2017年11月13日 (月)

ハイパーマグナム

TDハイパークランクに標準装備されているチタンリップを、たまに他のクランクベイトに移植している。

Basslog20171113a 色々なクランクベイトに装着してみたところ、マッドペッパーマグナムに装着したものが使いやすく、長い期間使っている。

スローシンキングになってしまうので、止めて浮かすことはできなくなってしまうけど、巻くだけなら何にも問題ない。

チタンリップは手で曲げることができるので、現場でも手で曲げてアクションを変えることができるのは便利だ。

 

| | コメント (0)

2017年10月26日 (木)

フックハンガー

チャンキーバドは強めにアクションを加えることが多いのと、ダイブ後に浮上させる際、イレギュラーに浮上するのでフックにラインが絡みやすい。

フロンとフックはバド同様に大きいものがフッキングもよいから替えているので、絡みやすさはノーマルバド以上だ。

Basslog20171026a ということで、バド同様にこれもフロントのフックはフックハンガーで装着した。

これでかなり絡みは軽減された。

これならフロントを3サイズ、リアを1サイズ大きくしても、フック同士の絡みもなくフッキングもよくなる。

| | コメント (0)

2017年8月30日 (水)

スキンピンクシュリンプ

Basslog20170830a ゲーリーヤマモト社の3インチソルトウォーターシュリンプのカラー♯187‘クリアペッパー’を染めてスキンピンクにしてみた。

エビっぽいワームには、このカラーは特によく合う。

| | コメント (0)

2017年8月22日 (火)

GP/Pink

先日、須山氏から、「グリーンパンプキンとピンクの2トーンカラーが流行っている」と聞いた。

でもなかなかラインナップされていないカラーのようだ。

それを聞いて思ったのが、それだったら貼り合わせて作ってしまえばいいじゃん。

ということで、ファットイカで作ってみた。

Basslog20170822a なかなか張り合わせるのは大変だったけど、2個を半分にして、それぞれを火で炙ってなんとか付けて完成した。

でももう作るのは面倒なので嫌だなぁ…といった感じだ。。。

試そうと思ったけど、結局濁流で断念したのでまだ試していない。

ファットイカなんで、間違えなく釣れると思うけど、通常以上の威力に期待している。

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

ファインラバー

昨日話題に出したレインズと言えば、ここのシリコンファインスカートもいい感じだ。

シリコンファインスカートの中では最も気に入っている。

Basslog20170809a チャターベイトやスピナーベイトで、クリアウォーターで使用する場合は、スカートをわさわささせたくないので、さらさらと動いてくれるファインラバーに替えている。

そんな時や、ボリュームを落としたいときなんかはファインラバーに替える。

そのファインラバーにする際に最も使用しているのがレインズのハイパーFスカート

これもなかなか売っていないんだけど、他にはない素晴らしい品質だ。

| | コメント (0)

2017年5月 9日 (火)

FireTiger

ラパラのホットタイガー‘ファイアタイガー’って、好きになれない。

幾つか持ってはいるけど、結局現場で使う頻度は少ない。

なので、そのうち持っていかなくなってしまう。

手持ちの少ないリストラップも、ファイアタイガーは使わなくなってしまい自宅待機となってしまっていた。

Basslog20170509a_3 Basslog20170509b 違うカラーに塗り替えてしまおうと思い、やすりでゴシゴシと塗装を削り落としてみた。

廃番で入手できない貴重なルアーだけど、使わないのはもっともったいないので、新たなカラーで活躍してもらう。

| | コメント (0)

2017年5月 3日 (水)

チャターのスカート

チャターのスカートはゴム管仕様もあればイージースカートやタイイングされているもの等がある。

スカートの考え方としてはスピナーベイトやバズベイトと同じでよいと思う。

ということで自分はタイイングしているものが好きなので、カスタムチャーターのスカートをタイイングしてみた。

Basslog20170503a ヘッドに溝を掘ってから巻いたので、収まりが良い感じになった。

釣果に影響はないかもしれないけど、これの方が見た目はよくて釣れそうな気がする。

| | コメント (0)

2017年4月 5日 (水)

リップ交換

ログのリップは軟らかいタイプと硬いタイプが混在している。

世間一般的には軟らかいタイプが良いと言われている。

このリップって経年劣化で折れたりもしやすい。

なので、交換したりして対応するとよい。

Basslog20170405b リップの両サイドを持って左右に何度か動かしていると、その内ぐらつき始め、徐々にぐらつきが大きくなり抜ける。

一気にやろうとすると折れるので注意。

Basslog20170405a リップは簡単な形状なので、リップの硬さは、自分の好みに合わせて作成することも可能だ。

| | コメント (0)

2017年3月16日 (木)

手術

ラトルが入ったクランクベイトやメインウエイトの遊びがあるクランクベイトの音が気になる時がある。

釣りをしていると、両方必要なことを痛感する場面があるので両方備えておきたい。

通常はラトル入りで探して、バスが飽きてきたり、ここは絶対に居るといったところでローテーションさせたりと、色々な場面で必要になる。

ラトラーとサイレントの両方があればよいが、ないものや、メインウエイトが動いて音がしてしまうものがあったりする。

Basslog20170316aBasslog20170316b そんな時はボディに穴を開けてウエイトやラトルボールを固定してしまう。

小さなドリルで穴を開けて、注射器でエポキシを注入して固定して、エポキシで穴を塞ぐ。

冬はそんな手術を施したりもしている。

今日はいよいよ自分の手術の日。

とはいっても、15分程度で終わるようだけど…怖い。。。

| | コメント (0)

2017年3月12日 (日)

トレーラフック

スピナーベイトやバズベイトにトレーラーフックを使う人が多いけど、自分はほぼ使わない。

使わない理由は、これらのルアーの利点であるスナッグレス性能が落ちたり、トレーラーフックが横向いてしまったりと、トラブルが嫌で使わないというのが主な理由。

絶対に使わない方が釣れるといった場面もあるけど、使った方が釣れるといった場面もある。

そんな話を友人にしていて教えてもらったのが、ティンセルをフックに巻くとトラブルが減るという方法であった。

ティンセルがあることで水の抵抗を受けてフックは真っすぐになるし、真っすぐになっていれば、キャスト時にカバーに当てたりしない限り引っ掛からない。

Basslog20170312aBasslog20170312b ということで、試してみようと思いティンセルを巻いてみた。

スレッドでグルグルと巻いてみたら、このティンセルは上に両面テープが付いており、巻き付けるだけでOKであった(笑)

あと、トレーラーフックを固定するゴム管はどうしようか検討中…

| | コメント (0)

より以前の記事一覧