2019年8月31日 (土)

TVS-68XUL/ST

夏に桧原湖へ訪れた際は、TVS-68XUL/STが活躍してくれた。

このロッドの名称はブロンズバックマスターということで、ハイランドレイクのスモールマウスに的を絞ったモデルだ。

Basslog20190831a そんなこともあって、桧原湖では定番中の定番となっている、ライトラインにチョン掛けフックを使用したライトキャロライナリグの釣りにはベストマッチである。

ソリッドティップということもありチューブラーよりも感度は劣るものの、柔らかいティップは勝手にバスを掛けてくれる。

結局このロッドでライトキャロを引っ張る釣りが最も釣れた。

| | コメント (0)

2019年8月30日 (金)

TVS-64L

夏にデビューさせたTVS-64L

Basslog20190830jpg-2 出番は少なかったけど、50アップを2本キャッチと、打率は良かった。

ライトなロッドなので50アップになるとグリップが歪んで怖いけど、気にせずラインの引っ張り強度に合わせてやり取りして大丈夫な強度は備えている。

そんなこともあり若干引き寄せるパワーは不足気味ではあるけど、1キロぐらいまでのバスであれば何ら問題はない。

Basslog20190830jpg-1 小細工の利かせやすさとパワーは反比例の関係にあるので、バランス的にはちょうどよいのではないだろうか。

ファーストテーパーではあるけど、エキストラファーストではないので、フッキングはブレることなく、しっかりとフッキング可能。

6f.4in.、78gということで取り回しも良く、操作性はスペックから想像するよりも良い。

 

| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

ディープクランク炸裂

Basslog20190817a 今年の夏はディープクランクが炸裂した。

TVC-71MH/HGがインビンシブルの名に恥じない活躍をしてくれた。

ディープクランクの高速巻きに反応がよく、それに気付いてからは全開でリールを巻き続けた。

そんな高速巻きでも、バスが喰った瞬間にフッと緩むロッドティップ、その瞬間は何度味わっても最高に気持ちがいい。

ティップが緩んだのがバイトの合図ということでバイトが明確に判るので、ティップが緩んだらそこでフッキングすると違和感なくしっかりと掛かる。

岩盤エリアではゴリゴリに高速で巻き続けて岩に当てていても、バスが喰うとグイっとティップが入り、ロッドを立てたらフッキングして感触がバスの生命感にスイッチする。

どちらもたまらなく気持ちいい。

| | コメント (0)

2019年8月16日 (金)

タックル入替

タックルを桧原湖仕様に変更中。

Basslog20190816a 久し振りにスピニングロッドを複数用意した。

スピニングタックルは非常に繊細な部分で細分化されているので、ライトリグ用と言っても選択肢がたくさんある。

桧原湖のような小さなバスを相手にする時は重宝する。

ただ、スピニングタックルでベイトロッドの領域に入るような仕様というのはない。

5g以内のルアーを扱うロッドはたくさんあるけど、それ以上のルアーを扱えるスピニングロッドというのは非常に少ない。

必要とする場面は少ないけど、大き目のスティックベイトをスキッピングで使ったり、センコー5in、7gくらいの小さなクランクベイト、サウスキャロライナリグ…ってベイトでも扱えるけど、どちらかといえばスピニングタックルがベストでしょ。

アキュラシー性能を求めるとベイトだけど、飛距離を考慮するならスピニングタックルだね。

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

TVS-64L

Basslog20190809a 久し振りに新しいスピニングロッド‘TVS-64L’を投入しようと思い、ラインを巻いてセットしてみた。

最近はテニス肘も治り、スピニングタックルを用いることもたまにあるようになった。

スピニングロッドはTVS-65ML/HGで小さなプラグをキャストするぐらいで、ライトリグをキャストするのは年間数回程度。

そんなこともあり、ライトリグを投入するために導入するのは久し振り。

桧原湖用にTVS-60XUL/FSも数年振りに出してみた。

スピニングタックルを用意していると、なんだかバス釣りではなくトラウトを釣りに行くようだ。

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

TOURLER 2

ツアラー愛用者で最近最も釣っていると感じているのが徹君。

Basslog20190712-2 彼はTVC-71MH/HGとTVC-65M/HGを使いうまくハードルアーを操っている。

自分と同船すると、ほぼ自分がエレキの操船をするので、同乗者はバックシートからの釣ることとなる。

特に自分の場合はハードルアーを使って前で釣るし、普通の人よりもキャスト数は多い。

つまり後ろの人はあまり釣れないという状態になってしまう。

しかし、この徹君は後ろからでもハードルアーで釣ってしまい、煽られることが多々ある。

使っているルアーもちょっと普通ではないこともあり、先日同行した際は、このルアー自体の検証もしてみた。

Basslog20190712-1 えっ、こんなに違うの!?

というぐらいびっくりな差が生じた。

そんなクランクベイトをこんな優秀なロッドで使ったら間違えなく釣れる。

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

TOURLER番外編

ツアラーを使ってくれている人は周囲にかなりいる。

使っている人の大半が関西九州方面も含めて自分か清水君の知り合いということで、殆どの愛用者を把握している。

先日、そんな愛用者の中でも、ストラテジー時代から使ってくれていたヤス君が、久し振りにバス釣りたいということで、一緒に行ってきた。

Basslog20190711a_20190712062701 彼が持ってきたロッドはツアラーVスペックではなくツアラー。

1つ前のモデルだが、今観ると、物凄く時代を感じる。

リールもRevoよりも前のABUというところが更に時代を感じた。

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

TOURLER

昨日話題に出したバズの調整というのは難しい…というのは、身近な人を観ていても感じる。

おいおいおい…それじゃあダメだよって、自分が観ていれば言えるし、調整もしてあげられる。

そんな感じでしっかりと制作者の意図を伝えられれば、その物の性能を最大限に引き出せる。

ロッドなんかを観ていると、それを物凄く感じる。

特にハイブリッドグラスロッドは自分の周囲を中心に一気に浸透した。

Basslog20190709aBasslog20190709b そして既に誰もが手放せなくなっている。

今まではカーボンロッドで巻き物を使っている人が殆どであったこともあり、その有効性をしっかりと理解してもらえれば誰もが手放せなくなる。

最近はみんな驚くほどの上達をしているので、自分もその成長具合にびっくりする。

キャストすればするほど、色々な経験値が増えるので、色んな意味で色々なものが上達する。

キャストする位置、リトリーブコース、ルアーの選択等、何も言わなくても、みんなどんどんうまくなっていくのが判る。

そんな人達が増えてくると、普通の人では理解不能なコアな話題も振れるのでいいね(笑)

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

NAZ-62ML

トップウォーターはただ巻きするだけのものが最近は人気もあり、アクションを加えるタイプのトップウォーターが使われる場面が減っている。

バス歴が長い人は動かしてこそトップといったイメージが強いと思う。

実際にトッパーの人はアクションを付けて使うことが多い。

トッパーの人が主に使用しているロッドは100%オールグラスマテリアルで作られたグラスロッド。

グラス独特のボヨンとした弾性がトップウォーターの動きを最大限に引き出せる。

ただピュアなグラスロッドは重いので、1日投げ続けるのはかなり大変である。

これに速引きなんかをするともなると、1日どころか10分使うのもキツイ。

そんな時に便利なのが、自分がいつもトップウォーター用で薦めている鯰人の‘NAZ-62ML’。

このロッドはグラスコンポジットなので、オールグラスのロッドよりもかなり軽くて振り抜けも良い。

Basslog20190627a それと6ft2inという短めなので、操作性は抜群に良い。

それと、VスペックのハイブリッドグラスHGシリーズと比較すると、グラスの含有率が高いので、グラスロッドに近いこともあり、トップウォーターのアクションを活せる。

同じペンシルベイトをロッド違いで使ってみれば、左右への振り幅が全然違うというのは一目瞭然。

それと、グラス含有率が多いことで、通常のキャパである5/8oz.を超えるルアーも余裕で使える。

ただ、このロッド廃番な上に、更に廃番後によくありがちな、廃番後人気急上昇。。。

ここ最近、なぜかNAZ-62MLが欲しいというコメントやメールが幾つか入っていたのは、そのような背景があったようだ。

特にトッパーに人気という話も聞いたけど、これは意外だった。

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

ゴールデンコンビ炸裂

先日の釣行ではクランクベイトの速巻きが非常に効果的であった。

バイトさせるトリガーが必要であったようで、ルアーの軌道を逸らせると反応が良かった。

それでクランクベイト用に用意したのがTVC-71MH/HGTVC-65M/HGの、自分が手掛けたいつものゴールデンコンビの2セット。

71にはディープクランク、65にはシャロ―クランクを結んだ。

2つの狙う場所はほぼ同じ。

中層をシャロークランクで釣るためにシャロ―クランクは、RTOやKVDといったハントアクションが出るものを用いた。

それとボトムを使ってイレギュラーなアクションを出すために同じ場所のボトム用にディープクランクも用いた。

Basslog20190626a どちらも速巻きで使用した。

これが共によかったようで、どちらにも好反応であった。

シャロ―クランクのエラティックアクションに順応しつつ、バイトするとすんなり入るロッドティップは何回味わっても気持ちいい。

ディープクランクのボトムにコンタクトした直後に少し緩んだロッドテンションが、違う感触で再び‘グン’と入るあの感覚もクランクベイトならではの気持ちよさだ。

これからの時期はクランクベイトが更に効く時期なので、更にゴールデンコンビが活躍するね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧