2022年9月30日 (金)

衣替え

今日で半袖も終わりだが、今年はまだ半袖が活躍しそうな陽気が続いている。

今年の夏は暑かったこともあり、ディープに落ちているバスが多かった。

Basslog20220930a このことからディープクランクの釣りが活躍すると思っていたけど、実際には久し振りにスピニングでの釣りが活躍することが多かった。

スピニングで50アップを釣ったのは2年振りじゃないかな…?

シャローではシャロークランクやワイヤーベイト類等も良かったけど、例年よりもシャローにバスが少なかったこともあってか、シャローの釣りがメインになることは少なかった。

スピニングでの釣りは今年はかなりの率でPEラインを用いていた。

これにより幾つか判ったことがある。

PEラインに関してもそうだが、それ以上にガイドに関してちょっと判明しつつあることがある。

PEラインを用いていたことで通常よりも強引なファイトをするので、ロッドにも負荷が掛かるのと、ガイドには引きによる負荷とPEの表面の凹凸による負荷が掛かる。

細いフロロやナイロンラインの時はドラグも緩々な状態で使うので、それほどガイドへの負荷は掛からない。

ベイトロッドのガイドフットのエポキシなんて、使用頻度の高いロッドだと毎年補修しないといけないぐらいガタつくけど、スピニングロッドのガイドなんてかなり使用しているものでも最低で5年ぐらいは問題なく使える。

5年っておそらくエポキシの経年劣化もあるので、ベイトロッドと比較したらほぼガイドへの負荷は掛かってないに等しいだろう。

ロッドのガイドを補修したものはガイドをトルザイトに替えているが、トルザイトってフジの最上級ガイドリングであるけど、どうなんだろうか…

そう思い始めてから、トルザイトを推奨している人の話や文には怪しい部分が多々あることに気付いた。

物を酷使して極限で釣りをしている人はSiCをチョイスするような気がする。

これからの時期はヘビーウエイトのパンチングやディープクランクの高速巻き等の激しい釣りの出番が多くなる時期なので、その辺のことももっと明確になってくるだろう。

ということで衣類はまだ半袖が活躍しそうだけど、タックルは秋仕様に衣替え。

| | コメント (0)

2022年9月29日 (木)

ボーンの見分け方

Basslog20220929-2 以前に記したプラグのマテリアルに関する「ボーンがボーンじゃない」に関しては、色々なご意見が多々…

ちゃんとしたボーンのものも存在するので、塗りボーンを間違えて買わないようにすることが大事。

ボーンとクリアのマテリアルは、パッと見では全く区別がつかない。

釣具店の店員なら見た目で塗りボーンは気付くんじゃないかな?

店員に聞くのも1つの手段かもしれないけど、そこまで理解できるレベルの店員は少ないかもね。

購入後であれば、慣れている人なら振った時のラトル音や、使用時の動きですぐに判別できるだろう。

よく判らない人はボーンカラーのもので判別すると良い。

Basslog20220929-1 見るのはアイの部分。

ここに乳白色の塗料が乗っているものは塗りボーンなのでクリアマテリアル。

素材がボーンのボーンカラーはここに塗装が乗っていることはないので、シルバーのままだ。

パッケージの外から判断するのはそれくらいかな…

自分が最近良く使っているボーンヘッドは、今のところクリアマテリアルを使ったものがあるといった話も聞かないので、よく分からない人はボーンヘッドを買うのが無難かな。

| | コメント (0)

2022年9月16日 (金)

これ絶対釣れる奴2022

Basslog20220916a 先日久し振りに近所の河川で釣りをしばらくやっていると、またしてもいつのまにかいつものルアー達がセットされたタックルが並んでいた。

昨年の秋同様に‘これ絶対釣れるやつ’となっていた。

今回は巻物だけでなくワームも組もうと思いTVC-70Hを加えた。

これには今年から急激に使用頻度が多くなったフラグラブのフリーリグをセットした。

テトラのエッヂをこれで撃った。

何本かはキャッチできたけど、やはり河川はバズ、トップ、シャロークランクの3つが圧倒的に反応が良かった。

他にはカバーポップやトードバズ、KVD1.5といったものでキャッチすることができた。

トップウォーターは例年だとペンシルベイトの高速引きに反応が非常に良いのだが、移動距離の少ないポッパーでしっかりとドッグウォークさせる方が反応が良かった。

まだ水温が28度もあるので、まだ秋というよりは夏だね。

今年は暖かい時期が長いこともあって、当歳魚の子バスの成長が極めて早い。

栄養塩の多い水域の方が成長は早いけど、例年であれば8月ぐらいに15㎝ぐらいにまで成長しているが、今年は20㎝近いものが殆どだ。

そのサイズのバスがチョロチョロと泳いでいる姿をよく目にしたし、このサイズになるとバズやトップにバイトしてくるのでたまに掛かる。

最近は外来魚駆除を実施しているところが多いようで、お陰様でスポーニング後の生存率が上がって小型のバスは増えているようだ。

増やすためにはある程度の間引きは必要と言われているように、その間引きをやってくれているようなものだ。

琵琶湖で電気ショッカーで駆除を始めたら、バスを釣るには非常に良い状態となった時と同じ現象が起こるだけだろう。

駆除は何のためにやっているのかと問うと、在来種を守るためと言うだろう。

在来種を先に守るという考えにならないのか?

なぜ共存という考えに至らないのか?

間もなくバスが日本に入ってから100年経つが、最初に入った芦ノ湖では他の魚が食い尽くされたのかな?

それどころか日本の湖の9割が今では芦ノ湖産のワカサギに頼っているという事実。

なぜ増えて困ると言われているバスが養殖されていて、それが競り合いで高値で取引されるのか?

せめて駆除で捕獲した魚は欲しがっている湖へ譲って欲しい。

余談だが日本にバスを最初に芦ノ湖へ入れた赤星鉄馬氏が住んでいた旧赤星鉄馬邸が今年中には国の有形文化財に登録される。

10月9日と10月29日に一般公開も予定されているので興味のある人は応募してみてはいかがでしょう。

| | コメント (0)

2022年9月 1日 (木)

ゴチャゴチャ

最近は少し持って行くプラグの数を制限している。

今までだと300個ぐらい持って行っていた。

普通よりも使う数は多い方だが、1日でローテーションするプラグの数は20~30個。

Basslog20220902a 持って行ったプラグの1割ぐらいを使っているということ。

それで使ったプラグを観てみると、使っているもののプラグの半数ぐらいは使用頻度がかなり多いもの。

使用頻度が多いものはチョイスしやすいけど、それ以外の物は状況に応じでチョイスしているので、事前に選ぶのは難しい。

でもよくよく考えると半分ぐらいまでは減らせるのでは?と、思った。

それで今年は毎回プラグは絞って持って行くようにしている。

湖毎にある程度は固定プラグがあるので、それらは固定で専用ボックスを作ってある。

それ以外は状況に応じて毎回入れ替えている。

それで、ある程度はこなすことはできているけど、2回程、あれ持ってくればよかった…という事があった。

そしてまた徐々に持って行く数が増えている。

それよりも家に置いてあるプラグがゴチャゴチャ過ぎて、探すのが大変になっている。

整理したいけど、なかなかやる時間もなくこのままま…

| | コメント (0)

2022年8月22日 (月)

お盆

Basslog20220822b お盆は恒例となっている桧原湖BBQからスタートした。

桧原湖BBQはなんだかんだ20年ぐらい続けている。

毎年10人以上の人が集まるのだが、始めた当初から今でもいるのは約3名。

基本常に来る者拒まず去る者追わずなので、気が向いたら来ればいいと思って適当にやっているけど、最近は10名ぐらいは固定メンバーになりつつある。

亀山常連組のみなさん、琵琶湖ガイドのみなさん、そしてJB霞ヶ浦も手伝ってくれている小野さん、早稲沢の本多、加藤君、桧原湖ガイド方々と、今年もワイワイガヤガヤ夜遅くまで楽しんだ。

先日開催されたTOP50北浦戦で勝った江尻君も数年前から参加してくれていて、最年少ということもあっていつも琵琶湖ガイドの薮田君と率先して焼き係をやってくれている。

若い世代でこの輪の中に入れるのだから、気配りもできるし、釣りのセンスもよい。

なんだかんだ釣りをしている姿は色な選手を観ているけど、江尻君はボートの操船、ボートポジション、釣り自体も非常にセンスの良さは若手では圧倒的なものを感じていたけど、初年度から勝つというのは素晴らしい。

このBBQは毎年色々なところから差し入れもいただき、今年も充実した時間を過ごせた。

そして肝心の釣りは、今年のお盆は巻物の釣りがイマイチであった。

Basslog20220822a_20220821101701 いつもならある程度は釣れるのだが、今年はクランクベイトのレンジがイマイチだったこともあってか、クランクベイトが不発だった。

ディープクランクに今年は期待していたのだが、ディープクランクは全く出番なしであった。

でも昨日記したように50アップも4本キャッチし、今年の50アップは6本となったので、結果的にはまずまずであった。

| | コメント (0)

2022年8月21日 (日)

50up×4

Basslog20220821a お盆は彼方此方へ走り回ったけど、今年の移動距離は1,300km程度であった。

釣ったバスは30本弱と、かなり少なめであった。。。

でも50アップは4本キャッチしたので、50アップ率で観るとまあまあ上出来かな。

久し振りに10mラインからライトリグで50アップをキャッチしたのは、なんだか久し振りで新鮮であった。

クリアレイクでは10mラインって普通な水深であるけど、普段の釣りでは最近はまず攻めることもない。

今年は例年以上に暑いので、ディープへ移行しているバスが多く、ディープレンジが非常に好調が続いている。

そんなこともあって、ちょっと丁寧に攻めてみたら、結構大きいバスまでもが10mラインまで入っていた。

全体的にはインレットに絡むような場所が良かった。

4本中2本はライブ魚探あってこそのシューティングで仕留めた。

魚探のある釣りに慣れてしまうと、闇雲に投げる魚探のない釣りはやりたくなくなる。

それと同様にライブ魚探の釣りも慣れてしまうと、なしでの釣りが嫌になり、既に手放せなくなってしまった。

魚の有無を確認するというよりも、自分がキャストしている地形が常に判るという部分が必要不可欠となっている。

ただ単調に続いているショアを流すにしても何らかの地形変化やインビジブルなカバーは存在する。

60度ぐらいの角度でショアにキャストして流しながら、それらを的確に捉えられるというのは素晴らしいことだ。

釣り方に関しても、反応の善し悪しが判るので、釣り方自体の習得も手っ取り早い。

今のところ3種の最終手段があり、これらを使えばかなりの高確率で喰わすことが可能だ。

トーナメンターでも徐々にこの食わせをマスターしている選手が出始めている。

そのうち一般アングラーでも習得し始めるだろう。

更に難しいバス釣りの時代が迫ってきている気がする。

| | コメント (0)

2022年8月13日 (土)

ルアーのパワー

先日TOMATOEの記事で、赤の様な奇抜なカラーが当たった時の威力は物凄いけど、このような事を体感したことがないプロって多いと記した部分に数人の人からコメントをいただいた。

要はそんなのでプロなの?みたいな感じのものであった。

プロと言っても、全員がバス釣りの全てにおいて長けている訳ではないということだ。

同様な感じで、ハードルアーであまり釣ったことがないというプロが多いのも現状だ。

Basslog20220813a 日本のプロ戦ともなると、居場所は判っているのであとはいかに喰わすかが重要となる事が多いので、どれだけ疑似餌を使いこなせるかの争いになってしまうのは歪めないところだ。

JBなんかもこれだけ長い年月続けているので、それを観てきた人はそのようなフィネスな釣りに長けていれば勝てるという結論に達した人も多いだろう。

その結果、ワームでしか釣ったことがないなんてプロが結構たくさんいるのが現状である。

でも日本のトーナメントで勝つためにはそれがかなり重要となるので、フィネスの釣りに長けているというのは重要なポイントだ。

むしろハードルアーをうまく使いこなせても、狭くてバスが少ない日本の湖で更にトーナメンターが密集する中で釣るのは難しい。

トーナメンターの影響力がなくなってきているのはこの辺の問題があるのだろう。

ルアーだからこその力を発揮させられると、餌なんかよりも圧倒的に効率よく釣れるので非常に面白い。

それを知ってもらいたいところだが、なかなかガイドなんかでもそれを伝えるのは現状のフィールドでは難しい。

でも懲りずにルアーローテーションして様々な違いを感じ取って欲しい。

| | コメント (0)

2022年8月12日 (金)

お盆休みスタート

お盆休み初日はとりあえずボートいじりからスタート。

Basslog20220812a 今年はどこへ行こうか?

どこでどんな釣りをしようか?

色々考えていると日数が足りない。

ボートも4艇準備できたので、フィールドによって使い分けできる。

ボートさえ出せるフィールドであれば、この4艇でどんなフィールドもほぼカバーできる。

昨年は行く順番がよくなく、秋はかなりの貧果となってしまったので、夏から色々と計画的に行かないといけない。

今年はまだ50アップ2本しか釣ってないし…

| | コメント (0)

2022年8月 5日 (金)

微妙な仕様変更

よく使うZマンのTRDフィネスを幾つかストック用に追加した。

Basslog20220805a その中でも最も使用頻度の高いホワイトライトニング。

使い慣れているというか、常に観ているので、今回のものにはちょっと違和感を感じた。

よく観ても、何かが違うけどよく分からなかったので、ストックしてあるものと比べてみた。

すると、シルバーのラメサイズが小さくなっていた。

これで特に何かが変わることはなさそうだけど、なんとなく気付くもんなんだなぁ…

ソルトの量も少し変わったような気はするけど、これはただのムラだろう。

Zマン製品は昔ながらのアメリカンな感じがあって、ある意味楽しめる。

| | コメント (0)

2022年8月 2日 (火)

ボーンがボーンじゃない

昨日のワンノッカースプーク‘Zシャッド’カラーのローリングマークを観て気付いた人はいると思うと言ったのは、傷跡が白くないという部分。

自分も使っていて動きの鈍さと、ちょっと籠ったラトルで、明らかにこの素材はボーンではないと感じてはいた。

一応テール部分をカッターで削ってみると、やはり透明樹脂のクリアマテリアルであった。

自重も測定してみると、やはりボーンヘッドよりも重かった。

Basslog20220802-2 そしてストックしていたワンノッカースプークのボーンカラーに目が行った。

このボーンカラーはなんとなく、今までのボーンとはちょっと違う感じがして違和感を感じていた。

パッケージを開けてウエイトを量ってみると、嫌な予感的中で、Zシャッドとほぼ同ウエイトであった。

よくよく観ると、このボーンカラーは塗装されたボーンカラーで、この微妙に違う色合いから違和感をなんとなく感じていたようだ。

まさかとは思ったけど、ボーンカラーにもクリアボディが使われているとは…

Basslog20220802-1 そして一応、テール部分にカッターを入れていると、やはりクリアボディであった。

過去にも何度か(マテリアル1,マテリアル2)この話題には触れたことあるけど、その例からすると、全く同じカラーでもどちらのマテリアルも存在する。

つまりカラーからのマテリアル識別は無理。

パッケージに入った状態では振ってもあまり解らない。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧