2017年9月 2日 (土)

スライディングヘッドヘビー

ちょっと前に発見したスライディングヘッドのヘビーウエイト

これは今年の夏は大活躍であった。

これと同様にワーム側がフリーになる、ハードヘッドに代表されるスインギングヘッドというものがある。

これも結構使い込み、最近は徐々に出番も多くなってきていた。

これに装着するワームはビッフルバグ等のクリーチャー系のものばかりを使っていたからか、意外と盲点であったのが、このフリー状態のヘッドとシャッドテールワームの組み合わせ。

これに気付かせてくれたのがフリーダムタックルのハイドラハイブリッドジグ

これを使っていて感じたのがもっと重いものにして、もっと早く引きたいということ。

そこにこのスライディングヘッドヘビーはドンピシャで待ってましたといった感じであった。

Basslog20170902a ケイテックのスイングインパクトファット4.8inとの相性は抜群で、いい感じで釣れた。

TVC-71MH/HGでシャローにスピナーベイト感覚でキャストして着水したらただ巻いただけ。

想像以上に釣れ過ぎて、なんかもっと大きなものを装着したくなっている。

そうなるともっとウエイトも大きいEXヘビーなんてサイズが欲しくなりそうだ。

アイの部分をフリーにするって、プラグでは当たり前のことだけど、ワームも巻いて使うものには効果的だ。

ノーシンカーでシャッドテールを使う際はスナップを使っているんだけど、ジグヘッドの釣りでは全く気にしていなかった。

Basslog20170902b ノーシンカーで使う際はアイとオフセット部分までのシャンクが長いフックが、アイをしっかりとワームから出してもホールド部が長いのでズレにくくてよい。

昔デコイにあったRSフックという縦アイになっているオフセットの大きな番手があるとこの釣りにはジャストだと思うけど…

ノーシンカーでスナップ使うと、その効果は目で観てすぐに判る。

元々、このタイプのワームは巻物だからと思いTVC-65M/HGで使うようになり、プラグのローテーションに混ぜていたから、スナップで付け外ししていて動きの違いに気付いた。

ノーシンカーもジグヘッドも、ちょっとした違いだけど物凄い釣果に差が出る。

特に今回のスライディングヘッドは夏にシャローで殆ど使用していたので、通常のジグヘッドやテキサスリグで使うよりも明らかに反応が違うのが目視できた。

| | コメント (0)

2017年8月 5日 (土)

T.L.of L.Champlain

先日開催されたシャンプレーン戦の上位陣が使用したルアーが公開された。

どちらかというとフィネスな釣りが主体だったこともあり、ドロップショットを使用していた選手も多いので、釣り方に関しては日本人好みな展開だったのではないだろうか?

優勝したアーロンも日本的なフィネスな釣り方を得意としている。

和ーロンとあだ名を付けたいぐらいJDM人気の立役者だね。

Basslog20170805a 注目のBPはポストスポーンの無気力なスモールマウスを狙うという戦略で、用いたルアーはポストスポーン期のオーソドックスなルアー達であった。

大型のペンシル、ジャークベイトにスパイベイト、そしてドロップショット。

色んな意味で素晴らしいの一言に尽きる。

| | コメント (0)

2017年8月 2日 (水)

高級弁当入れ

夏場の釣行時にはクーラーボックスが必需。

今まではホームセンターで売っているようなクーラーボックスを使っていた。

でもこれだと半日で氷は融けてしまうので、朝から晩まで釣りしている自分にはちょっと不満であった。

そこでちょっと良いクーラーを買おうと思いキャスティングへ行ってみた。

真空パネルを使用しているものが保冷力が高いようなので、真空パネルの物でどれにしようか検討してみた。

結局5面真空のものが自分が探しているサイズでは一番保冷力が持続するようであった。

Basslog20170802a ということでVS1500という5面真空パネルのものにした。

魚臭さを連想させそうな‘D’のマークが要らないなぁ…

保冷力はメーカーが表示している数字はどのような条件下でのものなのかは不明だが、この数字に達するほどの保冷力はない。

‐16℃になるという保冷剤を2つ入れ、凍らせて入れておいた500mlのペットボトルが夕方でもまだ半分ぐらい凍っていた。

保冷材は完全に溶けていたので、1日の釣行ぐらいなら耐えられる保冷力だね。

ホームセンターのクーラーよりは持つけど値段は約10倍、保冷力は10倍とまではいかないけどね。。。

久し振りに釣具店で買い物したけど、後からネットで価格を観なければよかった(笑)

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

Rod Sox

ロッド用のカバー‘ロッドスリーブ’も最近では色々と発売されている。

自分も初めて使ったのは須山氏からいただいた‘スティックジャケット’。

最初はこんなもの入れるのが面倒だから使わないだろうと思っていたけど、使ってみたら手放せなくなった。

そんなスティックジャケットも下のところがほつれてきたので、他の物を新調しようと思い色々と探してみた。

ロッドソック、ロッドカバー、ロッドシールド、ロッドグローブ、ロッドジャケット…と、似たようなネーミングも色々(笑)

Basslog20170617a 下の部分がほつれてしまったということで、下のところがゴムになっている‘ロッドソックス’を選んでみた。

どれも同じに見えるけど、色々と実際に使ってみると利点、欠点あるんだね。

| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

SunGaiter

最近よく見掛ける顔用の日除けマスク。

自分はマスクでさえ苦しいので、今までは苦しそうなので気にもしていなかった。

Basslog20170613a ちょっと前に友人にSIMMSのサンゲーターを頼まれたのと、そろそろ日焼けにも気を付けないと…という思いが重なり、自分も使ってみようと決めた。

クールタイプというものがあることを知ったので、それにすることにした。

そしてColumbiaのFreezer Zero Neck Gaiter というものを選んだ。

アウトドア用品のColumbiaというメーカーにはPFGという釣り向けの製品もラインナップされているそうだ。

実際に着けてみると、物凄く楽で、肌に付けているのに暑いどころか、むしろ付けていないよりも涼しかった。

これは一度体感してしまうと手放せないかもね。

| | コメント (0)

2016年11月12日 (土)

タックルボックス

タックルボックスが壊れたので替えてみた。

替えたといっても同じもの。

Basslog20161112a かれこれ3代目。

もっとデカいボックスが欲しいけど、これ以上は邪魔になりそうだから、中身を入れ替えてこれで収まる範囲にしている。

でもこのプラノのこのタイプのボックスを使用している人って最近いないね。。。

というか、プラノ自体使われていないような気がする。

プラノが一番いいと思うんだけどね。

| | コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

サンダル

夏はサンダルで釣りをすることが多い。

なのでサンダルは必需品ではあるけど、サンダルってなかなか気に入ったものが見付からない。

でも、いつも秋になって夏物処分の頃になると、色々なサンダルがやたら目につく!?

Basslog20161107a_2 そんなことが数年続き、最近では秋になると来年用のサンダルを買っている。

そして今年も来年用を買っておいた。

| | コメント (0)

2016年10月27日 (木)

Skirts Unlimited

Basslog20161027a 最近、スカートはスカートアンリミテッドのスカートをよく使っている。

スカートって気にし始めると、結構重要なパーツであり、ものによってかなり違いがある。

ファインラバーだとレインのファインラバー、レギュラーラバーだとティムコの凹凸のラバーを愛用していた。

でもこれらも人気があるのか、なかなか入手困難。

ということで、他に何かないか探していた。

そしてようやく、硬さ、色合い弾性と、気に入るものを見付けた。

それがスカートアンリミテッドのシリコンラバーだ。

カラーバリエーションは物凄く多く、このラインナップが全て置いてあるショップがあったら、是非一度観てみたい。

Basslog20161027b そこそこの量はオーダーしているので、ある程度の具合は把握はしている。

ファインラバーもあるし、凹凸のテクスチャーシリーズもあるし、ここにないものは世の中にないのでは?ってぐらいの豊富さだ。

これはメーカー直でオーダーしているから、アメリカからの空輸になるけど、1週間で届く。

ちょっと前まで円安で値上げの話題が多かったけど、今は円高になってきており、これらのスカートは1パック10枚入りで、送料を含め400円程度で購入できる。

メーカー直販なら全ラインナップあるけど、TWでもオーダーできるので、急ぎの時は便利だね。

日本ではここでも扱っている。

| | コメント (0)

2016年10月21日 (金)

DSシンカー

梅雨の頃に芦ノ湖で失くしてしまたDSシンカーボックス。

Basslog20161021d ようやくボックスを購入し、詰めてみた。

一応、正確なウエイトを知っておこうと思い各サイズ測ってみた。

すると、1番最初に乗せた1/8oz.は、見事に3.50g!!!

Basslog20161021a 昔の社名は精工だっただけにダイワ製品は精度が高いのかな?

ちょっと感動したけど、それ以外のウエイトは結構疎らであった(笑)

3/16oz.は平均で5.7g±0.1gぐらいであった。

Basslog20161021bBasslog20161021c 同じ3/16oz.でエンジン製のシンカーは平均で5.17gぐらいで、これまた感動的であったのは個体差は±0.01gと、この精度の高さにはこれまたびっくり!

ダイワ製品とエンジン製品では同じ3/16oz.が約0.6gぐらい違うということになる。

1割ぐらいは違うので、これって物凄い差だ。

ということもあるので、各社のおおよそのウエイトは知っておくようにしている。

でも、梅雨頃に失くしたDSシンカーがないまま既に3~4ヶ月経過している…

相変わらずDSはあまり使わないんだけどね。。。

| | コメント (0)

2016年10月 2日 (日)

No.21

先日のラッキーストライクのポークと同じように、家から出てきたポークが他にも幾つかあった。

Basslog20161002a その中で、こんなのあったっけ…と、初めて見たと思ったのがアンクルジョッシュのナンバー21番‘ウルトラライトポークフロッグ’。

思い起こしてはみたけど、思い出さなかったけど、持っているということは買ったのだろう(笑)

スピンフロッグよりも小さい。

当時はキャリラバにスピンフロッグが最強なんて言われていた時代があったけど、自分にはスピンフロッグは小さ過ぎと感じていた。

なので、それよりも小さい、このウルトラライトなんて…(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧