2022年9月30日 (金)

衣替え

今日で半袖も終わりだが、今年はまだ半袖が活躍しそうな陽気が続いている。

今年の夏は暑かったこともあり、ディープに落ちているバスが多かった。

Basslog20220930a このことからディープクランクの釣りが活躍すると思っていたけど、実際には久し振りにスピニングでの釣りが活躍することが多かった。

スピニングで50アップを釣ったのは2年振りじゃないかな…?

シャローではシャロークランクやワイヤーベイト類等も良かったけど、例年よりもシャローにバスが少なかったこともあってか、シャローの釣りがメインになることは少なかった。

スピニングでの釣りは今年はかなりの率でPEラインを用いていた。

これにより幾つか判ったことがある。

PEラインに関してもそうだが、それ以上にガイドに関してちょっと判明しつつあることがある。

PEラインを用いていたことで通常よりも強引なファイトをするので、ロッドにも負荷が掛かるのと、ガイドには引きによる負荷とPEの表面の凹凸による負荷が掛かる。

細いフロロやナイロンラインの時はドラグも緩々な状態で使うので、それほどガイドへの負荷は掛からない。

ベイトロッドのガイドフットのエポキシなんて、使用頻度の高いロッドだと毎年補修しないといけないぐらいガタつくけど、スピニングロッドのガイドなんてかなり使用しているものでも最低で5年ぐらいは問題なく使える。

5年っておそらくエポキシの経年劣化もあるので、ベイトロッドと比較したらほぼガイドへの負荷は掛かってないに等しいだろう。

ロッドのガイドを補修したものはガイドをトルザイトに替えているが、トルザイトってフジの最上級ガイドリングであるけど、どうなんだろうか…

そう思い始めてから、トルザイトを推奨している人の話や文には怪しい部分が多々あることに気付いた。

物を酷使して極限で釣りをしている人はSiCをチョイスするような気がする。

これからの時期はヘビーウエイトのパンチングやディープクランクの高速巻き等の激しい釣りの出番が多くなる時期なので、その辺のことももっと明確になってくるだろう。

ということで衣類はまだ半袖が活躍しそうだけど、タックルは秋仕様に衣替え。

| | コメント (0)

2022年8月25日 (木)

シングルフット

ロッドのガイドは脚の部分がシングルのものとダブルのものがある。

バッド側はダブルでティップ側がシングルというセッティングになっているロッドが多い。

でもマイクロガイド仕様だとバッド側もシングルフットでセットされているものが標準である。

バッド側はどうしても大きな負荷が掛かりやすいので、シングルフットでは耐えられない場合が多い。

TVC-70Hのバッドガイドは下から順に折れたり、抜けてしまったりし、破損の度にダブルフットへ交換していた。

Basslog20220825a 今回は下から3つ目のガイドが折れた。

これに使われているガイドは富士工業のKTガイドというもののT-KTSG7。

シングルで使うにはリングサイズが6mm以上のものとなると、釣りしている時以外にも曲がったり変形しやすい。

シングルフットは6mmになると極端に弱くなる気がする。

自分はテキサスリグではストレートフックを使用するし、Lew’sのリールでドラグを完全にフルロックした状態でフルパワーでフッキングするので、普通以上にガイドには負担が掛かるはず。

ラインを0.26mm以上を使用するのであれば、シングルフットは5mm以下のもののみにしようと思う。

| | コメント (0)

2022年2月23日 (水)

ガイド交換

Basslog20220223a 空き時間に少しずつガイドを交換している。

以前にも記したようにTVC-70H、TVC-68Mのトップガイドは小口径の物に交換した方が、感度も上がり操作性もよくなり格段に使いやすくなる。

KGトップのトルザイトリングの物に交換するとよい。

PEラインを使う人はSiCがよい。

リングサイズは4.0が合っている。

根本側のバッドガイドは曲がってしまいやすい手前3つをLKWに交換するとよい。

LKWはダブルフットなので潰れにくい。

LKWのサイズは6,7,8で、リングはSiCでもトルザイトでも、この部分はほぼ違いを感じることはない。

ここを交換することで、釣りをしている時にガイドが曲がっていたり、元の角度に戻す時に脚が折れてしまうというトラブルもなくなる。

TVC-65M/HGも替えた方がいいのですか?といった質問もあったけど、あのロッドは全てベストセッティングになっているので、逆に替えちゃダメ。

70Hと68Mが発売当初は、ティップ側に用いているリング径4.0mmのKTガイドはあったのに、4.0mmの小口径ティップガイドというものが存在していなかったという、おかしな状況下にあったのでティップだけデカいというアンバランスな設定になっている。

68Mのティップを4.0mmにすると、振り抜けはよくなり感度も向上するけど、ジャークベイトやトップウォーターのようなロッドワークを用いるルアーに使用すると、操作しにくくなる人がいると思う。

ジャークベイトやトップに使用する人にはロッドティップに板おもりを巻くことをお勧めする。

NAZ-62MLがトップウォーターの操作には優れているように、ある程度ロッドが曲がらないと操作しにくくなるので、おもりを少し巻いて操作時に曲がるようにするとよい。

それと、おもりを巻くことでキャスト時にロッドがしっかりと曲がるので、オーバーヘッドでフルキャストするルアーはキャスト時のアキュラシーも増す。

ガイドのベストな設定というのは難しいけど、ベストなセッティングが出せると、同じブランクでも全くの別物ロッドとなる。

最近の富士のガイドは非常に良いものばかりなので、ちょっとぐらい変なセッティングでもある程度のロッドもできてしまう。

日本はブランクとガイドは非常に良いものがあるのだが、製品になると…?というものが多い。

ライトリグロッドは非常に細分化されていて良いものもあるもあるけど、ハードルアー用となると粗悪品ばかり。。。

ジグワームロッドはショップで空振りするだけでも善し悪しはほぼ判る。

でもハードルアーようになると実際に使ってみないと判らない場合が殆どだ。

ブランクに対してベストなガイドセッティング出して、ストレスのない釣りをして欲しい。

| | コメント (0)

2022年1月13日 (木)

スピニング

Basslog20220113a スピニングロッドを久し振りに4本用意した。

最近はスピニングロッドを持って行くのは桧原湖に行く時に2本、その他の湖だと持って行っても1本程度だ。

トーナメントとなると喰わせの釣りを長い時間強いられることもあるので、複数用意しておくのは当たり前だ。

でもトーナメントでもない限り、ソリッドティップのような繊細なスピニングロッドが必要となる場面というのは少ない。

スピニングタックルを持って行くにしてもチューブラーの張りのある感度が良いものだけ。

でも最近のフィールドはチューブラーの方が活躍する場面が多いような気もする。

チューブラーに慣れるとバスが咥えたのか何だか判らないようなバイトも、瞬発的にフッキングすることで掛けることができる。

ただ、ソリッドのような違和感を与えないソフトなティップではないので、一瞬吸い込むだけの本当のショートバイトというものは慣れていないと掛けることはできない。

勝手に掛かってくれるソリッドは気を抜いていても掛かるので、ある意味助かることはある。

ソリッドはチューブラーよりも感度が落ちるけど、慣れればチューブラーよりも掛けることはできるという一面もある。

ソリッドは感度が落ちる分、何をしているのかが判りにくいが、チューブラーはその点、ボトムの形状やカバー、バス等の感知がしやすいので釣っている感が強くなる。

バス釣りをしていて面白いのは狙い通り釣った時の釣った感。

それを味わうには攻撃的な釣りで釣るのが一番。

そうなるとスピニングもチューブラーを使って自分で描いた通りに操作して、しっかりとフッキングしていく釣りが面白い。

自分はジグヘッド等のリグをチューブラーで、小さなバイトを即フッキングするような釣りが好きだ。

今回は久し振りにソリッドでの攻撃的な釣りという特殊な釣りも展開するためにソリッドティップも2本用意した。

いずれにしても、自分が展開する釣りに合ったロッドをチョイスするというのも、バスの面白い部分の1つ。

人によってチューブラー、ソリッドのどちらを選択してもいいし、それ以外にもパワー、テーパー、レングス、マテリアル等々、決まりなく自由に選べるのもバスの面白いところだ。

| | コメント (0)

2022年1月 9日 (日)

FLEX COAT

何かタックルの補修に使う接着剤と言えばエポキシを使うことが多い。

最近は多種多様なエポキシがあるけど、用途によってうまく使い分けると良い。

コニシボンドのクイック5等の様に即効性のエポキシもちょっとした補修には非常に便利である。

そんなエポキシを最も必要とするのがロッドの補修だろう。

Basslog20220109a_20220108105101 ロッド用にはフレックスコートが作業性、質感、仕上がり、耐久性等、どれを取っても圧倒的に良い。

自分の場合はグラスコンポジットロッドを使う時間が普通の人よりかなり長いので、柔軟なグラスゆえに必然とガイドが根元から緩んでしまうことが多い。

その時はガイドの根元にエポキシを注入する。

数回注入補修すると、スレッドを巻き直す必要がある。

スレッドに垂らしてコーティングするとなると更にフレックスコートが優れていると感じる。

入手しやすいエポキシを色々と試したけど、どれもフレックスコートの足元にも及ばないといった感じであった。

| | コメント (0)

2021年12月15日 (水)

DT06、08

昨日のLC1.5と同じく定番となているラパラのDT。

Basslog20211215a_20211214161801 特にDT-6は非常に使用頻度が高いので、持って行く数の多いクランクベイトベスト3に入る程だ。

LCシリーズと同じくTVC-65M/HGでDTシリーズも使っている。

TVC-65M/HGでDTの4~20まで全て使えるのだが、このロッドのベストなところで言えばシックスとテンのの2つ。

そんなこともあって、来年早々に発売が始まるDT-8は間違えなく使いやすいだろう。

DT6やLC1.5はフルキャストすることもあれば、ショートキャストで使うこともある。

DTシックスのウエイトは3/8oz.なので、そんなに重いものではない。

このくらいのウエイトがあれば、最近のリールなら大概は結構な飛距離を出すことが可能だ。

ショートキャストとなると、リールよりもロッド自体にウエイトが乗りやすいかが重要となる。

10gくらいのウエイトだと、しっかりとロッドにルアーの重さが乗るロッドというのはないのが現状。

TVC-65M/HGならしっかりとルアーのウエイトが乗って、ショートキャストで精度の良いキャストがバンバン決められる。

ちょっと濁っている水系の春なんかはショートキャストが非常に有効な場面が多い。

今年も春もウイグルワートに始まり、DT06に代わり、そしてLC1.5へバトンタッチといった具合で、それぞれのパートで良い仕事をしてくれた。

春のシャローレンジはルアーの深度が非常に重要となることが多いので、これらを更にラインの素材と太さで使い分けている。

DTシックスは桧原湖なんかで使用する際は、フロロカーボンの6lb.で使用することもある。

これは深く潜らせたいからで、具体的には3mまで届かせたいからだ。

もう少し潜らせたい時はDTF-7を使用したりしている。

春は3mぐらいの水深がキーになることが多いので、この辺の潜行深度のルアーというのは細かく欲しいところだ。

来年追加になるDTエイトはちょうど欲しかった領域の潜行深度なので期待している。

| | コメント (0)

2021年12月13日 (月)

BF

以前にベイトフィネスというものがあった。

出た当初はあまり使うことがないものだと思っていた。

実際のところあまり使っていないけど、世間一般的には通常のベイトタックルよりもむしろよく使うようで、最近ではベイトフィネスという言葉が死語となりつつある。

Basslog20211213a 昨日のネコリグには久し振りにツアラー唯一のベイトフィネスロッドTVC-65MLを出した。

3年振りぐらいの登場かな?

リールは2年振りぐらいにアブ製のBF8を使用した。

専用ロッドに専用リールだけあって、軽量のルアーでも簡単に飛ばすことができるので精度の良いキャストも決めやすい。

3inセンコー程度のノーシンカーワームもきれいにキャストが決まる。

関東平野の河川や湖沼では、ベイトフィネスというのは非常に活躍する場面が多いので、一般的なタックルとなったのだろう。

自分の場合はあまり数は釣ろうと思っていないので、ライトリグ自体があまり使っていないこともあり、ベイトフィネスの使用頻度は非常に少なかった。

でもここのところかなり厳しい状況が続いており、フィネスな釣りで丁寧に釣ることを強いられ遂に投入した。

| | コメント (0)

2021年11月11日 (木)

これ絶対釣れるやつ

自分はあまりテレビを観ないので、たまに観るとメチャクチャツボに嵌まって大笑いすることがある。

ちょっと前に観たインスタントラーメンの「これ絶対うまいやつ~♬」はツボに入り1人で大笑いであったけど、周囲は何が面白いの…といった感じであった。

そのフレーズの様に‘これ絶対釣れるやつ’というルアーやタックルがフィールド毎にある。

Basslog20211111a 関東の平野部にある河川だとルアーは、ジャイアントドッグX、イナバズ、LC1.5には、かなりの実績もあることから絶対的な信頼度があるので、何度訪れてもこれらのキャスト数は多い。

他のルアーを付けていても、いつの間にかこの3セットになっていることもよくある。

先日釣りの最中に、ふとデッキの上にある見慣れた3セットを観て‘あっ、これ絶対釣れるやつらじゃん’って思ってしまった。

ロッドはNAZ-62ML、TVC-65M/HG×2に、リールはカスタムプロ、カスタムSLP、ラインはポリエチレン、ナイロン、フロロカーボンの組み合わせ。

リールは8.3:1、7.5:1、6.8:1のギア比のものを使用し、ラインは4本編みのPE1.5号、ナイロンの16lb.、フロロカーボンの12lb.を使用した。

これらは関東平野河川最強タックルと自負している。

これらのタックルを使って攻めるのだが、これらを使ったキャスト回数というのは1日どのくらいなんだろう?

自分の釣りを観たことある人だと分かると思うけど、間違えなく普通の人よりもキャスト数は多い。

これは意図的に多くしている。

それにこの時期は特にスピードの速い釣りが主体となるので、必然とピックアップまでの時間も短い。

どれくらい速いかというと、例えば自分のGドッグXの釣りを初めて観た人は必ず「そんなに速く動かして釣れるの?」と言うぐらい、普通では誰もやらないぐらいのハイスピードだ。

そんな調子で攻めていくので、当然キャスト回数も多くなる。

ゆえに、絶対釣れるタックル達で誰よりも多くキャストしているのだから、誰よりも1番釣れてるはず…と思って釣りしている(笑)

| | コメント (0)

2021年11月10日 (水)

フードナット

先日のPE4本編みの記事で掲載した写真の鯰人62ML。

フォアグリップがなんか違いますけど何か弄ってあるのでしょうか?との質問が来た。

最初フォアグリップって何だ?と思ったけど、フロントのフードナットのコルクの事だった。

Basslog20211110a よく気付いたなぁ…といった感じだ(笑)

ナットリングとブランクの径がかなり際どい設定となっているので、フードナットを強く締め付けるとブランクに当たってしまい、既存のナットリングが度々外れてしまっていた。

それで直す序に、短くしたら改善されるのではと思いショート化してみた。

ショート化したら、今度は締め付けるとパイプシートと干渉してしまい、ナットリングがポロリ…

そして仕方なく少しパイプシートも短くカットした。

ロッドを組み上げる段階ではなく、既製品を改造するとなると、装着したまま作業をしないといけないので結構面倒だ。

ということで、お勧めは出来ないかな…

| | コメント (0)

2021年7月27日 (火)

ベイトロッド×桧原湖

桧原湖へ行き慣れている人だと、最初からベイトロッドを持って行かないという人も多い。

でもそんな人達に限って、「ベイトで釣りたい…」と言う。

だったら持ってこなければ何も始まらないと思うのだが、そういう人は家に帰ったところでグラファイトのジグロッドぐらいしか持っていない人が大半だ。

スモールに関して当初は巻物は釣れないとか、音がしたらダメだとか、色々と意味不明なことが言われていた。

でも、結局自分で検証したところ、ビッグベイトもクランクベイトもスピナーベイトもバズもチャターも釣れる。

初めてスモールマウスの釣りしたのが、20数年前にマグナム長尾と桧原湖で釣りしたのが初めてであった。

長尾は当時から彼の名前の由来でもある溺愛していたマッドペッパーマグナムをメインに使って釣っていた。

自分がファーストチョイスしたのはスピナーベイトだったし、初スモールもそれで釣ったので、2人共ベイトタックルをメインで釣っていた。

Basslog20210727a 先日桧原湖へ行くのに、ベイトタックルも組んで、桧原湖らしいフィネスなスピニングタックルと比較してみた。

ベイトにはバズ、クランク、ノーシンカー、フットボールジグをセットした。

場所に応じてスピニングタックルとベイトタックルの両方で攻めてみたが、結果は五分五分といった感じであった。

ノーシンカーにはセンコー5インチをセットしたが、問題なく喰ってきた。

しっかりと狙っているところへ入れることが大事なので、ベイトタックルで正確に入れる方がむしろ良いのでは?と思うほどであった。

今まで桧原湖で釣りをしてきた感じからすると、スピニングタックルが有利な場面が多いと思う。

でもベイトタックルでも十分釣りになる。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧