2021年1月 5日 (火)

Shad Rap

Basslog20210105-2 結構寒くなってきたので、そろそろシャッドラップに頼ろうと思い、シャッドラップ用のタックルを準備した。

最近のベイトタックルなら投げにくいシャッドラップでも十分キャストできる。

でも、狙う水深まで到達させるには飛距離が出た方が調整しやすい。

ラインも細い方が深度を出せるので、スピニングが扱いやすい。

ロッドはシャッド専用のグラスコンポジットロッドである‘シャッドマニピュレーター’TVS-65ML/HGを使用する。

Basslog20210105-1 これに8本撚りのPEライン0.8号の組み合わせで使用している。

リーダーはナイロンの6~8lb.を1m程結んでいる。

シャッドを使う際は中層で止めることもあるので、リーダーにはナイロンラインが合っている。

シャッドラップは7,6,5を使い分ける。

カラーは昔と変わらずSDとCWがあれば事足りる場面が今でも多い。

この2つにデーモンとカリビアンシャッドがあればかなりの状況下をカバーできる。

| | コメント (0)

2020年12月28日 (月)

ガイド交換

Basslog20201228a 年末年始は空き時間にガイドを交換しようと思い、ガイドは何本分か買っておいた。

なんだかんだで年内は出来そうにない。。。

年始もそんなに時間はない。。。

時間あるなら釣りに出たいし…

| | コメント (0)

2020年12月 3日 (木)

トルザイト

先日ガイドを外したTVC-70HはSiCからトルザイトに替えることにした。

Basslog20201203-1 富士工業の最上級ガイドリングであるトルザイト。

トルザイトはイマイチ普及していない。

色々と製品上の特長等を調べてみると、普及しないのはSiCが優秀なのと、ゴールドサーメットの時の事が影響しているような気がする。

実際のところトルザイトってどうなのか?

SiCよりも軽量ということで、感度を求めるワームジグロッドではガイドの重さと感度は反比例するので、軽くなるので間違えなく感度は上がるし、肉薄に加工できるトルザイトは同外径のリングだと内径はSiCよりも大きくなるのでラインの出がスムーズになり飛距離が出せる。

それならいいのでは…?と思うのだが、普及しない原因は他の部分にあるようだ。

それはバスで使う分には特に関係のないところと言えるので、自分はどうでもよいことだと思う。

ということで、実際に導入してみることにした。

70Hは既存がマイクロガイド仕様ということで、ガイドの数が多く、リング径が小さい。

どのような仕様のガイドに変更するかは、ガイドに関して詳しい後輩の晋平に相談してみた。

そして晋平の言っていることに納得し、晋平が実際に組み直している仕様と同じにすることにした。

ガイド径は5mmに上げ、ガイド数も10個へ減らすことにした。

ただ、トップガイドだけは晋平仕様だとSiCとのことであったが、トルザイトのフランジタイプにした。

ちょうどトップガイドは別売りのトルザイトガイドセットにT-LRVTG108というベストなものがあった。

Basslog20201203-2 ガイドの総重量を測ってみると、なんと1.33g。

こんなに軽いとは思わなかった。

まだ付けていないけど、冬の間には装着して来年には使いたい。

| | コメント (0)

2020年11月17日 (火)

TVC-70H

Basslog20201117-1 ツアラーで唯一のジグロッドであるTVC-70H。

ツアラーにはこれしかジグワーム用ロッドがないので、2本持っていくことが多い。

元々ガイドが小さくてシングルフットの物が標準装備されているので、ガイドがよく曲がってしまう。

1本はまたガイドが曲がってしまい、表面のコーティングもボロボロになり、かなりくたびれてきたので、これを機にガイドを交換することにした。

Basslog20201117-2 そして交換している間に使用するために1本新しいものをおろした。

Lew'sのTLH1XHをセットし、日曜日に使ってみた。

最初はテキサスリグを結んでいたが、途中で関西方面で流行っているというスイングヘッドにブルフラットを装着した物に変更してみた。

すると、すぐに喰ってきて無事釣ることができた。

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

ガイド

現在富士工業から発売されているガイドでバスロッドで主に使用されているのは、SiC(エスアイシー)と呼ばれているリングを使用したガイドだ。

かれこ30年以上これが主流となっている。

このSiC以上のものというのは過去にゴールドサーメット、現在ではトルザイトというものがある。

ゴールドサーメットは一時期主流となったが、今ではまたSiCに戻った。

ゴールドサーメットはラインで削れてしまうことがあるとのことで、今ではなくなってしまった。

トルザイトというのもSiCよりも硬度は低いという事だが、リング自体をSiCよりも薄く加工できるので、自重を軽くすることができる。

つまり、より感度を求めるロッド等には適している。

ただ、イマイチ流行らないのは、ゴールドサーメットの時のようなことが懸念されるからだろう。

リングに負荷があまり掛からないライトリグ用のロッドには適しているし、問題はないだろう。

Basslog20201027a ガイドを交換したり、折れたロッドからガイドを外したりしたガイドがたくさんある。

整理しようと思い、リングのサイズを測ったりしていた。

リング径はノギスを当てにくいので、小さいものはコンマ以下がよく判らなくて断念。。。

しかし、重さを量っても、コンマゼロいくつとかの超軽量なので、何が何だか解らなくなり断念。。。

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

スキッピング

リザーバーといえばオーバハングが多い。

リザーバーではオーバーハングの下へルアーを入れないと釣れないことが多い。

先日訪れた豊英ダムなんかはオーバーハングをうまく攻略できないと、釣れるバスの数はかなり減ってしまう。

オーバーハングの中へラバージグやテキサスリグ、ネコリグといったものをピッチングで入れていっても釣ることはできるが、効率はあまりよくない。

なのでスキッピングでオーバーハングに入れて横方向に狙うというのが、一番効率もよく特に秋は効果的だ。

ソフトジャークベイトのノーシンカーなんかは入れやすいしスナッグレス性も優れているので攻めやすい。

それ以外では自分の場合は巻きもので攻めることが多いので、巻物ではチャターを多用している。

Basslog20201012a ソフトスイムベイトなんかも入れやすいし、効率よく探れるので使うが、入れやすさと引っ掛かりにくさからチャターベイトを用いることが多い。

チャター勝負が早いので、これをチョイスすることが多い。

チャターは最近はほぼジャックハンマーばかり使っている。

ジャックハンマーだとかなりスローに探ることもできるので、強弱も付けやすいし、何よりもブレ―デッドジグの中では圧倒的に釣れるので、こればかりになってしまう。

そしてリールをルーズに替えてから、初めて1日の大半をスキッピングでチャターをキャストしていたが、ルーズに替えてかなりスキッピングが容易になった。

かなりブレーキは緩めにセットしているが、バックラッシュはほぼなし。

TVC-71MH/HGとの組み合わせで気持ちよくスキッピングしまくることができた。

そしてチャターにはグラスコンポジットが投げやすいし、バスを掛けやすいし、クランクベイト同様にバイト率はかなり上がる。

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

BF

Basslog20200122a 昨年は意外と活躍したベイトフィネス。

未だに有効性をあまり感じないのだが、昨年はBF用ルアーの進化もあり、3桁はキャッチできた。

今までにBFで釣ったバスは1桁だったので、かなりの進歩であった。

軽いルアーを正確にキャストできるというのがBF最大のメリットである。

ベイトだからこそのパワーフィッシングはそこには存在しないということを前提に使うことが大事なのかな…

ベイトではあるけど、対カバーではPEラインを用いたスピニングタックルの方が優位な場面が多い。

スピニングでのカバーの釣りをもっと精度を上げ、ベイトフィネスはより繊細な、スピニングでの釣りのような精度を求めるのがいいのかな?

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

Shad Rap

Basslog20200120a この時期になると必ず話題に出てくるシャッドラップ。

タフになればなるほどシャッドラップの威力が発揮される。

ウエイトが非常に軽いこともあり飛距離が出にくいという欠点があったが、最近はTVS-65ML/HGの登場で楽に遠投できるようになった。

シャッドマニピュレーターとネーミングしたこのシャッドというのは主にシャッドラップを意識してのネーミングである。

シャッドラップの威力を簡単に引き出すことができるロッドである。

投げて巻くだけでもよく釣れるシャッドラップ。

この時期はサウスキャロライナリグを操作するように、ロッドを横にスライドさせて引いて、止めながらラインスラックを取ってロッドを元に戻してまたロッドで引くといった方法が効く。

更に拘るのであれば、フックを細軸に替え、スプリットリングを外してPEラインでフックを装着する。

そうすると更にシャッドラップの独壇場となる場面が多くなる。

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

カットジンゴローム

Basslog20191123a_20191119100801 グリップエンドがちょっと長くて気になっていたジンゴロームのグリップのリアを少し短く詰めてみた。

ライトで軽量なロッドなので、グリップエンドを使うことはなく取り回しが可能なので、グリップエンドはもっと短くても大丈夫である。

2in.ぐらい詰めただけだけど、更に取り回しが良くなった。

更なるロッドの軽量化も図れた。

小型のジャークベイトやスティックベイト用ロッドなので、ロッドを振り続けることが多いので軽いに越したことはない。

ノーシンカー等のライトリグロッドとしても軽ければ軽いほど感度も上がるし、小技を使う際の取り回しもよくなる。

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

亀山タックル

先日の亀山ダムは全部で8セットのタックルを用意していった。

Basslog20191121a 結局メインに使用したのは5セット。

TVC-65M/HGとTVC-70Hが各2セットとDS用にソリッドティップのロッド1本。

65M/HGにはクランクベイトとバズをセットした。

70Hにはテキサスリグを3/8oz.と3/4oz.の2つをセットした。

濁りがきつかったので、相当なタフを覚悟して臨んだので、ダーティウォーターでのタフタイムに出す切り札的存在を投入した。

Basslog20191121b テキサスリグにはパワーホグとクローファッティの2つをメインに、ZクローとUVスピードクローも使用したけど、最終的にはバークレイの2つのワームに行き着いた。

具体的には溺愛のパワーホグ4in.USA仕様とパワーベイトマテリアルのクローファッティ4in.。

20年ぐらい前からソフトルアーでのパワーホグ4in.への信頼度No.1は変わっていない。

コアな部分にまで突っ込んで話すと、パワーホグ4in.でもダイワが販売していたオプティマ時代のトーナメントストレングス仕様やピュア初期時代のバイオソルト時代に販売されていたパワーホグ4in.が、パワーホグの中でも気に入っている。

12月7日に開催される‘2019小森カップ’の時はそんな1軍ホグを投入するだろう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧