2024年3月 8日 (金)

ヘビキャロシンカー

Basslog20240308a ヘビキャロ用に最近よく使っているのがウォーターグレムリンのスチールバレルウエイト。

ウォーターグレムリンと言えば、スプリットショットシンカーでは非常に有名なメーカーであった。

でも最近はタングステンが使われるシンカー類が主流となったからかウォータグレムリン自体聞かなくなっていた。

自分はこのバレルシンカーだけは使っていた。

このシンカーは環境に配慮したスチール製。

ホールの角も奇麗に面取りされているのでラインが痛むこともない。

ただ欠点は比重が軽い。

以前たまに釣具にも使用されていたスズと同じくらいの比重だ。

ウォーターグレムリンにはスチール製のバレットシンカーもある。

バレットシンカーは比重が重い方が色々とメリットがあるのでタングステンが1番良い。

でもヘビキャロなんかは特に比重が重くなくてもよい点がある。

デメリットとして挙げられるのがシルエットが大きくなってしまう点があるが、ヘビキャロの場合はあまりマイナスにはならない。

逆に体積が大きいことで根掛かりが少ない。

ヘビキャロでも速く引いたり、ジャークさせて使うような釣り方ではタングステンの方がよいが、ズル引いたりするような釣りではむしろこっちの方がよい。

そんなこともあり最近ヘビキャロを使う時はこのシンカーをよく使っている。

よく使うのは3/8、1/2oz.。

| | コメント (0)

2024年2月25日 (日)

ワンフックアラバマ

アラバマリグが出た当初、物凄い勢いで浸透した。

その後、トーナメントでの使用制限や湖のレギュレーションで禁止するところが出てきたことで、あっという間に衰退してしまった。

Basslog20240225-1 でも最近は1フックだけなら大丈夫というルールのところが多くなった。

それで自分もこの1フックアラバマをやってみようと思い用意してみた。

メインの1フックはダーティジグのタクティカルバッシンスイムベイトジグヘッドの1/8oz.にしてみた。

Basslog20240225-3 メインのワームはストームのラルゴシャッドにした。

このワームは張りがありキビキビ動くので、このような巻いて釣る釣りには合っている。

フックなしの部分にはストレートなボディ形状のものを選んでみた。

この部分のワームはグルグルと回るようにしようと思い、ボディを軸に奇麗に回転してくれそうなものにした。

まだ1回しか使っていないので、どんなものなのかよく分からない。

| | コメント (0)

2024年1月29日 (月)

Bait-Pop

フィッシュフォーミュラといえば今まで色々なものをリリースしてきた。

昔は使っていたけど、フィッシュフォーミュラは現場でちょこちょことマメに塗布しないといけないので面倒。

それにワームのパックに入れて漬け置きしておくとワームが硬くなってしまうので、事前に漬けておくということができない。

そんなこともあって最近では使わなくなってしまった。

Basslog20240129a そんなフィッシュフォーミュラから‘ベイトポップ’という、ちょっと興味をそそる新製品が発売された。

フィッシュフォーミュラなので匂いの効果は配合されているようだ。

そして過去にもあったスパークリングスケールのようにラメが配合されていて視覚効果も得られる。

そしてこのベイトポップにはライブソナーインテンサファイア‘Live Sonar Intensifier’という機能も備わっているそうだ。

これはフォワードフェイシングソナーに映し出されるルアー映像を増幅させてくれるということだ。

FFソナーは画面に自分のルアーを映し出すのは慣れないと難しい。

これを容易にするには慣れや画面を巨大化するというのが現在ある選択肢だ。

画面を巨大化する場合、16inのGPSMAP8416xsvなんかだと100万円オーバーとなるので、値段的にかなりのハードルがある。

そこをこのフォーミュラで解決できたらかなりのお得感がある。

時代に合わせてフィッシュフォーミュラも進化しているようだ。

ちょっとこれは気になる。

| | コメント (0)

2024年1月19日 (金)

標準装備スナップ

クランクベイトを使う際にスナップを用いることが多い。

これはルアーの交換が早いからではなく、ルアーの動きがよくなるからという理由からだ。

ルアーの交換が簡単にできるからという理由でスナップを用いると、結び替えの頻度が落ちるので気を付けた方がよい。

スプリットリングを介して結んでいる時よりもスナップを付けている時の方が結び替えの頻度は高い。

スナップを用いていると確かにルアーの交換は早いけど、ルアーによっては時間が掛かるものもある。

それはシャッド型のクランクなどに多い、アイがリップに食い込んでいるものだ。

ルアーの動きをタイトにするために、アイを下げるのにリップにアイが食い込んでいるものはスナップを通しにくい。

Basslog20240119a_20240120053201 このようなルアーの場合、最初からスナップを装着しておくようにしている。

タイトウォブラーの代表格シャッドラップなんかは特に通しづらい。

特にこのようなルアーを使う時期は寒い時期なので、更にスナップを通すのは容易ではない。

このようなルアーはスナップを付けっ放しにしておき、ルアー交換はラインを切って行うようにしている。

こうした方がルアー交換の時間も短縮できる。

全部のルアーにスナップを付けておくというのも手だが、これだと交換するルアーにスナップが付いていると外す手間が増えてこれもまた時間のロスとなる。

ルアーによってはスプリットリングをそのまま装着したままのところにスナップを付ける場合もある。

直接スナップとスプリットリング単体、スプリットリングプラススナップ、それぞれルアーの動きは変わる。

特にシャッドのようなタイプはボディも小さいので、そのような影響を受けやすい。

| | コメント (0)

2023年11月19日 (日)

パウダー効果

最近はかなりの率でワームのパッケージにはワームパウダーを入れている。

パウダーを入れることで、パッケージ内でワームの癖が付かなくなるので、その効果を得たいので入れているのが一番の理由。

匂いが付くことで、釣っている時に匂いの効果があるというのが世間一般的には1番言われているもの。

ただ匂いの効果というのは、人にもよく聞かれるけど実際のところどうなのだろう?

はっきりとしたことはよく解らないけど、昔フィッシュフォーミュラが出始めた時にラリーニクソンが言っていたように、

「プラスになることがあってもマイナスになることはない」

それが今もベストな回答だろう。

そんなラリーニクソンも遂に今年度での引退を表明したのは非常に残念だ。。。

そして最近になって気付いたパウダーの効果がもう1つある。

Basslog20231119a それはワームのパーティングラインが明確になること。

パーティングラインはフックをセットする際の目安になるので、ちゃんと真っすぐにセットするには非常に役立つ。

しかし、最近のワームはきれいに成型されていて判りづらい。

更に老眼もあってほぼ見えないので、真っすぐに刺すには慎重に刺さないといけないのでちょっと時間が掛かる。

でもこのパウダーをまぶしてあると、パーティングラインがくっきりと判るので刺しやすくなる。

これは視力の悪い人限定だけど、パウダーの意外な効果だ。

| | コメント (0)

2023年11月 5日 (日)

タヌキ結び替え

ルアーリトリーバーのたんたんタヌキの紐が切れそうだったので結び替えることにした。

切れそうな部分をカットして結ぶだけでなく、結び目付近は耐久性を高めるために少し補強をしている。

Basslog20231105a まず一番擦れそうな本体の結び目付近はシュリンクチューブを通しておく。

そして結び目はしっかりと結んで、端部はライターで溶かして固めておく。

結び目自体は瞬間接着剤を垂らして補強。

これでしばらくは持つはず。

たんたんタヌキは非常に出番が多いので、紐も1年に1回は結び替えておきたいところだ。

他のリトリーバーも使用しているけど、たんたんタヌキが一番回収率は高いと思う。

| | コメント (0)

2023年8月12日 (土)

Worm Powder

ワームに入れるワーム用パウダーも最近では幾つかのメーカーが発売している。

これを入れると、ワーム同士がくっつかないので、真っすぐな状態を保ちやすい。

多少曲がってしまっている癖の付いてしまったワームでも、これを入れてしばらくすると真っすぐに戻っている。

このパウダーは釣果に影響を与えるのかどうか?

今のところ、このパウダーを付けたから釣れたと感じたことはない。

でも今では絶対に不可欠なものとなっている。

このパウダーはエラストマー製のものでも使えるし、ワーム以上にエラストマーのものの方がくっつきやすいのでこのパウダーは必要だと思う。

Basslog20230812-2 今まで使っていたノリーズのものがなくなったので、買いに行ったらダイワ製のものがあった。

それもボトルがデカい。

今回はこれにしてみた。

パウダーの粒子はノリーズと比較するとちょっと粗目。

匂いも強いので、これは匂いの効果が出そうな気もする。

Basslog20230812-1 ちょうど桧原湖に行く準備をしていたので、AR-Wピンテールの原型ともなった同じダイワのスキニーシャイナーの袋へ入れてみた。

ノリーズのパウダーはワーム全体にきれいに付着するかんじだが、これはワームに纏わりつく感じ。

パッケージ内の形状を保つ効果は同じそうだ。

| | コメント (0)

2023年7月19日 (水)

YETI

以前にダイワの一番高いクーラーを購入したが、保冷効果が大したことなかったとの話題を出した。

その後、色々な人からいろいろな意見をいただいた。

釣り用だとダイワよりシマノ製品の方が保冷力はあるようだ。

ただ、釣り用のクーラーボックスよりも保冷効果を求めるのであれば、アウトドアメーカーの物がよいとのことで色々と観てみた。

シマノだと最近はアウトドア用のクーラーも販売しているそうで、釣り用よりも保冷力のあるものがあるそうだ。

Basslog20230720a 色々と観たり試したりした結果、 B.A.S.S.のスポンサーでもあるYETI製品やSTANLEY製品が品質は良い。

実際の物は想像していた以上にしっかりとしていて重厚感がありいい感じだ。

レインウエアなんかも釣り具メーカーのものよりもアウトドアメーカーのもの方が耐久性や機能面がよいように、クーラーボックスも同様の事が言えるようだ。

| | コメント (0)

2023年5月 8日 (月)

名竿

GWは久し振りに高校の時の同級生達と釣りに出た。

2人共久し振りの釣りということで、タックルは昔のまま。

ルアーはネットとか観て幾つか買い足しているようだが、ロッドとリールは30年ぐらい前のバスバブル期のまま。

Basslog20230508a インスパイア、スペシャリスト、オールスター、そして一番目を惹いたのはマグナムライトXL。

リールはバブル期に日本ではよく売れていたダイワ製。

自分も未だにその名残でスピニングリールはダイワ製を使用している程だ。

インスパイアはバスバブル期には一番売れていたロッドだろう。

スペシャリストは富士工業のニューコンセプトを一番最初に採用したロッドだったので、物凄く既存のロッドとの違いを感じ衝撃的だったのを今でも覚えている。

オールスターは今でもブランクの良さが伝わってくるので、ガイドを替えれば現在でも第一線で使えそうだ。

マグナムライトは直感グリップを採用した、当時では画期的なロッドだった。

今観てもそんなに古さを感じない。

Basslog20230508b マグナムライトXL1653という番手は、頭の1がベイトロッド、65が6.5フィートの長さ、3がパワーのレベルだったと思う。

これを持ってきた裕一は、元々自分とはサッカー部の仲間で、部活が休みの日に自分がバスに連れて行ってハマっちゃった。

それからしばらくサンスイでバイトまでしていた程であった。

釣りに行っていなくても情報は常に入れているようで、旬なサカマタシャッドも持っており、Youtubeで観たというチューニングを施していた。

この日は釣れなかったけど、久し振りにタックルを新調すると意気込んでいた。

| | コメント (0)

2023年3月 4日 (土)

Replacement Blades

Basslog20230304a スピナーベイトやアンダースピン、テールスピンジグ等のブレードを交換するのに、最近はカラーブレードも取り入れている。

昔はカラーブレードの効果って全く感じなかったこともあり、ブレードといえば金が銀というのが当たり前になっていた。

最近はカラーブレードも使っているので、その効果を感じつことがある。

なかなか1匹釣ることも難しいことが多いので、実際に効果があったのかを実証するにもなり時間が掛かる。

でもなんとなく感じているので、これからはもっと色々と使ってみようと思う。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧