2016年12月 2日 (金)

池原ダム

今年初めて訪れた池原ダムに先月にもう1度訪れた。

池原ダムと言えば、デカいバスのイメージが強く、行ったことのない人にとってはビッグベイト投げまくりといった感じでしょう。

Basslog20161202a GWに訪れた際はかなり厳しく、2日間で58㎝1本と、なんだかよく分からないままの池原ダムであった。

今回は少しは池原が判るだろうと思った。

判ったには判ったことは色々あったけど、かなり勝手に描いていたイメージは消さないといけない様だ(笑)

透明度が10mぐらいあるリザーバーのクリアレイクであり、フロリダ系のデカいバスもいるという非常に面白い湖だ。

なかなか簡単に行ける距離ではないけど、来年もまた行ってしまうだろう。

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

フィッシングショー2017

Basslog20161124a 来年のフィッシングショーの日程が発表された。

来年は1月に、みなとみらいパシフィコ横浜で開催される。

今回のショーでは「メーカーブース内でのプロモーショングッズの販売」とあるので、販売も行われるのかな?

最近はネット環境が普及し、釣具店に行かなくなってしまったという人も多い事でしょう。

でも実物を手に取って観ることができる機会というのは欲しいはず。

出展されるメーカーも少なくなり、入場者数も減少傾向のようだが、その分ゆっくりじっくりと観ることができるのかな!?

来年は出展側と来場者側の意向が合致するショーになるといいね。

| | コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

Before & After

先日釣りをしていたら釣れたアイウエイバー。

Basslog20161101aBasslog20161101b 捨てようと思い入れておいたものが出てきたので、なんとなく興味本位で洗ってみた。

意外にもピカピカに輝きを取り戻し、新品同様となった。

ピカピカ過ぎて尚更要らないので、結局ゴミ箱行き。。。

| | コメント (0)

2016年10月 1日 (土)

リリ禁

今度は山形県でブラックバスのリリース禁止が検討されている。

そしていつものように意見を集めている。

外来生物法の時のこともあり、これに対して意見を送ったところで…といった風潮になってしまっているのが現状でしょう。

でも、意見し続けないと認めたことと認識され、このような行為を肯定してしまうことになると思うので、自分は毎回何かしら提出するようにしている。

何を書けば分からないという人もいると思うので、自分の提出したものをDLできるようにしておくので、分からない人は参考にしてください。⇒「yamagata.docx」をダウンロード

提出期限は10月22日までです

| | コメント (0)

2016年9月 9日 (金)

弁慶濠

最近、赤坂へよく行く。

赤坂へは永田町駅を降りて紀尾井町方面へ出てそのまま東京ガーデンテラス紀尾井町内を抜けると弁慶橋に出る。

その弁慶橋の下には弁慶濠というお堀みたいな池みたいなものがある。

Basslog20160909a なんとここはバスが居るそうで、レンタルローボートもある。

たまに水の中を橋の上から覗いているけど、バスの姿は見掛けない。

先日、雨の中観ていると、釣りに来ている人が晴れの日より多いのにはびっくり。

そしてしばらく観ていると、推定1キロ弱ぐらいのバスがベイトを弁慶橋の橋脚に追い込んでいた。

誰か釣れるのでは…と思い、しばらく観ていたけど釣れている人は見掛けなかった。

ここで釣りがしたいとは思わなかったけど、都内のそれもかなりの中心でバスやバスアングラーが観れるってなんだかいいね。

| | コメント (0)

2016年8月 6日 (土)

BBQ

今週は毎年恒例となったBBQのために桧原湖へ行き、少し釣りもしてきた。

Basslog20160806c元々は4人で始めたBBQだが、毎年なんだかんだで10人以上は集まる。

徐々に毎年来てくれる人も増え、固定メンバーも増えてきたので、どんどん盛大になってきた。

ここ数年参加してくれているセンドウ兄には、伝説のカレーも作ってもらった。

夜中3時まで仕込み、本気で作ってくれたカレーはやはりメチャクチャうまかった。

夜も昼食も腹がはちきれるくらいの満腹になり、釣りはどうでもいい・・・って感じになってしまった。。。

明日は前川ダムでつり祭りが開催される。

つり祭りの委員長も務める小森や、桧原湖ガイドの人達も前川ダムへ向かった。

興味のある方は行ってみましょう!

| | コメント (0)

2016年7月13日 (水)

ICAST

フロリダではICAST2016が開催されている。

今年はどんな新しいタックルが出て来るのか楽しみだ。

Basslog20160612aBasslog20160713a 今のところ、公になっているものではRiver2Seaのダブルプロップバズとゾナーハンタークランクが気になるかな…

昨年は大注目だったサンフィッシュ。

発売してすぐに買ってはみたものの、実は未だにパッケージからも出していない…(笑)

| | コメント (0)

2016年7月 6日 (水)

ローリングマーク

ローリングマークと言えば、ベリー部のフックが当たって出来たサークル状の痕を挿すことが多い。

それ以外にもリア側にも痕が残るものもある。

Basslog20160706a リアはベリーに比べて痕が付きにくい。

でも、同じルアーでも付きやすいものと付きにくいモノがある。

これに関しても色々と突き詰めていくと、いわゆるアタリハズレの要素が含まれているような気がする。

気がするというのは、まだ気付いてから5年程度なので、ハッキリとは断言できる程の検証はできていない。

Basslog20160706b_2 先日も少し出したBAD SHADだが、開発したデビットフリッツが言っていることが忠実にアクションに反映されていれば、おそらくリアにフック痕ができるはず。

デビットフリッツが効くと言っているそのアクションは、間違いなく釣れると自分も感じる場面が多々ある。

バッドシャッドのデビットフリッツの説明を読んだ時は‘おっ!’と思ったけど、日本では全く話題にもなっていないし、バークレイ扱っているピュアでさえ輸入していないしね…(笑)

| | コメント (0)

2016年7月 1日 (金)

現役最強

昨日の日大VS東海大の記事が掲載されていたBasserを観て、当時を思い起こすと、その当時も、先日少し話題に出したように、KVDが最年少AOYで話題になっていた。

あの当時に勢いがあったのが、ゲーリークラインかギドヒブドン、リッククランやラリーニクソンはそのちょっと前。

ケビンバンダムがその後物凄い功績を残すとは、その頃は全く想像もしていなかった。

7度のAOY、4年連続のAOY、2年連続クラシックAOYダブル獲得と、全体的に振り返って観ると2010、2011が最も絶頂期だったと言えるのだろう。

Basslog20160701b それを考慮すれば、トレドベンドでの優勝時に‘復活’と感じてもおかしくないのかもしれない。

ただ、未だにKVDが現役最強だと思っていて、90年代前半頃から観ている者達からすれば、復活という言葉には違和感を感じる。。。

Basslog20160701a ラリーニクソンとケビンバンダムのビデオをよく観て育った世代なので、表面的にたまにしか観ていない者の復活とか言う発言は憤りを感じる。

| | コメント (0)

2016年6月24日 (金)

Broken lip

Basslog20160624a 気に入っていたDT16のリップが折れてしまった。。。

リップが折れることってたまにあるけど、よくよく思い起こしてみると、DTシリーズのリップは良く折れる。

ABSレジンの一体成型のプラグはそんなに折れることはないのに…

後付だからなのか?

でもDTは以前に内部を出したことあるけど、あのようにフレームが入っている。

リップが捥げるのではなく、折れるんだよね…

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧