2019年1月17日 (木)

リトリーバー

ルアーリトリーバーはカハラジャパンの‘たんたんたぬき’を愛用している。

それ以外は使っていないけど、前々から気になってたストライクゾーン社の‘ポケットノッカー’というウーデイビス考案のリトリーバーがある。

Basslog20190117a これを真似て、ナス型オモリにスナップを装着したものを作ってみた。

作ってはみたものの、信用度も全くないので、使わないまましばらくタックルボックスに転がっていた。

そして今年の初釣行で、メタルバイブで釣ってい時、根掛かりした際にこれを使ってみた。

10回ほど引っ掛けて、全て回収できるという、素晴らしい回収率を発揮してくれた。

ラインにスナップを掛け落とし、根掛かりしているルアーのところまで落とし、あとはこのナス型オモリを彼方此方に揺らすだけ。

だいたい2~3回ロッドで煽れば外れてしまう。

もっと早く使っていればよかったと思う程、これは優秀だ。

| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

1/8oz.NEKO

Basslog20190115a 一昨年からハマっているVMC製の1/8oz.ハーフムーンワッキーウエイトという、ハーフムーン形状のネイルシンカーを用いたネコリグ。

周囲の人達でも使い始めた人は確実にハマるぐらい、これは使いやすくてよく釣れる。

ゲーリーヤマモト製のストレート系ワームを用いると更に使いやすい。

センコー5in、カリフォルニアロール、ネコファットの3つが特におすすめ。

これらにネイルをインサートしてリングを付けてそこにフックを掛ける。

ロッドは若干ファースト寄りの張りがあり軟らかめのTVC-68Mで使用すると使いやすい。

これでラインは12lb.で使用しても、飛距離は出せるし、10mのボトムでもしっかりと感知できる。

フックはVMCのネコフックがシャンクも長くてスネリングもできるのでよい。

| | コメント (0)

2018年12月21日 (金)

ワッキーツール

Basslog20181221a 今年になってよく使った小物と言えばワッキーリングをセットするワッキーツール。

これは今年になってから非常に使用頻度が高くなった。

昨年から多用しているハーフムーンタイプのネイルシンカーを用いたネコリグの使用頻度が高くなったことと比例している。

これはサイズ違いで2つと、それにトゥルーチューン用の工具をくっつけて常に携帯している。

ペンチ同様に釣りをするにはなくてはならない存在となっている。

| | コメント (0)

2018年10月18日 (木)

ビッグベイトボックス

ビッグベイトを普通のタックルボックスに入れると、結構なスペースが必要となる。

他のルアーが入る数がかなり減るので、専用にボックスを持とうと思い探してみた。

Basslog20181018a インヒビターを入れて効果が効きそうな防水のボックスにしてみた。

なかなかしっかりしていて1,000円程度だった。

これなら湖上に落としても浮いてくれる。

携帯電話などを入れるのにもよさそうだ。

Basslog20181018b とりあえず幾つかビッグベイトを入れてみたけど、すぐにもっと大きいのが必要になるね。。。

| | コメント (0)

2018年10月11日 (木)

グラスラトル

最近ハマっているグラスラトル。

昔からある細いラトラーでも音はしていると思うけど、ほぼ集魚効果を感じたことはない。

プラグのラトル音はあるなしや、音の種類によっても効果は変わる。

リップレスクランクでのワンノッカーなんかは明らかに反応が良い時がある。

Basslog20181011a そんな感じでワームのラトルも音による違いは出ると思っていたけど、このチューブ仕様の大きなラトラーだと非常に効果を感じる場面がある。

このサイズになるとインサートできるワームが限られてくる。

チューブは最近は全く使っていないので、チューブ以外のワームに使用している。

ビッフルバグやパカクローが多いかな。

| | コメント (0)

2018年7月28日 (土)

洗タックル

今日はJBⅡ桧原湖Series初戦‘マルチブック’カップが開催されている。

ということで、今日は運営で桧原湖へ来ている。

関東は台風接近で涼しかったけど、避暑地のはずの裏磐梯は晴れており暑い。

今日コモは今年はJBⅡに参戦したいということで、1人陸待ち。

Basslog20180728a 暇なんで、大きなタックルの1つ車を洗車してみた。

まだ待ち時間が…

| | コメント (0)

2018年7月25日 (水)

スピニング

一年掛かりでようやくテニス肘が治った。

ということで、久し振りにスピニングタックルを使ってみた。

そして更にかなり使用頻度の薄いDSを結んでみた。

Basslog20180725a やり取りの時間がもったいないので、今回は8本撚りのPEラインを結び、ドラグはあまり使わずに掛けたバスは上げた。

今回はあまり移動させずにピンスポットで使うことを心掛けた。

20本ほど釣り、改めてDSってよく釣れるなぁ…と思ったけど、やはりあまり必要性は感じなかったので、次回からはまた使わなそうだ。

ピンで撃っていっても、やはり時間が掛かるからかな…

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

Oリング

最近ネコリグを使用する際にはほぼ必ず使用しているOリング。

これを使用して色々と変わったことができる。

Basslog20180617a ものまね芸人がセロテープで顔に変化を付けるように、Oリングでちょっと変形させてリングを装着したりすると、色々と変化を付けることができる。

今のところこれは凄いというものはないんだけど、色々と試したいものもある。

| | コメント (0)

2018年5月28日 (月)

Best Choice

昨年辺りから急にバスにハマった友人の哲君。

昨日用意していたタックルを観てびっくり!

バス歴は長いけど、昨年からドハマりしてからのチョイスとは思えない程のベストチョイスであった。

Basslog20180528a トップウォーターにはNAZ-62ML、バズにはTVC-65M/HG、ソフトベイトにはTVC-70Hと、完璧なチョイス!

巻物にはTVC-65M/HGが最高に使いやすいと、一番のお気に入りだそうだ。

ワームロッドは70Hだけ群を抜いて優れているので、ここに至るのは必然。

何より驚いたのは、トップウォーターに鯰人のNAZ-62MLを用いていた点だ。

キャストのしやすさ、圧倒的な操作性、乗りの良さ、トップウォーターを扱うにはこのロッドが圧倒的に良い。

このロッドでトップを扱うと、明らかにルアーの動きがよくなり、バイト数も確実に増える。

かなりの頻度で釣りに行っているので、成長の早さがタックルから解った。

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

スプールホルダー装着

Basslog20180505a 超気に入ったKASTKING社のロッドスタンド。

釣りに行く前はここからロッドを選択しラインを巻き替えるので、ラインの巻替えができるように、スプールホルダーを装着してみた。

スプールの向きが横向きよりも縦の方が、ベイト、スピニング共に替えやすいので、この向きに装着すると便利だ。

益々このロッドスタンドが気に入った。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧