハンドルに掛かり外れなくなってしまった。

知恵の輪のように考えながら外そうと試みたが、結局外れずに断念した。

ハンドルを外すかフックを折るしかないと判断し、家に帰ってからハンドルを外してクランクベイトを外した。

外れてから冷静に考えてみたら、スプリットリングを外せば外せたなぁ…(笑)

現場ではもうこのタックルは使えないということで、途中から使えなくなり不便した。

35年釣りをしていて初めての経験だったけど、次はスプリットリングを外し、素早く対応できるので、こんなことでも経験だね。。。

| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

スモール

Basslog20170624a 今年初のスモールはウルトラバイブスピードクローで仕留めた。

サイズは47㎝ありまあまあであったので、そこそこは引いたけど、やはり同サイズであればトルクはラージの方が強い。

この時のラインは14lb.であったので、スモールにはまず切られることはない太さなので、余裕でランディングできた。

ただ、自分は50アップのスモールを釣ったことない。

スモールはラージよりスピードは圧倒的に速いので、それに50アップの魚体ゆえのトルクが加わったら凄そうだ。

アメリカのサイトなんかを読んでいると、50アップクラスになると、物凄く跳ねるようだ。

1度だけ50アップのスモールを掛けた人を見たことあるが、確かに跳ね方が純情ではなかった。

ロケットのように水面から飛び出し、次は水中に一気に潜り、また飛び出しの繰り返しで、上下の動きが暴れ馬のようであった。

そろそろスモールの50アップも釣りたい。

| | コメント (0)

2017年5月11日 (木)

アベレージ

最近のフィールドはどこへ行ってもバスはあまり釣れない。

確実にバスの数は減っている。

でも、サイズはどんどん大きくなっており、アベレージはかなり大きくなった。

25年くらい前は40アップであればまあまあのサイズで、40㎝でも釣った時の満足感はかなりあった。

40アップは全体の割合からすると、1割にも満たないくらい貴重であった。

それが現在は釣れれば40アップの確率が高く、40㎝くらいだとアベレージといった感じで、釣れた満足感はあっても、サイズ的な満足感は昔よりも薄い。

Basslog20170511a先日 アップしたラトリンログでキャッチしたバスは47㎝であった。

まあまあのサイズではあるが、これを釣った時に感じたのは、「50はないか…」

今では47㎝では簡単にランディングできてしまうし、自慢にもならないしね。。。

中学生の時にキャッチした47㎝にはメチャクチャ興奮し、かなりデカく感じたんだけどね(笑)

| | コメント (0)

2017年5月 6日 (土)

GW中休み?

数年前まではGWはどこにも行かないのが当たり前だった。

渋滞が酷くて無駄に移動時間が掛かるし、フィールドにも人がウジャウジャでストレス溜まるだけなので行かないようにしていた。

でも、関西方面へ遠征してしまえば、1匹を釣るのも大変な関東とは別世界であることを知り、関西方面へここ数年は行っている。

今年も静岡の友人達を中心とした仲間達と一緒に遠征をしてきた。

Basslog20170506a 結局今年はスピニングタックルも用意しなかった。

今年もなかなか面白いドラマがあり、非常に楽しいGW遠征であった。

そして今日は朝から普通に仕事で、帰りは終電。。。

| | コメント (0)

2016年12月 2日 (金)

池原ダム

今年初めて訪れた池原ダムに先月にもう1度訪れた。

池原ダムと言えば、デカいバスのイメージが強く、行ったことのない人にとってはビッグベイト投げまくりといった感じでしょう。

Basslog20161202a GWに訪れた際はかなり厳しく、2日間で58㎝1本と、なんだかよく分からないままの池原ダムであった。

今回は少しは池原が判るだろうと思った。

判ったには判ったことは色々あったけど、かなり勝手に描いていたイメージは消さないといけない様だ(笑)

透明度が10mぐらいあるリザーバーのクリアレイクであり、フロリダ系のデカいバスもいるという非常に面白い湖だ。

なかなか簡単に行ける距離ではないけど、来年もまた行ってしまうだろう。

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

フィッシングショー2017

Basslog20161124a 来年のフィッシングショーの日程が発表された。

来年は1月に、みなとみらいパシフィコ横浜で開催される。

今回のショーでは「メーカーブース内でのプロモーショングッズの販売」とあるので、販売も行われるのかな?

最近はネット環境が普及し、釣具店に行かなくなってしまったという人も多い事でしょう。

でも実物を手に取って観ることができる機会というのは欲しいはず。

出展されるメーカーも少なくなり、入場者数も減少傾向のようだが、その分ゆっくりじっくりと観ることができるのかな!?

来年は出展側と来場者側の意向が合致するショーになるといいね。

| | コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

Before & After

先日釣りをしていたら釣れたアイウエイバー。

Basslog20161101aBasslog20161101b 捨てようと思い入れておいたものが出てきたので、なんとなく興味本位で洗ってみた。

意外にもピカピカに輝きを取り戻し、新品同様となった。

ピカピカ過ぎて尚更要らないので、結局ゴミ箱行き。。。

| | コメント (0)

2016年10月 1日 (土)

リリ禁

今度は山形県でブラックバスのリリース禁止が検討されている。

そしていつものように意見を集めている。

外来生物法の時のこともあり、これに対して意見を送ったところで…といった風潮になってしまっているのが現状でしょう。

でも、意見し続けないと認めたことと認識され、このような行為を肯定してしまうことになると思うので、自分は毎回何かしら提出するようにしている。

何を書けば分からないという人もいると思うので、自分の提出したものをDLできるようにしておくので、分からない人は参考にしてください。⇒「yamagata.docx」をダウンロード

提出期限は10月22日までです

| | コメント (0)

2016年9月 9日 (金)

弁慶濠

最近、赤坂へよく行く。

赤坂へは永田町駅を降りて紀尾井町方面へ出てそのまま東京ガーデンテラス紀尾井町内を抜けると弁慶橋に出る。

その弁慶橋の下には弁慶濠というお堀みたいな池みたいなものがある。

Basslog20160909a なんとここはバスが居るそうで、レンタルローボートもある。

たまに水の中を橋の上から覗いているけど、バスの姿は見掛けない。

先日、雨の中観ていると、釣りに来ている人が晴れの日より多いのにはびっくり。

そしてしばらく観ていると、推定1キロ弱ぐらいのバスがベイトを弁慶橋の橋脚に追い込んでいた。

誰か釣れるのでは…と思い、しばらく観ていたけど釣れている人は見掛けなかった。

ここで釣りがしたいとは思わなかったけど、都内のそれもかなりの中心でバスやバスアングラーが観れるってなんだかいいね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧