2017年3月11日 (土)

パープリッシュ

Basslog20170311a ちょっと前に話題に出したカラー‘パープリッシュ’のクランクベイトが欲しくて塗ってみた。

クランクベイトが使いやすい場面は多々あるので、春にクランクベイトはよく使うルアーの1つ。

春にクランクベイトで使うカラーと言えば、赤か黄色みたいな単純にセレクトしてしまうことが多い。

でもフィールド毎に水の色も違えばベイトも違うので、好むものは色々。

ゴールドが良い時もあるし、ゴールドでもメッキ調の物が良い時、塗装のゴールドが良い時、薄いゴールドが良い時、濃いゴールドが良い時等、同じカラーでも差が出ることもある程だ。

それに春はカラーによって物凄く釣果に差が出る季節でもある気がする。

春は視覚に頼ってベイトを探していることが多いということかな…?

| | コメント (0)

2017年3月 5日 (日)

フットボールジグ

昔ほど出番はなくなったフットボールジグ。

でも使うのでたまに自作している。

Basslog20170305a 自作するのは1oz.か3/4oz.ばかり。

フックはハニーホールに使われている60度角のフックで、これにしてからもうこのフックを装着したフットボールを手放せなくなった。

久し振りにヘッドにも色塗って、スカートは2種類使って2トーンにして凝ったものにしてみた。

今はスカートも物凄いたくさんのカラーがラインナップされているので、ワームのカラーに合わせてジグを作ることも可能だ。

昔は色を合わせようとすると、装着するトレーラーのカラーは限られてしまったけど、それに比べると今は物凄いカラーバリエーションができるようになった。

| | コメント (0)

2017年2月 5日 (日)

スモラバ作製

頼まれたスモラバを作製している。

自分ではスモラバはほとんど使わないので、世間で一般的となっているスモラバというものをまずはじっくりと観察するところから始めた。

ラバーの長さが色々混じっており、最初は複雑に観えた。

それぞれのラバーの数を数えたりして、じっくりと観察し、ようやく製造過程も見えてきた。

そしてようやく既製品っぽいスモラバが作れるようになった。

Basslog20170205a ただ、今回依頼されたラバーのカラーが、‘スカッパノン’。

自分でも殆ど使わないカラーだし、ラバーを探してもスカッパノンなんてなくて困った。。。

そして色んなサイトでスカッパノンを探しまくっていたが、あってもお気に召すカラーではなく…

アメリカのサイトばかり観ていたのだが、灯台下暗しで日本のショップでようやく見付けた。

スカッパノンだけでも幾つかあるし、カラーバリエーションがこんな豊富なショップが日本にあるとは驚いた。

それでようやく作製の本番に取り掛かり始めることができた。

| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

スモラバ

Basslog20161220a スモラバを頼まれたので時間がある時に作っている。

最近のジグヘッドはフレアするように溝があるので、ただ単にまくだけできれいにできる。

スモラバ自体あまり使わないので、ラバーの長さ調整をどのくらいにすればよいのかよく分からない。

でも釣れそうな感じに仕上がったような気がする。

| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金)

横アイフットボール

先日のフットボールヘッドのフックは、昔スミスにあったラバージグ‘ハニーホール’に使用されていたフックである。

Basslog20161104aBasslog20161104b このフックを使ってスミスの谷中さんから、とあるものに流用できないかなぁ…ということで、依頼を受けたのだが、色々試行錯誤したが断念。。。

それで残ったフックで何気なくDo itのフットボール型モールドを、このフックが合うように削って、フットボールヘッドを作ってみた。

それがホリゾンタルアイ仕様のフットボールとの出会いであった。

| | コメント (0)

2016年11月 2日 (水)

フットボール

ここ最近使用頻度が高いフットボールジグ。

最近はシャッドテールのワームを装着した巻きジグなんてこともできるので、ジグの使用範囲が広がった。

Basslog20161102a 今年に入ってから使用しているフットボールはアイの位置が、トラディショナルなフットボールよりやや前方にあり、横向きのタイプを使用している。

ちょっとした違いだが、これがなかなかいい感じである。

バーチカルにリフト&フォールさせるにも使いやすいし、根掛かりも軽減されるし…と、いいことばかり。

ということもあり、一気にこっちばかりになってしまった。

T.W.のフットボールジグを観てみると、アイの位置はかなりの率で前方になっており、全体的にも横アイが主流のようだ。

つまり、世の中は既にその流れになっており、自分が遅れていただけみたい…(笑)

| | コメント (0)

2016年10月27日 (木)

Skirts Unlimited

Basslog20161027a 最近、スカートはスカートアンリミテッドのスカートをよく使っている。

スカートって気にし始めると、結構重要なパーツであり、ものによってかなり違いがある。

ファインラバーだとレインのファインラバー、レギュラーラバーだとティムコの凹凸のラバーを愛用していた。

でもこれらも人気があるのか、なかなか入手困難。

ということで、他に何かないか探していた。

そしてようやく、硬さ、色合い弾性と、気に入るものを見付けた。

それがスカートアンリミテッドのシリコンラバーだ。

カラーバリエーションは物凄く多く、このラインナップが全て置いてあるショップがあったら、是非一度観てみたい。

Basslog20161027b そこそこの量はオーダーしているので、ある程度の具合は把握はしている。

ファインラバーもあるし、凹凸のテクスチャーシリーズもあるし、ここにないものは世の中にないのでは?ってぐらいの豊富さだ。

これはメーカー直でオーダーしているから、アメリカからの空輸になるけど、1週間で届く。

ちょっと前まで円安で値上げの話題が多かったけど、今は円高になってきており、これらのスカートは1パック10枚入りで、送料を含め400円程度で購入できる。

メーカー直販なら全ラインナップあるけど、TWでもオーダーできるので、急ぎの時は便利だね。

日本ではここでも扱っている。

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

ジグ作り

秋用に重めのフットボールジグを作ってみた。

Basslog20160925a 3/4~1oz.が自分の使用頻度が多いので、結構重め。

ロストも多いし、今年の10、11月は結構多用しそうなので普段よりも多めに作っている。

これにスーパーチャンク付けて、速い動きでテールをベロンベロンさせて使っている。

| | コメント (0)

2016年6月 6日 (月)

タヌキリール2

Basslog20160606a タンタンタヌキ用のリールを頼まれ、タヌキリール第2弾を作った。

第一弾より少し持ちやすくなったかな?

このタンタンタヌキに犬用のリールリードを使うと良いという話を聞いたことがある。

それはいい案だと思ったけど、5mぐらいまでしか伸びないものが殆ど。。。

霞水系とか浅いレンジだけの湖ならいいけど…と思ったけど、浅いレンジならスティックタイプの方が手っ取り早いね。

| | コメント (0)

2015年5月13日 (水)

ブレード製作

久し振りにブレードを作ってみた。

Basslog20150513aBasslog20150513b真鍮の鉄板を切ってカーブを作って、穴開けて磨いて完成。

最近はあまり作っていなかったけど、ちょっとした想い付きがあり作ってみた。

ブレードは形状やサイズによって、ベストな硬さや厚み比重があるので、ブレード毎に素材となる鉄板を変えている。

磨くのに以前はサンドペーパーで徐々に細かい番手にして磨いていた。

Basslog20150513c最近はルーター用のゴム砥石を使用している。

これは色々なものを削るのに便利で、最近では100均でも売っている。

これである程度磨いて、最後はコンパウンドで磨けば鏡面仕上げになる。

輝きを維持するならコーティングをしておけばしばらくは持続する。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧