2021年11月29日 (月)

冬入り

急激に寒くなり、関東でも霜が降りるようになった。

Basslog20211129a いよいよ秋も終わり冬に突入。

ただ、まだ水温は10度以上ある場所が多いようで、今年はちょっと水温の低下は遅い。

そんなこともあり11月ぐらいから急激に水温も降下し始めたことで、釣果も急激に降下してしまっている感じだ。

水が安定すれば釣りやすくなるので、もう暫くは厳しい状況が続きそうだ。

冬になれば冬の釣りが展開できるので楽しみだ。

冬は冬だけの釣りがあり、特にリアクションでの釣りが主体になるので結構好きな季節だ。

釣りをする人が少ないのもいい。

数多く釣れるのもいい。

今までの経験からすると、冬は年末年始が一番釣れるかな…?

日照時間の増加と共に越冬場所から離れるバスの数は多くなる。

1月も後半になると明らかに越冬場所のバスの数が減ったことを実感する。

12月1月の2ヶ月が最も冬らしい釣りが有効となる。

昨年の冬は非常に良い釣りができたので、今年はそれ以上の釣りが展開できるようにしたい。

| | コメント (0)

2021年11月25日 (木)

ウイグルワート系

ウイグルワートに似たのか似せたのかはよく判らないけど、ウイグルワートを意識していると思われるクランクベイトは多々ある。

自分はそのようなものは殆ど入手して試している。

Basslog20211125a 釣り部屋のストックにもウイグルワート系は、パッと手が届く範囲のものを集めただけでもこれだけあった。

アメリカでみんなが欲しがっているウイグルワートはプリラパラのオールドスクールのものが一番であるのは間違いない。

でもこれだけたくさんのウイグルワート系のクランクベイトがあっても、オールドスクールのウイグルワート超えるものはない。

一番近いのは現行のウイグルワートじゃないかな?

オールドスクールを求めている人は、とことんそれを追い求める。

でも実際のところは、それ以外の部分を求めている人も多いのでは?と最近は思う。

日本でオールドスクールを欲しがっている人の大半は、魔法のクランクベイトを思い浮かべているに過ぎない場合が多い。

入手しても、それをうまく使いこなせていない。

先日他界してしまったAMARTは、オールドスクールをうまく使いこなしていた。

オールドスクールを話題に出したこの時に紹介した動画は短い時間だが、物凄い奥が深さが隠されている。

| | コメント (0)

2021年11月19日 (金)

釣りブーム?

釣りブームだと世間一般では言われているけど、実際のところどうなのかあまり実感することはなかった。

釣具店にもあまり行かないし、人が多いところでは極力釣りをしないようにしているので、そんな話を聞いても「そうなんだぁ…」といった感じであった。

この釣りブームは昨年辺りから全世界がそんな感じのようだ。

欠品中の製品が多かったり、釣りに関わることを尋ねられたりと、そんなことをなんとなく感じる事象が少し出てきた。

そして先日、河川で釣りをしていると、引っ掛かっているルアーの多さや、オカッパリの多さに驚いた。

Basslog20211119a シーバス用のルアーが多いようなので、シーバス狙いの人が多いようであった。

シーバスの乗合船も大人気のようでかなり先まで予約が取れないそうだ。

オカッパリではルアーをキャストしている人もいれば、置竿でぶこっこみしている人もたくさんいた。

ボートを走行するのは危険なくらい人の多い箇所もあったり、どこからそこへ入ってきたの?といった場所で釣りをしている人も多かった。

| | コメント (0)

2021年11月 5日 (金)

バス持ち写真

昨年からバス持ち写真の掲載を止めた。

手を伸ばして、なるべくバスを前に突き出し、手は見えないようにして…という風潮になっているようだが、バスは実際よりも大きく見えるけど、実際のサイズはよく判らなくなるし、バスの空中滞在時間が長くなる。

それに雑誌なんかでは宣伝目的で釣ってもいないルアーを撮影方向の口横にぶら下げて…

もうそんなことで騙される人も少なくなったと思うので止めて欲しいね。

という事で自分は止めた。

Basslog20211105a なので、ファイト中に写真を撮ってもらうようにしている。

しかし、ここ最近はあまり大きなバスが釣れないこともあり、撮影どころかカメラを構えてもらう前にランディング。

そしてすぐにフック外してリリースするので、撮影する間はない。

ここ最近は1キロクラスまでのバス止まりで、大型のバスを釣っていない。。。

| | コメント (0)

2021年10月28日 (木)

Basslog20211028a 秋になると大型のクランクベイトの出番が多くなる。

リアクションを意識した使い方が殆どとなることもあり、ディープ、シャロー共に大型のクランクをチョイスすることが多い。

大型のクランクベイトになると、釣れるもの釣れないものがハッキリするので、善し悪しの判断がしやすい。

ビッグベイトなんかでも同じことが言えると思うけど、まず集魚力の違いがルアーによって物凄く異なる。

そしてバイトさせる力にも、これまた個々に違ったものがある。

秋は特にクランクベイトらしさを発揮させる良い時期である。

クランクベイトはルアーらしくもあり、非常に好きなルアーの1つだ。

と、秋の釣りを想像しつつも、秋って、なんだかんだあまり釣りに行けないことが多い季節のような気がする。。。

| | コメント (0)

2021年10月19日 (火)

浸水対策

雨の日に袖から入る雨の量というのは、想像以上に多い。

ジグやワーム、トップの釣りの様にロッドを立てることが多い釣りが主体だと尚更入る水の量も多くなる。

その袖口からの水の流入を防ぐレインカフスというものがある。

レインウエアの袖に装着するリストバンドみたいなもので、ネオプレーン素材でできており水の侵入を防いでくれる。

このレインカフスも色々な物が発売されている。

長さも色々あるし、マジックテープで止められるものもある。

Basslog20211019a 色々な人の意見を聞いていたら、リトルプレゼンツというメーカーの物が良いという人が多かった。

という事でこれをネットで探して購入してみた。

今までこれを導入しなかったのは、手は冬の雨でもそんなに苦にならなかったのと装着が面倒そうだったから。

袖よりも首回りが一番水の進入を防いで欲しいところだけど、首回りは今のところ良さそうなものは見当たらない。

よく股間付近の浸水で困っている人が居るけど、股間付近はレインパンツ2枚重ねの‘2重カッパ’でほぼ防げる。

インナーに使うレインウエアはちょっと古くなったレインウエアや最近の安い浸透防水レインで十分。

股間付近のチャックやマジックテープ、浸水を防ぐ作りを一生懸命気にしても、殆どの物が浸水してくる。

特にバスボートで走ると浸水してしまうけど、2重カッパなら大丈夫。

上に履いたレインウエアで直接の雨を受け、圧力やちょっとした隙間から浸水するけど、下に履いたレインウエアが地肌までは完全にブロックしてくれる。

防水スプレーもかなりの数の商品を使ったことがある。

色々と使ってみた結果、1日耐えられる耐久性のあるものはないというのが今のところの結論。

その結論にはかなり前に達していたけど、未だに新たな物があると試している。

今のところコロンブスのアメダスが一番持続力はあるので、これは常にストックしており、新たなものはまずはこれと比較する。

| | コメント (0)

2021年10月 3日 (日)

ブラックバス

バスは順調に育てば生まれて1年で25㎝ぐらいまで成長する。

今の時期に15㎝ぐらいのバスは今年生まれたバスだ。

最近のフィールドは生態系のバランスが取れていて、バスの数は安定しており増えも減りもしない状態が続いていた。

そんなこともあって、小バスというのは昔と比較するとあまり見掛けることもなくなった。

Basslog20211003a 先日たまたま仕事中に時間があったので、近くの河川を覗いてみると、小バスが数匹水面付近に浮いていた。

霞ヶ浦水系でもそんな光景が昨年から観られる。

一昨年の台風による増水で横利根を中心に魚が大量に死んでしまった。

その中にはたくさんバスもいた。

バスはその水域にバスが多ければ、同じバスでも食べて間引きしてバランスを保つ。

そんなことが水中では今まで起こっていたのだろう。

でも昨年は数が減ったので子孫を増やさないといけないとバスも環境の変化を察知したようだ。

昨年は20㎝に満たないようなバスがたくさん釣れていた。

そして今年はそれらが順調に成長したようで30㎝弱のバスがたくさん釣れている。

バスが入るとその水系にいる魚を食い尽くしてしまうと言われているけど、2025年でバスが日本に入ってから100年経つが、最初に入った芦ノ湖の魚はもう食い尽くされたかな?

芦ノ湖は貧栄養湖だが、バスもトラウトもワカサギもへらもエビもたくさん共存しており、ワカサギ何て過飽和状態という素晴らしい環境を保っている。

更に桧原湖等も含め、わかさぎ釣りが盛んな湖の9割近くは芦ノ湖産のワカサギに頼っているという現実がある。

いつワカサギを食い尽くすのだろうか…

バスはそんなに強い魚だとは思えない。

バスは増え過ぎて困るとも言われているが、ではなぜそんなバスを養殖して、それが競り合いになるのだろう…

30年前に、バスは減っているのでこれからは養殖して増やす必要があると訴えかけたけど、当時は大学教授も苦笑いだった。

その頃同じようにバスを養殖する必要があると言ったのがJBの会長だった。

そして当時バスブームで資金力があった河口湖漁協はすぐに養殖に着手して成功した。

鯛ヒラメと同じペレットで育てられるバス。

それが鯛ヒラメ以上の価格で卸される。

バスの重さが1キロだったら、そのバスはペレットを2キロ食べてそのサイズにまで成長したことになる。

以前にも餌量のことを記したが、食べた餌の乾重量の1/2が体重となる。

つまり1キロの養殖バスに掛かった餌代はペレット2キロ分の値段となる。

色々と話し始めたら切りがないのでこの辺で止めておこう…

釣りをする人が身近な人にだけでも、ちゃんとした現実を話せれば、徐々に世間の風向きも変わると思うのだが…

| | コメント (0)

2021年9月23日 (木)

定番ルアー

タックルボックスの中を整理していると、使い古したワームが何本か出てきた。

Basslog20210923a よくよく観ていると、その大半が今年50アップをキャッチしたものであった。

改めて見てみると、釣っているのは定番中の定番といったものばかりだ。

使用頻度が高いからというのもあるだろうけど、定番となっているような長年売れ続けているロングセラーのルアーはやはりよく釣れる。

センコー、スピードクロー、スイングインパクトファットはバッタ物もたくさん出回っている。

でも面白いのは、オリジナルを超えるものって出てこない。

マテリアルやちょっとした形状の違いで別物となってしまうぐらい変わってしまう。

センコーなんてただの棒状であり、ほぼ同じものが他社から多々発売されているけど、センコーを超えるものは未だにない。

同メーカー内でサイズ違いなどをリリースしても、オリジナルを超えるものって出てこない。

センコーは5inが圧倒的に良く釣れるように、小さくしたり大きくしても釣れるには釣れるけど、オリジナルを超えることはない。

でもセンコー5inは日本では不人気。

これは日本であまり販売していないことと、5inというサイズが日本受けしないというのが原因だろう。

逆にアメリカでは人気がないが日本では人気があるスワンプクローラー。

これなんかを見てもオリジナルのスワンプクローラーはよく釣れるが、スワンプクローラーを真似たワームは釣れるには釣れるけどスワンプを超える釣果は出せない。

同じマテリアルでも微妙な違いでも大きな差が出ることもある。

例えばスワンプクローラーなんかは、同マテリアルで塩の含有量が違うものが存在する。

スーパーソルトプラスという塩を通常よりも多く入れられているものは特によく釣れる。

では塩がたくさん入っていれば釣れるのか?

ズームマテリアルよりも明らかに塩の含有量が多いヤマモトマテリアルで作れば釣れるのか?

ヤマモトマテリアルでスワンプ形状のネコストレートは明らかにスワンプには敵わないことからも、ただ単に塩を多くすればよいというものではない。

パワーホグは4inがベスト形状だと自分は思っている。

でもそれはテキサスリグでの使用の場合であって、キャロなら3in、DSならバルキーがベストと、他のサイズは他の使い方をすると良いものもある。

最近多用しているZマンのエラストマー製のものだと、あれがベストというものがある。

これはこれで既存のワームとは違うマテリアルの性質があるので、それに合ったものがある。

突き詰めると色々と面白いものがある。

近い将来、プラグの素材も替わるだろう。

そうなると全く同じものを作っても、その素材の性質によって色々なものに変化が出てくる。

そうなれば釣果にも影響が出るのは必然。

そんなところまで突き詰めて考えているメーカーは幾つあるのだろうか?

某メーカー社長が「アパレルはテスト期間がいらないから手っ取り早く儲かる」と言っていたが、確かにルアーの場合はテストするには時間もお金も掛かる。

そのメーカーは定番となるようなルアーはまだないけど、いつかはしっかりとテストを重ねたものをリリースすることだろう。

どんなメーカーでも大体1つは定番ルアーと言えるようなロングセラーのルアーがある。

そんな定番を2つも3つもあるようなメーカーは凄い。

| | コメント (0)

2021年9月22日 (水)

マグナムステージ

釣り部屋の片付けをしていると、オーダーしておいた八重泉バレルが届いた。

Basslog20210922a 部屋の片隅に長尾用スペースを確保し、アメドリやチャンキーレッグバドと一緒に八重泉バレルを供えた。

未だに長尾との思い出の物が出てくる度に涙がこぼれてしまうので、常に見えるところに置いておけばそんなこともなくなるかなぁ…

彼との時間は非常に長かったし、濃密な時間であった。

なぜか2人でいると不思議なことがよく起こり、普通ではありえない体験も色々としてきた。

ちょうど20年前の9月に桧原湖へ一緒に行った。

福島へ行くのも初めてだったし、スモールを釣るのも初めてであった。

あれからも20年経つ。

そんな桧原湖で今はJBの運営をやっているなんて、その当時は想像もしていなかった。

 

| | コメント (0)

2021年9月13日 (月)

モールドパック

テキサスリグやスインギングヘッドで非常に使用頻度の高いストライキングのレイジバグ。

元々好きなバタ足タイプだが、その中でもZクローとレイジバグは非常に使用頻度が高い。

レイジバグはノーマルサイズが使用頻度は高かったのだが、スイングヘッドではクイックに動くベビーを使うことも多い。

レイジバグはモールドパックにきれいに並べてパッケージに入っている。

なので使う際に曲がっていたり癖が付いていたりという事はなくストレスなく使える。

しかし、ベイビーはパッケージにバサッとバラバラに入れられていたので、癖が付いているものも幾つか混在していた。

なぜノーマルはモールドパックなのにベイビーは違うのか…

Basslog20210913a まぁ仕方ないと思っていたけど、最近になってベビーもモールドパックになった。

これでこれからはストレスなく使える。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧