2022年11月19日 (土)

モールド

Basslog20221119a そろそろ冬なので、鉛を流そうと思いモールドを出した。

冬というよりは、スイングヘッドを補充するためにスイングヘッドを作ろうと思っている。

スイングヘッドは秋からよくなるのだが、今年は今のところまだあまり反応はよくない。

今年は水温がまだ高めのフィールドが多いので、まだこれから良くなってくるのだろう。

ヘビーウエイトのテキサスの方がまだよい感じなので、そろそろかな…

| | コメント (0)

2022年10月26日 (水)

Crossover Rings

Basslog20221026a_20221026051501 VMC社のワッキー用リング‘クロスオーバーリングス’。

これも先日のマスタッドのワッキーリング同様に、リングを装着して横刺しにフックをさすことができる。

このクロスオーバーは縦刺しようの穴もあるという両刀使い。

このリングは3mmから8mmまで1mm刻みでラインナップされているので、ワームに合ったベストなサイズを探し出せる。

カラーも3色ある。

チューブタイプのもののようにちょっと幅があるので、しっかりとホールドさせたい人にはこちらが合っている。

幅に関しては好みではある。

自分は動かした時の支点が小さいものが好きなので、オーソドックスな細いリングが好きだ。

 

| | コメント (0)

2022年10月22日 (土)

Wacky O-ring

ワッキー掛けにする時はワッキー用のリングを最近は必ず使っている。

リングを使っていて釣れた時にワームが飛んでいってしまうことはあるけど、釣りしている最中にワームだけ飛んでいくことはまずない。

チューブ式のものとかオフセット型のものとかもあるけど、ただのリングが最も使いやすいし、ワームの動きを損なわないので気に入っている。

それとエクスポージャー式がワッキー掛けの時は圧倒的に掛かりがよいので好きだ。

最近チョン掛けフックはほぼウイードレススナイパーフィネスしか使っていないけど、これがあればかなりカバーに対して強いので、オープンエクスポージャー式でも問題ない。

ただ、フックの掛ける方向がリングだと縦刺ししかできない。

Basslog20221022a_20221021071101 そんな時にマスタッドのワッキーOリングは横刺しが可能になるOリングだ。

低水温期やタフな状況下ではバスがバイト時に、顎に力が入っていない。

このような時は横刺しでスイープにフッキングする必要がある。

そんな時は横刺しの方が断然掛かりがよい。

冬なんかにスナッグレスとフッキングのどちらも優先したいけどバイト時の噛みが弱い時はリングなしで縦刺しにしたりもする。

微妙な違いでうまく状況に対応しないとあまり釣れないなんてこともある。

横刺しが可能なリングというのも、フックの刺し方を使い分けるのに役立つアイテムだ。

| | コメント (0)

2022年9月 9日 (金)

耐力スナップ#1

Basslog20220909a 耐力スナップの#1を補充。

なんだかんだある程度はストックはあるのだが、ついつい補充癖が付いている。

こればかり使っているからなくなった時の、あの不安感が嫌で常に多めにストックしている。

たまに1.5も補充しているけど、使用頻度は1が圧倒的に多いのでなくなるペースも早い。

そして今日はJBトップ50の第4戦SDGカップが霞ヶ浦で開催されている。

しかし、小森は4バラシしたと…

バラしていても少しでも釣っていれば大丈夫と思ったら、まさかのノーフィッシュ。。。

また最後の最後で観ている人には面白い展開にしてしまった。

明日は釣ってくるでしょう…

| | コメント (0)

2022年8月24日 (水)

Bait Cover

昨日の魚入れるバッグは酷過ぎるものであったが、同じような形状のものでなかなかよいものがある。

Basslog20220824-1 それは6thセンスのベイトカバー

ロッドに装着したルアーにカバーするというのが本来の使い方である。

でもこれをビッグベイト収納用に代用すると非常に便利だ。

フックが飛び出すこともなく、サイズ的にもボックス内へ入れても邪魔にならない。

最小のスペースで収納できる感じだ。

Basslog20220824-2

3面がマジックテープとなっているので出し入れも素早くできる。

ビッグベイトは2つ3つだけ持って行こうと思っても、収納場所に困るので持って行くのを断念することもあった。

これなら念のためにちょっとだけ持って行きたい時なんかでも助かる。

| | コメント (0)

2022年6月22日 (水)

Bugstopper

バグというと虫ルアーを想像するだろう。

釣りをしていると、そんなバグ、虫に遭遇することが多い。

Basslog20220622b 蚊、ブヨ、アブは毎年必ず刺されるけど、先日も今年初のブヨに刺された。

特にブヨに刺されると、腫れ上がり方が酷く2週間は腫れと痒みが続いてしまう。

そんな虫から身を守るものが、最近はアウトドアブームという事もあり色々な虫対策用グッズが販売されている。

Basslog20220622a そして色々な物を試していて、今年はシムスのゲートルでバグストッパー仕様を試している。

サンゲイター仕様のみのものも持っているけど、これはバグストッパー機能がプラスされたもの。

元々シムスのゲートルは他社の物よりも圧倒的にフィット感がよく、サンブロックの機能も優れている。

生地の厚みも絶妙で、発汗してからも快適に過ごせる。

生地とかに関しては詳しくはよく判らないけど、良いものを使っているのだろう。

そして今年からバグストッパーも取り入れてみた。

バグストッパータイプのシャツなんかは国内の釣具メーカーなんかでも発売しているけど、そのシャツの上から蚊が刺してくるので、ほぼ機能していない。

シムスなら効果があるのでは?と期待している。

とりあえず2日使った感じでは、使用中はサンゲイターのみのものと同等に快適で、特に虫効果は何も感じなかった。

でも後々思い起こしてみると、顔の前にブンブン飛んでくる通称‘顔虫’がこの2日間は全く来なかった。

Basslog20220622c いつも顔虫に対しては、北海道のハッカ油スプレーをキャップのツバに吹きかけて対策している。

これをやっておくと顔虫が全く来なくなる。

ただ、1日に2~3回は吹きかける必要がある。

この手間もなくなるのであればそれだけでも効果的だと思う。

| | コメント (0)

2022年6月 4日 (土)

値上げ

世の中値上げラッシュでタックルも値上がりが続いている。

更に円安ということもあり、物凄い勢いで値上がりしている。

ここ2年間は製品の供給も儘ならないところがあったので、ストックも物によっては底をついていた。

ズームのワームなんかも比較的よく使うカラーが、自分の場合一般的にはあまり使われないカラーが多いので、供給ができないものも未だにある。

Basslog20220604a そんな中エメラルドブルーのウルトラバイブスピードクローは入手できた。

比較的単価の安いズーム製品も、1パックあたり200~300円ぐらい上がった。

ある程度使った捨ててしまっていたワームだが、少しは補修しながら使わないとだね。

 

| | コメント (0)

2022年5月23日 (月)

スピニングタックル

桧原湖へ行く回数は多いが、JB桧原湖の運営で訪れて合間に少し釣りするぐらいなので、釣りしている時間はここ数年非常に少ない。

ということで、久し振りにしっかりと釣りをしてみようと思い、今週も桧原湖へ行ってみた。

Basslog20220523a 今回は久し振りにスピニングタックル主体で釣りをした。

とはいえ前半はどうしてもベイトタックルでの速い釣りになってしまい、スピニングのスローな釣りのリズムに合わず苦戦した。

試合などでスローな釣りを強いられれば集中してできるのだが、そうでないとなかなかスローな釣りというのはやらない。

バスがスローであれば、よりリアクションの釣りを意識するので、更に速い釣りになってしまう。

最近はトーナメンターでなくてもスローな食わせの釣りを展開する人が多いようだ。

スピニングタックルのライン設定も、フロロカーボンの2lb.やPEラインの0.2号といった細いものもトーナメンターだけのものではなくなってきた。

そして今回は自分も極細PEラインなんかも用いたので、ライントラブルも多かった。。。

想定よりも大幅に釣れなかったけど、色々と面白い釣りができた。

桧原湖は既に叩き始めているので、今週中にはネストだらけになりそうだなので、6月中ぐらいまでは桧原湖の釣りは控えましょう。

とは言っても、この時期にこそというか、この時期にしか釣れないから…と、狙ってくる人が多いのが現実なんだよねぇ~。。。

| | コメント (0)

2022年5月14日 (土)

桧原湖

今年もJB桧原湖シリーズが明日より始まるので、本日より裏磐梯入り。

とりあえず湖の様子見がてら本日は湖へ出てみようと思い、釣りの用意もしてみた。

平野部では既にスポーニングも終盤となりつつあるが、山上湖の桧原湖はプリもまだのはず。

例年だと5月下旬からプリスポーンとなる。

GWには雪も降ったようなので、まだまだ寒い。

土曜日の予報は一日中雨。

気温はそれほど下がらないようだが、最高気温で15℃の予報なので結構寒い。

夜は当たり前のように一桁代に落ちる。

Basslog20220514-2 Basslog20220514-1 ルアーはGW前に外した低水温期用のルアーを再び用意した。

タックルは通常桧原湖ではスピニングタックルが主流だけど、やはりベイトタックルを4本用意した。

一応スピニングというのがここ最近のパターンだが、用心深く用意していたら今年はスピニングタックルが6本になった。

最悪の事態も想定して、数年振りにフルソリッドも入れてみた。

雨なので、フルソリッドを出す前に上がってしまいそうな気もする。

| | コメント (0)

2022年4月10日 (日)

オフセットワッキーネコリング

Basslog20220410a マスタッドのチョン掛け用リング‘オフセットワッキーネコリング’。

最近ネコリグをセットするのはOリングを装着してそれに掛けることが多い。

そうすると必ずワームに対してフックは縦向き。

これの方が根掛かりも少ないので良い。

でもノーシンカーでワッキーリグをセットする際はフックの向きは横向きが好みなので、リングなしで直接横刺しで掛けている。

そうするとワームの消耗も激しくなる。

ということで、リングで横刺しもできるこのマスタッドのオフセットワッキーネコリグリングを使ってみようと思う。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧