2021年9月20日 (月)

カニーイカ?

ゲーリーヤマモトの繋ぎイモはたまに話題に出している。

これの繋ぎ目の強度に関する質問は多いけど、これに関連したものでちょっと変わった質問というか、「イカはダメですか?」と尋ねられた。

イカはおそらくファットイカをダブルボディにしてもっと重くした物はどうか?というものだった。

それはそれでアリだと思う。

それとは別になんとなく思い付いたのがタイニーイカの繋ぎチューン。

Basslog20210920-2 使うのはタイニーイカ2本。

これを繋ぐのだが、脚を両側に付けるような繋ぎ方をする。

1本のタイニーイカは脚を根元からカットし、もう1方のタイニーイカの頭部にそのカットした脚を炙って繋げるという繋ぎイカだ。

Basslog20210920-1ワーム自体は細いのでイモよりも簡単に着けられる。

仕上がりもきれいでいい感じにできた。

そしてこれを見たときに思ったのが、昔ネクストワンから発売されていたフォーチューンというワーム。

フォーチューンは使ったことないけど、当時は良さそうな使い方の発想も思い浮かばなかった。

Basslog20210920-3 タイニーイカ自体ジグヘッドワッキーでの使用が最も釣れる。

なのでこれもジグヘッドワッキーで使ったら良さそうだ。

実際に水に入れてみると、フォール中の動きがカニが水中を落ちていくような感じだ。

繋ぎイカというよりは‘カニーイカ’…‘カニーチューン’…‘イカカニ’…って感じかな!?

汽水域のバスやシーバスはかなりカニを捕食しているので、テトラ際にこれをフォールさせたら効きそうだ。

でも桧原湖以外にライトリグを持って行くことはないので、使うとしたら桧原湖かな…

芦ノ湖のバスなんかは場所によっては結構カニを捕食しており、カニを吐き出すこともあったが、桧原湖でカニ…

実はウチダザリガニですら吐き出したのを見たことない。

ストマックチェックしても入っているのは大半がワカサギで、次いでエビ、次にゴリといったところ。

虫を捕食するシーンは時期によってはよく見掛けるけど、虫が入っていたこともないんだけどね。

スモールはラージ以上にエビ類を捕食するイメージは強い。

エビが付きやすい立木、倒木には、ラージ程カバーに依存しないスモールでも付いていることが多い。

見方によってはこのジグヘッドワッキーは、エビが2匹落ちていくようにも見えなくもない。

タイニーイカのジグヘッドワッキーは桧原湖では非常に反応が良いので、きっとこれも反応良いだろう。

| | コメント (0)

2021年9月18日 (土)

シュルームジグ

Zマンのシュルームマイクロフィネスジグを改造した。

元々改造するために用意したジグ。

ちょっとノーマルではスカートの具合はあまりよくない。

でもヘッドの形状はシュルームヘッド同様で、スカートをタイイングするカラーもあり気に入っている。

Basslog20210918a これを使ってラバーをシリコンの凸凹ラバーレギュラーに交換する。

ラバーは短めの少な目にする。

これでZマンのワームとの組み合わせると良い感じになる。

ラバーの抵抗でフォール中にもアピール力が増し、中層でスイムジグとして泳がせるにしても使いやすくなる。

そしてボトムに着底した時は確実に垂直立ちする。

これから秋にサスペンドしたバスには非常に有効なジグとなる。

| | コメント (0)

2021年9月16日 (木)

カウズバド

メインで使用しているバドがかなり傷んでしまったので、次のバドを作ってみた。

Basslog20210916b 完全な無塗装にしたのだが、目は入れようと思い、カウズ人気にあやかりバッテンの目にしてみた。

マッキーでチャッチャっと入れたのだが、目を入れるだけでルアーというのは生命感が宿る。

今まで色々と弄っては実際に釣ってみて改良に改良を加えてきたバド。

今回はその経験を全て注ぎ込んだ最善のバドを作ってみた。

バド最大の欠点であるフッキングの悪さは、年々試行錯誤を繰り返し、徐々に改善されてきている。

Basslog20210916a 現在フックは前後違うものを使っている。

今のところこの組み合わせがバスを釣るにも鯰釣るにもベスト。

あとはバド最大の特徴でもある音に対する拘りも追及したものとなっている。

リアのボディを削ったり、ブレードを装着するヒートンに硬質のアルミプレートを遊びがあるように入れている。

ブレード自体はオリジナルのブレードをフラットに加工した、最もオーソドックスなチューンを施した。

これで実際に使うバドとしては現在最高傑作となった。

| | コメント (0)

2021年8月27日 (金)

チューンバズ

Basslog20210827a 以前にカルプリットのプレミアムバズはチューンすると更によくなると記した。

そのチューニング方法だが、それはブレードをオフセット仕様のワンサイズ大きなものに替えるだけだ。

ワイヤのエンド部をペンチで伸ばして、ペラを入れ替えるだけで完了。

製品によってワイヤのベンド部やベンド具合が違うので、多少の調整は必要だ。

当ててクラッチ音が鳴るようにしてもいい感じになる。

正面から見て右回りのブレードは、正面から見て左へアッパーアームを少し曲げると真っ直ぐ泳ぐようになる。

左回りは右へ曲げると傾かず真っ直ぐ泳ぐ。

この辺の調整も、現場で自分の目で見ながら少しずつ調整すると色々な曲げ具合による違いも覚えられて良い。

Basslog20210827b 自分なんかはボート上でもバラして組み直したりしている。

こんなことしなくてもそのまま使えるバズベイトがベストなのかもしれないけど、覚えておくと、アームが伸ばされたり、曲がってしまったりしてもすぐに対応できるようになる。

そんなことまでできるアングラーって、最近はほぼいない。

イナバズの時の様に、ブレードの曲がり具合の調整なんて、更にできる人は限られる。

というのは、イナバズのペラが回らない等の苦情が、意外とベテランの人からも入り、そんなことを知った。

完璧にセッティングが出来れば、未だに日本のフィールドでは圧倒的に釣れる。

どうしてもうまくできない人はこのプレミアムバズ同様に、以前にも記したスローバズ仕様に変更することをお勧めする。

| | コメント (0)

2021年8月15日 (日)

マイクロフィネスジグ

Basslog20210815-2 Zマンのマイクロフィネスジグ。

気に入っているかいないかと聞かれたら、気に入ってはいないと答えるだろう。

でも他に代わるものがないので、たまに買い足している。

Zマンのシュルームヘッドは、ワームキーパーが溶接してある。

でもこれはヘッドに鉛をポアする際にセットした一体成型。

エラストマーをトレーラーに使用する事を考えたら、絶対に溶接だと思うんだけど…

何故にZマン社製なのに…

スカートも質感はイマイチ。

Basslog20210815-1 ということで、とりあえず買ったらすぐに分解。

そして自分好みの使用に仕上げる。

そしてこのジグだからこそのいい感じのものができる。

| | コメント (0)

2021年8月 7日 (土)

イエローアイ

Basslog20210807-2_20210807135801 ラッキークラフト社のクロー系カラーの一部は目が黄色い。

目といってもバックのリア側にゴマ粒程度の小さな目がペイントされている。

ちょっと薄暗いところで、ザリガニの目に微かな光が当たると、少し金色っぽいような黄色っぽいような感じに見える。

そのイメージなのだろう。

これを観ていて、この黄色をそのままフロントのアイに塗ったらどうなのだろう?

Basslog20210807-1_20210807135801 と思い、ダイグルーバー120Rのクローカラーがちょうどアイが剥がれてしまったので、これに実行してみた。

違和感があるようなないような…

なんだか仮面ライダーに出てきそうな…

クロー系というよりはインセクト系といった感じになった。

| | コメント (0)

2021年7月26日 (月)

スカートレスバズ

以前に、三瀬谷ダムに行った際、バズベイトを使用していて、スカートを外してワンナップシャッドだけ装着したスカートレスのバズを使用した。

その事は確かに覚えていたのだが、ちょっと前に結構な長文でこのことに関するメールをいただいた。

Basslog20210726b その内容は、その当時バズベイトはスカートが付いたまま使うのが当たり前だと思っていて、かなりのカルチャーショックを受けたとのことであった。

それからバズベイトを色々なシチュエーションでキャストするようになり、バズを色々と弄るようになって、今ではかなりの信頼を置いているルアーとなったそうだ。

そのくらいのレベルになると、かなり深い話ができるようになる。

バズベイトによる違いによるバイト数の違いなんかも感じてくれていて、完璧な出し処も把握しているし、バズにしか釣れないバスをしっかりと仕留めている。

それでこそルアーを道具として活用できていると言えるだろう。

今の時期だと、オイカワをメインベイトにしているようなリザーバーなんかだと、バズがドンピシャでハマる状況がある。

そんな体験をした人だと、更に奥深い話ができる。

色々と解ってくると、持って行くバズの数もどんどん増える。

Basslog20210726a 自分は昨年からルーズのリールに替えてから、格段にスキッピングが容易にできるようになった。

そんなこともあり、今年はスキッピングのしやすいそんなスカートレスバズを使用することが多い。

多く使っているとまた新たなものが見えてくる。

これから真夏、秋と、バズが活躍するシーズンを前に既に今年もたくさんのバスを釣っている。

今年もまだまだ面白いバズゲームが出来そうだ。

| | コメント (0)

2021年7月25日 (日)

スローバズ

「春はイナバズで良く釣れていたのですが、GW開けぐらいからあまり釣れなくなったのですが、なぜですか?」

ちょっと前にこんな相談を受けた。

その人の通っている湖の場所から推測すると、おそらくバスがスポーニングに入ってから釣れなくなったのだろうと思った。

バズの引きスピードを遅くしてもバズ自体の最低限界スピードというものがあるので、そうなるとバズを替えるかバズを弄るしか手はない。

自分も行っている簡単にできるチューニング方法は、ブレードをデルタオフセットタイプに交換するという方法だ。

Basslog20210725-2 既存のブレードを外し、デルタブレードに入れ替えるだけなので、ペンチ1つでチューンできる。

デルタブレードは1/2oz.用のものを使用している。

替えブレードまで在庫しているショップはなかなかないので、ネットで探すとよい。

Basslog20210725-1 自分はここここで買っている。

これに替えて使用すると、かなりゆっくりと引くことができるようになる。

そして数投でかなり大きなスクイーズ音が出るようになる。

更にトレーラーを装着すればもっとゆっくりと引ける。

こんな話題を出しておきながら、今の時期はノーマルのブレードが効果を発揮することが多いので、2種類持って状況に応じて使い分けることをお勧めする。

| | コメント (0)

2021年7月23日 (金)

ガイド補修

壊れてしまった70Hのガイドを交換した。

Basslog20210723b標準装備のガイドは止め、強度を考慮してバッド部分のガイドはダブルフットに替えた。

チタンフレームのSiCと標準装備の物と同じ仕様のものでダブルフットのものにした。

それとトップガイドも壊れたので替えるのに何にするか悩んだ。

トップガイドは2番目以降のガイドよりもリング径が大きい。

これよりもトラブルを軽減させ感度をよくするために、ガイドの径が小さく軽いものにすることにした。

このロッドが完成した当初は、非常に径の小さいマイクロガイドが登場していたのだが、トップガイドにはまだ小さい仕様の物がなかった。

そんなこともあり、この時代のロッドは2番目以降のガイドが小さく、トップガイドがデカいという変な組み合わせになっている。

その後、富士工業から追加で小さな系のトップガイドも登場した。

Basslog20210723a 結局以前にガイドを総入れ替えして調子のよかったトルザイトのフランジタイプにすることにした。

径は4.5mmに落とした。

想定通りトップガイドが変わることでかなり感度も向上した。

| | コメント (0)

2021年7月14日 (水)

LFSハンドル交換

Basslog20210714a KVDキャスティングリールのハンドルをカーボンハンドルに交換してみた。

結局これも標準装備されているハンドルが非常に軽量であるので、カーボンハンドルにしても自重は変らない。

ハンドル自体ではなくノブが重い。

結局まともに使ったことはないので、これから試してみる。

ノブの中には2つベアリングも入っているので、回転はそこそこよい。

ベアリングの精度がイマイチな感じであったが、IOS注入したら問題ないくらい回転がよくなった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧